ブラクリ丁で飯を食うならここでしょ!「福井食堂」

歓楽街が寂しすぎる現状…

■福井食堂
@和歌山市新雑賀丁71
【営業時間】11:00〜20:00
【定休日】火曜日
【電話】073-433-4722
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1110637.jpg
P1110640.jpgP1110639.jpg
休日出勤の帰りにふらっとブラクリ丁へ。
向かった先は福井食堂ですが… 歓楽街が寂れ切っている… 
かろうじて生命反応はあるものの風前の灯火とはまさにこの事。

おっちゃんの黒服も元気がないのは気のせいか? 
こんな時こそ真っ昼間から酒を飲んでやろうと凸入する(笑)



■店内&お品書き
P1110660.jpg

P1110641.jpg
入店したのが13時前。食堂らしいゆる〜い雰囲気が店内を支配しております(笑)
先ずは瓶ビールを、は。そしておかずが並ぶケースから食べたいつまみをチョイスいたします。



■さばきずし&はまちつくり
P1110643.jpg
P1110646.jpg
先ずは大好物の光物である「きずし」と「はまち」を、ば。
本来なら清酒でも飲みたいところですが、この日の屋外は
死ぬほど暑かったのでビールで流し込んじゃいます(笑)

食堂ながら冷蔵庫がキッチリと完備しておりますので
安心していただけますよね~♪
P1110679_20140805081715d62.jpg
そして生ものの後は・・・



■フライ
P1110649.jpg
たっぷりデミソースが載った揚げ物をひとつ♪


そして更に生中を追加しまして・・・
P1110654.jpg
一気にグビグビ~っと(笑)
この頃から気分がどんどん良くなって~、気持ちよくなって~、
ピッチを上げたいところですがメインの目的である麺をいただこうか、と。



■中華そば(600円)
●スープ:福井オリジナル
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、
魚とビールを最後までいただいたちょうどそのタイミングで中華そばが配膳されてきました!
P1110667.jpg



■デッドで!
P1110665_2014080508162120f.jpg
食堂のオリジナリティ溢れるビジュアルのそれですが、
昔ながらのスタンスは崩されておらず凛とした雰囲気が立ちこめおります。

スープは昔風な淡い甘みを味わえるもの。
和歌山トラディショナルなタイプとは一線を画しますが、
それはそれで歴史に支えられてきた自負があるでしょう。

麺はやや細ストレート!!!
P1110669.jpg
柔らか過ぎず、硬すぎず、なんとも絶妙にスープとマッチしておりますね♪

特にチャーシューなんかは
P1110675.jpg
何て言うかこう『白飯に合う』あるいは『呑んだ後の〆に!』のように
シチュエーションは違えど、どんなタイプにも対応する万能さが素晴らしいですね〜
大衆食堂の域を超えた完成度にまたまたビールで乾杯~♪(*^o^*)

古き良き食堂でいただくとその満足度がアップするのは請け合いでしょう(笑)



■食べてみて…
P1110677_2014080508171453b.jpgP1110676_20140805081711320.jpg
結局、たらふく酒と肴を飲み食いしての中華そばということになりました。
最近ではこの手、呑みも食いも両方受け入れられる大衆食堂が減少してきた事が
寂しくてなりません。もっともっと呑む人口が増えればいいのだけれど
「呑む」=コミニュケーションという図式はもう過去の物なのかもしれません。
あ〜ぁ、悲しい現実ですね… そんな気分でお店を後にしたのですが…

かなり満腹状態でお店を出て
けやき通りへ向かって歩き始めた途端にすれ違った若者2人組。

振り返りながら彼らを目で追うと
ヒソヒソ相談しながら福井食堂の目の前にある○○寮へ吸い込まれていきました…

彼らが天国に召されるのか、はたまた失意のどん底に落とされるのか、
は神のみぞ知ることでしょう…

彼等に幸アレ、●ーメン(爆)

【地図】お店の場所はコチラ


※『今から30年ほど前なら
この辺りは超ワクワクする歓楽街だったのになぁ…』

そんな昔に思いを馳せたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『もしおばちゃんが出てきても
最後までフィニッシュする勇気が君にあるのか???』

「俺には無いわ!」という方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『福井食堂 』これまでの飲食跡♬】
その1:福井食堂(フクイショクドウ) 訪問日:2006/02
その2:店前の通りはオヂサン黒服の巣窟です!(爆)
その3:おしながきは『ラーメン』です!!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター