東京へ行ったら真っ先に行こうと思っていたお店が何と! 「ロックンビリーS1」

「尼崎に移転され新店オープンされました〜♪」

■ロックンビリーS1
@兵庫県尼崎市南塚口町3-29-13
【営業時間】11:00~14:30 18:00~21:00/(日祝のみ)11:00~19:00
【TEL】073- 451-4922
【定休日】火曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140312.jpgP1140310.jpg
実はこれまで東京のラーメンを現地で食べた事のない私。
(マジっすか!)と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが
東京都内へ最後に訪れたのは18才の頃というのがマジな話なんです。
よって仲間からは
「だからお前はラーメン界ではマイナー選手なんや!」
と揶揄される始末(苦笑)

そんな私が東京方面に行ったなら真っ先に訪れようと思っていたお店が
まさに赤坂にある嶋崎店主の『らぁめん家 69'N'ROLL ONE(ロックンロール ワン)』
だったのですが4月末に閉店したというニュースを聞いてメチャ落ち込みつつ
その去就が大変気になっておりました。 そんな折、


嶋崎店主が屋号を変えて尼崎に
お店を復活オープンさせる!


というビッグニュースが飛び込んで来たのが先日のこと。

「 マヂデ━Σ(゚Д。ノ)ノ━!!?」

そんな話を聞くといてもたってもいられず
ソッコー訪問と相成りました♪

で、お店の場所は尼崎市。最寄り駅はJR宝塚線の塚口駅。
ちょっとアクセスが悪いかな?とは思いますが
この日は車での訪問で問題ナシっす(笑)
P1140313.jpgP1140314.jpg
閑静な住宅街の中に突如目に飛び込んできたデカい開店看板と
嶋崎店主の名物でもある例のポーズの看板。

それをみただけでワクワク感が倍増するって感じゃないっすか♪


そしてお店の1F部分には気合いの文面がズラリと。
P1140320.jpg



それを読みながら2Fヘ上りますと…
P1140321.jpg
入口が見えましてそこから入店いたします。




■店内&お品書
P1140326.jpgP1140324.jpg
入店は14時30分過ぎ。
この日は日曜日だったので19時までの通し営業中。
店内にはご夫婦が1組のみいらっしゃいます。
カウンター席のみの店内はまさに「男の仕事場」とい雰囲気。
真新しい道具に綺麗に保たれた厨房が眩しいね〜。


お品書きを見るとまだ準備中のメニューもありますが
P1140323.jpg
オーダーはやはりデフォの「尼ロック♪」でしょう。
トッピングはもちろん不要です(笑)



■尼ロック(800円)
●スープ:比内地鶏ガラ+鶏油スープ
●麺:やや細ストレート
●具:豚&鶏チャーシュー、穂先メンマ、ネギ 等
P1140325.jpg
さぁさぁ、ここからが本番って言うか見所(笑)
嶋崎店主の一挙手一投足に眼を見開いて注目します!

先ずは丼を湯煎し暖めるところからはお約束。
そして黄緑色をした鶏油を先ずは一杯鉢に入れ、そこに元ダレを。
次に基本スープを鉢に入れまして…

でたぁ〜
「気合いの横湯切り〜〜〜♪」
ボクサーがシャードーをする時に「シュシュ」っと声の出るような
あのパフォーマンスが目の前で繰り広げられます!

(これよ〜これこれ〜!)

手際良くあっという間に麺が鉢に入り、更にはトドメの鶏油を回すようにi〜n!!!
そして目の前に…・
P1140327.jpg



ドン!


無事完成でございます(笑)





■デッドで!
P1140330.jpg

(ビジュアルめちゃシンプル〜〜♪!)

夢にまで見たラーメンとご対〜〜〜面♪
「尼ロック」と名付けられたラーメンは
とにかく綺麗なビジュアルで、澄んだしょう油色スープは
しょう油のイイ香りが最初にフワッと立ちこめるもの。
飲むと最初は鶏の純粋な旨味が押し寄せつつ、
しょう油のしっかりとした味わいが
全体をキリッと引き締めております♪

とにかく鶏のイイ香りのみを楽しめることで
「キッチリとした仕事をしてはるんやろなぁ〜」
と想像が膨らむような仕上がりに先ずは放心(笑)


そんな中で麺を!
P1140335.jpg
やや細ストレートの麺の印象は
とにかくスープとのマッチングの妙を感じるもの。
麺は中間くらいの加水率かな? 

優しい歯ごたえは決して茹で過ぎなんかじゃなく、
ギリギリのタイミングで仕上げられたものでしょう。
粉の味わいという点じゃなく、麺全体の線で捉えた旨さが
前面に主張されていましたね。

そして面白かったのがその食感。
ジュンサイを食べているかのような「ジュルっと感」が麺を包んでます。
おそらくたっぷり入れられた鶏油が麺のボディをコーティングしたような
効果がそう感じさせたのかな〜って思います。


そして秀逸だったのが具材料!!!
P1140333.jpg
P1140332.jpg
豚の鶏の2種類っていうのはそれほど珍しくないのですが、
豚も鶏もその食感と味わいの妙味が素晴らしいですね、特に「鶏」が!
柔らかすぎず、固すぎず、味わいもしっかりと鶏の旨味が凝縮されておりました。
また穂先メンマもそのシャコシャコした歯ごたえが旨かったよ〜♪




■食べてみて
P1140311.jpg
食べ終わって思ったのがやはり麺の旨さが際立ってたこと。
もちろんスープも、具材も、そしてバランスもよかったんですが、
とにかく麺のほんのりと香り良く、ほんのりと甘いというその状態が
記憶の中に残ります。

ただし…
いちばん気になるのはその価格。
デフォのシンプル尼ロックは「800円」で味玉入りが「1,000円」
となると… 味玉ひとつが200円と計算出来るので…
う〜ん、関西価格にすると高い気がするのですがどうなんでしょうね。


そして麺を食べ終えた頃には店内には私ひとりとなったので
嶋崎店主としばし、麺談義を、ば。落ち着いた語り口と柔和な表情は
私がこれまで持っていた嶋崎店主の強面イメージとはまるっきり逆なものでした。
(なんか思いっきり誤解していてスンマせん…(汗))

ラーメンにかける情熱と思い入れは凄まじく、ヒシヒシと伝わってきました!
開店間もないので他のメニューはまだ提供されていませんが
近いうちに再訪問させていただこうと思います。

期待の新店がまた増えたので嬉しいよ〜♡♡♡(○´∀`)ノ゙

って言うか、無断駐車は罰金100万円なのでお気をつけを、ば(爆)

【地図】お店の場所はコチラ


※『デフォの「尼ロック」が800円ってチト高いかも…』
そう思ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『暖簾のマークを「シックスナイン」って読むなよ!(爆)』
んなわけないやろー!っていうツッコみはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:尼崎市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター