屋号は「ー」じゃなくて「〜」です! 「ら〜めん屋」

和歌山市? 岩出市?

■ら〜めん屋
@和歌山市平岡96-7
【営業時間】17:00〜だいたい21時くらい(不定)
【定休日】月曜日
【電話】073-462-0760
【駐車場】店前に2台分あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1130779.jpgP1130780.jpg
町を走っていると、とにかく「中華そば」や「ラーメン」という看板に
敏感に反応してしまう私ですが、コチラの看板もそのパターンで発見したもので、
初訪問の時はわくわくドキドキで入店したことを思い出しました。

あれから8年…  
24号線を走っているとこの赤い暖簾が見えたので
ふとその屋号を思い出し再訪問してみました。
お店の前へ来ると新調されたばかりっぽい暖簾があり、
かなり派手なインパクトを放っておりました♪




■店内&お品書き
店前には軽自動車なら2台は停めれるスペースですが、
大きい車だと1台が限界かなぁ〜 っていうくらい。
そんなお店に入ってみますと…


お店はまさしく「小料理屋」のそれ。
カウンター席と小上がり席がありますが当然渡しはカウンター席へ。
そして、壁に貼られたお品書きはコチラ。(※ちょっとブレてましてゴメンナサイ…)
P1130766.jpgP1130767.jpg
基本的にはコチラの麺メニューのみ。
ただし、カウンターの中にあるホワイトボードには枝豆をはじめとする
その日のちょっとした酒のつまみの小皿メニューが書かれています。

そんな中、久しぶりにデフォのラーメンをチョイスしました!



■ラーメン(500円)
●スープ:豚骨を基本とした奥さんオリジナル
●麺:やや細ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、ネギ
P1130771.jpg
前回の訪問では画像がなかったので今回が初お目見えかな(笑)
ビジュアルはスゴくシンプルで無駄なものは一切なし。
スープの色もやや薄めのあっさり風でございます。



■デッドで…
P1130772.jpg

「う〜んアベレ〜ジ(笑)♪」

記憶を辿ると前回訪問ではより醤油が強いものだったと思いましたが
8年経った今、ことのほか醤油は抑えられており、
味わいはマイルディになっているように思います。
ただ塩分はそれなりに感じますので決して「薄い!」というものではありません。
獣風味もそれほど感じることがないので「クセ」という部分では
だれもが食べやすい味わいだと思います。


麺はやや細ストレート!
P1130774.jpg
若干白い色をしたタイプのこもアベレージ。
茹で加減はちょうど良く、スープとのマッチングは何ら問題はありません。
「麺」自体の風味を主張されているものではなく
全体を取り纏めるのに適したタイプです。


そして…  チャーシュー!
P1130777.jpg
厚みはなく、どちらかと言えば「薄い」ですが、
しっかりと味付けされなかなかの出来映え。
スープの若干弱い点を補う存在でありました!
P1130778.jpg

いわゆる

「飲んだ後に食べる〆ラーメン!」

という括りに入るかな〜♪

そして、お店の場所はあと十数メートル走ったら岩出市という
メチャメチャ境目なところにあります。




■食べてみて…
P1130768.jpg
味わいはいたってアベレージですが、
特筆ポイントとして挙げられるのがその価格!
8年前の訪問時から全く変わらずキープされているのは
素晴らしいところですね。

そしてひとりで切り盛りされている奥さんと軽〜く談笑♪
やはり地元のお客さんがほとんどを占められてるそうで
ちょこっと飲んで、〆にラーメンというパターンが多いそう。

(やはり予想通りでございました…(笑))

そんな会話をしていると、「畑仕事から帰ってきました〜」的な
常連のおばさんがカウンターで冷酒をオーダーし
色々と身近な世間話が始まりました。

「その日のあったことをママに報告する。」

そんなお店事情が垣間見えた瞬間でした♪

ほっこりした雰囲気に癒されて

お店を後にしました〜…( *˘╰╯˘*)♡♡



【地図】お店の場所はコチラ


※『小料理屋的ラーメン屋っていいなぁ〜♪』
いちど食べてみたい!と思ったらポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※『地元ではこんなお店が重宝されるんやろなぁ…』
としみじみ感じたならポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

【『ら〜めん屋』これまでの食跡♬】
その1:ら~めん屋(ラ~メンヤ) 訪問日:2006/02

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター