味わいも価格もザ・トラディショナル!「大福軒 西浜店」

未だ500円の「ネ申」中華そば!

■大福軒 西浜店
@和歌山市西浜1136-10
【営業時間】11:00〜14:00/17:00〜23:00
【定休日】月曜日
【電話】073-444-4901
【駐車場】店向かいにあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1120117.jpg

昼間に思いっきりフラレタので夜にリベンジ!

かなりしつこい私です(爆)

てか、久しぶりにコチラへ来させてもらいましたが外観がきれいになりました??
って感じ。それくらいに前回訪問から時間が経過しております。

で、コチラの場所は市内は市内でもちょっと海側のはずれになります。
新和歌浦や雑賀崎など風光明媚な場所のお膝元なんですが
わざわざ狙わないと来ない立地にあるからなんですね。
入店は21時前。それでも駐車場はいっぱいで、
P1120119_20140621072528c8d.jpg
しかも…  入口がひとつ封鎖されてました。
(理由はわかりませんが…w)




■店内&お品書き
P1120123.jpg

真新しいお品書きは4月から値段が上がった証拠か!?

と思いながら壁に貼られたお品書きを見ていたら…


P1120127.jpg

「中華そば」がなんと500円!!!(」゜□゜)」 

「ネ申」すぎるぜ〜♪

そんな店内は窓際にカウンターがあり、あとはご覧のテーブル構成。
この夜は家族連れでの訪問が結構多かったですね。
近くにそういうレジャー施設が… はて?あったかな? 

さてメニューですが、基本的には中華料理屋さんのラインナップで
サイドメニューも色々と取り揃えられております。
また、麺メニューもデフォの中華そばをはじめ、味噌やら塩やらタルタルやら
積極的な味わいの広がりを展開されておりますが…
やはりデフォの中華そばでいくことにしましょう♪




■中華そば(500円)
●スープ:豚骨+醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:赤身チャーシュー、メンマ、蒲鉾
後ろの兄ちゃんがガッツり『中華大盛とチャーハン大盛』を食べているのを
あっけにとられて見ていると配膳されました。
P1120129.jpg



■デッドで!
P1120131.jpg

お〜♪ アベレージ&トラディショナル〜!!!

安定感ある味わいは『これぞ和歌山の中華そば!』というもの。
醤油の風味に襲われながらも後からついてくる豚骨の味わい。
そんな二つが合わさって見事な調和を醸し出している!
そんな教科書的お手本の中華そばでございます。



麺は看板にもある通り「自家製ストレート麺」
P1120136.jpg
こちらは粉河のお店にある製麺室で作られている完全オリジナル。
麺線は当然細く、和歌山トラディショナルを踏襲していますが
茹で加減は結構固めに仕上がってましてコシもまたしかり。
スープとのマッチングは頗る良好であります!

具材料ですが、赤身メインチャーシュー、蒲鉾、ネギ、メンマ
というこれまたお手本版。
個人的にはチャーシューはもっと脂分が欲しいなぁ〜っとw

そして… 1/2を食べたところで、
P1120141.jpg

Stop the pepper in the bowl〜♪

スープ味変えて〜く〜れぇ〜〜♪


ということで、キリリと変化した味わいを楽しませてもらいました!



■食べてみて…
P1120143.jpg
もう少しでいいから近くなら行き易くて嬉しいのに〜♪
といつもながら思うところです。

しかし味わいもトラディショナル、
500円という価格もトラディショナル!

こんなお店は大切にしていきたいな〜って思いますよね。
何よりもお客さんがひっきりなしに訪れるってところがその証拠でしょう。
ごちそうさまでした〜♡♡♡(๑´ڡ`๑)


【地図】お店の場所はコチラ


※『こんなお店が駅近くにあれば毎日飲めるのになぁ…』
この意見に激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『今時、500円でラーメンが食べれるなんて幸せやね!』
そう思えるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『大福軒 西浜店 』これまでの飲食跡♬】
その1:中華そば 大福軒 西浜店(ダイフクケン) 訪問日:2005/09
その2:未食メニューに初挑戦|( ̄3 ̄)|
その3:「Deep Night Tour in WAKAYAMA~中華いこらぁ♪~」~その3~大福軒西浜店 

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター