せせり中華そばが気になって、気になって・・・(苦笑) 「坊也哲」

ヤスさん、なんか細くなってかっこイイ♪

■坊也哲
@東大阪市西岩田4-4-46
【営業時間】(火~金曜日)18:00〜24:00/(土・日)12:00〜15:00
【定休日】月曜日(月曜日祝日の場合は月火連休)
【電話】06-4307-5659
【駐車場】隣にCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1120931.jpg
上司同伴で仕事で守口へ。ランチを狙いダッシュでコチラへ! 
ランチタイムでも十分駐車できるスペースのある隣接パーキングは
それはそれは心強い存在ですわな。
車で訪問してもなんら焦ることなく麺を頂けるなんてなんて素晴らしいんでしょうか♪

そんな気持ちで店内へ♪



■店内&お品書き
P1120933.jpgP1120934.jpg
休日のお昼時なので店内はお客さんでいっぱい♪
ヤスさんにカウンターへ案内されましておもむろにお品書を、ば。
上司は初訪問だったのでボリューミーな肉醤油とライスをチョイス。

私は当然ながら夢にまで出てきた(←それ大袈裟やろw)
限定の「せせり中華そば」を迷いなくオーダーするつもりでしたが・・・

「鶏塩冷やしあるやん!」

これは、久しぶりに迷った!迷った挙句に

(二杯食べたらええだけやし~(爆))

と、いとも簡単に問題解決。
つーわけで、まずは「せせり中華そば」をオーダーします♪



■せせり中華そば(800円)
●スープ:鶏醤油ベース
●麺:やや太ストレート麺
●具材料:チャーシュー、メンマ、鶏せせり、九条ネギ
P1120938.jpg
配膳前からプ~ンと漂う心地よい大蒜臭。
(あれ?大蒜なんか使ってたっけ?)
そんな思いを胸に待っていると配膳されました。


■デッドで!!
P1120941.jpg


「おっ! 高井田系?」


そんな第一印象のビジュアルはどこから見ても高井田系(笑)
見たまんまの黒褐色なスープは見ているだけで引き込まれそうになるほど
深~い澄んだ存在感。そんなスープに対照的な
緑色の映えるネギがめちゃめちゃ新鮮に映ります。

デッドで飲んでみると・・・ 
味わい深くて落ち着きあるその雰囲気に呑まれてしまいそうに。
醤油のエッジも利かせてながら、鶏の風味と大蒜の香ばしさを楽しませてくれる
素晴らしいマッチングで、濃い~♪と言うほどではないですが
メリハリのついた輪郭は大好きなパターン!

麺にたどり着く前にスープを飲んでしまいそうな勢いに
ちょっとデッドの手を緩めましょう(笑)



ハッと我に返ってスープをそのままに麺へ!
P1120949.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ メンコノメンスキィィィ━!!

中太の麺はツルツルのむちむち♪
そんな表面なので、スープとの絡みとなると不満のある方もいるかもしれませんが
圧倒的な粉の風味とその作用⇔反作用の法則に則った食感は
何事にも耐え難い恍惚感が得られるというもの。

無心で貪りついてしましました!!!



麺だけでも満足マックスなのに、鉢中に控えるのはこれらの具材君達。
P1120947.jpg
若干の赤色味の残るチャーシューは旨い!
上司のオーダーした肉醤油のトッピング程の破壊力はありませんが
ふつ~にボリューミーなのが麺哲イズムの証拠でもあります。



ただし、鶏せせりは別次元。
P1120944.jpg
ニンニク香りがこれまた風味にアクセントを加え、
旨さを増幅させておりますね。

そして…
このしっかりとした歯ごたえと、噛めば広がる
鶏の旨味はやめられませんな、マジで♪



そしてこの圧倒的なネギの量と胡椒のパンチ♪
P1120940.jpg
スープに浸すと、ジャンクな印象に変化するところも食べ逃せませんよ。
猛烈なネギの旨さに乾杯です♪



■食べてみて…
P1120953.jpg
最後はお約束の完スペで♪

清湯であっさり、サラッとというスープの質ですが
醤油ダレの存在感とコクが全体を支えてくれてまして
非常に滋味深さの感じる出来映えでございました。

ただ、食べている途中で…

(これ、意外にボリューミーで冷やしは無理やな…)

という結論に…orz
隣のお兄ちゃんがその冷やしを食べていたのですが
海老がスープからはみ出しているのが心残りでなりません。
でも、無理して食べても美味しくないので、
冷やしはまた近いうちに寄せさせてもらいますね。

上司のチャーシューが一切れコチラに… 

フッ、多いぜww♥♥♥♥(○´∀`)ノ゙



【地図】お店の場所はコチラ



※『最近、あんまり連食せーへんな!』
そんなツッコミはコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも冷やしを是非食べて欲しかったぞ!!!』
と思う方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『坊也哲』これまでの食跡♬】
その1:新店第三弾!「よッ!待ってました♪」

その2:昼営業滑り込みセーフ…(滝汗)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:東大阪市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター