何とも言えない居心地の良さですわ〜♪ 「クラスノ」

昭和の血が脈々と流れているお店

■クラスノ
@大阪市大正区三軒家東1-3-11
【営業時間】17:00〜22:00 
【電話】06-6551-2395
【定休日】土・日曜日・祝日
【地図】お店の場所はコチラ
P1110729.jpg
私の「訪問すべき食いもんやリスト大阪版」の中で

「ここだけは絶対に行っとけ!!!」

と友人から強烈にプッシュされていたのがコチラ。
創業が昭和24年という超老舗酒房に訪問させていただきました。

場所はJR大正駅から歩いてすぐのところ。
P1110732.jpg
飲食店が所狭しと並んでいるエリアの中でも
その特徴ある名前が書かれた暖簾がひときわ異彩を放っております♪

また、入口近くの看板には…
P1110730.jpg
聞き慣れない「くわ焼」の文字が… 
「ハテ?どんな料理なのかな?」
とりあえず入ってみましょう♪


■店内&お品書き
P1110787.jpg
まだまだ早い時間ですが店内はお客さんでギッシリ♪
(あぁ、これはアカンなぁ…)
と思ってたところ、大将が手招きをして「ひとり分大丈夫ですよ〜」と
カウンター席へ案内してくれました。
両サイドのお客さんにお礼を言ってからメニューを、ば。
P1110739.jpgP1110738.jpg
「くわ焼」とはいわゆる串焼きになるんですかね。
色々種類がありますが初心者なので6本入った
「松セット(おまかせ)」とビールをチョイスしました!


■とりあえず、大瓶(500円)
生は450円なのですが「大」ということでを瓶ビールを頼みます。
P1110734.jpg
コップのビールを飲みながら最初の串を待っていると…

「サービスで〜す♪」という声と共に目の前に運ばれてきたのが
P1110745.jpgP1110751.jpg
これらのつきだし。エンドウ豆と玉子とじは懐かしさ溢れるひとしなで
スプーン付きというのが憎らしい(笑)
そして…いわゆるごまめ。
これもちょうどイイ感じの仕上がりでしたね。



■おまかせコース(松) 680円
P1110746.jpg
まずこれがコース最初のひと品目であります。
単なるサラダなんですが、ここにたっぷりとかかっているのが
「マヨネーズです!」って言いたいところなんですが、
実はオリジナルソースなんですねこれって♪
粘度はそれなりにありますが、サッパリとしていてほんのり甘いかなぁ。
初めて食べた味でした。やっぱオリジナルはすげぇな(笑)


そしてにやってきたのが「ささみしそ巻」
P1110754.jpg
かなり高タンパク低脂肪な味わいのコチラ。
意外に大きなものでした。

次は「イカ焼き」
P1110766.jpg
かなりロングなその姿で、お皿からはみ出そうな勢い(笑)

そして… 「レンコンの肉詰め」
P1110758.jpg
これもかなり厚みあるレンコンに
カレーっぽい風味の肉が挟み込まれてます!

次は「エノキ豚肉巻き」です。
P1110760.jpg
エノキが適度に火が通ってますし、
ブタ肉の脂分が見事にマッチしております。

そしてこれまた鶏肉(爆)
P1110770.jpg
鶏とタマネギが交互に刺され、甘辛いタレが素敵♪
これも意外と大きいです!

コースの最後が… ピーマン肉詰め味噌田楽
P1110773.jpg
味噌がちょっと多いかな(苦笑)
っていうか味噌の味に完全に支配されてます。

この6本にサラダがついて680円とは脱帽CPでございます。
しかも…

どの串もそこそこデカいねん!

普通だとこの串が二本のセットとなるので
迷った時や種類を多く食べたいなら「おまかせ」が断然オススメ♪
そしてくわ焼きが出そろったのですが揚げものもオーダー!


■串かつ(220円)
P1110783.jpg

P1110782.jpg
このソースもウマウマやね〜!
衣がちょっとゴツかったけど、これはこれで「○」
串カツ、コチラも十分な大きさがありました。

もう少しビールが残ってたのでラストひと品を物色してると
隣のお客さんの食べていたダシ巻きが目に入ってきました♪
メチャメチャ旨そうだったので追加でラストオーダーしました。



■だしまき(270円)
P1110774.jpgP1110775.jpg
大将の息子さんらしき若者がオーダーが入ってから
丁寧に焼くこちらのダシ巻きなんですが
メッチャ綺麗ですよね〜♪

ボリューミーかつ熱々が目の前に到着!
そして… 
中央部分をお箸で割っていただいてみたんですが
P1110785.jpg

「このダシ巻き最強!!!」

熱々で柔らかくそのうえボリューミー♪
更に味わいは私のドストライクな甘さでメッチャ好みや(笑)

ただこのボリュームの出し巻きだとひとりで食べるにには量が多い。
多いので途中飽きてくる不安もありますが私は全然OKでした。
そして中身がよりスーピーなのもたまらんわなぁ〜もう。

それよか途中から更にテンションが上がってくるのがわかりまして
添えられた紅ショウガも絶妙なアクセントで最高っす!


■食べてみて…
P1110733.jpg
ぎゅうぎゅう詰めのカウンターに座っていても
ホント落ち着くのがわかります。
古き良き日本の大衆酒場が当時のまんまで体験できるのは
今では本当に貴重なのかも。
珍しい「クラスノ」の屋号もその役目を買ってますよね。
大将の親父さんがシベリアで抑留経験があり、
ロシアの都市「クラスノヤルスク」から名づけられたそうです。

そんな大正の名店に惚れてしまいました…
次はいつ来ようかな〜(○´∀`)ノ゙♡♡♡♡

【地図】お店の場所はコチラをクリック♪


※『奥が深くて魅惑的な大正が大好き♪』
この意見に激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし、焼酎の扱いが無いのって残念やぁ!!!』
そんな意見に同意してもらえるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 居酒屋巡り
ジャンル : グルメ

Tag:大正区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター