ホンマにご無沙汰しております〜m(_ _)m 「○平(まるひら)中華そば専門店」

しかし、この界隈もすっかり寂しくなっちゃいましたねぇ…(泣)

■○平(まるひら)中華そば専門店
@和歌山市古屋153−31
【営業時間】17:30〜翌:1:30
【定休日】月曜・第2火曜
【電話】06-453-3004
【駐車場】裏に専用アリ
【地図】お店の場所はコチラ
P1110846.jpg
P1110849.jpg
17時を過ぎてから仕事で急遽川向こうへ。
となると…

私の行動パターンでは「遅い昼食回路」が起動し始めるのは
麺造人間の悲しい性なのか!?(笑)

てなことで参りましたコチラ○平
マジで数年ぶりの訪問となりました\(☆o☆)/



■専用駐車場
P1110879.jpg
お店の裏にある専用駐車場も空きがあったのでラッキー♪
即入店でございます。



■店内&お品書き
P1110855.jpg
開店間もない17時30分過ぎですが、店内は老若男女入り乱れて
メチャメチャ繁盛しております。おばちゃん達も食べ終わった
丼を片付けるのもままならす状態でございます♪


店奥のカウンターの端っこに座りましてデフォ中華そばをオーダー♪
P1110854.jpg
価格は嬉しいことにそのままを維持されてまして
また、すごく店内が明るくなったのが印象的で、加えて清潔度も高いです。



■中華そば(600円)
●スープ:しょう油メインのオイリー系
●麺:やや細角有麺
●具材料:赤身オンリーチャーシュー、メンマ、蒲鉾、ネギ
P1110858.jpg
オーダーしてからそれほど時間がかかることなく
着丼いたしましたデフォ中華そばでございます。


■デッドで!!
P1110862.jpg

ビジュアルの美しさは県内屈指♪

誰もが認める『コンセンサス オール 和歌山』でございます(笑)

スープは醤油エッジ系。
和歌浦の名店『○木(まるき)』の分かれだという事は
既に周知の事実ですが醤油メインのお店としては貴重な存在。


ひと口目から『ウマーー( ̄∀ ̄)v』を連発しちゃいます♪

今回は若干マイルド感が勝ってるので更に食べやすく箸が進みまくら千代子。
そんな満足度の高さですが、かえしとスープのバランスの中で
若干オイリーさが強いのが気にはなりました。

(うぉっ!!! オイリーさに磨きがかかったか!?(笑))

というフレーズが出そうになりましたが
まぁまぁスルーしときましょうか〜〜(笑)

そんなオイリーなスープが絡みまくる麺がコチラ
P1110866.jpg

「茹で加減がマジ最高、

完成度500%
じゃぁ~!」


麺の芯が若干残り、余熱で火が通るくらいの絶妙な湯で加減。
固すぎず、柔らかすぎず、麺伸びせず・・・ 近年稀に見る出来栄え。

「はぁ~、こんな麺なら毎日食べていたいよ・・・」

ちびマル子ちゃんみたいな台詞が出ちゃいますがマジでそう思いました。
(決して盛ってませんよ(爆))

こんな感じで食べ進めてたんですが、最後の最後に
ちょいと辛かったのがこの日のチャーシュー・・・
P1110871.jpg
赤身オンリーチャーシューは元々得意じゃないんですが

なんしか固いんですよぉ・・・(tot)

もう少し柔らかかったらなぁ・・・  
まぁ全て完璧な日ってそうそうないですねぇ。



■食べてみて・・・
P1110876.jpg
最後はトラディショナルの代名詞である「胡椒」を
ガッツりinしてのフィニッシュいたしました。

全体的にほんとオイリー過ぎるぐらいなんですが
そのおかげでスープが最後まで熱々・・・
この熱々さは和歌山随一だと言っても過言ではないでしょう。

熱々好きな方々には是非ともオススメなコチラのお店は
とにかく食べてる間もひっきりなしに後から後からお客さんが入ってくる人気店。

さすがは和歌山のピッツバーグ♪
スティーラーズの胃袋を満たしてきた実力に乾杯♪〜θ(^0^ )〜♡♡♡

【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『しかしいつも思うけど人気あるよなぁ(笑)』
この意見に激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『熱々のスープを支持!!!』
この支持を賛成するならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『○平(まるひら)中華そば専門店 』これまでの飲食跡♬】
その1:○平 中華そば専門店
その2:○平(まるひら)2009/1/16
その3:【○平】 2006/8/4
その4:2007/3/24 ○平
その5:○平(まるひら)2009/1/16
その6:『行脚の〆は老舗の味をご案内♪♪♪』

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター