高野山にある絶品オムライス♬「上野屋」

紀伊山地の霊場と参詣道の裏通り、
高野山大学の入口に…

■上野屋
@伊都郡高野町高野山414
【営業時間】
11:30~13:00/17:00~21:00
【定休日】日曜日
【電話】0736-56-2354
【駐車場】目の前の三角地帯
■上野屋なう
コチラも以前からの課題店舗。
なぜなら、高野山にあるお店なんかそう易々とは行けまへんがな(笑) 
そんな状況だったのですが急遽仕事で高野山へ行くハメに… 
仕事のアポは正午でしたがすんなり終了したので
そのままランチに向かいました。
場所は表詣道より道一本中へ入ったところ。
黄色い手作り感満載の暖簾が目印で暖かく迎え入れてくれました(笑)

■店内&お品書き



看板にもあるように焼き肉コンロ付きテーブルにはステンレスの蓋が被せられ
古の営業形態を物語っています♪
そして壁一面に貼られたお品書きはおびただしい種類が(驚) 
(めっちゃ種類多いし~~~!!!(驚))

よく見ると…


なぜかオムライスの根書きの上には赤い花が… 

選挙で当選かよ!(爆)

とひとり心の中でツッコんどきながら見入ってましてん♪ 
しばらくすると奥からゴソゴソ出てきた女将さんがポツリと
『オムライスとカレーしかないわ~』
と高らかに宣言するじゃないか! 

でもな、
(ワシはハナからそのつもりじゃ~!!(≧ε≦))
と心の中で叫んどいてっと(笑) して、早速オーダーします。


■オムライス(600円)
少しばかしお店の外観を撮影すべく
店外へ出ている間に出来上がっていたオムライスですが…


『デカっ!!』(」゜□゜)」

目の前のそれは一般的なオムライスの2~2.5倍は間違いなくある代物♪

女将さん曰わく、
「学生さん用にこしらえたけど最近は高野山大学生も
めちゃくちゃ少なくなってしまいなかなか食べてもらえない」
のだそう。学校へ対しても学部、学科を増やし
学生さんに来てもらえるように働きかけている最中とのことでした。



さて、スプーンでかぶりついたオムライスはまさに
『昭和のオムライス』
と言うのがピッタリ!
ケチャップメインの潔さとシンプルさ。
洗練されてないが、逆に洗練されてるとしたら戸惑ってしまう(笑)




とにかくオムライスらしいオムライスで
普通以上でもなく普通以下でもない出来栄え。

元来、学生さん用として作られたなのでボリューミーこの上ない♪
ただただ「お腹いっぱいになりた~い♪」と言うならこれしかないですわ!



■食べてみて…
私が食べ終わる頃には石楠花を見にこられた老夫婦が2組入ってこられ
共にオムライスを注文されてました。
でもどんな年齢層でも、誰もが食べれて、誰もが違和感ない、
これがオムライスの魅力なのかもしれないな~♪

女将さん、いつまでも
元気で頑張れ~(≧ε≦)ゝ


【お店の場所はコチラをクリック♪】


※おまけ
とこPhotoギャラリー】


■高野山
高野山(こうやさん)は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。
平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。(Wikipediaより)

標高が高いので一瞬の隙に天候が変わる事もしばしば。
この日も入山前は深い霧が
立ちこめてましたが
ランチタイムになると完全に晴れてました。
オムライスを食べてからちょこっと辺りを撮影♪

ゆったりとした時間が流れてますから
和歌山へお越しの際は是非とも高野山へ足を伸ばして欲しいです♫

※高野山金剛峰寺のHPはコチラをクリック






 私のおすすめ:
高野山ごま豆腐 130g×20個入



※「実は高野山に行った事ないねんなぁ〜♬」
と思った方はポチッとな♪(ρ°∩°)

  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「素朴なオムライスに惹かれるわ!」
と感じたならこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

Tag:高野町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター