さながら「京都ブラックか!!!」 「新福菜館 本店」

龍谷大平安、センバツ初優勝おめでとう!

■新福菜館 本店
@京都市下京区東塩小路向畑町569
【営業時間】7:30〜22:00 水曜日営業の場合11:00〜15:00
【定休日】水曜不定休
【電話】075-371-7648
【駐車場】CPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1090027.jpgP1090030.jpg
実は初訪問だったりするこの有名店。
京都で打ち合わせの直前、ちょこっとランチに立ち寄りました。
JR京都駅からは歩いてすぐのところ。徒歩での訪問でしたが
近づくにつれてプーンといい香りが(笑)
ほどなくして到着いたします♪


■店内&お品書き
P1090031.jpg
こぢんまりとした店内ですが4席×6、それにカウンター席と
意外にたっぷりと人が座れるようになってます。
この日は初めてなのでデフォの中華そば(並)をチョイス。
加えて、こっちの方が食べたかった名物ヤキメシもオーダーしました♪



■中華そば(並)
●スープ:豚骨+醤油
●麺:中太ストレート
●具材料:豚肉、ネギ
P1090032.jpg
配膳を待つ間にあらためてメニューを見てみますが…
基本的には中華そばだけなのにメチャバリエーションが多いっすね!!!(汗)
肉なし、大、小、etc… でも面白いです。
そうこうしていると着丼いたいしました♪


■デッドで!
P1090050.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ マックロヤガナァァァ━!!

かなり真っ黒くろ助です、はい(笑)

醤油エッジがグッと立ったスープは安定感あるボディ。
これまで家庭用は食べた事ありますがそれとは比べ物にならない
存在感があります。


全体的にはトラディショナル和歌山中華に近い雰囲気もあり
どことなく馴染みのある味わいで、
P1090059.jpg

「ガツン!」と分かりやすい旨さです。


麺は和歌山よりは一回り以上太いタイプのストレート!
P1090062.jpg
ところがやや柔らかい仕上がりなのがデフォのようで
個人的には物足りなさを感じてしまいます。

ただし、マッチングは頗る良好で、
醤油メインのスープのお手本ですよね〜♪
そして、食べているうちにも色が黒くなってきているのがわかります。 

どんだけスープが麺に影響してんねん! って感じ(笑)


チャーシューも薄着切りタイプ♪
これは個人的にはドストライクの好みでした!!!
P1090054.jpg



■ヤキメシ
第一印象ですが、見て驚いたビジュアル。
その黒さも遭難ですが…
P1090038.jpg

「メチャメチャ多いですやん!!!」

中華そばの(並)も普通だと「大」と呼んでも過言ではないくらいだったし
このヤキメシのボリュームにはちょっと、ショック(苦笑)
P1090035.jpg

(食べるのキッつぅ…)

というのが正直なところでした。

しかし、このスープを使って焼かれた飯には
異様な曳きを個人的には感じちゃいまして
それこそ新福菜館のヤキメシは「別腹」と言わんばかりに
ガンガン搔っ食らってしまいました(笑)
P1090045.jpg

ということでコチラも無事完食いたしましておあいそに♪


■食べてみて…
今回は初めてだったので気づきませんでしたが
中華そばとヤキメシをオーダーする際は
中華の「小」をチョイスするのがベストですね〜
絶対にこれが頃合いだと思いました!

しかし人気のお店は違うね〜
後から後からお客さんが押し寄せてきます。
P1090028.jpg
しかも隣には第一旭のたかばし本店があるにもかかわらずです。

普通ならここで隣とセットで連食なんですが
別のお店に行きたかったので今回はスルー。
次回へのお楽しみにとっておきましょう(笑)

最後に、何度も言いますが…

ヤキメシと一緒なら中華は「小」でね♡


※『でも、秋以降の公式戦で平安と一番点差が開かず
僅差やったのが智辯和歌山やねんなぁ…(残念)』

そうそう、智辯和歌山強かったのに…と思ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『仕事でも、なんとかして第一旭に行かんとアカンやろ!』
そんな嘆きにも似た疑問はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:左京区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター