長渕ファンの聖地! 「ひまわり」

やはり長渕(笑)

■ひまわり
@和歌山市北新5-63
【営業時間】18:00~翌5:00
【定休日】第二水曜
【電話】090-8367-2773
【駐車場】CPあり
【地図】お店の場所はコチラ
img_0.jpegimg_2.jpeg
もう10年ぶりくらいになるだろうか… 
二度目の再訪問のきっかけは「なんか『か○せ』みたいなメニューを出してるで」
という友人からのメールだった。これまでもこのパターンは幾度となくあり、
その度にいそいそと出かけていったものだが
今回もそのパターンに漏れず訪問と相成りました(笑) 

場所は鈴丸橋の交差点を少し進んで右折したところ。
自分のイメージでは種類の豊富なラーメン屋という記憶だったのですが…



■店内&お品書き
お店に到着してスグ目に飛び込んできたブラックボード。
img_2.jpeg
そこには大きく「男の肉そば680円」と書かれ
鹿児島産の茶美豚(チャーミートン)が使用されているとの事。
そして「男はだまってそばを噛め!」だの
「男はだまって肉を食え!」だの煽り立てた台詞が並んでますが
とりあえず、それを食ってみんとな…(笑) 


img_9.jpeg
店内はカウンター席が奥に伸びてましてさらに奥には座敷がある(模様)
この日も家族連れさんが大人数で来られ大宴会を開催されておりました。


カウンターの中央に腰を下ろしましてメニューに目を通してみました。
img_4.jpeg

(こんなに多かったんや!!!)

と驚くほどの豊富なその麺種類。
デフォの醤油(500円)から「春雨気流(残すと1,000円への増額)」という
おおよそ想像もつかぬ謎のメニューまで多彩にラインナップされてます。
そんなメニューをフル無視で挑発にのっかって「男の肉そば」をオーダーしました♫



■男の肉そば(680円)
●スープ:醤油ベースの「か○せ風」
●麺:太ストレート
●具材料:チャーミートン、玉ネギ、カイワレ
img_6_20140402065817d47.jpeg
マスターがせっせと作り始められます。
周りを見るとマスターが大好きな長渕剛グッズが至る所にありました。
そんなグッズ君に囲まれ肉そばが着丼いたします。


■デッドで!!
img_5.jpeg

「おっ♫」

ビジュアルは予想通りのそれですが、
比較するならこちらの方が綺麗に仕上がってます。
ネギとかいわれのバランスと色使いが良く、
それなりにそそられるビジュアルでございます♫

スープにはタマネギをはじめとする色々な甘味がスープに出ております。
「あっさり」というより「しっかり」とした味わいが印象的で
マッチングはボチボチいい感じ。
テロリとまではいかないですが若干の粘度がありますので
麺にキッチリ絡んでいきますね。


麺は太ストレート。
img_7.jpeg
茹で加減がちょうどよく噛み心地がイイので食べていて楽しい。
太い麺線でしっかりと火が通ってるのでストレスは皆無でした♫


そして、メイン具材の茶美豚(チャーミートン)
img_1.jpeg
「鹿児島産」というだけで全てにおいて
「長渕剛さんの故郷」という但し書き(笑)

ま、それはおいといてこちらのチャーミートンは言われる通り

『柔らか~~ぃ♪ (*○´∀`○*)』

そして、豚の旨味もしっかりと味わえるのでこの豚を使うと
ワンランク上の味わいになるのは間違いなしか、と。
とにかく、最後まで全体のバランスが崩れずいただけたのは
予想以上の収穫でございました♫ m(_ _)m

しかしこのタイプのラーメン。
今後もまた食べたくなりそうな予感がする…

そして、今日の〆ビデオは「巡麺歌」でした!
若き日の長渕剛が見れましたよ♪
img_8.jpeg
好~きです、好~きです 心~から~♫ 
愛~していますよと~♫
甘いス~プの裏には~♪
小さじ一杯の嬉しさがぁった~♫… 


今宵はこのあたりで…後はよしなに…

そして、長渕ファンの方は訪問必須店です!(笑)


※『巡歌…って(爆)』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし、長渕一色やもんなマジでココ!!!』
そんな経験のある方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『ひまわり 』これまでの飲食跡♬】
その1:らーめん ひまわり (ラーメンヒマワリ) 2005/07

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター