この眺望は一見の価値あり!「瀬戸内海国立公園 休暇村加太」

祝・初訪問!o(^-^)o

■瀬戸内海国立公園休暇村紀州加太
@和歌山市深山483 【地図】
【営業時間】レストランの営業時間です
昼食11:30~14:00(最終受付13:30)/ 夕食17:30~20:00
【定休日】無休
【電話】073-459-0321
【駐車場】多数完備
P1080290.jpgP1080291.jpg
以前より気になっていた「休暇村紀州加太」を訪れました。
その目的は二つ! レストランで提供されている鯛ラーメンをいただく事と
絶景眺望が楽しめるという露天風呂でございます♬

こちらの売りは何と言っても「紀淡海峡の絶景を堪能できる!」という点で
プール、キャンプ場、ゴルフなど色々な施設が整っております。
到着したのは12時過ぎ。レストランの営業時間が14時までだったので
先ずは食事をいただくべくレストランに向かいます。


■店内&お品書き
P1080292.jpgP1080353.jpg
コチラの入口は陰になっており暗い雰囲気があったのですが
中に入るとそんな雰囲気は一変!
大きい窓からは紀淡海峡の眺望が楽しめ明るい光が差し込む
大きなホールが広がり、テーブルも大きくてゆったり座れます。
(画像は暗そうですが、もっと明るいですよ♬)

そしてお品書きはこんな感じ!
P1080294.jpgP1080296.jpg
予定通り鯛ラーメンとせっかくなんでと言う事で
ジャンボエビフライ定食をオーダーいたしました。

しかし、この鯛が描かれた湯のみは可愛いなぁ♬
という余談を入れてっと(笑)



■鯛ラーメン(1,200円)※しらす丼付き
●スープ:鯛でとったダシ醤油系
●麺:細ストレート
●具材:鯛身、わかめ、柚、ネギ 他
P1080306.jpg
待っている間は窓から見える眺望を楽しめます。
その景色が素晴らしく、見とれている間に配膳されました♬


■デッドで!
しらす丼との定食になっており、また小鉢、フルーツも付いております。
その鉢からは優しい醤油と柚の香りが漂います♬
P1080319.jpg

「味わいが優しくて旨あぁ〜♡」

クリアなスープですが、ちゃんと鯛のダシが出ております。
基本的には淡麗あっさりなのでインパクトは薄いですが
じんわりとくる旨さがイイですね♬


麺は黄色がかった細ストレート!
P1080337.jpg
P1080328.jpg
若干、柔らかい茹で加減ですが麺の質は固茹でには
向かなさそうなタイプです。
麺自身の存在感と言うよりスープとのバランスを重視した印象。
鉢全体でゆっくり楽しむのがベストでしょうね。

そして具材には鯛が載ってまして
P1080335.jpg
プリプリっとした食感がイイ感じ♬


地元加太の味をじっくりと味わいつつ
P1080342.jpg

完スペいただきました!




そして…おもむろにしらす丼の登場で〜す!
P1080308.jpg

P1080347.jpg

これまた新鮮な味わいがGOOD♬

お醤油をちょびっとかけて一気にささっと。
コチラもあっという間にいただいちゃいました(笑)



そして、もうひとつのメニューのジャンボエビフライですが…

P1080312.jpg

「お~っ エビフライでかいなぁ~(笑)」

想像を越えるまでには至りませんが
そこそこのデカさと迫力はありました~♪

で、そのボディの中央部分をガブッと齧ってみたんです・・・
P1080316.jpg


すると
P1080351.jpg

中からはプリプリの身が弾け飛んできます!!!

しかも、食べるにつれ

「やっぱりボリュームは凄い・・・なぁ(汗)」

と実感。 少なくとも女性はしんどい量で
エビフライ好きにはたまらないひとしなとなるでしょうね♪

さて、お腹もいっぱいになったところで
ひとっ風呂浴びることにしますか!




■日帰り入浴大浴場
【営業時間】11:30~15:00(最終受付14:30)
【定休日】水曜日
【料金】大人600円 小人400円
P1180688.jpg
HPには「紀淡海峡を見下ろし、優雅なひとときが過ごせる絶景露天風呂」
とありまして、沸かし湯のようですね。
そして湯船に沈められた網には備長炭が入ってます。



先ずはお約束の・・・
P1180671.jpg

「single leg with mishiranu Oyaji(smale)」


そして・・・P1180681.jpg
P1180685.jpg

「噂通りの眺望、素晴らしいゾ!!!」

この日は晴天だったので紀淡海峡を越え
淡路島の洲本までばっちり見ることができました♪



そして加太港の風景です。
P1080354.jpg
こんな景色を見ながらゆったりと風呂に浸かる・・・
なんて贅沢なんでしょう。

この眺望はとにかくオススメ!
ずーっと浸かっていたいですね~♪



■食べてみて、浸かってみて♪
P1080360.jpgP1080304.jpg
初めて訪れましたが、このロケーションは和歌山県内でも
トップクラスでしょう。

天然温泉でないのは残念ですが、有り余る眺望と開放感は
その差を埋めるには十分だと思います。

ゆっくりお風呂に浸かって旬の地元の魚に舌鼓を打つ。

いいですよ~♪


※「景色、メチャメチャいいですやん!」
いちど行ってみよ〜♪と思ったらポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※「鯛ラーメン、単品であったら嬉しいのに・・・
と正直、思った方はポチッっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター