一番気になっていたお店ですが…「山為食堂」

山為、お前もかっ!(」゜□゜)」

■山為食堂
@和歌山市福町12 【地図】
【営業時間】11:00〜17:00
【定休日】日曜日、祝日
【電話】073-422-9113
【駐車場】店前あり
P1100190.jpg
近くで所用があり終えたのが13時30分。
となると17時まで営業しているコチラでのランチは必然(笑)
というわけで訪問してみたのですが…


待ち人15人!(」゜□゜)」

コレはヤバいですね…



■店内&お品書き
P1100166.jpgP1100164.jpg
結局、入店できたのが30分後。
平日だったのでちょいとナメてました…orz

そして久しぶりに辛味噌とライスをオーダーして横の壁を見たところ…
P1100163.jpg

山為、お前もかー!!

(」゜□゜)」


幾らの値上げかはわかりませんが、

残念半分、怖さ半分でございます…orz



■カラミソメン(900円)+ライス(100円)
●スープ:豚骨山為系
●麺:やや太ストレート
●具材:チャーシュー、千代巻、ゴマ、ネギ、他
P1100175.jpg
しかし最近、配膳まで時間かかってないですか?
今まではもっとスッと配膳されていた気がするんです…
結局、配膳されたのが15分後でございます。




■デッドで!!
P1100169.jpg
ゴマがふりかけられたビジュアルはメッチャ辛そうな印象。
しかしながら実は意外にマイルドだったりします♪
そんなスープはチャーシューの冷たさで若干温度が落ちるもの。
よく混ぜ合わせないと辛味噌と元スープのマッチングが楽しめませんので御注意あれ。


ひと口飲んだ後は、おもむろにライスを持ってきます♬
P1100177.jpg
たっぷりあるチャーシューをライスの上に載せまして
チャーシュー丼を作るところからスタートです(笑)
そして仕上がった丼はとりあえず横によけまして、
先に麺をいただきます♬


麺はやや太の山為ストレート!
P1100183.jpg
いつもながらの存在感でスープとのバランスはメチャメチャいいっすね。
そして茹で加減も具合良く、あっという間に麺が胃袋に収まってしまいました!!
麺をやっつけてから先に作ったチャーシュー丼へ移ります。



■チャーシュー丼
P1100179.jpg
身が厚く、脂身の多いチャーシューはトロッとした食感♪
この山為チャーシューに魅せられている方も多いハズ。

単純にラーメンのチャーシューを飯に載せ替えただけの代物に見えないのが

『山為チャーシューmagic』

たる所以です(笑)  なんだかお得な気分になりますもんね!
そして、このチャーシュー丼をゆっくりと堪能いたしました♬



■食べてみて…
P1100163.jpg
しかし何度も言いますが、この値上げはマジで大きいですよね。
安価でいただけるのが和歌山の中華そばの魅力なんですが…
増税の為に我々薄給サラリーマンの懐をモロに直撃するんですから…

はぁ…

漏れるのはため息ばかりかよ…


増税の値上げでテンションがだだ下がりなんですが…
P1100188.jpg
入口スグ右の所にこんな新しい簡易テーブルセットが
新たに置かれてました。そして奥の大きいテーブルも無くなりまして
2人用のテーブルセットに変わってたことに触れときます…よ。


※『うわっ、遂にライスと麺で1,000円越えるのか!!!(滝汗)』
と思った方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『いくら値上げになるのかメチャ気になるぅ…』
と思われたならコチラも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『山為食堂』これまでの食跡♬】
その1:山為食堂(ヤマタメショクドウ) 2005/07
その2:2006/3/9 山為食堂
その3:2006/4/13 山為食堂
その4:2007/3/20 山為食堂
その5:山為食堂 辛みそラーメン
その6:2006/5/31 山為食堂
その7:2006/7/26 山為食堂
その8:2006/9/14 山為食堂
その9:12/26 山為→グリーンコーナー→まるやま小松原→○宮→○豊(臨時休業)→正善
その10:2007/3/28 山為食堂
その11:2007/5/11 山為食堂
その12:二軒目 山為食堂 ~和歌山中華そばツアー 2007/6/23 
その13:山為食堂 2007/12/19
その14:山為食堂 2008/3/12
その15:取引先様とプチ中華そばツアーへ♪ その2
その16:山為食堂  2008/8/19
その17:いつもの中華そばに○○を入れると…
その18:めちゃめちゃ待たされました…(ToT)
その19:おふくろの味じゃないが恋しくなるのはナゼ?
その20:16時なのにお客さん多いっす(°□°汗)
その21:城北Pの1時間サービスは800円からにしてもらいたい…(T_T)
その22:うーん…厳しいなぁ...
その23:裏メニュー!? チャーシュー丼(300円)(爆)
その24:単独オーダーはお初でした(笑)
その25:パーキングサービスが…
その26:なにぃ!!! 細麺てか???(?_?)
その27:叔父にねだられて…
その28:細麺と太麺を直接比べてみた!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【和歌山県(市部)】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター