新メニュー探訪の旅♪ 和 dining 清乃

巷は桜満開の便りが届いてますが

「乱れ咲き」ならぬ...「乱食」(爆)


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66444798_6.jpeg
自分の中の訪問タイトルは『メニュー整理が完了し新しくなりました♪
第三弾ひとり旅』の予定でしが訪問間隔が少し開いている間にも
前向きなマイナーチェンジが施されるコチラ清乃。
よってこの日は「新メニューを根こそぎ食べてしまおう♪」
と家族を引き連れての「キンバリー露天掘り大作戦」という
サブタイトルを設定したある意味強引な作戦に打って出てしまいました...(苦笑)



■お品書き
img_1734772_66444798_7.jpeg
実はこの日の一番の狙いは「塩」だったのですが
事前に「限定トッピングの塩をUPした」という情報も得ていたので
まずはソチラからいただく事に。
「稲むら塩清湯(しおちんたん)」がデフォなんですが
トッピングに「紀ノ国地鶏」を使ったものが限定として登場しました。
よってお品書きも若干のマイナーチェンジが行われ
『紀ノ国地鶏の塩清湯(しおちんたん)」が新たに加わってます♪


■紀ノ国地鶏の塩清湯(限定)
●スープ:鶏ベース+魚介
●麺:中太のなめらか麺
●具材料:地鶏鶏ソテー、味玉子、ネギ、小松菜
img_1734772_66444798_8.jpeg
まず運ばれたのがこちらの塩。
「塩」は広川でつくられた「稲村の塩」が使われてます。
さてこちらの塩は地元の高齢者の方々のグループが中心になって
100%太平洋の海水で手作りされてます。
まさに「手塩にかけた」という語源とも重なり、丁寧に、釜炊きされてます。
こんな塩を使えるなんて「地産地消」でいいじゃないっすか~♪


■デッドで♪

飲んでみた!!! 
滋味深い塩の味わいが襲ってくるスープはキリッとしたシャープさの中に、
魚介をふんだんに合せた味わいの層が幾重にも感じられるもの。
まずは塩がきて、それから魚介が徐々に感じられてきます。

食べすすむにつれそれらが合わさってじんわりと尾をひく旨さが、
これまた楽しいんです。塩が立ち過ぎず、かと言って弱すぎず、
素晴らしい塩梅に仕上がってます。色合いもほのかに
ゴールドがかっているのですがこれもまたイイ感じなんですよね♪ 


それに合わす麺は中太のストレート。
img_1734772_66444798_9.jpeg
真空麺ならではの滑らかさが際立ってます。



そしてトッピングですがデフォなら豚チャーシューが載ってますが
限定品は紀ノ国地鶏がドドーンと載ってます。
img_1734772_66444798_10.jpeg
表面がグリルされ「カリッ」と仕上がってメチャメチャ香ばしいです。
そして、皮を噛むと「ジュワッ」っと鶏の肉汁が溢れ出してくる... 
トッピングの旨さはもちろんですが、
やはり具とスープの「鶏&鶏」の相性の良さが素晴らしい。
数量限定なのでこれは見逃せませんよ!!!

そして...


じゃーーん!!!

img_1734772_66444798_0 (1)
大阪は麺屋 彩々(さいさい)の謹製麺を使った

「鶏塩そば」(780円)

でござい♪ 



自家製麺はヤッパ、「うまぁ~(◎´∀`)ノ」やわ~
img_1734772_66444798_1.jpeg
表面がプリッとしてるのに噛むとギュ~ッっとつぶれる感じの食感が

「た・ま・り・ま・せ・ん」(笑)

やはり塩のスープに合うよう作られてるのが手にとるようにわかるね~♪


そして... 
このコラボに花を添えるのがコチラ!!!
img_1734772_66444798_2.jpegimg_1734772_66444798_3.jpeg
紀ノ国地鶏のムネ肉を使った...平たく言うと

「鶏ハム」だそう♪

特筆すべきはその表面と中央の食感の違い!!!
噛んだ瞬間に

「な、何これ?」

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!


もちろんいい意味でね(笑)
普通のハムの食感の10倍くらいの柔らかさなんですがしっかりとした噛み心地で
薄味ですが中央部分ではじんわりと鶏の旨味が広がるって感じかな。
何と言ってもまったく特有のぱさぱさ感がなくしっとり仕上がってる点がグッドです♪

彩々の麺とのコラボメニューですがこちらも限定数量っていうか

「麺が無くなり次第終了」となるそうですからお早めに~♡


■そして...
限定麺を食べている途中にやっと気づきました...
img_1734772_66444798_4.jpeg
img_1734772_66444798_5.jpeg


「あ~~~!!!

 器、代わってるし~~~!!!(驚) 


そうなんです。
見慣れたうさぎの柄ではなく屋号がシンプルに書かれたオリジナル器が登場です。
マスター曰く「もっと納品が先になる予定が今日来たんで、早速使いました(笑)」との事。

栄えある「器おろし」のトップバッターになれました。
次回からはデッドで飲む時は

「マークを見ながらデッドで!」

をお約束にします(爆)

そして次回は更なる新メニュー、
加えて「ランチメニューを乱れ食い」の巻 へとつづきます...

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター