限定ラッシュ~♪ 和 dinig 清乃

『ブイヤベース』は魔法の言葉~♪

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
休日出勤の今日。抱えている仕事をさっさと終わらせ一杯引っ掛けて帰ろうかの~♪なんて考えてたところ『1日限りのブイヤベースつけ麺と天然カンパチ丼が登場!』なんて言うホットな情報が飛び込んできたではないか(≧ε≦) 『ブイヤベース』なんて言われたら行くしかないやーん!! つーわけでやって来ましたお馴染みのコチラであります(笑)




■ブイヤベースつけ麺(1,200円)
●つけスープ
伊勢エビと土入蟹をふんだんに使った濃厚系
●麺
真空ストレート麺
●具材料
チャーシュー、玉葱、小松菜、タルタルソース
■この日の感想
箕島から徒歩でほんの数分の距離なんですがやはり真夏だと安締橋辺りから汗が吹き出て止まりません(^。^;) そんな時、飲む一杯の泡の出るお茶が喉の渇きを癒やしてくれるんですよね~♪ そんなお茶受けには大家さん自家製の古漬けがピッタリ!をグビグビしながら待ってると配膳されましたよ~(*^o^*)




■デッドで!
目の前にはオレンジ色がベースになったつけスープがっ!。このスープが基本となるブイヤベースでござい~o(^-^)o 使われているのは伊勢海老、土入蟹、アサリ、いか等の魚介類がタップリと。オリーオイルで炒めた野菜にトマトをドバッと入れさらに鮮魚ダシを合わせ、コトコト煮詰めるそうです♪そんな手間ひまかかったスープが美味しくないわきゃないでしょうがー!!(笑) 出来上がったスープを濾し、更に豚骨+鶏スープと合~~~身\(☆o☆)/♪ 濃厚来ながらキメの細かいなめらかなスープは『お見事!』のひとこと。弾力のある真空ストレート麺とのマッチングも申し分なく300gの麺が『あっ!』と言うまに胃袋に収まりそうなったので慌てて1/2でストップ! ここで満を持して『ルイユ(平たく言えばマヨネーズね(笑))』が登場♪半分のところでスープにそのまま落としていただきました。実はコレが大当たりo(^-^)o ほどよい酸味が舌を刺激したと思ったら、すぐに野菜の甘味とエビの風味が襲ってきました。そしてルイ


ユの脂成分が麺の表面に膜を張ったような状態になりまして旨味を逃がしませんね~。即興とはいえ恐るべきこの完成度!!! これから涼しくなる季節は蟹をはじめ旬の魚介がわんさか登場するので第二、第三弾のブイヤベース系限定品を期待しちゃってイイですか?(笑)待ち遠しくなるばかりです~♪



■天然カンパチ丼
ブイヤベースを完食したあとはこれまた滅多に水揚げされないという天然カンパチが登場!!  最初は丼でいただくつもりでしたがお酒もあったので先ずは刺身を、ば。なんとも言えないカンパチのひかえめな甘味が舌の上で広がりますがな~~~(≧ε≦) そしてストレートで味わった後は白飯をオーダーしてマイセルフ〆丼(笑)  広げ並べるカンパチは薔薇の花弁の如く♪ 最後に角長のたまり醤油をさっとかけ一気にいただき幸せの極みでございました。今回はお店が夏休みになるのでイケスの魚介を使い切るべく出来上がった限定品でした。この10杯限りの1,200円は値段以上の価値があったか、と。 なにせ次回はあるかどうかもわからないのだから…(笑)


そして...  
9月に入っていただいた限定メニューはコチラ!!!

『口に秋刀魚をくわえたらこうなる』的なインパクト~♪


■サンマ「かけ」(680円)
●スープ
オール秋刀魚の清湯醤油
●麺
手もみちぢれ麺
●具材料
葱のみ!
■この日の感想
季節限定のさんまそばをオーダーしたんですが... そのビジュアルがなんと...





■デッドで!!!

はい、「サンマ「かけ」」(680円)ですよーー!!!
具材料はネギのみという潔さ。
ということでデッドでいただいてみましょう♪



ぶはっ!!! ∵ゞ(≧ε≦; ) 
なんぢゃこりゃーー!!!
さんまそばを食ってるっていうより

「さんまをそのままかじってる♪」

という方が絶対に正しい(爆)

これはマジ強烈。
聞くと、さんまのはらわたをそのまま全部醤油に漬けこみ、かえしに使ってるそう。
スープにも生の秋刀魚が入ってるので好きにはたまらない一品だが、
苦手な方には絶対にオススメできないと言っておこう(笑)

ちなみに私は一口目からそのスープの強烈さに笑っちゃいましたから~~~♪



麺は手モミを入れて使用。
秋刀魚スープをキッチリと持ち上げてくれます。個性的&鮮烈なスープに負けないボディの強さを持ち合わせておりました。そして... 付け合わせの大根おろしを入れ、スダチを搾るとこれまたより秋刀魚の良さが全面に。にしても、インパクトは当然のことながら味わいもホント凄い!お店を出ても、ズーッと生のサンマをカジり続けているくらいの魚風味が口の中で残り続けましたから(苦笑)

さすが限定品です!!! ごちでした♪



■紀州路物産展
そして、お知らせ。今日の朝刊に折り込みが入ってたんですが、明日27日(木)より一週間、近鉄和歌山店の「紀州路物産展」に出店されますよ~♪ 「角長ゴールド」「いなむらの塩」が載ってます。またマスター曰く、これらに「紀州路ブラッック」を加えた3品の麺メニューで展開されるそーです。そして「しらす丼 or チャーシュー丼」も麺とのセットメニュー(980円)としてひかえております。そのため有田のお店は1週間休業←:ここ重要w)となるそうですのでお間違えのないようお気をつけくださいね~~~♪ 

「有田へなかなか行かれへなしょ!」

という方は是非ともこの機会にお試しあれ~♪( ̄▽+ ̄*)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター