【2杯目・新メニューをいただきます♪】和 dining 清乃

「麺固め」はご遠慮くださいませ...m(_ _)m

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66302342_6.jpeg
『メニュー整理が完了し新しくなりました♪』
との情報を聞きつけていてもたってもいられず
ソッコーお邪魔しましたyo~♪の第2弾っていうか
2杯目のこちら清乃(笑) 

1杯目はマスターオススメの限定品湯浅ゴールドをいただきましたが、
次にトライしたのは鶏羽二重白湯でございます。




■お品書き
img_1734772_66302342_4.jpegimg_1734772_66302342_5.jpeg
一杯目を食べ終わってから新しいメニューを再度眺めます。
つけ麺が気になりながらも『羽二重』という文字に興味津々(笑) 
羽二重とは織物の事なんですが、マスター曰く
『スープを濾す時にその羽二重を使う』のだそう。
コレで旨い鶏のスープがもっともっと取れますよね~(笑) 
そんな鶏白湯ですが醤油と塩のセレクトが必須。
少しばかり悩みますが個人的な好みでやはり醤油をチョイスしました♪




■鶏羽二重醤油(680円)
●スープ:真っ白な鶏のテロテロ系
●麺:中太のやや加水率の高いもの
●具材料:チャーシュー、味玉子、玉ねぎ、ネギ、糸唐辛子
img_1734772_66302342_8.jpeg
つけ麺を食べたかったのですが、それよりも何よりも、
これまで試行錯誤を繰り返されて来た鶏白湯。
鶏白湯→テロリ→肉濁→白湯ブラックかえし という変遷を経て
この鶏羽二重に行き着いたようです。

前回、前々回の試作訪問からどのように落ち着いたのか? 
期待大にて待っているところへ配膳されました。
第一印象としてはこれまでの鶏白湯とはそれほど変化のないビジュアル。
強いて挙げるならかえしの醤油色はそれほどでもなく
どちらかと言えばより白くなったというものです。



■そしてデットで
飲んでみた!!!
img_1734772_66302342_0.jpegimg_1734772_66302342_7.jpeg


「おっ!」


思わず口から出た言葉!!! 
鶏の旨味分がスープ全体から溢れ出しつつ
余分な香味は極限まで削ぎ落とされたその白湯に
「それほどの変化なし」と感じた部分は覆されてしまいます。

また必要以上の濃度はないものの従来のセールスポイントであるテロリ感は健在で、
それでいてちょっとしつこく感じていた肉感は自然に抑えられいる印象。
前々回では醤油が立ちすぎていた感のあるかえしもより
スープに合うようチューニングされたようで
鶏と魚介の風味が絶妙なハーモニーとなってました♪



■麺&具
img_1734772_66302342_1.jpeg
相変わらずチャーシューはラーメン全体を引き立てる存在感で旨い。


そして今回の注目すべきはこちらの麺。
img_1734772_66302342_2.jpeg
これまでとは違った麺が投入されております。
おそらく、より加水率が若干高めで麺線もやや太くなってまして、
粉の味わいも残しつつより白湯スープとのマッチングを重視されたのだと思います。
「やや固めかな?」と感じた茹で加減も
ひとくち食べたあとは丁度よい具合になりました。

「麺茹でもイイ感じですね♪」

と言ったところ... 

「実は(麺固めはご容赦くださいませ)の文字をメニューに入れ忘れたんですよ...(苦笑)」

とマスターがカミングアウトされてたことは
ここでボソッとつぶやいておきましょう(笑)



■完汁(苦笑)
img_1734772_66302342_3.jpeg
その結果はご覧の通り「完汁!」でございます。
1杯目も完汁したというのに2杯目までも。
っていうか意識することなく飲み干してしまうほどのバランス良さで、
そして食べ進むとわかりますが
スープが「テロリ」から「テロテロ~」という
粘度に変化していく様子が面白いですからコチラも見逃せません(笑) 

ちなみにこの日のチョイスは醤油味でしたが、
塩はこれまでの「鶏塩白湯の良い点を踏襲し、
女性好みに仕上げました」とはマスター談。

キッチリとブラッシュアップされた鶏羽二重白湯は
お店を代表する人気メニューになるパワーに溢れてましたね。
ごちそうさまっす!!!

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター