【2軒目】和歌山 deep night 有田へいこら~ 2011.11月

オフ&ヲタな話は面白いわよ♡(笑)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業) 第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_65744134_1.jpegimg_1734772_65744134_0.jpeg
久々の『特濃』をいただき大満足の余韻が醒めやらぬまま
車を一路有田市へと向かわせます。目指すはもちろん…
最近入り浸っている(爆)『清乃』です。

途中の車内で会長から「リベートでももろてんのとちゃうの(笑)?」
との嫌疑がかけられますが「何をおっしゃいますやら!!!
職人としての腕を買ってるんですよ♫」とサラリと流しまして、

「そういう会長こそはまったっぽくないですか...
魚オフ会の幹事をしていただけるくらいですから(笑)」

そんな会話をしながら15分程度でお店に到着し店内へ、
いつものカウンター席へ腰を下ろします。するとそこには…


■渾身の寿司!!
img_1734772_65744134_6.jpeg
img_1734772_65744134_7.jpeg
普通ならここですぐオーダーを入れるところですが、
先ず配膳されたのが以前からリクエストしていたマスター渾身の『にぎり』です♪ 

本日は紀伊水道で穫れた天然物の石鯛にモンゴウイカ、
そして皮目だけ塩締めした太刀魚と有田の海の幸がふんだんに。
ジワジワと皮の甘味を感じるネタは『流石!!』と唸ってしまいます。

更に唸るのが『しゃり』!口に含んだ途端に襲われる昆布の風味は
和歌山の人間が好む味で、ふわっとくずれる食感も格別です♪ 
そんな寿司をつまみながらしばしのオフ会打ち合わせを、ば(笑) 
さてそろそろ注文しましょか~と時計を見ると入店から1時間経過してるし…(」゜□゜)」
『しばし』のつもりが…恐るべし麺ヲタオフ会の話(爆) 

ま、気を取り直してオーダーしたのは前々から気になっていた
限定裏メニューの鴨つけ麺!!! 
会長がセレクトした全粒粉麺&鶏濁も視野に入ってましたが、
濃×濃は避けたワケでございます♪




■鴨つけ麺
●スープ:醤油エッジの利いた鴨系
●麺:14番真空ミキサーストレート
●具材料:鴨、鴨つくね、白葱
img_1734772_65744134_8.jpeg
先ずは会長の鶏濁系汁麺が配膳され、
それからしばらくしてから鴨つけ麺が到着します。
『プ~ン』とくすぐられる鶏と魚介類の香りが辺り一面に。
(当たりは間違いなし!!)
という確信は異例の『デッド前』になりました(笑)

さぁ、あらためてデッドで飲んでみますと…



img_1734772_65744134_9.jpeg
img_1734772_65744134_10.jpeg

『ウ、ウマァ~(≧ε≦)』

心地よい獣系スープのベースに広がる醤油魚介ダレの風味。
つけスープは清青系なのでコッテリ的な濃さはないものの
濃密な旨味が凝縮された味わいにガツンとパンチを食らわされたよう。

中には最初ら入れられた鴨肉が見え隠れしております。ひと口いただいた後、
つけあわせにあった『つくね』を静かにスープに落とし麺に箸を伸ばします。



■麺&具
img_1734772_65744134_3.jpeg
麺は真空ミキサーストレート。粉の風味と香りが織りなす麺をスープに浸してみます…
少しだけ茶色に染まったか、な!?

鉢から引き上げると若干オイリーっぽいベールに包まれたような
錯覚に陥りそうな麺ですがストレートながらキッチリ、スープと絡み合って…  
これまた『ウマァ~( ~っ~)/』 
麺の甘さにスープの甘さが加わり、麺の味わいとかえしの旨味が増幅されます♪  
全粒粉の麺とも合わせてみたいと思いますが... 
これ以上のマッチングがあるのかな~?と半信半疑です(笑)



■特筆「つくね」
img_1734772_65744134_4.jpeg
img_1734772_65744134_5.jpeg
マッチングに唸りつつそれ以上に特筆すべき点はコチラの鴨つくね!!
食べると感じるカリカリとした食感に『これって…?』と尋ねると、
マスター曰わく『「くわい」ですね』とのこと。

『くわいとねー!!!(」゜□゜)」』

(ユリネか、な??)と思ったのは実はくわいでした。
お正月じゃないですか何だかおめでたい気分に(笑)
旨味ある肉汁とシャリシャリとした食感のコラボレーションを最後まで堪能しました♡

さて食べ終えてからは再度麺ヲタ話の続きを始めましたが次回訪問は間違いなくオフ会!!!
マスターの腕の見せ所ですね!! 楽しみです♫

(と、ハードルを無意味に上げてみたわよ♡♡♡(爆))

純メンバーでのディープナイトはやっぱオモロいですわ(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター