和 dining 清乃(せーの) 2012.2.23

安諦橋(あでばし)の上は極寒の寒さナリ…(*_*)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66241818_0.jpeg
この日は休日でしたが突然の仕事が入り湯浅方面へ向かうことに。
そして終了したのが14時前…
となるとやはり箕島駅では途中下車してこちらへ来なくてはなりませんよね(笑)
連日の寒波で外気は冷たく肌に刺さるような刺激が…(ToT) 
安諦橋(あでばし)の上ともなると有田川を渡る風をモロに受け半死同然に。
片道徒歩約15分の道のりを経てたどり着きました。



■鶏つけ麺(メニューなしおまかせ)
●スープ:鶏白湯系ブラックかえし
●麺:14番ストレート
●具材料:チャーシュー、小松菜、味玉子
img_1734772_66241818_1.jpeg
メニューを整理しようとしているころの第二弾。
この日は鶏白湯系のつけ麺をチョイスするもつけ汁はマスターおまかせに。
よってどんなつけスープが配膳されるのか?
それは配膳されてからのお楽しみということでして... 

しばらく待って配膳されたのがこちらでございます(笑)



■早速、デッドで飲んでみた!
img_1734772_66241818_3.jpeg
いい意味で鶏の香りが充満するつけスープの第一印象は若干ややシャバなタイプ。
かえしには醤油エッヂが利いており今までにはないスープでございます。


麺は真空ミキサーを使ったやや平打ちっぽい喉ごしのいいタイプ。
img_1734772_66241818_2.jpeg
個人的には一番好きな麺なのでコレを食べる喜びに浸ってしまいます(笑)  
食べ進むにつれスープの粘度がよりテロテロになってくるのはグッド!!!
濃厚なつけ汁も旨いですがどちらかと言えば『ラヲタ向き』だと個人的には思うので、
これくらいの粘度をデフォにすれば一般的に受けるのかな? という感じです。

img_1734772_66241818_4.jpegimg_1734772_66241818_5.jpeg
あとは… やはりつけ汁の醤油かえしがやや強めかなぁ、
だんだん鶏の風味が押されてくる印象を受けちゃいました。

ただしこのメニューですがマスター曰わく
『新メニューにUPされるかどうかわからない』
とのこと。まだ伸びていく可能性は十分ありますが
違ったつけ麺が登場するかもしれませんし、
更なるブラッシュアップ版が登場するかもしれません。

『新味はまかしとけ!』

というマスターの意気込みが頼もしいので期待して待っておきますね!(b^ー°) 


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター