新生 釜あげうどん いずみ

新たなる旅立ちに乾杯♪


■釜あげうどん いずみ
@和歌山市太田1-4-13
【営業時間】11:00~14:00頃
【定休日】なし(とりあえず)
【電話】073-472-6960
【駐車場】CP値引き有
img_663363_66014499_1.jpeg
img_663363_66014499_0.jpeg
突然の休業があったのが昨年の8月。
それ以来、再開店するのをズーッと待っておりましたが…
『大将の都合でお店を別の方にバトンタッチするらしい』
という情報を聞きつけたのが昨年秋。

そして大将の指導を受けた新しい店主が再オープンを果たしたのが昨年12月。
『年内に必ず行こう♪』と思ってたんですが仕事に追われ
結局年が明けての訪問になってしまいました…(^。^;)



■お品書き&店内
img_663363_66014499_4.jpeg
img_663363_66014499_3.jpeg
店内はそのまま。
お品書きは釜あげうどんの他に『釜あげ子うどん』なるものが追加されてます。
聞くと女性用に追加した更に少ないサイズとのことでした。



■釜あげうどん・小(550円)
●スープ:鰹の利いた甘味スープ
●麺:やや太ストレート
●具材料:土生姜、ネギ
img_663363_66014499_5.jpeg
入店したのは14時前。初老の女性客がおひとりでうどんを啜っておられました。
(店内はそのままで前より綺麗になってるなぁ…)
との第一印象(笑)  そして女性スタッフさんに麺量を尋ねてみますが
やはり量も継承されてるそうでしたので少食の私は『小』をオーダーします(爆)




■釜あげ(小)
img_663363_66014499_6.jpeg
img_663363_66014499_9.jpeg
丼も同じものが使われたビジュアルですが、明らかに以前よりシュッとしています。
先ずは麺のみをデッドでつまんでみますが表面は滑らかでツルンと入ってきます。
麺線もやや細くなってまして『太麺』とはチョイと言えないか、な…? 
でも弾力もコシもしなやかで、なかなかイイ感じじゃないですか♪




■出汁を
img_663363_66014499_8.jpeg
デッドで呑んでみた。
前回いただいた釜あげの時は出汁の器が黒色だったので
出汁の色はわかりませんでしたが(意外と…薄いんや…)
という印象を受けます。甘味ある味わいもそのままですかね? 

ん、チト甘いかな? 

まぁそんな感じですが個人的に違和感はありませんでした。
ただ、鰹の香が若干弱くなったような気もしましたが
ほんの気持ち程度のレベルなのでこれも私の思い過ごしかもしれません...(笑) 

そして麺を出汁に浸してズズーッ♪といただきました。
img_663363_66014499_7.jpeg
img_663363_66014499_2.jpeg
以前の麺は明らかに麺線が太いものでしたから
ゴツゴツした食感と『骨太』な印象を醸し出してました。
が、それに比べるとすごく食べやすくなってました。

器からはみ出しそうな極太うどんをワシャワシャ食べたい方には
もの足りなさもあろうかと思いますが、
今回のうどんは優しさと食べやすさが前面に出ておりまして
これもイイ感じだと思います。そして塩分を多く感じた以前の味わいが
全体的に穏やかにまるまった印象でございました♪

個人的に感じたいちばんの違いは食べ終わってからの腹具合。
今までなら(かなりの量やから『小』で十分やん!!!)と感じてましたが
今回は(まだまだ食べれるな…(≧ε≦))でございました(笑) 
いずれにせよこれまでの大将が打ってた素朴なうどんを
食べれないのは寂しい事だと思いますが、
現在のうどんは明らかに食べやすくなっておりますし
これからメニューも増えてくるそうですから今後が凄く楽しみなところですね♪ 

『新生いずみ』の新たなる旅立ちに乾杯し、
これからどんどんがんばって欲しいですね!! 

それにしても…『きざみ』が待ち遠しいぞ(`∇´ゞ

【『釜揚げうどん いずみ』これまでの食跡♬】
その1:釜揚げうどん いずみ
その2:全メニュー制覇してみようと思う…(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

Tag:【閉店されたお店】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター