津山ひとり行脚 〜その4〜 「津山城(鶴山公園)」

見事な城跡(石垣)に感動!

■津山城(鶴山公園)
【所在地】岡山県津山市山下135
【電話】0868-22-3310(津山市観光協会)
P1060582.jpg
麺屋大輔で2杯も麺を食べたのでお城に戻って消化促すお城巡りを敢行!(笑)
ゆっくりと見る事にしました♬





P1060581.jpg
こちら津山のお城は津山藩・森忠政が1616年、
12年の月日をかけて完成させたものですが
明治6年の廃城で、そのすべて取り壊されたのですが
2005年に畳敷きの御殿様式の特徴を持つ『備中櫓』を再建しました。




P1060553.jpgP1060539.jpg
P1060540.jpgP1060544.jpg
コチラのお城の特筆点はとにかく迷路のように入り組んだ石垣!
その昔の強固な牙城であったことが推し量れます。
これまで色々なお城を見てきましたがここまで幾重にも重なり合う石垣は
高さ10m前後もあり、遠くから見てもその「雄大さ」がわかるくらい♬




本丸への途中では真っ赤に色づいた紅葉目を奪われ…
P1060549.jpg
P1060550.jpg
P1060575.jpg
P1060577.jpg

「思わず激写しまくり(笑)」

春になれば桜の名城、桜の名所100選に選ばれてるそうで

(それはそれは見応えがあって圧巻なんだろうなぁ〜)

っと想像します。





そして備中櫓を経て…
P1060559.jpg







■天守台へ!
P1060566.jpg




■そして天守台からの町並み
P1060562.jpg





■天守1階から見た穴蔵
P1060564_20131215172101b4d.jpg
天守台からの景色は素晴らしく古のお殿様になった気分(笑)

ちなみに天守閣は工事中でシートに隠れてたので画像は無し…

しかし、この巧妙に積み上げられた三層の石垣が全てを物語っておりました。
五重の天守が威容を誇り、数多くの櫓・門・殿舎がひしめき合いつつ
巧みに配されていた事がわかりますからね♬




■在りし日の津山城
Tsuyama_Castle_old_potograph (1)
津山城の古写真(明治初頭、撮影:松平国忠)


もしタイムマシンがあるなら絶対にこの津山城を見てみたい!!!

城跡の石垣だけで感動したのは初めてかも♬


VIVA 津山城!!!


※『写真を見る限りホント存在感があるよなぁ…』
と感じたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『綺麗なお城やったんや!!!』
と目から鱗の方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

Tag:【岡山県】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター