津山ひとり行脚 〜その3〜 「麺屋 大輔」

津山市では一番の人気店!

食べログ岡山でも1位のお店です♬


■麺屋 大輔
@岡山県津山市東一宮47-9
【営業時間】11:30~14:20(L.O)/17:30~20:30
【定休日】月曜日・第二、四火曜日
【電話】0868-27-1511
【駐車場】専用+お隣にあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1060492.jpg P1060491.jpg
さてさて、城東の町並みを歩いたおかげで小腹も空いてまいりましたので
前々から「岡山で行ってみたいお店」にリストアップしておりました
コチラにおじゃましました。
津山市内中心部から山手へ車を走らせること10分。
幹線道路沿いにお店の看板が見えてきます〜♬
到着したのが13時。
(すんなり入店できるやろうなぁ〜)
と何の疑いもなく訪れたのですが…

ェ!Σ(゚Д゚;;;)≡(;;;゚Д゚)ナニ?!

何と!待ち人が12人も…

(やっぱ人気店なんや… ちょっとナメてたわ…(汗)) と反省…m(_ _)m

結局のところ店内に案内されたのが13:30でございました。



■店内&お品書き
P1060497.jpg
ところが…
店内でも待ち席があった…(苦笑)
カウンター席とテーブル席という構成ですが
それほど大きくない店内なので回転はあまりよくありません。



そして待っている間にお品書きを、ば。
P1060500.jpg
とんこつラーメンと塩ラーメンとがありますが
この組み合わせって珍しい。共に相反するスープなので
正直、「おっ!」と思ってしまします(笑)
ちなみに、他のお客さんのオーダーを聞いてると
8割方豚骨だったのですが、遠征なので当然の2杯食いであります♬
先ずは「塩」から。



■しお ふつう(650円)
●スープ:笠岡風でもある塩
●麺:やや細ストレート
●具材料:水菜、チャーシュー、ネギ、メンマ
P1060499.jpg
お店はこぢんまりしているわりに天井が高く
そして立派な梁が見えてます。
頭の上に書かれたお品書きも素晴らしい字体で
思わず見とれてしまいます…そうこうしていると
一杯目の「しお」が着丼いたしました♬


■デッドで!
P1060510.jpg
塩スープとのことでしたがちょっと醤油チックでもある色合いをしており
スゴく良く出来たビジュアルだと実感。
でもとりたてて特徴のないどこにでもあるような印象を受けました。


P1060512.jpg
スープ自体はあっさりですが、旨みはきちんと感じるもの♬
基本は鶏だと思いますが魚介類も上手に合わされたうえ
鶏をベースにしているっぽい香味油がしっかりと主張されております。

淡くふくらみある味わいでスゴく良く出来たラーメンですが
個人的には「曵き」という部分の弱さは感じてしまいます。
そうビジュアルと同じ… つまり「おとなしい」んですよね。



麺はやや細ストレート。
P1060517.jpg
好みの固めな茹で加減でグッドなんでそれなりの満足感はあります。
ただしマッチングでは間違いなくスープが勝っておりまして
そこが「もったいないなぁ・・・」と感じました。
もう少し太く、スープを吸うような麺の方が合うような気がするのです。

チャーシューは、適度な柔らかさでジューシーな旨味。
その他はアベレージでございました。


そして…
P1060507.jpg
P1060537.jpg
別途に添えられている柚子胡椒ですが味わいが劇的に変わりすぎるので
使わない方が自分の好みでした(笑)


そして二杯目の「とんこつ」へ!



■とんこつ ふつう(650円)
●スープ:白濁した豚骨系
●麺:やや細ストレート
●具材料:太もやし、キクラゲ、チャーシュー、ネギ
「しお」を食べている時にオーダーしたので
食べ終わるやいなやスグに着丼いたしました。
P1060520.jpg




■デッドで!!!
ビジュアルはどこにでもあるオーソドックなとんこつであります。
P1060522.jpg
デッドで飲んでみますが、特有の臭みや重さというものは
全く感じさせないもので「まろやかさ」が全面に出ていますね〜♪

いわゆるライト豚骨の部類に入るかなぁ…

店主さんの動きを見ているとしっかり丁寧な仕事ぶりが伺えまして
それがそのクセの無さにつながっていると思われます。




麺は細ストレート。
P1060525.jpg
丸断面の麺で茹で加減はやや固めに仕上がってましてグッド♬
そして粉っぽいという事はなくマッチングは良好でございますね!





トッピングのチャーシューも秀逸で肉の旨味を感じさせてくれます。
P1060532.jpg
全体的には豚骨好きの方にはややパンチ不足で物足りなさを感じさせるかもしれませんが
シンプルな旨さを追求しているような気がします。
とにかく派手さやインパクとはないですが
気がつけば何十年も文句ひとつ言わず後についてきてくれた伴侶みたいな(笑)



そして、トッピングが必要なら生姜、高菜はスタンバッておりますよ。
P1060501.jpg P1060503.jpg
P1060535.jpg
また香味油も上手に使ってますからマイルドで優しさも醸されてます♬
老若男女、子供達、万人受けは間違いないでしょう。



■食べてみて…
おしなべて麺が弱いかなぁ… 
とんこつと塩の麺の差を感じなかったので同じなのかな?
「しお」に比べると「とんこつ」の方がマッチングがよかったですね。
そして全般的に「ライト&あっさり系」となりますので
動物ギラギラ濃厚系のお好きな方は物足りなさを感じるでしょう。

ただし、どちらも洗練されておりますので
この人気の高さは納得できるものでございました♬


そして一番言いたかったのがこのお手紙。
カウンター上部に書かれておりますが…
P1060538.jpg


見ただけで引き込まれる


癒し系な字体!



です。とにかくその印象深さからラーメンの事なんか忘れちゃいました(爆)
その字を見るだけでも価値があるのか、と思うくらい必見!です。

最後になりましたが「ホルモン&ホルモンうどん」を食べた後だったので
正直、味がぼやけた感がありました。

「はぁ〜、最初に食べてたらなぁ… もっと旨さを感じれたかも…(泣)」

とプチ後悔でございました…orz


※『そら濃いホルモン食ってしもたら味が負けるやろ〜』
こんなツッコミはポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『確かに字体に癒されますなぁ〜♬』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【岡山県】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター