寒くなると恋しくなる 「お料理割烹 おかざわ」

旬の鍋の最高峰♬

■お料理割烹 おかざわ
@和歌山市北ノ新地榎丁7
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】不定休
【電話】073-436-3343
【駐車場】近くにCPあり
【お店の場所はコチラ】
P1140622.jpg
P1140623.jpg
北の新地の小路にひっそり佇むおかざわ。今年も押し迫ってきましたので
旬のフグをいただくべくお邪魔したのがコチラ。
京都で料理人をされていたご主人の気合いの料理がいただけます。
丁寧にふるまわれるお鍋でほっこりと過ごしてまいりました♬



■店内
P1140624.jpg
相変わらず雰囲気がありますなぁ(笑)
しっとりとした風情を感じるあるエントランスを進むと
そこからすでにコースがスタートされてます。
今回のお料理はズバリ「フグ」でございます。



■ふぐづくしコース
P1140625.jpg
P1140626.jpg P1140627.jpg
まずは丁寧な仕事が素晴らしいつきだしのお料理。
繊細かつ優しい味わいにため息が漏れます…


P1140628.jpg
そしてビールでグイッと流します♬


ここからフグのコースがスタートです!


■てっさ
P1140631.jpg
P1140640.jpg
透き通ったプリプリに締まった身。
そしてじんわりと感じる、鼻に抜ける甘さ。

(嗚呼〜フグ食ってるなぁ〜♬)

という実感(笑)

次にコチラ。

■フグ焼き
P1140638.jpg
香ばしいのが旨ぁ〜♬
白身魚の醍醐味がこの焼き物かもしれない(笑)


そして、てっさと焼きフグを食べた頃、おもむろに


鍋が登場!


■ふぐチリ
P1140641.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ フグメッチャオオイシ━!!

とにかく高まるテンション期待感!

メインディッシュの登場に部屋は色めき立つものの
女将さんの鍋さばきに身を委ねるしかない我々…

だまって調理を見るしかなぃ(苦笑)


このごっつい身をたっぷりいただけるなんてこのうえない幸せ♬



P1140645.jpg
P1140643.jpg
P1140647.jpg
女将さんがテキパキと調理していってくれます。 そして…


「そろそろよろしいのとちゃいますか〜♬」

と出来ましたの合図が!

P1140659.jpg P1140661.jpg P1140664.jpg


うまぁ~(◎´∀`)ノ


もう、何も言うまい。淡白ながら濃厚な味わいのある白子はただただ


「旨い!!!」


女将曰く、骨から出る灰汁をゆっくり、ゆっくり救いながら
白菜に吸わせないようにするのがポイントだとか。
素人の我々は最初からもうあなたのなすがままですよ女将さん(笑)


そして目の前に運ばれて来たのが・・・ コチラ。

P1140652.jpg

ヒレ酒でございま〜す!

ゆっくりと蓋を開けると香ばしいヒレの匂いが立ちこめます!
そしてゆっくりといただいてみました。 そしてここでも女将さんのヒレ酒指南が♬


P1140653.jpg
ヒレを入れすぎると苦みが出るので蓋に一旦上げまして、
呑んでからヒレをお酒を継ぎ足すそう。
そうすると最後までヒレの香りが楽しめるとのことで… 
合計3杯いただきました♬



■そして最後はぞうすいで〆
P1140666.jpg
ご飯をサッと入れ、そしてとき卵を入れほんの少し置いておきます。




そして、海苔やら、ネギやらをこれまた手早く入れると…
P1140673.jpg


ハイ、出来上がり♬



ご飯の量はほんの少しだけ。
これでサラッと食べるのが一番旨い雑炊の食べ方らしいです。


お腹も満たされ余韻に浸ってると
P1140674.jpg
フルーツが運ばれこれにて終了でございます。

女将さんの優しく優雅なおもてなしとフグづくしを堪能させていただきました。
こちらのお店は予算に合わせて相談にのってくれますので
先ずは℡にて確認されるのがよろしいかと思います。
これから忘年会シーズンとなりますが、ゆっくり落ち着いて呑むのもおすすめです。

ごちそうさまでしたぁ~美味しかったです。m(_ _)m


【『お料理割烹 おかざわ』これまでの食跡♬】
その1:お料理割烹 おかざわ


※『フグを腹一杯食ってみたいぞ!!』
そんな時はコチラをポチッと押してとりあえず銀行へGO〜♪(笑)(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『自腹だと厳しいやないか!(汗)』
と思うも、年一回くらいは贅沢にふぐを食べたいよなぁと思いながら
こちらをポチッとな♪(ρ°∩°)

 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : お魚料理
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター