このシューマイは必食! 「大虎飯店」「三角山五衛門」

珍しく初日に来れた♪

またまたやってまいりました北海道物産展。
たまたま休みがとれたので早速行ってまりました。

でも、実はラーメン以外お目当てのお店があったんです。

「大虎飯店(タイガーハンテン)」というお店なんですが
こちらのホタテ毛がにシューマイが


「鬼旨!!!!」

らしいんです。

実はそのソース元はツレなんですが・・・
何でも北海道旅行で長万部に行った時に出会ったそうなんですが
あまりの旨さに暫く言葉を失ったというくらい・・・んな大そうな(笑)

「とにかく旨いねんって!!!!」

と、和歌山へ戻って来てもとにかくうるさかったので記憶に残っておりました。
そのお店が今回食べれるということがラーメンより楽しみだったわけで・・・

そういうわけで先ず向かった先はこちらでございました。

■大虎飯店(タイガーハンテン)
※スペックは本店です
@北海道山越郡長万部15-31
【営業時間】17:00〜22:00 
※ホタテ毛がにシューマイの販売は12:00〜15:00
【定休日】木曜不定休
【電話】 013-77-2-2090
今回、催事に来られてるのはマスター(かな?)
忙しそうにひとつひとつ丁寧に餡を皮で包んでおられます。

しばらくその実演工程を窓越しに眺めることに・・・
P1050743.jpg
蒸篭を端に、ミンチ肉と毛ガニのほぐし身、そして大粒にカットされた
肉厚のホタテが手際よく包み込まれどんどん蒸篭に並べられていきます。

(うまいこと包みよんなぁ・・・(笑))

と思いながら見ていると、

「お!にいちゃん、ちょうど蒸しあがったよ〜♪」

とその場で立ちこめた湯気の向こうからマスターの声が(笑)

それが聞こえた時には目の前に蒸したてホカホカのシューマイが並んでおりました。
スタッフさんに聞くと…
シューマイは長万部産のホタテ、丸ごと入った自家製干し貝柱をふんだんに使用し
地元「長万部産」海産物に、練り込む粗引き肉・玉ねぎは「道産」と
地産地消にこだわった材料を一つ一つを手包みしているそう。

(聞くだけでメッチャ旨そうやん・・・)

P1050735.jpg

それを1パック(6個入)購入し
ラーメンと一緒にいただくべく、ラーメン茶屋の暖簾をくぐります・・・


■三角山五衛門ラーメン
※スペックは本店です
@北海道札幌市中央区南二条西9-998
【営業時間】10:30〜22:00
【定休日】無休
【電話】011-261-9701
P1050678.jpg
入店したのがいつもどおり14時を回ってから。先週に比べるとお客さんは
少ないようで、わりとゆったり座れそうな雰囲気です。


■お品書き
P1050677.jpg
新聞広告を見る限りでは「鶏+豚+野菜」が基本の清湯タイプで
鮭節が魚介として使われているそうな。
なかなか北海道っぽくなくて面白いなぁ〜♪って
そそられます(笑)普通ならそんなデフォ醬油をいただくとことなんですが
茶屋を包む「鶏の香り」がとにかくイイ!!!

その匂いに押されまして
P1050681.jpg
「とりしおラーメン」に「大盛」をプラスして
オーダーしちゃいました。



■とりしおラーメン(840円)+大盛(105円)
●スープ:鶏系ハーフ(清/白)
●麺:中細やや縮れ黄色(お小水が黄色になるよぉぉぉぉぉw)
●具材料:チャーシュー、ゆで卵、白葱、メンマ
P1050701.jpg
オーダー後、しばらくして着丼したラーメン。
そのビジュアルは清湯よりやや白湯がかったタイプで
「いかにも北海道」とは一線を画した雰囲気です。


■デッドで♪
まずは鉢の中に顔を埋めますが・・・
P1050702.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ トリダァァァ━!!

「チキンがキチンと処理されてるよ〜(笑)」


チキンが目一杯全面に押し出されたスープはとにかく香りが素晴らしい。
「あぁ〜鶏スープを食ってるなぁ〜」という実感が湧きまくりです。
芯がぶれることなくシッカリとした鶏スープがそこにはあるのです!

そして北海道としてはやや細い麺がデフォ。
P1050707.jpg
持ち上げるとさらによくわかるそのボディ色♪
俗に言う

まっ黄っ黄ぃの北海道そのもの麺」

なんですね。食べてみると以外に素直な麺線で旨いのですが・・・

やられちゃいました

「大盛の麺に・・・(号泣)」

器の大きさが変わらないところへ麺がドスン!
と入ってしまったのでスープと麺量のバランスが崩れる、崩れる(ヤケクソw)
でも、麺はそれほど癖は無かったので美味しくいただきました。

そして具材はアベレージ
P1050704.jpg P1050711.jpg
シンプルな構成ですがチャーシューは旨く、メンマも食べやすい。
ただ、強烈なインパクトとまではいかずアベレージでございました。

あとは・・・
ここまで黄色だとお小水の色まで染まってしまいそうな予感ですね(爆)



■ラーメンを1/2ほどやっつけた後に・・・
P1050682.jpg P1050685.jpg
おもむろに取り出したるは先ほど購入済みの「ホタテ毛がにシューマイ♪」



P1050686.jpg
1個が50gありますのでかなり大きくボリューミー!!!


そんなシューマイにバクっと食らいついてみた・・・


P1050718.jpg

P1050725.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ コレハスゴイ━!!!!!

これは確かに凄いゾ!!!
ジューシーな肉餡の中からホタテがゴロっとでてくる感じがイイし
カニのほぐし身がたっぷりと載っている。

50gのデカさながらしつこさもなく… 

久々に食べた、グランドスラムの餃子を♬
物産展に行かれる予定の方は是非とも食べてみてください。

個人的にはコレまで食べたシューマイの中では
一、二を争う旨さと言っても過言ではないです。
食べな損なくらいで…

絶対にオススメです!!!(キッパリ!)

今回は、ラーメン食べてもそう、シューマイ食べてもそう、後口が全然悪くなくて、
メチャ美味しかったです〜(pq*´∀゚)ウレスィ~♡(嬉)



※『由利徹の「おしゃ、まんべ!」』
を思い出した方、偉大な喜劇役者に思いを馳せながらポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『そんなにタイガー旨いのか、そうなのか!!!』
食べてみたくなったならこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

Tag:【北海道】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター