自家製麺がスタートしましたよ! 「和 dining 清乃」

遂に投入!!!(嬉)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日、月曜日の夜、第三月曜日(祝日営業)
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
P1050591.jpg

「製麺機が設置された♬」

という情報を聞きつけたのが先週の月曜日のこと。
この日が来るのを首をなが〜くして待っていた身としては
居ても立ってもいられず・・・ と言っても仕事あるし(汗)

そんなこんなでやっと訪問できましたコチラ。
待ち人数は2名のみ。ワクワク感につつまれての入店でございます。



■お品書き
P1050593_20131028070715e2c.jpg
さてお品書きの方ですがこれまで通り。
実は訪問するまでは
「よし!今日は久しぶりに有田ブラックでいこか!!」
と決めていたんですが、
聞くとブラックの麺は在庫の加減でまだ変更されていないとのこと。

う〜ん、それなら…  

と迷った挙げ句、前回いただいてイメージのよかった
「鶏白湯つけ麺」をいただくことにします♬


■鶏白湯塩つけ麺 並300g(900円)
●スープ:鶏メインまろやか系
●麺:若干太、ほぼストレート
●具材料:チャーシュー、小松菜、メンマ、唐辛子、ネギ など
P1050609.jpg
お昼の部の閉店前にギリセーフのタイミングで入店したんですが
後から後からお客さんが入ってきますね〜♬ 
14時過ぎてからでもまだまだ来られるのが凄いです。
つけ麺のためしばらく茹で時間がかかりますが…

着丼いたしました!

セパレートになった具材は嬉しい配慮。
好みの量、タイミングで調節できるのがいいね♬



■デッドで!
P1050619.jpg
鶏と塩と魚介のバランスが絶妙とはまさにこのこと。
みんながそれぞれを邪魔する事なく、各々を引き立たせております。
この手腕は「さすがやな(ニヤリッ)」ということだけですね♬
気がつけばまたスープを先にグビグビ飲んでしまってまして
自家製麺の事を忘れるところでした(汗)


また…
P1050611.jpg
セパレートになった具材は嬉しい配慮。
好みの量、タイミングで調節できるのがいいね♬




■そしてお待ちかねの自家製麺!
P1050613.jpg


ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ ジカセイメ━ン!!

「艶(つや)っ艶(つや)や〜ん

この艶っぽいボディを見た瞬間に出た言葉がこれでした(笑)

見てすぐにわかるその麺線の素晴らしさ。


まずはそれをストレートでいただいてみたんです。
P1050617.jpg
塩をちょいちょいっとふりかけていただくだけでも旨い♬
粉の風味が幾重にもなる味わいはおそらく数種類の小麦がブレンドされていると想像。
コシは強くないですがボディ全体はしっかりとしており力強いものです。




そしてスープと一緒にいただいてみましょう。
P1050622.jpg

「うん!旨い!!」

鶏スープが絡むとまたその姿を変化させる麺。
そのしなやかさと弾力ある艶やかなボディとスープとミキシングされ
咀嚼感もそこそこに喉を心地よく通っていきます。

「あぁ〜自家製麺を食ってるな♬」

と感じる瞬間でした!


■食べてみて
サラサラではないが決して粘度が高くないスープは品を感じるもの。
一般的に多い粘度の高い(いわゆるドロドロ系)スープとは完全に一線を画されてますので
「濃い系」が好みの方には物足りなさを感じるかもしれません。
私個人の好みも(もうちょっと麺にスープが絡んで欲しい)という第一印象でした。

でも食べるにつれそのスープが若干テロテロっとしてきまして
しっかりと、そして徐々に鶏の風味をより強く感じることができるように
なってきたのがおもしろかったです♬

ただ、このスープに入れられている揚げ葱の風味が想像以上に強かった…

鶏の香りを消されるほどだったので
トッピングをセパレートにしてもらえたら嬉しいな(笑)

さてさて、
いよいよスタートした自家製麺。これからは色んな麺の可能性が広がります。
これによって試行錯誤の毎日なるやもしれませんが
より美味しい麺をいただけることを楽しみしております。
マスター、頑張ってくださいませ m(_ _)m


【『和 dining 清乃』これまでの食跡♬】
その1:ビフカツ Love(笑)
その2:鳥好き全員集合〜p(´⌒`q)
その3:出戻りました…
その4:「紀州路物産展にて」マスターいてへんし…(泣)
その5:リベンジは倍返し(爆)しらす丼!!!



※『お!自家製麺始まったんや!』
と思ったならこちらをポチッとしてレッツゴー〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『中華そば』の幕の赤色、剥げてきたなぁ…
と感じたならコチラも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター