【限定:秋鯖の白湯味噌】和 dining 清乃

味噌のハ~モニ~♪


■和dining清乃
@有田市野669
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜
【電話】0737-83-4447
【駐車場】あり
■せーのなう
ラー友のビーマ君から『味噌の限定に★★★★★をつけた!』という話を聞きつけた。北海道遠征で味噌ラーメンに造詣が深くなった彼から★5つをもらうとはいったいどんな味わいなんやろ??? それからというもの、その味噌が気になって、気になって…(笑) しかも土日限定というハードル付きでしたが、なんとか無事いただけましたよ~(`∇´ゞ



■お品書き
入口の扉に書かれたって言うか貼られた限定の値書き。そしてもうひとつの限定品である「秋さんそばかけ」がありますが、こちらは以前プロトタイプをいただきましたのでスルーで。一応、味噌があるのを確認してから入店いたしました(笑) そして中メニューにもちょっとしたマイナーチェンジである「かけそば」なんかが登場しております♪



■秋鯖の白湯味噌
(780円)
●スープ
鯖のみ魚介味噌ベース
●麺
太ちぢれ(有ブラ同様)
●具材料
チャーシュー、メンマ、分葱、味玉子(個人的に割愛)
■この日の感想
しばらくして配膳された味噌ラーメン。特有の存在感を最初は感じませんが、徐々に…

■デッドで!! 
味噌と鯖の香り漂う中をデッドで飲んでみますが…



『味噌~~~!!!』

というリアクションを予定してたのですが、チト違う。
味噌がベースなのですがその中から湧き出るような鯖の香りと風味のハーモニーが。

何て言ったらいいのか、ある意味その個性が強い鯖ですが味噌と見事に融合し
どちらもそのギリギリの味わいのラインを保ちながら互いの旨さを引き出し合ってるんです!!!

特筆すべきはその鯖の白湯スープ。
鶏や豚骨といった動物系レギュラーを外して生鯖一本
その風味をスープを絞り出しているというから驚きだ。

そして和の世界ではあまりに有名かつシンプルな名コンビが
麺を迎え入れて夢の饗宴となったわけであります(笑)
またそのスープに小粋に現れたのが摺り下ろされた生生姜にちょこんと載った分葱♪


「鯖特有の臭み」と書くと「あぁ~あれね!」と思われるかたもいらっしゃいますが、
このスープに関してはそれは皆無。

それより、この生姜を徐々にスープへ溶かしていくことで、
シャープなエッジと鯖風味の変化を楽しむ事ができるでしょう。
最初からちょこっと、ゆっくりと… 
あなたの好きな味を見つけてみてはいかがですか♪



麺はご存知、棣鄂の中加水太ちぢれ麺。
これが味噌と鯖とを紡ぐ糸となってきめ細やかな味を表現されてます。
最後まで、ため息と感嘆の中で食べ終える事ができました。

余裕の完汁で
ございました(笑)

この限定は大漁の鯖を使用しないとスープが採れないそうで

土・日のみ限定品

となっておりまして数杯の提供しかされないようです。
もし行かれる場合は必ず事前確認をおすすめします。


感動の中、マスターとラーメン談義に花を開かせてからは
久しぶりにトリトンをオーダーしました♪


■トリトン(260g)
850円
●つけスープ
豚骨+鶏
●麺
やや平打ち常圧麺
具材料
2種類のチャーシュー
■この日の感想
清乃で唯一、豚骨が使われたスープは濃厚豚骨+鶏+魚介。麺茹でにそこそこ時間がかかりますが久々のトリトンを前にワクワク待機です(笑)




■デッドで!
そして運ばれたトリトン。魚介の香りが立ちこめるつけスープからは甘みも同時に感じられる一品。そしてデッドで飲むとその旨味の層が目の前に押し寄せてまいりました。麺は角断麺の太常圧麺。いろいろ試行錯誤を繰りかえされて現在はコチラの麺に落ち着いてます。食感よりそのじんわりと後から粉の味が感じられるタイプの麺で、派手さは無いが実力アリといったところですかね。つけスープとのマッチングは素晴らしく最後まで美味しくいただけました。具材料はセパレートになってまして、自分好みにカスタマイズすることができるので個人的には嬉しい♪ 

■総括

いつまで提供していただけるかわかりませんがこの日の
「秋鯖の白湯味噌」
は是非とも食べていただきたい限定品。
これを食べると味噌ラーメンの概念が
覆される可能性もあります(笑)

これからもアグレッシブな限定品を
楽しみにしております。
ごちそうさま~m(_ _)m


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター