今度は「鶏」で暴れるのか! 「土屋商店」

やっぱり見たことある!この看板(笑)

■土屋商店
@和歌山市栗栖340-2
【営業時間】(平日)11:00〜15:00/17:30〜23:00 (土日祝)9:00〜売り切れまで
【定休日】なし
【電話】073-472-1211
【駐車場】店前あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1040188_201310061003298a2.jpg P1040193.jpg

元は桃花島、その昔は○善(マルヨシ)だった所。

『新しい店が居抜きで入ってる!』

という和歌山ラーメン部副部長からの情報を聞きつけ早速の訪問へ。
場所は元桃花島のあったところで和歌山ICからすぐ。
電車ならJR和歌山線の田井ノ瀬駅で下車し徒歩約10分、
デカく輝く『中華そば土屋商店』の看板が目印ですが…


ん?どっかで見たことある看板やん…

『あ!(」゜□゜)」』

P1040192.jpg

『暴豚やん!!!』

ランボルギーニに似た輪郭で中は鶏の絵が描かれます。

(つーことは…鶏系のスープか、…)

そんな事を考えつつ店内へ吸い込まれます。


■店内&お品書き
P1040194.jpg
これまで何度も入ったことある店内ですが居抜きのため変わりはなく
小あがりとカウンター席で構成されてます。


P1040216.jpg
壁にあるお品書きですがデフォは中華そばで、
限定数ではありますが「特製まぜ麺」もラインナップされてました。

ただしスタッフさんからは『まぜ麺は売り切れてます〜!』のアナウンスが。
2杯食ったろと思ってたもくろみは早くも頓挫してしまいまして…(^。^;) 
デフォの中華そばのみをいただくことにします…



■中華そは(550円)
●スープ:醤油メインの高井田系
●麺:やや太ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、ネギ
P1040195.jpg

オーダーしてから調理風景を眺めてましたが…

(麺の茹で時間って長ないか…(゜∇゜)?)

と気になりました。ざっとですが約7,8分は茹でられてましたから
かなりの太麺やなぁ…と思ってると着丼いたしました。


■デッドで!
P1040201.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ タカイダァァァ━!!


『高〜井〜田〜


ビジュアルはモロに高井田系。スープもかなり濃い色をしてますが…


P1040196.jpg
第一印象ではもっと醤油エッジのたった味わいを想像してましたが
飲んでみると意外にもマイルディな仕上がりにプチ驚き!
昆布、鰹などの風味もありますし
スープ自身からもほのかな鶏の香りがプ〜ン♬ 
後口の酸味からもその存在が伺えます。




麺は高井田系特有のかなり太ストレート自家製麺。
P1040207.jpg
しっかりと茹で上げられてますが麺延びどころか、
食感は「わしわし」というもので噛み心地はイイですね。

スープとのマッチングも具合よく、
粉の味わいを感じた後に、ほどよく吸ったスープの味わいも
しっかりと感じられてグッドです♬


P1040210.jpg P1040211.jpg
チャーシューもシッカリと厚さが保たれてます!
赤身メインとは違いますが旨いと思います。
メインのメンマも太バージョンでしっかりとスープに馴染んでおりました。


■食べてみて…
P1040214.jpg
個人的には「意外にしっかりと作られてるな…」というのが正直な感想で
気がつけば完スペしております(笑)

本場高井田系よりマイルディに仕上げた点や、
土日祝の「おはようラーメン」など新たな取り組みは
和歌山という地域を考えるとアドバンテージのように思います。

そして暴豚製麺所の「二郎系」そして今回、土屋商店の「高井田系」と

「和歌山に無い味わいを提供していこう」

というグループの明確な意思&チャレンジ精神を感じさせてもらいました♬

P1040190.jpg
そしてこのデフォ! 「中華そば550円」という価格。
これを維持し続けてもらう事を願ってま〜す!

「暴豚」ならぬ「暴鶏」でこれからも暴れまくってくださ〜い♬



※『和歌山でも高井田系はどうやろ?』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※「でも和歌山中華そばシーンを盛り上げて欲しいね〜♬」
という方はこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター