新店第三弾!「よッ!待ってました♪」坊也哲(ぼうやてつ)

ヤスさん開店おめでとう〜m(_ _)m♪

■坊也哲
@東大阪市西岩田4-4-46
【営業時間】(火〜金)18:00~24:00 (土・日)12:00~15:00/18:00~21:30
【定休日】月曜日(月曜日祝日の場合は月火連休)
【電話】06-4307-5659
【駐車場】隣にCPあり
P1010126.jpg P1010123.jpg
親愛なる赤シャツマスターのブラザーであるやすさんの栄えある門出の日。
以前、高槻にあったお店の屋号をそのままに
東大阪は若江岩田に店主さんとしてお店を開かれました。
おめでとうの気持ちと共に訪問させていただきました♪ 

場所は近鉄奈良線、八戸ノ里駅と若江岩田駅のほぼ中間。

どちらの駅から行こうか?

と悩みますが…  この日は八戸ノ里駅に降り立ちました。
まずは東に向かって歩きまして中央環状にぶつかります。

ここまでは良かったんです。ここまでは… 

中央環状に沿ってそのまま北上したのが誤り。
(お店の近くの交差点で渡ったらええやろ〜っ)てタカをくくってたら
近畿道道の下を走る中央環状なので道の向こう側には渡れないエリアだったんです(ToT) 
向こう側にお店が見えてるのに渡れず、
ひたすら道を北上しなくちゃならない辛さってないっすよ〜(泣) 
実は最初の中央環状線にぶつかったタイミングで
対向車線側へ渡っておかないと
いけなかったんです。

これには参ったって言うかとんでもない時間ロスをしちゃいました…orz


■店内&お品書き
P1010130.jpg P1010127.jpg
そんなこんなで到着したお店は
黒地に白文字で統一された麺哲イズム
が溢れる外観!
ゆったりとした店内にはテーブルのbox席とカウンター席が広がってました。

そしてお品書きには「ラーメン」「つけ麺」という
シンプルなものが2つのみでわかりやすいですね。

カウンター席の一番奥に陣取りまして「つけとラーメン」の両方をオーダーいたしました♪ 


■ラーメン(700円)
●スープ:鶏清湯ベース
●麺:中太ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、九条ネギ、海苔
●この日の感想
この日がオープン初日とあってオペレーションがまだ確率されてない印象でしたが
それはスタッフさん達のキャリアで時間が解決してくれるでしょ(笑)
応援に来られてた赤シャツマスターおと久しぶりね♪のご挨拶。
そしてお話に夢中になっているうちに着丼しておりました・・・(汗)


■デッドで!!
先ずは清湯鶏からなんですが…
P1010133 のコピー

(」゜□゜)」


なんじゃこりは!!


近づくだけで分かる鶏のイイ香り♪
後をひくこの匂いに食べる前からノックアウトとは…(笑)
これはマジで久しぶりの感覚だ!
デッドで飲んでもガツンと鶏の風味に襲われた後はじんわりその余韻が残ります。
上っ面だけのスープじゃなくどっしりとした厚みあるボディと
それに見事に調和する油&塩・・・  やはりその実力は恐ろしい。


P1010139 のコピー
そんなスープと絡むのがプリプリの中太ストレート。

強めのコシと弾力、それにスープに引き立てられる小麦の風味!

安定感ある麺は五感を刺激してくれます。
無我夢中で啜った後には何とも言えない恍惚感が押し寄せる…

具材は… もう言うまでもないでしょう(笑)


■そして『つけ麺(1玉:800円)』
P1010140 のコピー
汁麺ほどは感じない鶏だが、それに勝る停めとも劣らない

『甘い、辛い、酸っぱい』

の甘辛酸♪


そんなつけスープの基本となるのが切れ味鋭い鶏清湯♪
P1010141.jpg P1010144.jpg



ソルティなスープに目一杯掴んだ麺を一度浸け、一気に啜り込んでみる…
P1010148.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ━!!

鶏の旨味で凝縮されたスープを纏った麺を流し込む瞬間。

その喉ごしたるや、かつての体験をはるかに凌駕する快楽!!!

丼の中からはスープを支える具材達がゴロゴロと
P1010150.jpg P1010155.jpg P1010156.jpg
その旨さを後押しするぜ(笑)

五感、いや、魂をも揺るがす圧倒的な主張の渦に巻き込まれてしまった。

赤シャツイズムと確かなMのDNAが宿った坊や哲。
私の記憶に新たなる名店の名が刷り込まれてしまったようだ…


※「駅からもうちょい近かったらなぁ…」
と思った方はポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※つーか、「オープンしたの6月やん…」
というツッコミを入れるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:東大阪市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター