新店第二弾!「祝・新装オープン♪」  麺屋 鳥見本(TOMIMOTO)

屋号の読みは『とみもと』です♪

■麺屋 鳥見本(とみもと)
@和歌山市六十谷18-1
【営業時間】昼:11:00~14:00/夜:17:00~21:00
【定休日】火曜日
【電話】073-496-4031
【駐車場】あり
【喫煙】完全不可
P1030500.jpg P1030502.jpg
8月から新たに掲げられていた麺の看板。
そしてこれまでも開店前調査を行ってたコチラのお店が9月1日に開店の運びとなりました♪
お店が落ち着いてから
(夜に仕事が終わってから行ってみよかなぁ〜)
って思ってたんですが、オープンしたての9/1。
この日にいきなりお店の近くで仕事が舞い込んでくるとは(笑) まさしく

神様の思し召しに違いない(笑)

と訪問いたしました(≧ε≦)ゞ


■店内&お品書き
1_20130913070020006.jpg
ランチタイムを過ぎた13時30分前、まっさらのカウンターに腰を下ろしました。
外はあいにくの雨模様でしたが店内はお客さんでいっぱい!!
後から後から入ってくるのにも驚いてます(」゜□゜)」 

お品書きはデフォの鶏ベースのスープに『しょうゆ』『塩』の2つのみ!
P1030496.jpg P1030497.jpg
夜限定として『つけ麺』がラインナップされてました。

チョイスしたのは『オススメ☆』と書かれた

「鶏骨醤油らーめん」で、

同伴した上司は同じく『鳥骨醤油&たまごかけご飯』でございますm(_ _)m


■鶏骨醤油らーめん(650円)
●スープ:鶏+魚介
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、ナルト、メンマ、ネギ、小松菜(アレ?ほうれん草やったかな?)
P1030506.jpg P1030514.jpg
さらにお品書きを見るとサイド飯メニューとしては
チャーシュー丼と焼き飯が300円でラインナップされてます。
(試しに焼き飯でもオーダーしたろかな〜?)
なんて思ったのもつかの間、ラーメンが着丼いたしました〜♪


■デッドで!!
先ずはビジュアルを見てみた!!
P1030504.jpg

(あ、あっさりな感じや…ん)

見た目にもハッキリ、あっさりとしているのが一目瞭然でございます。

デッドで飲んでみると…
最初に魚介の味わいを感じますが…意外に酸味が強く、しょっぱさもそれなりにありました。
鶏と魚介のWスープなんですが魚介はキッチリと感じますが
それに比べ基本の鶏スープが弱いように感じました。

『鶏骨』をメインに謳われていたのでもっともっと濃厚なスープをイメージしてたので…
「ラヲタ的には物足りないなぁ…」
という第一印象でございます。


P1030509.jpg
麺は自家製麺。お店の一角に製麺室がありそこで打たれてるようです。
麺質はスープをハジくタイプだったのでマッチングには伸びしろがあると思います。
そして茹で加減はやや固めでスープと合ってました♪


P1030512.jpg
ナルトに極太メンマ、それに分厚い炙りチャーシューが2枚も載ってるので
具材料のボリュームとしては十分満足できました。


■卵かけご飯(350円)
P1030515.jpg
たまごはこだわりの卵を使用。
おかかがタップリかかってまして味わいはアベレージ。
「もう少しカツオブシが少なくても言いかも…」
という上司談でございました・


■食べてみて…
P1030505.jpg
最後までいただいてみて個人的な感想はやはり

『思ったよりアッサリ』

というものでした。
どうしても「鶏骨」と聞くと濃度の高い鶏白湯をイメージあるいは望んでしまうので
そう感じたのが正直なところです。
ただ「これでも十分濃いよ〜♪」とおっしゃる方もおられると思いますので
一度お試しくださいませ〜m(_ _)m

私自身の口は濃厚に慣れてしまってる

『濃厚口』

ですから…(苦笑)

しかしながら豚骨醤油ベースの和歌山で鳥骨をメインで勝負していく潔さと
チャレンジ精神は素晴らしいですね!!!

これからもどんどん熟成、研究を重ねて新風を吹き込んでもらいたいと思います♪


最後になりましたが…

この新聞広告を見るまで
P1030553.jpg
思いっきり

「鶏見本」

(とりみほん)


だと思ってました…(申し訳ない…)



※「とみもと」やったんや…(汗)

と同じ間違いをしていたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※そして私、「とこわかはる」を応援していただけるなら
こちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓


食べ歩き ブログランキングへ

【お店の場所はコチラをクリック♪】

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター