麺屋而今(じこん)

電話は『0・1・4・7』
お・い・しい・な~♪


■麺屋而今(じこん)
@大東市灰塚6-7-9
【営業時間】11:30~14:30
【定休日】火曜日
【電話】072-873-0147
【駐車場】専用ナシ
■じこんなう
焼鳥屋さんがラーメン屋さんを始めた!!という情報を聞いてからどれくらい経ったのか? 最新情報ではラーメン屋さん一本で営業するというお話も。和歌山県人の私からすると大東市という場所柄と昼間営業のみ(14時30分迄)という営業時間の短さが『訪問』というハードルをメチャメチャ押し上げておりました。この日は水曜日で昼間も時間的余裕がありましたので最初からターゲットにしておりました。最寄り駅はJR学研都市線の鴻池新田。もちろん初めて降り立つ駅でございます。そして線路に沿って灰塚エリアへ歩いて行くとお店の看板が見えて来ます。意外にも閑静な住宅街の一角にお店はありました。



■店内&お品書き
店内は黒がベースになってましてこれまた驚きます。個人的な『焼鳥屋』というイメージ色は『白』だったので少しばかり面食らってしまいました...(^。^;) テーブル席とカウンター席という構成で、テーブル席では相席もされてました。テーブル上にあるお品書きを見ながら女性スタッフさんに『オススメは何ですか!?』と聞いてみたところ…『中華そばを食べてもらいたいんです!との回答。『じゃ、それで!』決まりました(笑)



■中華そば(650円)
●スープ
鶏ベース魚介醤油清湯
●麺
やや細ストレート
●具材料
つくね二個、鶏チャーシュー、鴨肉スライス、蒲鉾、糸唐辛子
■この日の感想
入店したのは正午。もっと待ち人行列が発生するかな~?って思ってましたが、意外にも無風区(笑) いわゆる『取り越し苦労』でございました。最初はカウンター席を希望したんですがちょい先に来られたカップルにお譲りし、デカいテーブル席へひとり陣取ります。オーダー後なのにお品書きとにらめっこ…次は何をいただこうか?そんな思いをはりめぐらせていると中華そばが配膳されました♪

■デッドで!





















『おおっ!!!(≧ε≦)』

思わず口からでた言葉。あまりに綺麗なビジュアルに度肝を抜かれます。
ここまで澄んだ清湯が出てくるとは思ってもみなかったので
しばらくはその姿に見入ってしまいました。

そしてデッドで!!! 魚介の利いたスープは上品さの漂うもの。
色は濃くないですが深みある醤油の味わいに言葉が見当たらず、
ただただ飲み続けてしまいます。
1/3くらい飲んだところで麺を持ち上げ一気にすすり込みました。


■麺
ところが!
加水率が低いであろう麺ですが、やや塩分を強く感じてしまいます。麺の塩分がスープに溶け出しているような印象を受けました。茹で加減はとてもいいのですがスープとのマッチングが個人的な好みとはチトズレちゃいました。粉の味はしっかりとする点はいいのですが、せっかくのスープが生かされてなかった気がしたのです...




■バラエティに富んだ具材料



そして最後まで大事に残しておいた 団子、チャーシュー、鴨、の具材達♪ 
どれもおいしいいただきましたが、個人的には団子が好きでした。

本来なら鶏メインのスープで2杯目に突入したかったのですが
仕事の時間が迫ってたので一路鴻池の駅へダ~ッ~シュε=ε=┏( ・_・)┛ 
ということで、この日は1杯で終了でございます。
次回は是非とも鶏白湯をいただきとうございますm(_ _)m

Tag:大東市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター