ちゃんぽん さらしな

久しぶりにちゃんぽんの老舗店へ
行ってみた…(≧ε≦)


■ちゃんぽん さらしな
@和歌山市毛見65-5
【営業時間】
11:00~15:00
18:00~23:00
【定休日】火曜日
【電話】073-444-9246
【駐車場】専用アリ
■さらしななう
所用のため紀三井寺にある車屋さんへ。整備が終わるまでの間にひとっ走りして向かった先がコチラ。題して『久しぶりなお店を再度ローラー訪問してみよう♪』キャンペーンの一環でございます(笑)←そんなん初めて聞いたぞ(」゜□゜)」




■お品書き&店内
カウンターに腰を下ろして先ずはメニューを、ば。基本的にはスープを決め、麺量を決め、そしてトッピングを決めるシステム。スープにも醤油、豚骨白湯がありちょいと迷ってしまいます。 辛いのにもトライしてみたいし、豚骨白湯も食べてみたい… そうこう考えると飛び込んできたランチサービスのお品書き!! 具材料がmixしか選択できませんが日替わりで200円安くなるんですよ。考えるのが面倒なのとバリュー価格と言うことでコレで決定。結局は強制的に醤油スープになっちゃいました(^。^;)


■日替わりチャンポン
(889円より200円引き)
しょうゆちゃんぽん
●スープ
有機大豆醤油仕様
●麺
中太ストレート
●具材料
人参、もやし、キャベツ、木耳、イカ、エビ、ネギ
■この日の感想
カウンター越しに厨房内を観察。デカい鉄鍋で全工程を作りあげるスタイル。手際よく完成させスピーディーに配膳されました!

■デッドで
























いこうとするも...
スープがめちゃくちゃ熱い!!!!!!
とにかく熱々でございまして、飲んで直ぐに玉のような汗が吹き出てきましたよ…(^。^;) 

さてこの日は月曜日なのでフォ醤油の日となります。

基本的にはサッパリとした醤油で食べやすい味わい。
テロり感は無いタイプで特筆点は特になし。
これだと(万人受けするやろなぁ…)という感想しか浮かばす表現が難しいぞ(笑)
それ以上でもそれ以下でもない… アベレージだな、うん(^w^) 





麺も中太でちゃんぽんによく使われるタイプ。
マッチングは悪くないが全体的に柔らかく、麺自身の主張が無いのが残念です。
具材料の野菜、肉はそこそこ旨いのですがミックスで889円という価格からすると
ボリュームが少ないなぁ…  CPはチト低いかもね。
今回は特徴が少なかったので次回は辛いのをたべてみようかな~(゜∇゜)

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター