湯浅ラーメン みその食堂

ん??『湯浅ラーメン』って…何?


■湯浅ラーメンみその食堂
@和歌山市美園町5-7-12
【営業時間】
11:00~23:00
※最近は二部制かも
【定休日】無休
【電話】073-499-7719
【駐車場】近くにCPあり
■みその食堂なう
元々は美園町にあった味里。その跡地に新しくできたのがコチラでございます。以前より改装中でしたが12/19に新装オープンを迎えクーポンが配布されておりました。店舗名には「湯浅ラーメン」の文字。「ん?湯浅ラーメンって何??」という違和感も正直ありますが、和歌山ラーメン部副部長と一緒に訪問いたしました♫




■店内&お品書き
13時を過ぎてましたが店内はお客さんでいっぱい。入口ではいきなり圧倒的なおむすびの洗練を受けました。これはおそらく元あった味里からなにがしかの提供があったと伺われます。そしてテーブル席に腰を下ろします。メニューを見ると、湯浅白醤油ラーメン、湯浅鶏白湯ラーメン、煮込みつけ麺黒玉の3種類がラインナップされてます。そんな中、副部長は鶏白湯、私はつけ麺をチョイスしました。



■煮込みつけ麺黒玉
(800円)+麺大盛(100円)
●スープ
鶏骨ベース
●麺
平打ちちぢれ全粒粉
●具材料
チャーシュー、エビ天かす、ネギ、穂先メンマ、味玉子、かいわれ、すじ肉
■この日の感想
店内はランチタイムのためサラリーマン風の皆さんでいっぱい。オーダーを聞いてると白醤油:鶏白湯:つけ麺が5:4:1の割合くらいでしたかね。つけ麺をチョイスしていた(茹で時間が長かった)ので配膳まで時間がかかりました。




■デッドで!! 
つけスープはかなり黒い色合い。油分にはそれ程支配されず魚介の風味も利いてました。お店のセールストークは『日本そばを意識した』とありますがそれほどでもないですね。ほのかな酸味ある和風チックなものでした。そんなスープに合わすのがテイガクの全粒粉平打ち麺。清湯系スープと相性が良いタイプで、喉ごしの良さが印象的。スープとのマッチングは悪くないですね。ただ… スープが冷たくなるのが早過ぎるのが残念。元来つけ麺というものはスープが冷たくなる食べ物ですが、今回食し


たものは明らかに冷たくなりすぎ。3口目くらいから完全に『そば』になってました...orz しかも麺を大盛なんかにしちゃってるし~(ToT) まだまだ課題がありそうです。





■鶏白湯
同時に副部長の鶏白湯を味見させていただきました。黄色が強いスープは超濃厚そうな雰囲気を醸し出してましたが意外にもライト級で食べやすいチキン味。ちなみに個人的には全然満足しない濃度なんですが、一般的には具合良さそうな感じ。麺もやや細で加水率の高いタイプでマッチングは普通に良い…
(しまった!こっちにしとけばよかったか(^。^;))




■クーポン
今回使用したクーポンですが、まだ一枚余ってるので次回に利用しましょうね♪ つーか100円引いてもらってもつけ麺は800円かぁ…CPは微妙でした。


※追伸
訪問したのは開店間もない頃だったのですが、
先日お店の前を通ったらお昼は営業を休まれてました。
ひょっとしたら二部制になったかもしれませんのでお知らせまで♫



※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター