うまい屋

ここのたこ焼きが
食べたかったんだぁ~♪


■うまい屋
@大阪市北区浪花町4-21
【営業時間】11:30~19:00
※売り切れ次第終了
【定休日】火曜日
【電話番号】06-6373-2929
【駐車場】近くにCPあり
■うまいやなう
いなか家さんから歩くこと10分弱。浪花町の商店街へ突撃したのは狙っていたコチラにお邪魔するため。前々からずーっと行きたかったお店でございました。ソースをつけるもよし、そのまま食らうのもよし。そんなたこ焼き屋さんです♪ 商店街へ入ってすぐのところ。ラーメン洛二神の隣です。すでにお客さんが3人列を作っておられますがこちとらはテイクアウトじゃなく、イートインでごじゃりますよ!




■店内お品書き
まだまだ夜はこれからなのですが心境的には箸休めかな?(笑)店内は思いっきり昭和の雰囲気。4名がけのテーブルが5卓ありましたがお客さんはナシ。テレビを見ることができる特等席に腰を下ろしお品書きを見ます。メニューはいたってシンプルなもの。ビールとドリンク、それにたこ焼きは8個(380円)&12個(540円)のみという設定です。そんなお品書きからたこ焼き12個とビールを注文しました。



■先ずはぷはぁ~♪
ビールは中瓶(450円)の設定のみ。喉を潤しながらテレビを見ていると10分かかるかかからないかのタイミングでたこ焼きが登場しましたよ~









■たこ焼き!
まずはたこ焼きくんの勇士から。















ジャーン!!!

奇麗な焼き加減は見た目にもメチャメチャ旨そうなもの。
適度な焦げ目でホッカホカ♪ ビジュアルだけで「合格!!!(笑)」ですね。



そして思いっきりソースをかけてパクっと!!!

















「熱っウウウ(`3´)」

中は「とろ~っと」した食感で、
外側が意外にカリッとしているのでそのコントラストが楽しめます。
そして出汁もしっかりと利いており旨いです。
ハフハフしながら食べるのでゆっくりと味わえ、それをビールで流し込む感じかな?
2個食べてからひとくちビールみたいな(笑)

本来なら生地に出汁が利いているので何もつけづにいただくのが正解なんでしょうが
個人的にはソース派なのでこれでいっときます。

でもこちらのたこ焼きに関しては...
(ノーマルで食べてみてもよかったかなぁ)
と正直思った次第です。




■箸ではなく
面白かったのはコチラでは「たこ焼きはフォーク」というものでした。これまでは爪楊枝、箸がメインでしたがこれはこれでなんか新鮮な感覚でグッドでした。結局のところは12個(540円)と中瓶ビール(450円)とで990円でフィニッシュ♪ 価格的には8個で380円は今だとアベレージの値段の範囲だと思いますが、できるなら40円/1個あたりで収まって欲しいと思うのは勝手かな?(苦笑)いずれにしても味&雰囲気の満足度が高かったのでまた来ますね~♬ さて、3軒目としては適量でグッドかな。店頭で焼いている店主さんの職人技を見ながらお店を後にし天神橋筋へ戻っていった私でした...(笑)
【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:北区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター