新福菜館本店(しんぷくさいかんほんてん) 2005/5/10

新福菜館本店 2008/5/10


■新福菜館本店 2008/5/10
@和歌山近鉄催事イートインコーナー
【期間】5/8(木)~14(水)
<店舗情報>
@京都市下京区東塩小路向畑町569
【営業時間】7:30~23:00
【定休日】水曜日
【TEL】075-371-7648
<中華そば>
●スープ
とんこつ+醤油メインガツン系
●麺
普通ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ、蒲鉾


■(写真)中華そば(並) 500円
先週の木曜日から和歌山近鉄5F催事場 で行われている『京阪神・奈良・和歌山の味めぐり』
そのイートインコーナーに出店されたのが京都の老舗である新福菜館本店 現地店はまだ未訪問なんですが以前R26沿いにあったFC箱店にはよく出入りしておりました。久しぶりに真っ黒スープが恋しくなり催事場へ突入しました♪
催事出店環境ということで本店同様の味わいを求めるのは厳しいですが、寸胴を持ち込み骨からダシを取り、スライサーでチャーシューブロックをスライスするなど本店に限りなく近い環境で調理されてました!注文したのは中華そばは相変わらずスープは真っ黒なビジュアル(笑)ですがバランスのとれた醤油ととんこつの香りに鼻をくすぐられます。麺を引っ張り出せばすぐわかりますがこの濃いスープ影響で麺の色がモロに変わってますね。エッジの効いたガツンとくる醤油メイン風味が強烈ですがとんこつのコクもちゃんと味わえるところがこちらの凄さだと思います。味のしみた適度な硬さのチャーシューと一緒にすする麺は旨いです!ただもうちょいと茹で加減が固ければ万全だったでしょうがねぇ。


■(写真)チャーハン(小)300円
それに忘れちゃならないのがこれまた名物のチャーハン!!(実は、あらためてお品書きを見るまで忘れてました…汗)
中華そばを食べながら追加注文したの『チャーハン(小)300円』小とはいうものの十分なボリュームには驚かされます。濃い口醤油を使っているので飯も黒いですがパラッとした出来映えに自然と顔がほころびます♪
香ばしい匂いを楽しみながら中華そばと一緒にかきこむのがオススメです!




さて、ここの中華そばの味わいとして『見た目は濃いがアッサリと』という表現がよく使われますが
私は敢えてガツン系と言わせてもらいます!
アッサリというにはもったいないくらい濃口のコクがスープの中に生きてますから~~~(笑)

京都でいちばん歴史ある老舗の中華そばは明日5/15(水)まで和歌山近鉄の催事場でいただけます!
(残りあと1日ですけどね…苦笑)

※最終日は終了時間が早いのでご注意を!!!



●真っ黒スープは見たことないぜ~ という方はひとポチお願いします! m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:下京区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター