飩○酒場

その看板に偽りなし!

■飩○酒場
@大阪市福島区福島5-12-22
紅和ビル1F
【営業時間】
<ランチ>11:30~14:30
<ナイト>未確認
【定休日】日曜日
【電話】06-4797-3812
【駐車場】近くにCPあり
■どんまるなう
このところずーっと「熱い」と感じている福島区。食いもんや、飲み屋が無限増殖中でございます。



さてこの日、既にラーメンを1パイいただき2軒目に向かっていた途中に発見した
何気ない看板に目を奪われてしまう…























メッチャ安いやんか!!!
 Σ(゚ロ゚;). 

看板には「酒場の文字」
どうやら飲み屋のランチ営業のようなのですが
その激安価格に惹かれ、指示されるまま路地に吸い込まれちゃいます
路地を入ってすぐのところ。いかにもレトロ感を演出したお店のつくりです。




■店内














店内は立ち飲みスタイルでカウンターが奥に伸びたうなぎの寝床型。
入店時間は14時を過ぎていたのでお客さんは「0」でございます。




■お品書き














そしてカウンターに置かれていたお品書きに目をやると…
さっきの通りに置かれていた看板と同内容。
ロースかつカレー、唐揚げカレーなど7種類のメニューは
420~580円という価格設定ですが、一番上に大きく書かれていたのが

「特製ミンチカツカレー350円」

と、このカレーが一番安い。
デフォのナチュラルカレーが300円なのでミンチカツトッピングは
おのずと「50円」という計算になります(笑)
その他、うどんやサラダもラインナップされてますが当然これをオーダーします!!!





■特製ミンチカツカレー(350円)

























欧風タイプのオーソドックスなビジュアルでミンチカツがぽつんとひとつ。
ルーはピリッとした辛さにも酸味にもとれるアクセントが利いたもので
固形の具材料はありません。これはこれで私好みでグッド♫
そしてボリュームもちょうどイイ感じ。
(でも既にラーメンを1杯いただいているので参考にしないでね♫(爆))















トッピングのミンチカツが小ぶりなのは価格的に仕方なし。
それよか目の前で揚げてくれるカツの方が素晴らしい。
サクッと感と熱々感を同時に楽しめるのがお値打ちです。





しかし、350円という価格を考えると
至極よく出来たカレーだと思います。
価格破壊のメニューは私のような
薄給リーマンにはまさに救世主。
ごちそうさまでした♫









間違いなく社員食堂の

 
それを凌駕しましたか


 
(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!



【お店の場所はコチラをクリック♪】



 私のおすすめ:
トスカーナ21cmビーフカレー皿【白い食器,業務用,通販,激安,飲食店,備品】

Tag:福島区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター