【その壱】春の日差しに誘われて加太は淡嶋神社へ♫

春のポカポカした陽気にさそわれてやってきました
ザ・加太!!!























まだまだ風は冷たいですが加太公園に車を止めてお散歩を、ば。
風紋が奇麗な砂浜を歩いてみました。

黄砂の影響が少ないのか、淡路島~明石大橋までハッキリ見えました。
そして海も綺麗なんだよ~♫ そして向かった先は...


























鳥居をくぐってお参りに♫
こちらの神社は「雛流し」で有名ですよね。
そしてご祭神は医薬の神様である少彦名命。
特に、人形供養、針供養、そして女性の病気回復や
安産、子授けなどでたくさんの方々がお参りに来られます。


■参道 























この奥にはお社があり、それをとりまくように人形が置かれてます。
市松人形、ひな人形、干支の置物、木彫りの熊、それに
男/女性器を形どった木彫りなど種類別に並べられてるんです。

(夥しい数とその人形達の雰囲気に
押されて撮影は控えます…(汗))


結構な距離を歩きひととおりお参りした後は参道にある
コチラにお邪魔することにしました~♫

どっちの料理ショーをはじめマスコミでもちょくちょく紹介されてる
有名店ですね。ちなみに私は初訪問でした!
















満幸商
ちなみに「店」の文字が落ちてます(笑)

お店の名前は「まんこうしょうてん」と読みます
字のごとく「幸せを満たす」なんでしょう(←至極個人的解釈ww)
それと重大な事がもうひとつ。

ホントに大きなお世話ですが、
関東圏の皆様にとっては
かなり言いづらいか、と(爆)

使い古され、さびれた感のあるネタですが、
和歌山県民からすると案じられる事案ですよ、ハイ。


さてさて、下世話な話を元に戻してっと…
店頭には新鮮な貝をはじめ、海の幸が並んでます。
















そして、お店の前には食事メニューが♫


























そして入口近くにも… ほら♫























そして店内へ吸い込まれる観光&参拝のお客さん達。
メチャメチャ賑わってますが待つ事なくお店の中へ招き入れてくれました♫


■お品書き























店内は結構広く、活気があり、
昭和の香りがプンプンと(笑)
そして和歌山県外からのお客さんがほとんどのようでした。

さてさて、何を食べよっかな~♫

満幸商店おそるべし へ続く。。。ww

【神社の場所はコチラをクリック♫】


 私のおすすめ:
料亭 安愚楽の鯛めし 4人前セット

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター