【らの道弐・気分はラスト】和 dining 清乃

全部押したった(爆)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日・第3月曜日・月曜の
【電話】0737-83-4447
【駐車場】近くにCPあり
■せーのなう
本来なら『らの道弐』はこちらフィニッシュする予定だったのですが『集めていたスタンプ台紙を電車に忘れる』という失態を犯した私…orz しかし和歌山愛し、清乃を愛する私としてはスタンプだけはゲットしよう!ということで訪問いたしました。らの道弐の最終の土曜ということもあったので開店を狙っての訪問でしたが、この日はどこもかしこも桜が満開。そのせいか、いつもの土曜日より全然お客さんが少ないそうでメチャラッキー♪(*^o^*) しかもこの日のおまかせ丼は『すさみケンケン鰹の刺身~♪』有無を言わず決定でござい(笑) 



■最高のつきだし♪
店内に入りいつものカウンター席に座ります。
『マスターのおまかせ2杯でお願い~♪』とオーダー。
その瞬間、マスターの目が 
(○ω☆)キラリーン
と光ったのは見逃しませんよ私は~(笑) 
そして配膳されるまでの間ですがケンケン刺身&緑川のひやを楽ませていただきまた♪ 
そうこうしていると最終のラーメンが運ばれてきました!!!



■紀の国地鶏の醤油
●スープ
鶏ベース+醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
鶏ハム、鶏チャーシュー、鶏そぼろ、菊菜、白葱、煮玉子
■この日の感想
久しぶりのマスターのおまかせ。先ずはもうまもなくリリースされるであろう紀の国地鶏の醤油。メニューにある『紀ノ国地鶏の塩』バージョンでおます。

■デッドで!! 
熱々の鉢を目の前に置かれますが…


ビジュアルは相変わらず
綺麗で惚れ惚れ~♥  

鶏の香りと風味をしっかり感じとれるスープは透き通った清湯。
そして、その色からやや強い醤油のエッジを想像してたんですが、
なんのなんの、角がとれて非常に丸みある味わいに仕上がってます。

聞くと、この『丸み』を出すのに数ヶ月の時間を費やしたそうで…
そー言えば、このプロトタイプをいただいたのが確か… 昨年末でしたよね。
それからでももう四ヶ月の月日が経ってるけどあれからずーっと研究してたんですね!(驚)
その熱心さには頭が下がりますホントに~m(_ _)m




麺は細ストレート。加水率は普通くらいか?スープとのマッチングは上々ですが、どちらかと言うと『スープを生かすタイプ』だと感じました。麺自身の味わいはそれほど主張してなかったような気がします。それに対して秀逸なのがバラエティーに富んだ具材。ハムタイプ、チャーシュータイプ、それにソボロまで揃い踏み♪ 名付けてオールスターズ』と(笑) しかしこれだけ鶏で攻められると『鶏好き』にとってままさにハーレムの極み。高タンパクの連続攻撃にタジタジになっちゃいました(*^o^*) そんな鶏醤油の全体的な印象を一言で表すなら『誰もが納得する無難さ』です。個性的なパンチはないですが食べてわかる安定した旨さが持ち味。敢えて無難と表現しましたが言い換えるなら『安心感』となるでしょう。私が苦手な『旨いのどれかな?』という質問。

この鶏醤油なら
『これ食べときよし♪』
素直に言えそうです(笑)



■濃厚つけ麺
●つけスープ
濃厚豚骨メイン+鶏
●麺
太ストレート
●具材料
レアスライスチャーシュー、唐辛子、ネギ、小松菜、ブロックチャーシュー 等
■この日の感想
一気に鶏醤油の汁麺をいただいた後に、先ずはトッピングが別皿で運ばれてきましたよ♪ これで次の麺が「つけ」である事が判明しました。そして直ぐに濃厚なつけスープと麺が到着です!


■デッドで♪
密かに期待していた「つけ」でしたが見た目はこれまでと何ら変わらないビジュアル。


(オヒオヒ、いつものつけ麺やん…)

とここで少々落胆の色を隠せずにおりました。

「まぁ、いっかい飲んでみてください♪」

とマスター。まま、言われるがまま飲んでみたところ…

「Σ(゚Д゚)゚Д゚)エエー」

いつもと全く違うスープがそこにありました!!!

これまでは鶏と豚骨が同量くらいのベースに魚介がふんだんに入れられた
現在の主流派風味だったんですが、今日のスープのボディの違いは歴然でございます。

麺はこれまで通りの太いタイプでスープの濃度は変わらず。


ご覧のように麺が
沈みませんから!(爆)

ただ、決定的な違いを挙げるなら
「甘さが抑えられいる」
「魚介が全く使用されていない」
それに
「豚骨がガッツり利いている」
という3点。

「またおま系」からの脱却を主張しているのは明らか。と、同時に
よりトラディショナルな和歌山中華そばの味わいを色濃く反影したスープだと言うこと…

名付けて
「濃厚和歌山つけ麺」
って「和歌山」の文字が入っただけ(爆)

でも、それが一番わかりやすいし、和歌山中華の核となる豚骨醤油の風味を
つけ麺的に表現した点ではこれ以上のネーミングはないでしょう♪

真正面からガツン!と豚骨醤油が襲ってくるので
マイルド感は少なく、塩分もより強く感じる部分もありますが
「和歌山といえばこの味」と言えるつけ麺に仕上げたところが
マスターの和歌山古来の味に対する畏怖の念のなにものでもないでしょう。

個人的には2連食目なので細部まで十分味わえなかったこと。
そんな中で感じた正直ところですが
・麺線がもう少し細い方が食べやすいかも。
・スープの量が少な目なのでできればもっとドボンとスープに浸したい。
という2点を主張させていただきます m(_ _)m

マスター曰く、いずれの麺も更に手を加えた後、近々リリースされる予定だそう。
その登場の日が楽しみでなりません♪

そして…

■本日のおまかせ丼
2杯をしっかりといただいた後は
この日のメインエベントであるケンケン鰹の刺身丼の登場♪


ケンケンならではのモッチモチ感と舌にまとわりつく旨さは
食べた者でないと絶対にわからない!

正直お腹はパンパンですが、美味しく最後までいただきました。
脂が乗っているにもかかわらずなんでこうまでさっぱりとしてるんでしょうね。
ケンケンは本当に旨いと思います。

今の時期は多くでまわっているので是非ともご賞味してもらいたい一品です。
ごちそうさまでした。

■ラストスタンプゲット♪
達成できなかったらの道弐ですが…


悔しいから
全部押したった(爆)

【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
「和dining清乃」角長醤油『匠』



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター