【とこ in 飛騨・白川(その6)】高山の朝は早い! 朝食&宮川朝市

や、やってしもた!!!ヽ(゚Д゚)ノ



『ザー』

という音で目が覚めた。時計を見ると5時01分だった… ん?



あぁっ!!! やってしもた!!!

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン




夕食の後に夜の市内散策を兼ねて高山ラーメン行脚するつもりだったのに
そのまま寝てしまった!!!

なんのためにラーメン屋から近い宿を選んだのか…


『一生の不覚』


とはまさにこの事でございます…orz
今となっては後の祭り。何だかんだ言っても仕方なし…
気を取り直して旅館の温泉へ入ってリセットします。



旅館の自家温泉のお風呂がこちら。
sec3_img1_20151126065822937.jpg
「すずめの湯」でござい〜♬



凄くこぢんまりしていまして5人も入ればいっぱいになる湯船。
でも、清潔にされてまして昨日のアルピナホテルの温泉にくらべれば
断然落ち着きますね~♪
spa_20151126065820009.jpg
しかも早朝、だれもお客さんが来ない中だと
贅沢な空間が確保されてまして一番疲れが癒せた瞬間かも(笑)


宮川朝一に行かなくてはならないので
先に朝食をいただきましょう!




■朝食♬
朝は和食だと思ってたんですが・・・
P1020462.jpg

思いっきり飛騨牛があります(爆)

しかしこの飛騨牛、夕べいただいたお肉より質落ちてるやん・・・(苦笑)
メチャメチャ固かったっす。



おかずは9つの升目に収まったもの。
P1020466.jpg
P1020469.jpgP1020470.jpgP1020471.jpg
P1020474.jpgP1020473.jpgP1020472.jpg
P1020477.jpgP1020476.jpgP1020475.jpg
ビジュアルは色とりどりで、見た目にも楽しいもの。
種類が豊富で色々食べれるのがいいね!





そして簡易コンロで炙られた肉が出来上がりまして
P1020480_2015112606565964e.jpg



ご飯、サラダといただきました。
P1020438.jpgP1020467.jpg
そんなブレックファーストをいただいた後は
旅館から徒歩数分のところにある名物、宮川朝市へGo~♪





■宮川朝市
P1020376_201511260725144f2.jpg
この日は残念ながら朝からかなり強い雨模様・・・
昨日はこんな穏やかな流れだったのが
今日は濁流がゴーゴーというほどの水量があります。


正直、

(こんな中でも朝市やってんの・・・?)

と傘をさしながら宮川沿いへ来て見ると
P1020519.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ アサイチヤッテルガナァァァ━!!


はい、商売根性が凄いです。
売っている方も売っている方だが、
買いに来るほうも買いにくる方か・・・(笑)

おそらくお客さんが来るからおばちゃんたちは雨ニモマケズ風ニモマケズ
毎日市を開けるのでしょうね。
P1020485.jpg
P1020484_2015112606570513f.jpg
こんな豪雨にもかかわらず一生懸命販売されておりました。
(私は購入しませんでしたが…汗)




そんな中、目に飛び込んできたのが新鮮な野菜達。
とある店先で見つけたのがトマト&キュウリ♬
P1020487.jpg
P1020488.jpg

店頭の瑞々しいお水に晒された生野菜。
トマトがひとつ100円、キュウリがひとつ50円で販売されてました♪


もちろん・・・
P1020490_20151126065820a03.jpg


買いました!!!



新鮮なきゅうりにかぶりつきますと・・・
P1020495.jpg


甘ぁ〜ぃ…♥(○´∀`)ノ゙

コリコリの食感で瑞々しさ爆発♪
たかがきゅうり、されどきゅうり。

雨でかけ足の宮川朝市でしたが楽しかったですよ!
そしてごちそうさまでした!!!  m(_ _)m


【地図】施設の場所はコチラ


※『豪雨でも中止せーへんのや!!!(驚)』
と「凄いわ〜」という方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『雨でも頑張って販売しているおばちゃんから
何か買ったれよ!!!』

というツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:【岐阜県】 

【とこ in 飛騨・白川(その5)】15時早々にチェックin〜♬ 飛騨牛専門旅館 清龍  

夕食は飛騨牛を堪能♬


■飛騨牛専門旅館 清龍
@岐阜県高山市花川町6
【料金】各プランに準ずる
【チェックイン・アウト】15:00〜翌10:00 
【アクセス】JR高山駅より徒歩7分(約500m)、
宮川朝市・古い町並みまで徒歩3分、高山陣屋まで徒歩5分
【電話】0577-32-0448
【駐車場】専用9台あり(無料)
車以外 / 高山駅からの送迎サービスなし。
イン日お昼12:00~10:00までお預かりいたします。
満車の場合は近くの市営駐車場にご案内され
イン日15:00~アウト日10:00までの駐車料金負担してくれます。
【地図】施設の場所はコチラ
title.jpg
※旅館HPより抜粋

今回の旅で選んだ旅館がこちら。
1:市内で古い町並みに徒歩で近いので存分に散策できる。
2:飛騨牛料理専門旅館だったこと。
3:自家温泉と姉妹Hotelに湯巡りが無料でできたこと
4:チェック日の12時〜アウト日の12時まで荷物と車を預かってくれる。
5:最後に徒歩5分以内に高山ラーメン屋が4軒あったこと。
という理由から♬

特に5番なんかは最重要ポイントでしょう(爆)

さてさて、12時から市内観光を楽しみながら
一旦、15時にチェックinしまして浴衣に着替えてから
再度市内の散策を楽しみます。そして夕食前、その帰り道に
姉妹Hotelスパホテルアルピナ飛騨高山で温泉巡りを楽しみました。


■スパホテルアルピナ飛騨高山
neyu.jpgroten.jpg
※旅館HPより抜粋
旅館からは徒歩10分弱で到着しました。高山駅前にあるカジュアルホテルで
屋上にある温泉からは高山市内を一望できるようになっているのがいいんです♬
天然温泉ということですが泉質は特筆すべき点はなく至って普通のもの。
少々湯船が汚れていたのが残念でした… 

やっぱ泉質を求めるなら奥飛騨・平湯まで足を伸ばすのがいいですね。
次回への反省点です。

温泉で疲れを癒した後はいよいよ夕食です。




■夕食♬
sec3_img4.jpg
※旅館HPより抜粋

さてさて本日のプランは旅館おすすめの
「5種の飛騨牛を楽しむ飛騨牛たっぷり贅沢コース」
でございます。他のお客さんからも人気絶大だとのこと♬

で、本来であればお部屋食になるのですが母親の足を調子が悪いので
椅子のあるこちらの食堂をお願いしスタートです!
P1020377_20151123074630f9b.jpg



宴のスタートの前菜です♬
P1020383_2015112307464512f.jpgP1020387.jpg


そして前菜を肴にしての
P1020385.jpg

(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!

そしてメインディッシュへ進みま〜す♬




■飛騨牛創作三種盛り
P1020379.jpg
P1020384_2015112307464709b.jpgP1020390.jpgP1020392_20151124072006cae.jpg
牛タン赤かぶ添え・飛騨牛ローストビーフ・飛騨牛ロース自家製みそがけ
この3種類が入っております。食前酒と共にいただきますが
軽い酒のつまみとして最適です。




■飛騨牛朴葉みそステーキ
P1020381.jpg
P1020382_20151123074644e62.jpg
旅館の自信作だそう♬
サシの思いっきり入った飛騨牛をアツアツの味噌
を載せていただく郷土料理でございます。

とにかくサシが甘くて口の中であっという間にとろけます。
量が少ないのですが肉の味わいが強いのでこのくらいが丁度よし。
料理長オリジナルの味噌の味わいもさることながら
焼くと朴葉の香りが漂いましてこれもイイですね〜♬



■飛騨牛しゃぶしゃぶ
P1020378.jpg
飛騨牛のモモ肉が使われております。
先の味噌ステーキがけっこうコッテリしてましたので
モモ赤身はサッパリといただけます♬



そして大瓶を2本開けたあとは…
P1020418.jpg

チューハイにシフト♬

グビグビいきながら続いてのお肉料理をいただきます!





■飛騨牛串焼き
P1020400_20151123074714f48.jpg
古い町並みや高山市内での食べ歩きをすると
頻繁に出くわす一番人気のメニューがこちらですね。

焼きたての熱々を配膳してくれますのでメッチャ旨し♬
肉質にもこだわっているので柔らかい〜♡




■飛騨牛デミグラソース煮込み
P1020407.jpg
中居さんに尋ねると飛騨牛のバラブロック肉を半日以上
コトコト煮込んだ調理長の自慢の一品だそう。
香りがメッチャよくスープをひと口…

P1020411.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ ヒダギュウトロケルガナァァァ━!!


肉のやわらかさは特筆もん。
そのうえデミソースがコクのある幾層にも重なった
味わいの深さを出しておりましてはまってしましました(笑)
肉メインの料理ではこれが一番のお気に入りです♬


メインの肉料理が終わった後に追加していた単品が運ばれてきます♬




■飛騨牛厚切りタン
P1020395.jpg


確かに厚い!!!

こんだけ分厚いタンは初めてかも(笑)
しかも歯ごたえはどうなんでしょう…という心配をしながら



P1020443.jpg
好みの焼き加減で家族各々が箸にとっていきます。



私はほとんど表面を炙った状態でいただきましたが…
P1020452.jpg

柔らか〜ぃ…♥(○´∀`)ノ゙

想像以上の素晴らしい食感!
岩塩をちょこっと付けて食べましたがタン好きには
たまらないものでございました。



■漬物ステーキ
P1020428.jpgP1020430.jpgP1020432.jpg
P1020435.jpg
以前に高山でいただいたこれが美味しかった記憶がありました。
たまたま旅館の別メニューにあったのでチョイス♬

こちらも飛騨地方で昔からある漬物を焼いて食べる郷土料理。
作り方ですが、多めの油を引き漬物を焦げ目がつくまで炒めて
醤油で味を調えてとき卵をかけます。そして紅ショウガ、カツオ節
をかけてから最後に混ぜ合わせていただきます。とき卵の変わりに
味噌を使う場合もありますがすごくサッパリとしていて酒のアテには最高です♬


そして〆にいただいたのがデザートとこちら!
P1020453.jpg




■飛騨牛まん
P1020421.jpg
宿名が刻印されているところがオリジナル♬
熱々の肉まんですが飛騨牛をふんだんに使っている点がポイント。


開けてみると
P1020422.jpg


こんな感じ♬


これも旨いっすね〜♬
なんていうか中の肉餡が手作り感があって洗練されています。
ご飯のかわりにいただきましたがもう

腹パンでしたね…(汗)

最後まで飛騨牛料理を堪能させていただきました。
いやぁ〜満足、満足。ごちそうさまでした!!!  m(_ _)m


【地図】施設の場所はコチラ


※『「漬物ステーキ」なんかあったんやぁ〜』
と「知らんかったわ〜」という方も知ってたし〜と言う方も
コチラをポチッとな♪(ρ°∩°)

  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『腹一杯飛騨牛を食べた〜い!!!』
という方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

Tag:【岐阜県】 

【とこ in 飛騨・白川(その4)】高山ではWでお約束ですね! 高山陣屋&陣屋だんご店

是非ともセットで♬


■高山陣屋
@岐阜県高山市八軒町1-5
【営業・受付時間】
(3~7月・9~10月)8:45~17:00
(8月)8:45~18:00
(11~2月)8:45~16:30
【料金】430円(高校生以下は無料)
【定休日】12月29日・31日、1月1日
【電話】0577-32-0643 (高山陣屋管理事務所)
【駐車場】専用あり
【地図】施設の場所はコチラ
P1020361_201511210803089e2.jpg
ランチで高山ラーメンを満喫した後に向かったのがこちら。
高山でもお約束観光スポットの高山陣屋でございます。

先ずは陣屋の説明を、ば…
江戸時代に郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、
御蔵などを総称して陣屋と呼びます。
 飛騨代官は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、当時3ヵ所あった
郡代役所(関東・西国・美濃)と並んで幕府の重要な直轄領となりました。

 幕末には全国に60数ヵ所あったと言われている郡代・代官所の中で、
当時の建物が残っているのはこの高山陣屋だけです。
 全国で唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年には国史跡に指定されました。

高山陣屋は、高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていましたが、
直轄領となってからは陣屋として代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。
 以来慶応四年(1868)に至るまで176年間、江戸幕府は25代の代官、
郡代を派遣して飛騨の国を支配してきました。

 明治維新以後、陣屋の建物は高山県庁舎等として使用され続けました。
 昭和44年に飛騨県事務所が移転した後、岐阜県教育委員会は高山陣屋の保存へと乗り出し、
足かけ16年の歳月と、約20億円という費用をかけて、平成8年3月に修復・復元が完成しました。
 (岐阜県HPより抜粋)


とまぁ由緒ある歴史建造物でございます。




■施設内へ
昔の雰囲気がそのままに残ります。
P1020364.jpg
P1020365_2015112108031617e.jpg
代官所だったのでこんな場所が存在します。
私自身も今ではケーブルやテレビ和歌山の再放送でしか見れない
昔の時代劇ファン(大江戸捜査網、水戸黄門、遠山の金さん、などなど)なもんで、
こんな場所に来ると

「お、お代官さま〜〜ぁぁ」

「あっしにはまったく

身に覚えがねぇこってぇ〜(泣)」


なんていう台詞を絶対に言ってしまいまして…
ま、お約束ですな(爆)


P1020366.jpg
昔の罪人への仕置き写真もこんな風に。




そして奥へ進みますと
P1020363_20151121080314780.jpg
平成27年4月22.23日にこの嵐山の間において
第73期将棋名人戦七番勝負第2局が開催されてました。
 



その昔の生活が偲ばれる資料や道具がたくさん見る事ができます。
高山陣屋は是非とも訪れていただきたい場所でございます。
P1020362.jpg





■陣屋だんご店
@岐阜県高山市本町1丁目47
【営業時間】8:30~16:30(季節により営業時間は異なるようです)
【定休日】不明
【電話】0577-34-9139
【駐車場】周辺にCPあり
【地図】施設の場所はコチラ
P1020367.jpg
高山陣屋からほど近いっていうか目の前の交差点の前を見ると
お人さん達が押し寄せている屋台がありました。
市内をぶらついていてもいたるところで目につくのが
「飛騨牛」を使った串焼きや握り寿司、それにこの「団子屋」さんです。


陣屋の真ん前という立地がそうなんだと思いますが
とにかく人気が絶大ですね。お客さんが砂糖に群がる蟻のごとしでございます(笑)
P1020373.jpg
そんな蟻に私も当然なってしまいまして、ハイ






1本購入いたしました♬
P1020374_201511210803543a1.jpg
このだんごは1本80円。
最初、10人くらいのお客さんがおりましたが
各々が1本ずつ買うだけなので直に順番は回って来ます。

高山のだんごは「とろり」としたタレではなく醤油を直接だんごに塗って
焼かれているタイプなのでメッチャ香ばしい。
そのいい匂いにつられてしまいます。




P1020370.jpg
味わいは普通に美味しい♬
ビジュアル通りに想像できるもので安心。
柔らかくはないですが焼きたては固くもありません。
ただし甘くないのでご注意を、ば。

とにかく


「素朴」

これ以上でもこれ以下でもなく
誰もが美味しくいただけるでしょう。

このだんごを食べながらブラブラ古い町散策向かうのがお約束ですね♬

そしてもうひとつ。
P1020368_2015112108033773b.jpg
関西ではいわゆる甘いタレで「みたらし団子」と呼ばれますが
飛騨高山地方では


「みだらしだんご」


と呼ばれるのが特徴です!



そしてお客さんの嵐が去った後は…
P1020371_20151122064259aa7.jpg


こうなります!!!


「陣屋より団子」ですね(笑)


【地図】高山陣屋の場所はコチラ

【地図】陣屋だんご店の場所はコチラ


※『「みだらし」と呼ばれてたんやぁ〜』
と「知らんかったわ〜」という方も知ってたし〜と言う方も
コチラをポチッとな♪(ρ°∩°)

  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『団子の串、ハリネズミ級やな!(笑)』
というツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

Tag:【岐阜県】 

【とこ in 飛騨・白川(その3)】ランチで高山ラーメン♪ まさごそば

ゆっくり市内散策をする前に…

■まさご
@岐阜県高山市有楽町31-3
【営業時間】11:30~18:00
【定休日】水曜日
【電話】0577-32-2327
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1020316_201511200810337e7.jpg
さるぼぼ作りの後は高山市内へ入ります。
今回の旅は「ゆったりと」をテーマとしておりますので高山市内散策もゆっくりと♪
これまでの私の計画なら考えられなかった事ですがね(笑)
そこでお昼から車を預かってくれる宿を中心に探して予約しました。
予定通り古い町並みから近い宿に車を預けて先ずはランチへ向かいます。

向かったが高山のラーメンでは一番古くから営業されているというコチラへ。
市内の路地の中にひっそりと佇むお店ですが店舗は比較的新しく清潔感がただよいます。
予定通り宿から2番目に近いお店でイイ感じでございます♪




■店内&お品書き
P1020327.jpg
入店したのが13時前。行列にはなってませんでしたが
店内の待ち合いには5名ほどがいらっしゃいます。
ただし回転は早く、すぐにカウンターへ案内されました。

1枚岩の立派なカウンターにみとれながら前面奥にあるお品書きを、ば。
先代の大将なのか昔の屋台の写真の隣にあるお品書きですが
「中華そば」と「大盛中華そば」の2つのみ。
新しい値書きが上に貼られているところを見ると
最近値上げしたんですかね?(笑)

潔い2つのメニューは迷わなくていいっすね〜♪
デフォの中華そばをオーダーいたします。




■中華そば(700円)
●スープ:鶏メイン+豚+魚介
●麺:細ちぢれ
●具材料:チャーシュー、細メンマ、ネギ
P1020324.jpg

オーダーした後ですが、丼を目の前に並べ
その横では頑固そうな大将が麺の束を持ち上げてはほぐす
動作を繰り返されておりました。
湯で時間も細い分メッチャ早く、アッと言う間に配膳されました。





■デッドで!
P1020343_20151120081057778.jpg

意外に魚介メイン〜♬

配膳された中華そばはシンプルそのもの。
スープの色は思いのほか黒く「ブラック」でも名乗れるくらいのもの。
これまで食べた事のある高山ラーメンと比較しても一番黒い部類ですね。



P1020335.jpg
デッドで飲んでみると煮干しやカツオがかなり支配しているのを
感じるもので、その中に醤油のタレの甘さを味わえます。
スープ色は黒いですが

「お〜高山や〜ん♪」

という印象が強いもの。
和風の風味が前面に押し出され「蕎麦つゆ」チックな雰囲気もありますね。


そしてちぢれ麺をグイッと!
P1020354.jpg


めっちゃチキンラーメン風や〜んヾ(*○´∀`○*)

画像を見るとまんまチキンラーメン(笑)
しかしながらそのちぢれの部分が和風煮干しなスープを持ち上げ
しかもその細さを感じさせない麺の一体感が麺を咀嚼すると
心地よい弾力となって舌の先を刺激してくれます。

スープとの相性も抜群でした〜♪


そして具材料。
P1020336_20151120081058e08.jpg
見た目以上に分厚く柔らかいチャーシューは美味しい♪
でも細切りメンマはコリコリと固めの仕上がりでした。
いい意味では「歯応えのある食感」となるのですが
悪い意味では「細い割に噛み応えあり」となりますね…

白ネギもたっぷり入ってまして作り置きしない鮮度の高さと
その甘い味わい絶妙に絡み合います。


そしてカウンターの上にスタンバッているこちら。
P1020323_20151120081039f27.jpg

はいはい、高山ではお約束の「お酢」でございま〜す。




中華そばを1/2くらい食べたところで…
P1020356_20151120081112fb4.jpg
これを落としますと、元来持ち合わせている煮干し系の酸味が
サッパリと中和されるような効果が♪

「味変」というほど大層なものではないですが、
個人的には

「ピシッと締まる!」

という表現をさせていただきましょう。
これはこれでやはり入れてしまいますね(笑)




■食べてみて…
P1020359_201511200811178bb.jpg

はい、完スペいただきました〜♪

13時を回っても後から後からお客さんがどんどんと入店されてきます。

店舗は新しくなっていたので「老舗感」はなかったですが、
どちらかと言えば地元のお客さんが多いようでした。
建物は新しかったけど高山の町並みに自然ととけ込む雰囲気は
さすがベテランというところでしょうか♬

高山のラーメン行脚、いいスタートが切れました(笑)

【地図】お店の場所はコチラ


※『丼の「まさご」の文字、味あるね〜♪』
「ホンマや〜♬」と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『やっぱ行脚するつもりなんや…(笑)』
そう予想したならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【岐阜県】 

【とこ in 飛騨・白川(その2)】さるぼぼをハンドメイド♬  飛騨高山思い出体験館

これはメチャメチャ楽しい〜♬


■飛騨高山 思い出体験館
@岐阜県高山市上岡本町1-590
【営業・受付時間】10:00〜16:00
【定休日】木曜日(年末年始・夏休み・春休みなど繁忙期は無休)
【電話】0577-34-4711
【駐車場】専用あり
【地図】施設の場所はコチラ
P1190475.jpg
飛騨の里で古の生活に触れた後は、施設駐車場の前にある
思い出体験館へおじゃましました♬

こちらは飛騨の里と連動しました体験専門施設。
おとなりには大きなお土産やさんもありますがお目当てはやっぱハンドメイド体験♬

ガラス細工や民芸品、せんべい焼きなど10種類以上の体験ができます。
事前に調べたのですがキャパもあるので予約なしでも大丈夫でした。
スタッフさんに尋ねても「大丈夫ですよ〜♪」とのこと。
で、今回挑戦したのが…
ダウンロード (1)

さるぼぼ作り

でございます!!!

「さるぼぼ」はご存知の方も多いと思いますが飛騨地方で古くから作られる郷土玩具。
おばあちゃんやお母さんが娘達に作ってやった人形で
縁結び、安産、夫婦円満、無病息災の意味があります。

そんなさるぼぼ製造体験にレッツゴー♪





■施設内へ
P1190478_20151119071317cb9.jpg
ずらりと並んだ「さるぼぼ」が御出迎え〜♪
元来さるぼぼは「赤」のみだったと思ってますが
今では色とりどりになっています。その姿はまさに

「ゴレンジャー!(古っ)」

今風に言うと「手裏剣戦隊ニンニンジャー」ですが
私的には「ゴレンジャー」なんです!(笑)

ちなみに…
P1190477_20151119071316fc3.jpg
色にはこんな意味がありますよ。




P1190479.jpgP1190480.jpg
さらには耳のついた「バニーちゃん」versionも!
耳の分が100円高いです(笑)



そして店内にはご覧のような作業テーブルがありまして
スタッフさんに案内されましてスタートです!
P1190476.jpg






■さるぼぼ作り
P1190473_20151119073857cc8.jpg
先ずはパーツセットがコチラ。
これを基本に服装を自分で取り付けていきます。







P1190481_2015111907133482c.jpg
最初は黒頭巾部分。
これを折りまして頭巾の形を作ります。







P1190483.jpg
そして端っこにボンドをヌリヌリ…







P1190487.jpg
さるぼぼの頭に頭巾を貼付けていきます。







P1190488_2015111907135842f.jpg
しばらく置いておくとスグに頭巾の接着部分が乾きます。
そうしたら今度は胴体と糸で縫い付けます。







P1190491_201511190714009a5.jpg
こんな感じ♪






P1190495_201511190714000d3.jpg
頭と胴体をくっつけた後は体に腹巻きやちゃんちゃんこ
そしてお守りを縫い付けていきます。
基本的には簡単なんですが、バランスが難しい時はスタッフさんが
丁寧に教えてくれます。

そして手作りのポイントがその腹巻き。
腹巻きの下に自筆でメッセージを書き込めるんですよ〜

そのメッセージでオンリーワンさるぼぼになりますから
そこが一番のお値打ちですね♬








P1190496_20151119071412e14.jpg
最後に頭にひもと鈴を付けて…








P1190494_2015111907141519d.jpg


はい、

オリジナルさるぼぼ完成〜♪


よく見ると飛騨腹巻きの裾から少しばかり見えている
水色の布にメッセージが書かれてます。
腹巻きをペロッとめくるとそれが見えるのがいいですね〜ヾ(*○´∀`○*)

時間はほぼ1時間。
小学生の低学年だとサポートが必要ですが
高学年以上なら十分作っていけますね。

そして、半分以上は大人の方でしたよ。

10:30のオープンと同時にスタートし終わったのが12時前。

さぁ次はランチといきましょうか〜♬


【地図】施設の場所はコチラ


※『オンリーワンのさるぼぼ作りたい!!!』
という方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『おっ、次はいよいよ高山ラーメンか?(笑)』
と思った方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

Tag:【岐阜県】 

【とこ in 飛騨・白川(その1)】久々の飛騨方面♬  飛騨民俗村・飛騨の里

久々に飛騨地方へGo〜o(^-^)o

今年は家族の休みのタイミングが合いまして久々の飛騨方面へ一泊二日の旅に。
もうかれこれ5回目になるかな、飛騨は落ち着くんですよね〜♬

今回の目的は特になし。しいて挙げるなら

「未訪問の老舗ラーメン店行脚かな?」

(↑:やっぱそこ?(爆))

そしてこれまでにまだ見れてなかった場所を中心に回ってきました。
ゆっくりと「歩くるるぶ」と呼ばれた私が作るプランニングは毎回毎回家族には

「大不評…(汗)」

というのも「スケジュールがびっしりでゆっくりできない」と言うのが
その理由らしい。というわけで今回はゆっったりとしたプランニングを
たてた次第で。とは言うものの一泊二日だと時間が限られているので
早朝の3時に起床しましていざ飛騨へ向かいます! 



■飛騨民俗村(飛騨の里&民俗村)
@岐阜県高山市上岡本町1-590
【営業時間】8:30~17:00
【定休日】年中無休
【入館料】大人700円 小人(小・中学生)200円
【電話】0577-34-4711
【駐車場】専用あり
【地図】施設の場所はコチラ
はい到着しました高山市。
しかーし!!! 時計の針は朝の8時3分… う〜ん早く来すぎたか(苦笑)
土曜日だったので渋滞に巻き込まれるを恐れて早朝に出発したのが
思いのほか効果がありすぎましたね。 でも…
P1020286_20151118055652735.jpg

「安心してください、開いてますよ!」

なんとコチラの施設は8時30分からの営業でございました♬
メッチャ早いので助かりましたよ。





■施設内へ
P1020283.jpg
まずは入口にあります村内地図でオススメコースを確認。
コチラの飛騨民俗村・飛騨の里にはいわゆる実物大の博物館で
合掌造りを中心とした建物が移築されておりその昔の暮らしを
再現されております。


そのコースに沿って歩いてますと手焼きせんべいを体験できる
コーナーがありました。
P1020290.jpg



原料はコチラ。これを鉄製の串で挟みまして
焼き器の中でゆっくり丁寧に炙るそう。
P1020292.jpg

P1020293_20151118055709cec.jpg



観光客向けの焼き方指南でおます。
P1020298_20151118055711b3d.jpg
こちらもインバウンドの風が吹いているようで
とにかく外国人観光客が増えたとおじさん。

そんなお話をしながら焼く事数分…
P1020291.jpg
丁寧に教えてくれるおじさん。


そして
P1020299_20151118055721d35.jpg

できあがり〜♬

素朴なおせんべいが香ばしいっす。
これは非常に懐かしく、ストレートに旨い。
しかもこの体験&実食で100円くらいでしたよ(笑)



そしてまたコースに戻りまして歩いていると…
P1020313.jpg
榑葺き屋根の民家がありました♬
その昔、高山・国府・古川の民家がこの榑板を屋根に葺く家が
多かったそうです。その中では機織りを体験することができるようになってます。

そんな民家に入ると…
P1020307.jpg

P1020303.jpg

P1020304_2015111805572710d.jpg

初めて見ました機織り器!

これを実際に使ってコースターを作りに挑戦。


ここでもおばあさんが自ら手本をみせながら
丁寧に教えてくれます♬
P1020309_20151118055742478.jpg

P1020310.jpg


P1020312_20151118055743ee2.jpg
1本、1本、丁寧に足で踏みながら織っていきます。
「カタン、カタン♬」
という音が心地いいですよ〜!

私も実際に織ってみましたがこれがかなり難しい。
古の人々の生活をイメージしながら体験させていただきました。

そして最後に…
P1020308.jpg
出来上がった敷物をいただきました。
(ちなみにおばあさんの手の近くにある青いやつねw)

おばあさんの昔の生活や今の生活など色々とお話してくれました。
体験時間はたっぷりありましてほぼ1時間近く費やしました。

費用はこれで500円! これまたCPの高い貴重な体験ができました〜♬



P1020288_20151118055656291.jpg
この他にも、本格的な合掌造りの家や様々な民具が展示されています。
それらを見る事で飛騨地方の暮らしの文化に触れる事ができました〜ヾ(*○´∀`○*)

【地図】施設の場所はコチラ


※『機織り器、初めて見ました!!!』
という方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし中学生が小人料金とは良心的〜♬』
と感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

Tag:【岐阜県】 

「平日にちょっと飲むなら…」 和歌山ちゃんぽん 忠次郎

ハッピーアワーでマジHappy♬(o^∀^o)v

■和歌山ちゃんぽん 忠次郎
@和歌山市太田2-13-16
【営業時間】
<ランチ>AM11:00~PM:3:00 
<ディナー>平日・日曜/PM5:00~AM:0:00
      金・土・祝前日/PM5:00~AM:2:00
【定休日】年中無休
【電話】073-475-1110
【駐車場】店前にあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1000517.jpg
休日出勤の帰りにちょっと飲みたくなったら…




P1000519.jpg

やっぱりコチラでしょう♬

忠次郎名物「ハッピーアワー」でおます。
17時〜18時半までは焼酎・ハイボールが88円(税別)で
いただくことができます♬



■店内&お品書き
P1000532.jpg
店内はかなりの家族でそこそこごった返しておりますが
いつものようにカウンター席に腰を下ろしましてお品書きを、ば。
ヘルシーに野菜たっぷりを補給しようと思ってたんですが…


先ずはコチラの…
P1000522.jpg


ハイボールひとつ〜♬


グイッと飲んでも100円以下(笑)
おそらく和歌山では最安値ですね(時間制限あるけどw)




■枝豆(価格失念)
P1000525.jpg


お〜見せ方上手いなぁ(笑)

ものすごくボリューミーに盛りつけてまして
溢れんばかりとはこのことなんですね!
P1000527.jpg
とにかく飲みたかったのでつまみは最安値をチョイスしておりま〜す♬



そしてもう一丁…
P1000528.jpg

ハイボールおかわり〜♬

この日も気持ちよく飲ませていただきました!




■飲んでみて…
P1000533.jpg

やっぱりちょい飲みには嬉しいHappyアワーシステム。
ランチとディナーの境目のアイドルタイムである
17時からの時間制限ですが、それを上手く利用して飲めたら楽しい♬

あと、個人的なお願いをするなら

酒のつまみの廉価版もあればなぁ〜♡


中心屋様、よろしくお願いします! m(_ _)m


【地図】お店の場所はコチラをクリック

※『この値段はやっぱり魅力的ですね♬』
そんな印象を受けたらならコチラをポチッとしてレッツゴー♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『飲み過ぎないでね!』
と優しい言葉をかけてくれるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『和歌山ちゃんぽん 忠次郎』これまでの飲食跡♬】
その1:中心屋の新たなブランドですね〜(o^∀^o)v
その2:ハッピーアワーは必飲ですよ〜(o^∀^o)v
その3:着実にお客さんがついてます〜(o^∀^o)v

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「和歌山でも鶏白湯のウェーブが!」 新参者(新参者製麺併設)

あ、あなたは…

■新参者
@和歌山市向樋の口228-16
【営業時間】11:30〜14:30(LO14時)/ 18時〜スープ切れまで
【定休日】月曜日
【電話】073-447-3100
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1040908.jpg
P1040909_20151114191025d84.jpg
「新店ができたようだ」という情報を麺好きな取引先さんよりキャッチし
向かったお店が「和歌山市『向』」という在所。
延時の交差点、洋服の青山とアクアの間の道を北上すると
新しく造成された宅地に真新しいお店が見えてきます。


そして何より嬉しいのがコチラ!
P1040946.jpg
車が7台以上駐車できるのでノンストレス♬
ガンガン停めちゃってくださいませ(笑)


入口にはお品書きが書かれてまして3種類の麺がラインナップ♬
P1040912.jpg
P1040913.jpg
お店からのお願いが色々と書かれておりますね。


そんな全てが新しいお店の中へ入ってみましょう♬




■店内&お品書き
P1040914_20151114191040191.jpg


「食券をお買い求めください〜♬」

という声に促され左を見るとそこにはコチラの券売機が。


そして上部には3種類のタイプ別のお品書きと
下にはこれまた白・黒・赤と色分けされたボタンがあります。
P1040916.jpgP1040915_20151114191040025.jpg
ちなみにこの日は友人との訪問day。
友人が先にチョイスしたのが「黒」でしたので
私は「白」をチョイスし席へと向かいます。


当たり前なんですが店内は新築なので広く明るい♬
P1040918.jpg
L字のカウンターのみですが、後ろには待ち席がちゃんと備えられているし
厨房も広く清潔でいいですよね〜♡




■白らーめん(600円)
●スープ:ドロドロ系鶏骨白湯
●麺:平打ち中太ややちぢれ
●具材料:蒲鉾、ゆで卵、豚肉、糸唐辛子、ネギ
買い求めた食券をマスターに渡そうと目が合ったその時!

(ん? このマスターどっかで会ったことあ…)

『あっ!こくまろのマスターや!!!』


思わず声を出してしまいました(笑)
マスターも「よく覚えてられてますね〜」と笑いながら
らーめんを作り始めました。
P1040917_201511141943107b1.jpg


少しばかり経って…
P1040929_201511141911367d4.jpg

白らーめんが配膳されました♬





■デッドで!
P1040930_201511141911592a5.jpg


おっ♪

メッチャドロドロ〜♬



ハッキリ言って想像をはるかに越える濃厚さ。
最近、和歌山で増えつつある「鶏白湯」ですが
ここまでキッチリと作り込んだスープなんて
思いもしませんでした。

ひと言でいうなら「丁寧な仕事」ですかね。

臭みはないし、クセもないし、舌触りのざらつきも気にならないし
純粋な鶏の風味がスープ全体を覆っております。

気づけばスープを立て続けに3、4口飲んでしまってるし…(笑)

開幕直後、スタートダッシュに成功した南海ホークスのよう♬
(↑:たとえがわからへんし…)


P1040933.jpg
タレとスープ、どちらが勝っているわけでもなくバランスは上々。
派手さはないですが、真面目に、丁寧に、そして優しく作られた
味わいでございます。


そして期待の自家製麺をズルズル〜っと。
P1040941_201511141912408e7.jpg
こちらもまた我が俺がという主張のあるものではなく、
交わる事で相手を持ち上げることのできる
懐の深さを感じる事ができる風味でございます。

スープに粘度がありますが、
この「ちぢれ」が一層それを持ち上げる効果をさらにUPさせているのがわかり、
先にスープの味わいを感じ、それから粉の甘さが舌の上に広がります。


あぁ旨いなぁ〜ヾ(*○´∀`○*)


そして具材料がコチラ。
P1040934_20151114191159a86.jpg
蒲鉾に…


P1040937.jpg
チャーシューじゃなくて『豚肉』ってところが
個人的にポイント加点〜♬

まぁ、どちらかと言えば地味ですがね…(笑)

でも、食べ終わってからのあと口も濃いのにしっとりとイイ感じで、
全体的にも「また食べたい♬」とスグに感じるものでした。



そして友人が頼んだのがコチラの「黒らーめん」
P1040923.jpg
P1040926_2015111419113318a.jpg
スープを飲ませてもらったのですが
「白らーめん」とはまったく別のものでしたね。
同じ鶏スープなんですが、まるで違うタイプの味わいで
個人的にマジで驚かされました。

これは選択肢が増えるねぇ〜♬

完スペしたのを見た事ない友人ですが
このスープは完全に飲み干してましたから言わずもがなで…

次回が楽しみです〜(笑)



■食べてみて…
P1040920_20151114191058136.jpg
入口の右奥にはご覧のように製麺室がありまして
製麺機が鎮座しておりました。

そして食べ終わる頃、大将と少しばかり談笑を、ば。
最初に思わず言ってしまいました

「ジャンキーだった『こくまろ』の味と180度違いますね」

って(笑)

敢えて鶏で勝負したのはマスターの引き出しの多さ、懐の深さの証明でも
あると思いますし、この濃度と味わいのバランスをさらに熟成、洗練させることで
不動のデフォラーメンになると思います。

「何故こくまろの味を継承しなかったのか?」そこまでのお話はできませんでしたが
マスターのこのらーめんに賭ける思いは色んな面でひしひしと伝わってきました。
屋号にも顕著にそれが表れていると個人的想い。

新参者でないが「ある意味新参者」

これからもガンガン頑張って欲しいと思います!

【地図】お店の場所はコチラ


※『「白・黒・赤」ってエジプトの国旗かと思ったら
ラーメンの種類の色やったんや!!!』

「ホンマや〜♬」と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『限定で「こくまろらーめん」出して欲しいなぁ〜♬(笑)』
そんなリクエストがあるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『新参者(新参者製麺併設) 』これまでの飲食跡♬】
その1:【祝・開店♬】新参者 および 新参者製麺(併設)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「カドヤの味噌DNAを受け継ぐ新進気鋭店♬」らーめん 颯人

石垣さん、遅ればせながらの訪問です(笑)

■らーめん 颯人
@大阪市北区南森町1-2-2
【営業時間】11:00~14:30 18:00~21:00
【定休日】月曜日
【電話】 06-6312-8276
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1000250.jpg
2月末にオープンしたのですが色々と忙しくやっとのことで訪問いたしましたコチラ。
あの『カドヤ食堂』で修行、店長をされていた石垣さんの独立開業店でございます。

場所は南森町の駅より徒歩数分のところ。
メイン通りからは中に入った場所で静かなところに佇まれておりました。
12時を過ぎた時だったので行列を覚悟しましたが思いのほか列が少なく、
前に3名のみ♬ 15分もすれば店内に招き入れられます。
P1000249.jpg



■店内&お品書き
小綺麗な店内ですがカウンターのみ。鰻の寝床タイプの展開です。
そんなメニューには「しょうゆらーめん」と「みそらーめん」の2種類!
P1000254.jpg
カドヤチルドレンということなので本来なら醤油から攻めるところでしょうが
以前、鶴見のお店で食べた味噌のインパクトが強烈に残ってたのと、
店主さんが北海道出身ということから『味噌』をスタッフさんに
オーダーいたしました。
※11月現在、味噌以外に値上げされたメニューがあります。


■みそらーめん(880円)
●スープ:鶏+豚+味噌
●麺:やや平打ちストレート
●具材料:チャーシュー、モヤシ、ナルト…
P1000253.jpg
一生懸命に動き回る店主さんを見ていると
先ずは中華鍋でモヤシを炒め、そしてスープ&味噌が注入され炒められます。

それを見ているだけて

「旨いの間違いなし!」

と思わせてくれるには十分でございます。




■デッドで!
P1000264.jpg

「味噌ぉぉぉ!!!(゚Д゚ノ)ノ」

「札幌ラーメン」と言っても過言ではないそのビジュアル♬

そして香ばしさが辺り一面を覆い尽くします。
ほんのり生姜の風味も感じるその熱々スープは
まさしく味噌のコクを表現した厚みある味わい。

食べすすむにつれ甘味とコクが調和されたスープが
さらに旨く感じるようになってきまして
それを飲むスピードがハンパなく早くなってきてるのがわかります(笑)
P1000268.jpg

とにかく「言葉がでない」とは正にこのことですね~♪
食べすすめるにつれそうなってくるんです。
寡黙になるんです。
それだけラーメンに引き込まれたのは久々の体験か、と。



そして麺!
P1000272.jpg
味噌を存分に持ち上げる麺は平内のやや太ストレート♪
もちろん自家製なんですが、程よいコシがその咀嚼感を楽しませてくれます。

これを見てもわかりますがスープが麺に絡まってま~す〜ヾ(*○´∀`○*)

やや加水率が高く、粉の味わいもしっかりと。
う~ん素晴らしい麺ですね!



そして具材料のメインはチャーシュー。
その上には白ネギとゆずのかけらが載っており「プ~ン」と
鼻をくすぐりますね。
P1000278.jpg
P1000279.jpgP1000270.jpg
そして厚みあるチャーシューはいいお肉を使っていそうだぁ♪
メンマも同様に旨いなぁ・・・




■食べてみて…
P1000281.jpg
とにもかくにもその存在感とインパクトの強烈さには驚かされました。
「カドヤ食堂」というキーワードがありましたんで正直もっと上品なものを
勝手に想像してましたからね~(苦笑)


P1000258.jpg
そして食べている途中で気づきましたがメニューの裏にはこの「醤油」の文字がキラリ。
名実共に「裏メニュー」でございます♪

個人的にはこちらの味噌、ベスト3に入るものだと確信しました。
が!! 次回は「醤油」もロックオンしときます。

開店から時間が経ってしまったけど、近くに行った時には
必ず再訪問させていただきますよ~♪

石垣さんがんばれ~!!!

【地図】お店の場所はコチラ


※『確かにスープ違いすぎ!!!(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかしトラディショナル中華で勝負してくれるって
嬉しいね!!!』

そんなエールはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

【祝・開店♬】新参者 および 新参者製麺(併設)

ある意味新参者でない

「新参者」現る(笑)



新店がオープンしたらしいという情報をキャッチし
その場所へ向かってみたら…
P1040908.jpg


在所も「向」でした(爆)

正しい住所は「和歌山市向樋の口228-16」
新たに造成された宅地で新しいお家がたくさん、そしてハイツチックな建物も!
そんな角の一等地に真新しいお店はありました。

【地図】ちなみにお店の場所はコチラ

延時交差点の青木の横を北へ入っていくとお店が見えてきます。
駐車場も十分な広さでノンストレス♬
P1040946.jpg




して、その屋号は


新参者(新参者製麺)

おぉ〜 なんとエジプト国旗的なカラーリング♡
P1040909_201511120719291bf.jpg


そして店の外からは製麺室も見る事ができました♬
P1040945.jpgP1040944.jpg



店頭にはお品書きとお店のプチ情報。
P1040907_201511120719260f1.jpg



当然凸乳でございまして…
P1040914_20151112071943c82.jpg
券売機が採用されておりました。

屋号にまつわるお話と実食レビューはまたあらためて。
取り急ぎご紹介まで〜♬

【地図】お店の場所はコチラ



※『新店で、かつ製麺室とは期待できまんな〜』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『べたなダジャレは好きやで〜(笑)』
そんなエールはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「愛〜♬ 燦々てい〜♬」 燦々亭

なんか潜入するような雰囲気!!!

■燦々亭
@和歌山市美園町4丁目70 日光ビル1階
【営業時間】12:00〜14:00/17:00〜24:00
【定休日】無休
【電話】073-427-3301
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1000550.jpg
その昔、たしか「山車」という名前の居酒屋だったと記憶している
コチラですが、今は「燦々亭」という屋号で営業されてます。

その昔、看板にある「トンカツ定食」の文字に心踊ラされた記憶があり。

その昔、一度は飲んだ事のある場所だが忘れた(爆)

というコチラのお店。


そして…
P1000551.jpg

地産地消の応援を掲げた緑色の提灯が目印♬

さらに!!!

「あつあつ弁当」


の看板が眩しい…
「ほかほか」は聞き慣れた呼び名だが
「熱々」はなかなか弁当では使わない表現なので
その文字が書かれた看板が異様に記憶に残るのか、と(笑)

そんなお店の暖簾を恐る恐るくぐりましょう!




■店内&お品書き
P1000541.jpgP1000542.jpg
店内は昭和の雰囲気の残るそれ。
店構えよりははるかに広く、はるかに明るい。
ちょっとお店の雰囲気を侮ってました…orz

そして特にお品書きはなく、壁面に貼られたレギュラーメニューを
見ながらオーダーいたします。



■生ビール
P1000539.jpg
先ずは生ビールをオーダー。
喉が渇いていたので…


(*~o~)□プハァ!!



景気付けに一杯グビっといっときましょう♬
そしてしばらくして運ばれたのが…


■つきだし
P1000536.jpg
P1000534.jpgP1000537.jpg
しばらくして運ばれたのがコチラのつきだし。
価格は忘れたのですが煮物、光り物、佃煮と
なかなか地味〜にバランスがとれたひとしな。
メインのアイテムが届くまでちびりちびりと飲み進めます。



■とんかつ
P1000544.jpg
こちらも前々からメッチャ気になっていたメニューである
「とんかつ」です。というのもコチラのお店はランチタイムから
営業されてましてその中でもなぜか「とんかつ」の文字の存在
が気になって気になって… そんな過程を経て栄えあるオーダーです♬
(↑:めっちゃたいそうや〜ん!(爆))

とかなんとか何だかんだ言いまして到着したのがコチラ


P1000546.jpg

思いのほか… 薄いぞ…(苦笑)

というのがファーストインプレ。
相対的に「とんかつ」のお肉はそこそこ
分厚さを持って切られていると思っていたので
思いっきりな肩透かし(笑)

愚痴を言ってもしかたないので気にせずいただきました。
ビジュアルは細かったのですが味わいは美味しいものでした。




■食べてみて…
P1000548.jpg
壁に貼られたお品書きの中からもっともっと食べたいものが
わんさかあったのですが、ここで店内は外国人パワーで押されまくり…

インバウンド効果でわりと広いL字カウンターが
あっという間に外国人観光客で埋まっちゃいました…(汗)

そしてそのお客さんが片言の日本語で口にしたメニューが

「カ、カレーある?」

って、お隣のcocoいちへ行けよ〜!!!

と突っ込みながらお店を後にいたしました…

【地図】お店の場所はコチラ


※『確かにcocoいちは隣やな…(笑)』
と思ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『恐るべし外国人観光客!!!』
そう感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「今年は1週目に行けなかったよ…(泣)」 らーめん黒山

何とか来れました…(苦笑)

■らーめん黒山
※スペックは本店です
@北海道札幌市豊平区西岡4条6丁目1-44
【営業時間】 11:00~21:00(LO 20:30)木曜のみ 11:00~16:00(LO 15:45)
【定休日】無休
【電話】011-856-1705
P1040659_20151108072430653.jpg
またまたまたやってまいりました北海道物産展。
しかーし、仕事が忙しくて休みがとれず1週目には
結局来れずじまいでございまして… 2週目に訪問♬




■お品書き
P1040658_2015110807242840d.jpg
今回のお店は味噌・塩・醤油の3種類をラインナップ。
サイドメニューには珍しい帆立の炒飯がありますね〜!
訪れた時間は平日の16時30分。お客さんが一番少ない時間っぽい中
いつものイートインスタッフのお姉さんに
オススメを尋ねるとすぐさま厨房の麺スタッフに問い合わせてくれ、
すぐさま

「味噌が一番♡」

とのことで決めました(笑)



■黒山味噌(864円)
●スープ:豚骨系+白味噌+野菜
●麺:中太縮れ黄色(お小水が黄色になるよぉぉぉぉぉw)
●具材料:チャーシュー、白葱、メンマ、味玉子
P1040661_20151108072432f4c.jpg
価格は864円と北海道展としてはまぁまぁなかな。
厨房からは「やや焦がされたガーリックの香り」が漂い
空腹にムチが打たれるような感じですね(笑)

お客さんも少なかったのでスグに着丼しました!




■デッドで♪
P1040663.jpg

な、なんか少し寂しげ…(゚Д゚)ノ

というファーストインプレ。
北海道らしい雰囲気はありますが具材のボリューム感が少ないのか、な?
と感じたので…
P1040664_20151108072448f14.jpg

麺を出してみました(笑)

お〜ちょっと寂しさが緩和されましたが
やはり少しその雰囲気が残りますね。

スープは意外にあっさりとした味噌。
もっともっと濃い感じがあるのかと思ったんですが
それほどでもなかったです。 反面…
オイリーさの方が際立っていましてとにかくスープが


「熱い!」


スープ熱い派のみなさんには朗報ですが
猫舌系の私には

「苦行」

でしかありません(苦笑… あ〜熱い)
あまり熱いとスープ自体の味わいを楽しめなく
なっちゃいますからねぇ…

食べ進めて感じますが「らしさ」は残りつつ
悪い意味でのこってり感はありませんから
冷めてからはすいすいといただけました♬



そして北海道デフォのちぢれ麺。
P1040668_20151108072506a3a.jpg
それほどは太くないタイプですが
相変わらず黄色いです。黄土色に近い黄色です。
となると…

「尿の色が黄色なるやん・・・(汗)」

はい、検証ちゃんとしましたよ〜
黄色くなりましたよ〜
クチナシ色素の影響ですかね〜(笑)


そして具材はチャーシュー&味玉子ですが
P1040670_20151108072453557.jpgP1040672.jpg

小ぶりかつ普通でございます。
(メンマはなぜかスープ没でございます…)



■食べてみて…
P1040673.jpg
今回も北海道らしさは堪能させていただきました。
特にオイリーかつ熱々という点は和歌山では絶対に経験出来ない
仕様なのでオススメポイントだと思います。

よって物産展のラーメンは是非とも食べてもらって
北海道を体感してはいかがでしょう♬

ホタテチャーハン… 頼んどけばよかったかな…

※『確かに尿は黄色くなるよな!」』
この意見に同意されるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『やっぱ北海道のラーメンと言えば『味噌』やね!』
そう思ったならこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【北海道】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター