「ついに誕生! 日本ラーメン(笑)」餃子の王将 和歌山駅前店

「日本ラーメン」って何や???(笑)

■餃子の王将 和歌山駅前店
@和歌山市美園町5-7-7 北川ビル 1F
【営業時間】11:30〜22:30
【定休日】不定休
【電話】073-425-0065
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1000084.jpg
ここでは飲み(餃子&ビール)でしか利用していないので
昼間はめったにこないのですが仕事で店前を通った時に目についた店頭ポスター。

「日本ラーメン遂に誕生!」

という内容に心が揺り動かされていました(笑)

(に、にっぽんラーメン???)

と自問自答を繰り返すも、その夜には先ずはこの目で!
ということで訪問しました♬



■店頭
P1000112.jpg
先ずは昼にも目に入っていたポスターをチェック。

「ふ〜ん、全ての材料が国内産になったって言う意味かぁ…」

もう少しドラスティックな品物を想像していたんですが、
まぁ王将なのでこんなもんかと妙に納得して入店します。

夜も意外にランチ使いをされているお客さんが多いのが特徴かな?
お酒よりご飯が目立っている気がします。


カウンターの一番奥に座って早速その「日本ラーメン」をオーダーしました。



■日本ラーメン(734円)
●スープ:国産鶏+豚の白醤油
●麺:国産小麦の中太麺
●具材料:チャーシュー、味玉子、ネギ、柚子
P1000098.jpg
ワクワクしながら到着を待つ姿はまるで子供のよう。
そのくらい期待していたのがわかります(笑)
目の前の厨房ではいつものように中国語が飛び交っていますが
(ホンマに全部国産か?)
という疑念も少しあり〜の、
早く食べたい〜の、
そんなこんなで先ずだされたのがこちら。

はい、別皿にされた鰹節でして、枕崎産の物だと思われます。
続けざまに着丼したラーメンにトッピングしてみました。

ではあらためてそのビジュアルをチェックしますが…
P1000109.jpg

(ふ、普通やな…(汗))

これまたもう少し期待したビジュアルだったんですが
至って普通でそれ以上でもなく、それ以下でもない。
すくなくとも「日本!」っていうインパクトはありませんでした。




■デッドで!
P1000096.jpgP1000108.jpg


鰹の出汁がそれなりに滲み出た♪

スープは薄い清湯でサッパリとしております。
事前に投入したおかかの影響でその風味がスープへ滲み出ておりますね。

とにかく全体的に優しい味わいで
こころなしかジャンキーとオイリーさは消されているような気がします。

でも普通に旨い仕上がりなので安心・安全を重視されるなら
「国産」という安心手形をもらっていることがやはり大事ですね。


麺はコチラ。
P1000101.jpg
やや細普通ほんのりちぢれタイプです。
これまでの麺に比べるとおそらく加水率は上がっていると思います。
ツルツル感がより感じたのでその存在感は増した印象です。

しかし…

柔すぎる…(泣)

麺自体の味わいは良かったのでその茹で加減はただただ残念でした。
国産小麦を使ったとは言え、麺をメインに考えるラーメン店のそれには
遠く及びませんが、王将の麺のラインナップに合わせるには
すごくいい麺だと思います。

個人的にはもっと固めに仕上げたらマッチングはイイ感じになるか、と♬


具材の中でも特にチャーシューがインパクトあり。
P1000104.jpg
その大きさと厚み、それに肉感が断然違いました。
しっとりと弾力感ある味わいに少し驚かされました。
お肉の味もしっかり感じられました。

そして味玉も半熟でトロトロと。
P1000097.jpg
このクオリティーもこれまでとは違いました♬


そんなこんなで完食したもののこのまま帰っては王将に来た意味がない!
つー事で…



■大瓶(518円)&餃子(237円)
P1000086.jpg

(*>ロ)◇ゞプハァ~

ようやくここで「王将に来ました!」って感じ(笑)


そして主材料が具材料が国産になったという
P1000090.jpg
コチラもお約束♬


しかも
P1000091.jpg

キッチリと二人前(笑)

餃子もラーメン同様、従来品と国産品の違いなんぞわかる由も無く、
純粋に餃子とビールの旨さを楽しませていただきました!!!

でも一番の不満点はやっぱり値上げ。
確か学生の頃の餃子って180円くらいやなかったかなぁ…ハァ



■食べてみて…
P1000113.jpg

今回の日本ラーメンの全体の感想としては

「普通です(笑)」

あくまでもいい意味での普通さがいいんですよね。

それよりふと思った事ですが日本ラーメンとその他ラーメンの価格を比較してみました。

・日本ラーメン:734円(本体680円)
・ラーメン:518円(本体480円)

ご覧の通りデフォとの値段差は216円ありますね。
価格でいくなら間違いなくデフォですが、
「安心・安全」を200円で買ったと考えると
安いのかもしれませんね。

後はお客さん次第です。

【地図】お店の場所はコチラ


※『王将はやっぱ素材より安さにこだわって欲しいぞ!』
ホンマ、ホンマ!と思ったならポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし餃子1人前が237円って高くなったなぁ…』
しみじみそう思った方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『餃子の王将 和歌山駅前店 』これまでの飲食跡♬】
その1:ここはメチャ老舗やけど餃子&ビールしか注文したことないし…(笑)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「清乃の2号店に初見参!(笑)」 清乃 近鉄和歌山店

祝・出店おめでとうございます!!!o(^-^)o

■清乃近鉄和歌山店
@和歌山市友田町5-18
【営業時間】10:00〜19:00(OSあり・近鉄の営業に準ずる)
【定休日】不定休(近鉄の営業に準ずる)
【電話】073-433-1122(代表)
【駐車場】近鉄和歌山にあり(近隣にCPあり)
【地図】お店の場所はコチラ
P1020068.jpg
清乃の本店の変貌ぶりに驚かされた余韻がまだまだ消えないタイミングで
マスターから得た情報にさらに驚かされ向かったのがコチラ。
確かに和歌山近鉄の地下のイートインコーナーへ出店されておりました!!!
出店が4月23日だそうで、かれこれ4ヶ月が経過しての初訪問。
清乃ファンとしては失格… 怒られますよね…(苦笑)

場所はわかちか広場から近鉄の地階入口入ってスグのところ。
もともとは粉もん屋さんがあった場所ですね〜♬
P1020065.jpg
カウンターが8席というこぢんまりしたスペースに腰を下ろします。
新たに加わったスタッフさんに尋ねると
「おかげさまで開店からたくさんのお客様に来てもらってます」
と嬉しそう。マスターもホッとひと安心じゃないでしょうか。

仕事が終わってからの訪問だったので18時を回ってましたが
私と同じリーマン的お客さんが座ってました。



■店内&お品書き
P1020071.jpg
コチラは先に食券を購入するシステム。和歌山では珍しいです。
が、聞くと慣れるまでのやり方がそうで将来的には食後清算も
健闘されてるとか。


さてお品書きはコチラ!!!
P1020075.jpg
基本的に「こってり和歌山ラーメン」のデフォと
限定の「煮干ブラック」の2つがありまして、あとは麺量とシャーシュー量を
チョイス出来るものになってます。またご飯類は、チャーシュー丼としらすごはん
がありますが古式に則りましてデフォのこってり和歌山ラーメンと白飯を
オーダーしました♬



■こってり和歌山ラーメン(750円)+白白飯(150円)
●スープ:豚骨醤油のこってり
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、太いメンマ、ネギ。
P1020076.jpg
厨房内でスタッフさんが調理をスタート♬
百貨店のフロア内施設なので厨房機器は最小限ですね。
もっと本格的なお店を想像しておりましたが
これはこれでコンパクトに纏まってる感じです。
麺が細いので素早茹で上げられ配膳されました。
P1020082_201508280516599f3.jpg



■デッドで!
さて、配膳されたこってり和歌山らーめん。
以前、有田の本店でいただいたことのあるタイプですが
チャーシューとメンマのトッピングというシンプルタイプ。
ネギは若干少ないかな? しかしながらスープはどっしり
こってりしているのが見た目にもわかります。
そしてデッドでいただいてみると…
P1020084.jpg

「おおっ!!! 『新和歌山豚骨』〜(゚Д゚ノ)ノ」

そんな表現が口から飛び出しました(笑)

『テロリ』を完全に通り越した『こってり』はまさに看板に偽り無しバージョン。
贅沢に豚骨が使用されているであろうスープは粘度が高いものの
醤油の風味もしっかりと残したタイプ。それでいて飲んでみると
意外とサクッと飲み干せるマイルディさも兼ね備えたもので

『こ、これ旨いやないかい…』

思わずつぶやきシローでございます。
おそらく本店の同メニューと基本的には同じなんでしょうが
この厨房のレベルに応じた作り方のできるスープとして仕上がっている
印象を受けました。

いわゆる「骨粉」的な口の中に残るザラザラとした食感や
獣系特有の臭みが皆無で、豚骨と醤油の旨味だけを濃厚に
抽出されたもの。

非常にクオリティの高い一杯に仕上がってますね♬



そして麺にうつります。
P1020103.jpg
和歌山のトラディショナルに準じた太さの「やや細い」タイプで
非常に良く出来たもの。麺の味わいもさることながら
このスープと一緒に食べることで互いを引き上げるマッチングはさすが。
噛むと「キュキュッ」とした食感ですが非常に心地よさを感じることができ
茹で加減も「固め」で個人的にはGOODです♬



そして具材ですが、極太のメンマはその風貌とは違い
柔らか目の噛み心地がいいですね。
P1020097.jpg



またホロホロとしたタイプのチャーシューはしっかりと味付けされたもので
濃いめの仕上がり♬

となると…登場するのがコチラの白飯。
P1020077.jpg


白いご飯の上にチャーシューを手早く載っけてから…
P1020089.jpg

P1020111.jpg
ドロりとしたスープをチャーシューの上からかけて…


できあがったのが簡易チャーシュー丼でござい(笑)
P1020112.jpg
麺をいただいてからの飯ですがスープがやっぱこってりしているので
ラーメンだけでなく飯を一緒にいただく方がベストでしょう!(キッパリ!!!w)




■食べてみて…
P1020098.jpg
全体的にスープが少なく映るお客さんも多いと思われるそのスープ量ですが
麺との絡みのバランスを考えるとこれくらいでいいかな〜っていう感じ。
というのも粘度があるのでこれ以上のスープ量があっても逆に持て余してしまって

スープ>麺 

というようなバランスになってしまうやろ〜っていう至極個人的な感想でございました♬


さてさてコチラの2号店。本日いただいたこってり和歌山ラーメンは
想像以上の仕上がりだったことに驚かされました。

(やはり本店のメニューはマスターが直接作るので
その足下にも及ばないだろう…)


と思っていたのですが、それをいい意味で払拭していただけるものでした。

とは言うものの、やはり本店は本店。
そのレベルの差は正直ありますのでせっかく和歌山へ来られたなら
一度は本店に足を運ばれるのをオススメします♬

しかし、本店の味を経験されているならコチラのお店でも十分満足できるので、
(少なくとも私がそうなんですが…w)
有田まで行く時間が無い時には「清乃の味」を和歌山市内で味わえるというのは
非常にありがたく、嬉しい存在でございますのでこれからはどんどん
利用したいと思いますね〜!

目印はこの「こってり和歌山らーめん」の黒幕!
P1020069.jpg
県外からのお客さんにわかりやすいように
敢えて「中華そば」と書かなかったと言うことです(笑)

【地図】お店の場所はコチラ


※『「なんで中華そばと違うねん!!!」
ってツッコもと思たのに(爆)』

と思ったコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『有田の本店もエエけど
和歌山市内で食べれるのが素直に嬉しい!!!』

私同様、そう感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「Diningから麺屋への華麗なる変身」 清乃

しばらく来なかったらお店の業態が変わってた…(汗)

■清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00〜14:00/18:00〜22:00
【定休日】火曜・第3月曜(祝日は営業) 月曜日11:00~14:00のみ
【電話】0737-83-4447
【駐車場】店向かいと神社(土のところ)にあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1000845.jpg

しばらくお邪魔しないうちにすっかり浦島太郎状態になってしまっていた私。f^_^;)

その訳を申し上げますと…

訪問したのがまだまだ寒い3月の終わり頃。
いつものようにカウンター席に陣取りましていただきましたのがデフォの「角長」
P1000432.jpg
醤油の滋味がゆっくりとゆっくりとあらわれるデフォ醤油。
食べるたびに進化を続ける清湯の黄金スープで
麺を食べる前にスープがどんどん無くなってくる…

う〜ッ、旨すぎる!

角長特有の最後に甘味が残る風味と魚介とのコラボ。
P1000434.jpg
ギリギリのポイントでミキシングされておりまして
もう「匠の技」と言えるでしょう。


それに対する麺!
P1000443.jpg
こちらもまた日々進化する自家製麺。
その日の温度、湿度に合わせて打たれるマスターの渾身作!!!

「今後はもっとウェービーにしようかと考えてます」

と言われるが、これでも十分マッチングも旨さもあるんです(笑)


そしてチャーシューもコチラの2種類。
P1000440.jpg
P1000439.jpg
頃合いのいいスモーキーさを持ちつつ、レア感も残る太いチャーシュー‼︎
そしてタイプの違ったチャーシューとのコンビプレイ♬
チャーシュー自体が得意で無い私ですが、その味わいには大満足させていただきました(つД`)ノ


そんな3月の訪問レビューだったのですが
私がしばらくブログを休止している間に…







行列覚悟で訪問したとある平日の12時過ぎ、お店に到着すると
丁度車が一台出て行くラッキーさ(((o(*゚▽゚*)o)))

でもよく見ると…
P1010500_20150823080804453.jpg
見慣れた中華そばの横断幕も無くなっていました…

はて?どないしたんやろ?

と思いつつお店に突入です。




■店内&お品書き
P1010507.jpg

『以前とまったく変わっとんがな!!!』

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!


店内もガラリと様変わり。
カウンター席が倍になり、中央の小上がりが 6人座れるセミBOX席になって、
奥の個室座敷が製麺室と冷蔵庫に変わってました‼︎

そして入口左側にあった「中華そば」の赤い幕の代わりに
黒い「和歌山ラーメン」の幕がありました。



そしてメニュー!
P1010504.jpgP1010503_20150823080809ad2.jpg
汁麺はこれまでとは大差無いのですが
時間のかかるつけ麺のレギュラー選手がメニュー落ちしていたのには残念でした。

さて、この日は平日限定角長匠の冷やしがあったのでそれをチョイスします。




■角長匠(冷やし)(850円)
●スープ:鶏+角長醤油匠使用
●麺:やや平打ちちぢれ
●具材料:チャーシュー、太メンマ、味玉子、ネギ など
カウンターへ座ってたんですが、しばらく見ないうちに
本当に人気店になってますね。
後から後からお客さんがひっきりなしに入ってきます。

「 あっでぇ〜♬ 

知らん間に大きなっちゃらして〜!!!」


しばらく会ってなかった知り合いの子供を見て言った
近所のおばちゃんのひと言のような台詞が思わず(笑)

そうこうしていると着丼いたしました♬
P1010510.jpg




■デッドで!
P1010514.jpg

『ウ〜ん♬ ちべたい〜〜♬』

到着した冷やしのスープを飲んで驚いた!
全くもって日本料理をいただいているが如く、
一切のムダな味わいが省かれた和だしの旨みのみがノドを潤し
そして胃袋に染み渡ります。

やはり旨さのベースは鶏。新鮮さは言わずもがな
そこに入るのが数種類の煮干しと鰹達で純粋にそれらの旨味
のみがスープに染込んでいるかのよう。

タレ+スープのバランスが絶妙にコントロールされているところは
マニアなマスターの腕の成せる技でしょう♬

とにもかくにも塩加減も素晴らしく、言葉が出ませんでした 、しばらくは(笑)



そして麺!
P1010522_2015082308085009a.jpg
じゃっかんちぢれの平打ちの自家製麺は冷水で締められ、しっかりとした歯ごたえが残りますが
スープと合わさると何ともまぁ麺の持つ自然な粉なの甘みが口に広がりました。

とにかく粉の味わいが強く感じるので麺好きにはたまらない!
しかも食感も優しさの中にも芯のあるタイプで、
スープも十分持ち上げるのでマッチングもすこぶる良好です♬

聞くと、国産小麦だけを使用しているとのこと。
個人的には内麦だけでここまで仕上げるのは大変だっただろうと思います。


そして特筆するチャーシューもまたスゴい!
P1010525.jpg
頃合いのいいスモーキーさを持ちつつ、レア感も残る太いチャーシュー‼︎


P1010515.jpg

これが何と2枚も!!!

歯ごたえと食感は見たまんま。
しっかりしていますが「しっとり」としておりまして
これがまたラーメンのトッピングのレベルを上回り

「ワインを飲みながら食べたい!(笑)」

そんな気分にさせてくれました♬

薬味として…
P1010506_201508230808215d3.jpg
山葵がありますがこれはお好みで〜
かなりの味変の可能性があると思います。



■食べてみて…
P1000447.jpg
この奥でこちらの麺が日々打たれているのかぁ…
などとその姿を想像しちゃいますね(笑)


外は猛暑、そんな熱さを吹き飛ばしてくれる「冷やし匠」は夏にはたまらない一杯♬
気づけば…
P1100220_201508230638274ae.jpg

完スペでございました(笑)



さてさて、和歌山近鉄にも4月から出店されたとの事でマスターも気合い十分ですね。
ただその出店によって夜の部営業を終了され、それに伴い
これまでのdiningメニューとお酒類が無くなったのは個人的にはスゴく残念ですが…
P1010501_201508230808103d4.jpg
麺一本でやって行くと言うマスターの覚悟をヒシヒシと感じつつ
新装オープンしたお店を後にしました。

これからもマニアックに頑張ってください〜(笑)

【地図】お店の場所はコチラ


※『完全に麺屋になっとるがな!!!』
この大変化に驚いたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも正直マスターの和食の腕も
捨てがたい…常に食べたい…』

そんな方はコチラを是非ともポチッっとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『和 dining 清乃』これまでの食跡♬】
その1:『和 dining』という名のラーメン屋とはいったい。。
その2:その実力を垣間みたとたん連食(爆)
その3:新メニューをいただきたく候
その4:お約束の二杯目へGO~!!
その5:店主渾身の裏メニューの実力はいかに!?
その6:またまた新メニューをいただきたく候
その7:麺を比較させていただきたく候(笑)
その8:後から後から繰り出される精力的かつチャレンジ精神溢れる覇気!!!
その9:デッド会長!!!『deep night』のプチ版でごんす!(笑)
その10:deepな話を散々言ったあと…
その11:ここんとこ... 週一のペースでないかい?(爆)
その12:実はこちらが4番なのかもしれない!!!
その13:鶏の香りに誘われたのね♥…秋
その14:更にランチメニューを食べちゃった♡
その15:ウワァァァァァン(ToT)
その16:オフ&ヲタな話は面白いわよ♡(笑)
その17:deep afternoon off ~クエ堪能しちゃる~ 
その18:【オフ会~その2~】deep afternoon off ~クエ堪能しちゃる~
その19:あったかい未食メニューをいただきたく候(笑)
その20:麺もいいけど鍋もね♡(笑)
その21:麺を食べるつもりやったのに… とらふぐセレナーデ♪
その22:最後までとことんやな...(爆)
その23:あけましておめでとうございますm(_ _)m
その24:メニューを整理されるそうですよ~(・◇・)(ボソッ)
その25:安諦橋(あでばし)の上は極寒の寒さナリ…(*_*)
その26:3/1よりメニューが一新されましたyo~♫(≧ε≦)
その27:「麺固め」はご遠慮くださいませ...m(_ _)m
その28:とにかく「ガッツリ」で勝負っす!!!
その29:巷は桜満開の便りが届いてますが「乱れ咲き」ならぬ...「乱食」(爆)
その30:ラヲたま乱食太郎になった日(o^-^o)
その31:「お、お前パーマかけたんか!(怒)」
その32:ピリ辛の金(カネ)じゃなくて金(きん)(≧ε≦)ゞ
その33:新メニューで一番濃厚で、なおかつ茹で時間が15分オーバー♪
その34:母の日の限定は店主渾身の一杯!!!
その35:「日々精進」言うのは簡単、実行は難しい... そんなランチ日にいただいた物は...
その36:祝!彩々とのコラボレーション(≧ε≦)
その37:精力的に新メニューが登場♪(≧ε≦)
その38:「新鮮な刺身が食べたい!!」というリクエストがあればどうする?
その39:最後の晩餐ならぬ最後の白湯…orz
その40:ニボニボビーム(≧ε≦)ゞ
その41:豚盛黒醤油が新しくなりました♡
その42:汁なし初登場じゃ!(≧ε≦)ゞ
その43:『ブイヤベース』は魔法の言葉~♪
その44:有田へ足を運ぶ必要がないので交通費が助かりありがたい♪(爆)
その45:オリジナルをいただく(連日訪問♪)
その46:漢ならだまって『かけ』をデッドで!!
その47:味噌と鯖のハ~モニ~♪
その48:お酒を飲むのが楽しいぜ~♪(`∇´ゞ
その49:必ず夜中0時までに食べること!(爆)
その50:見た目はただの『塩』だけど~(笑)
その51:鶏そば塩につづいて醤油が立て続けにリリース(笑)
その52:子犬くらいの大きさのフグっていったいどんなんやねんなぁ(爆)
その53:【その弐】天然トラフグを食べようオフ
その54:【その参】天然トラフグを食べようオフ
その55:全部押したった(爆)
その56:強風のためしらす漁は中止でした…(泣)
その57:初しらす丼にトライ!と思ってたら…
その58:そろそろ食べたくなる季節ですね~o(^-^)o
その59:内麦最高~( ̄∀ ̄)v
その60:ビフカツ Love(笑)
その61:鳥好き全員集合〜p(´⌒`q)
その62:出戻りました… 
その63:マスターいてへんし…(泣)
その64:リベンジは倍返し(爆)しらす丼!!!
その65:本年最後のご挨拶をばm(_ _)m
その66:「貝汁パワー&デフォ」は凄まじい破壊力だ!
その67:冬吹やまぬ西の風…は、激寒
その68:木曜はカレーの日! ・・・だった(苦笑)
その69:平日限定メニューにトライ( ~っ~)/
その70:念願だった豚骨ぅぅぅ( ~っ~)/
その71:うっ、マスターいてへんかった…
その72:なんとか会期中に間に合ったよ♬
その73:ネギだけをデッドで食べたい(爆)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

「はいはい、やっぱり感謝デーですな!」 味千拉麺 和歌山北インター店

夏休みは家族連れでいっぱい!

■味千拉麺 和歌山北インター店
@和歌山市田屋105
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】無休
【電話】073-461-3567
【駐車場】専用アリ
【地図】お店の場所はコチラ
P1010450.jpg

「最近22日が気になる…」

これって味千の策略にハマってる!?(爆)

はいはい、ハマってますよ〜
ってなことで22日はやっぱりコチラですね。
味千ラーメン! 月に一度の感謝デー利用でございます♬



■店内&お品書き
P1010451.jpg
見慣れた入口看板がコチラ。
最初は家族連れでいっぱいだった店内ですが閉店前に飛び込んだので
途中からダレもいなくなっちゃいました(汗)
しかし9時30分で閉店とはいささか早い気がしますがねぇ(苦笑)

そんな夏休みのサービスデイ。カウンター席に陣取りまして
感謝デー専用のお品書きを、ば。
P1010452.jpg
ラーメンはオートマチックでデフォになるのですが
本日は廉価版の唐揚げをチョイスしオーダーいたしました。



■味千ラーメン(300円)
●スープ:熊本系豚骨
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、にぬき、葱、木耳
夏休み限定のアルバイター雰囲気のプンプンするお姉ちゃん
が元気に接客してくれます。配膳まではマッハで。
(お前ら、もう既に作っとったんとちゃうか?)
というツッコミを入れたくなるような配膳の早さに
ちょこっと驚きます(笑)
P1010459.jpg
そして、

「ヤッパりジャンキ〜や(笑)」

と心の中で叫びながらいただきましょう♬



■デッドでGO~!
P1010460.jpg
叫んだように安定したジャンキー豚骨。
基本的には熊本の味わいとなってますが全世界規模で拡大している
チェーン店なのでやはり70%以上の皆様が食べて旨いと思う大衆性がいいですね。

豚骨メインスープにチップや香味油の影響で匂いでも攻めて参ります。
しかし空腹時だとこれらが中枢を刺激し
どうしてもお下品に食べてしまうほどの魔力を感じちゃいますね!

ゆっくり味わうなんて考えられません(笑)


そして麺。
P1010467.jpg
これもまた味千スープにベストマッチ♬
木耳と一緒に一気に啜り込みました。


具材としてはこの分厚いチャーシュー。
P1010465.jpg
柔らかく食べやすいのが特徴で最後まで旨かったっす。



■鶏唐揚げ2個(190円)+小ライス(140円)
P1010454.jpg

P1010457.jpg
ラーメンの配膳後スグに運ばれて来たコチラの唐揚げ&ライス♬
これらが感謝デーには330円とは何ともまぁCPが高いのか。
感謝デーに惹かれる所以でございますね(笑)

ごはんにはちゃんと蓋がされてましてその上にお漬物が。

(ここまでしなくてもええんとちゃうの…)

蓋を洗うの大変でしょうに。


そして唐揚げは2個か4個のセレクトが出来る点が嬉しい♬
P1010463.jpg
想像していたよりデカいので個人的には2個はベストマッチ!


そして唐揚げをおかずに飯をどど〜って搔き込みます!
P1010471.jpg

(お味は… ま、普通やな…(笑))

味わいはいたって普通。
普通に旨い唐揚げでございました。



■食べてみて…
P1010470.jpg
さて毎月の22日はラッキーな半額dayなんですが、
8月は夏休みの真っ最中ということで家族連れがほとんどでした。

しかしこの味千拉麺。普段630円なのが300円とは正に半額以下とは

『看板に偽りなし!』

でございます。 それに合わせて単品も廉価版になるっていうのが
ファミリーにはもってこいだと思います。
ただし単品も含めてメニューは限られてきますけどね(笑)

いずれにしても

『めっちゃジャンキーなラーメンが食べたい♡』

と思ったなら毎月22日の感謝デーは利用価値高いと思います♬

【地図】お店の場所はコチラ


※『いつも思うけど300円はお得よね〜(笑)』
と思った方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『逆に300円以上の値打ちはないんやろ?(爆)』
と感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

【『味千拉麺 』これまでの飲食跡♬】
その1:やっぱ訪問するならサービスday(笑)
その2:ん? ビジュアルがちょっと変わってないかい?

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「気軽にイタリアンを堪能できる隠れ家的存在!」 イタリア食堂 アネロ

裏ヒロヤのリカバリーなんてどんでもない!

■イタリア食堂 アネロ
@大阪市北区池田町14-12
【営業時間】17:30〜24:00(大体)
【定休日】日曜日
【電話090-9616-5683 (問い合わせ用)
【駐車場】なし(近くにCPあり)
【地図】お店の場所はコチラ
P1190007.jpg
新しいお店が出来ては消え、出来ては消え、
その反面新店ながらいきなりの人気店になる。
そんなお店の新陳代謝を繰り返すコチラ天満に
また新たなお店ができたと友達から教えてもらったのがコチラ。

「イタ〜リアンで手軽に利用できるよ〜♬」

とのお話だったのでそのまんま気〜軽〜に訪問しました。



■店内&お品書き
P1190013.jpg
P1190015_20150813074443222.jpg
先ずはカウンター席がお出迎え。
この日はマスターと女性スタッフの二名で切り盛りされてます。


そして奥にはテーブル席もあります♬
P1190012_20150813074438b19.jpg
しかしこちらは予約で一杯でした。



仲間四人で訪問したのですが個人的にはカウンターが好きなので
横一カウンターで座りますが席が高い割に安定しておりました。
そしてお品書きを、ば。
P1190011_20150813074447eca.jpgP1190009.jpg
リーズナブルなランブルスコがあったのでボトルをチョイス。


そして各々が目の前の黒板に書かれている自分の食べたいものをチョイスいたします。
P1190014_20150813074442bd7.jpg


■ランブルスコ ドルチェ fullボトル(1,950円)
P1190018_20150813074502469.jpgP1190022.jpg
メッチャ呑みやすい微発砲の赤。
たま〜に飲んでるんですがまさかここでいただけるとは!
やや甘口で飲みやすく、意外とお料理にも合うんですよ〜♬



■前菜5種盛り(1,000円)
P1190024.jpg

「すげ〜〜っ!!!」

メンバーの口々にでてきた言葉♬


鴨、チーズバゲット、きのこ、カルパッチョ、
それにキッシュの5種盛りがイイネ。
P1190026.jpgP1190025.jpg
P1190029.jpgP1190027.jpg
P1190031.jpg

素晴らしいボリュームとビジュアルの素晴らしさ。
前菜にしては十分すぎるクォリティに全員歓喜の嵐です(笑)




■レバーペースト(400円)
P1190037.jpg
これは私のオーダーなんですが
やっぱレバーペーストは旨い!!!
クセがあるので十人好きはしませんが
塩分もそこそこにお酒には合うと思います。



■オリーブ(300円)
P1190035.jpg
コチラもお約束のオリーブ♬
マトリックスのメロビンジアンも好物のこれ。
あんなにいやらしく食べれないのがつまんないけどね(笑)



■貝の白ワイン蒸し(500円)
P1190045.jpg
臭みなんか皆無に仕上がってまして旨いね〜!



そしてお待ちかね大御所登場!!!


■生ウニのパスタ(1,400円)
P1190048.jpg


「うひょ〜!!!(゚Д゚ノ)ノ」

これを食べに来た!

と言っても過言なし。裏ひろやの名物メニューがコチラで食べれます。
って言ってもパスタを作ってたマスターが独立したので当たり前なんですよね(笑)


どこからみても愛おしいウニパスタちゃん♬
P1190050_20150813074552f38.jpg
ウニもたっぷり載って、クリームソースとの相性も抜群!
メンバーも大満足でございました。



■食べてみて…
P1190005_201508130744081f3.jpg
天満でもチョイと奥まった池田町にあるので
すこしばかり探さないといけないかもしれません。

そんなひっそりと落ち着いた場所にこんなイイお店があるなんて♬
我々暑苦しいおっさんチームが陣取るのは場違いかもしれませんが
うまいもんは旨い!!! そんなお店には飛んで参りますからね(笑)

そして方に力の入らないカジュアルなイタリアン食堂なので
全体的には普通なメニューが並びますからお気軽に足を運べるでしょう。

雰囲気はゴージャスなところも残しているからか
カップルが多かったですが… 雰囲気と価格のギャップも楽しめます。

個人的にはどれをとっても大満足でございましたので
今後は「◎」でリストにインプットしておきます♬

再訪問は必至です!!! ╰(*´︶`*)╯

【地図】お店の場所はコチラ


※『ウニパスタはここで食べれるんや〜♬』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『メロビンジアンって懐かしい!!!』
そんなマトリックスファンな方もそうでない方も
こちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)

 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

「3軒目になります♬」丸田屋ぶらくり丁店

開店日はエイプリルフールやん(笑)

■丸田屋ぶらくり丁店
@和歌山市北新5-35-1
【営業時間】17:00〜翌3:00 (L.O 翌2:30)

【定休日】月曜日(※祝、祭日の際は翌火曜日。)
【電話】 073-423-1245
【駐車場】5台(+契約Pあり ※2000円以上お食事のお客様にPチケットをお渡しします。)
【地図】お店の場所はコチラ

たまたま前を通ったのが開店前日(笑)
11084730_465736003577305_1254273206_n.jpg

「え、丸田屋の3軒目???」

翌日の17時がオープンでございましたので
早速仕事帰りに立ち寄りました♬

奇しくも開店日は4/1でエイプリルフール。
入店したら「開店は嘘だよ〜ン!」って、
んなぁこたぁないか(笑)


そして翌日…

P1000217.jpgP1000218.jpg
到着は20時前ですがかなり行列になっていることに驚き。
というのも場所的にはそうお客さんが多くなさげなところという個人的意見。
よく見りゃ学生さんも多いね〜!




■店内&お品書き
P1000222.jpg
店内も熱気ムンムン。
外見から想像するに結構広い印象だったが
入ってみると結構狭い… 
そんな中、入口でお姉さんが先にオーダーをとってくれ
待つ事しばしの間、スグに席に案内してくれます。

店内は明るいですね。
テーブル3席にカウンター席がありますが
やはり窮屈感は否めません。
そして目の前にはゆでたまご〜ん♬

お品書きはコチラ。
P1000221.jpg
丸田屋全店で同じお品書きなので
当然ながら安心感はあります!



■中華そば(700円)
●スープ:和歌山トラディショナル豚骨醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、ナルト
厨房は客席よりゆったりしている感じ。
P1000223.jpg
そんな中、スタッフさんがめまぐるしく動いております。
そりゃそうやわね、これだけのお客さんが
ひっきりなしに訪れてくれるんやもんねぇ〜(笑)
そして着丼いたしました♬


■デッドで!
P1000227.jpg

「お〜丸田屋!!!(笑)」

いつもの丸田屋のビジュアルで特に変化はなし(当たり前)
そんなビジュアルは安心と安定感を感じます。

しかも思いのほかコクがあって旨いもの。
P1000230.jpg
オープニングはライトな仕上がりが多い中
テロり感も十分でホント旨い旨い♬



そして麺!
P1000235.jpg
これまたやや細麺ですが、茹で加減は固めで上々♬
スープと巧みに絡み合いましてイイ感じ。

マッチングも問題なく最後まで美味しくいただけました。〜ヾ(*○´∀`○*)


そしてチャーシュー。
P1000239.jpg
こちらも全体的な味付けも申し分なし。
やや薄いですがこれも今までとかわりありませんでした。




■食べてみて…

厨房を見ているとこんなばんじゅうを発見!
P1000242.jpg


(「マルちゃん製麺所」とはあまり耳慣れない名前やなぁ…)

と調べてみると…

丸田屋さんの『スタッフブログ』に載ってました♬
自家製麺だったんですね。
ほんで、「マルちゃん」はオーナーの名前ですわな(笑)
やっぱ自家製麺だとスープにバッチリ合う麺ができるので
これからも進化を楽しみにしております。

さてさてこの3店舗目。
P1000232.jpg

今まではわりとdeepな印象のあるこの真田堀周辺でしたが
最近はいろいろ新陳代謝を繰り返し「若者も来る明るい吞み屋街」
という感じになってきましたので飲んだ後の定番になりそうです。



P1000219.jpg
何と言っても、深夜3時まで営業しているお店は少ないので
ありがたい存在になりそうやし、流行ると思いますね〜!


【地図】お店の場所はコチラ


※『少し離れてるけど
店名は『ぶらくり丁店」ってなんねや〜!!』

と思ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『何だかんだ言っても丸田屋は安定してるよね〜!!!』
そう思っている方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「珍しくひとりぽっち(笑)」 かわせ天王

国産豚肉を堪能しようじゃないか(笑)

■かわせ天王
@和歌山市中之島525
【営業時間】17:00〜21:30
【定休日】木曜日
【電話】073-433-9215
【駐車場】店横専用あり
【地図】お店の場所はコチラ

仕事帰りに店の前を通ると…
P1000131.jpg

「おっ!ダレもいない〜♬」

ということで反射的に駐車場へ車を。入店しとりましたばい!



■店内&お品書き
P1000114.jpg
いつもなら店内にはジャンキー好きなお客さんで賑わってる
ところなんですがこの日は珍しくダレも居ない♬
そんな慣れぬ雰囲気なんですがそれを楽しもうかと(笑)


大将からは

「ぃらっしゃっ〜、ここへいこ!」

と誘われカウンター席の中央部に誘われ着席。
ゆっくりと壁のお品書きを見ながら

(今日は豚肉を堪能しよう!)

と心に決めてオーダーしたのが特製シングル。
ホント久々の麺ひと玉でございます♬




■特製シングル(750円)
●スープ:かわせ系
●麺:太アルデンテストレート
●具材:豚肉バラ、ネギ(2倍)
P1000116.jpg
大将の麺を作る姿を独り占めしながら待つ事数分。
豚肉の量がメチャ多いバージョンを楽しませていただきます♬





■デッドで!
P1000120.jpg
いつもより塩気の多さを感じた「かわせ天王」
ここまで塩っぱいのは感覚的にしんどいなぁ〜って
感じるレベルでございます。



そしてあらためてビジュアルを見ると…
P1000117.jpg

やっぱ豚肉パワーええわぁ〜♬

豚バラを画像にすると圧巻の迫力がありますのが特製の賜物。
豚を集めたら更に迫力が出てこんな感じになります。

でもこれを食べ始めるともう「かわせワールド」に引き込まれちゃいまして
一心不乱になっちゃうのでその前に撮影をしなくちゃなりません(笑)



若干放置した麺を天地返しするとアルデンテな太麺が顔を出しまして
P1000128.jpg
その魅惑的な眼差しでコチラを見ています。



そんな麺を一気にバキューム!!!
P1000126.jpg

(は、歯の詰め物がと、とれそう…(爆))

そんな麺からのプレッシャーを受けながらですが
中毒性の高いスープと一緒に胃袋入ってくるともう止まりません!
っていうかそこからの記憶が飛んでおりました(笑)

麺はシングルだったのであっという間の完食劇となりました。




■食べてみて…
P1000130.jpg
今年に入ってからの初かわせでした。
気持ちの上では何度ももお世話になっているような気になるのですが
意外にも初めてなんですよね(笑)

「今宵もまた完スペをいただきました〜♬」


【地図】お店の場所はコチラ


※『今年に入って何度も行ってるつもりが実は初(笑)』

そんな覚えあるわ〜♬っていう方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『大将の画像がないのは寂しいぞ(笑)』
そう感じた方、こちらを一緒にポチッといってみよ〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『かわせ天王 』これまでの飲食跡♬】
その1:かわせ(天王) (カワセテンノウ) 訪問日:2005/09
その2:2006/11/16 かわせ天王
その3:かわせ天王  2008/2/27
その4:かわせ天王 2008/3/10
その5:かわせ天王 2008/3/24
その6:かわせ 天王 2008/5/22
その7:かわせ天王  2008/7/4
その8:驚愕の事実を目の当たりに!!! かわせ伝説は本当だった
その9:【家で持ち帰り中華を!】かわせ 天王バージョン
その10:「超固め」っていったいどれだけマニアやねん!!!
その11:0.5玉にトライ(笑)
その12:この日は行列でした…(」゜□゜)」
その13:実は冷蔵して次の日に回してしまいました・・・(笑)
その14:駐車場が無くなったと思って焦ったがな…(゜∀゜汗ノ)ノ
その15:和歌山で「赤シャツ」といえばこちらですがたまには…
その16:気迫の特トリで勝負!!!
その17:この赤シャツ欲しいなぁ…(笑)
その18:1回の調理で鍋に入る麺量は10玉らしい。とすると…
その19:荒野のガンマンならぬ…
その20:汁かぶり席ゲットォォ~!!(爆)
その21:珍しく『ダマ』に…
その22:『トクダブ』の魔力(笑)
その23:4/1以降、メニューが新しい紙になってました(≧ε≦)
その24:初トライ、中華そば1.5(笑)
その25:大将のキャラが立ってないかい?(笑)
その26:衝撃映像を入手!(爆)
その27:この日も満員御礼札止めですやん!!!
その28:和歌山へ戻ろら〜、ほいて「かわせ」行こら〜(笑)
その29:魅惑のツーショット〜(笑)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「あの『うらしま』で修行した大将が新店を開店!」 今心(こんしん)

「うらしま」弟子の2店舗目!!o(^-^)o

■今心(こんしん)
@和歌山市有家113
【営業時間】11:00〜14:00 17:00〜売り切れまで
【定休日】水曜日
【電話】不明
【駐車場】専用3台分
【地図】お店の場所はコチラ
P1010951_20150816072239815.jpg
P1010954.jpg
仕事のお得意様からの情報をGET。
あの「うらしま」の弟子が和歌山市は向陽高校の前にお店を出している!
という情報を聞きつけたこの日。最初聞いた瞬間

ぬぁにぃぃぃぃぃ!

というリアクションしかとれなかったので
再度、訪問してその真偽の程を確かめさせていただきました♬
場所はまさしく向陽高校の真ん前。
これまではお好み焼き屋さんだったそうですが
居抜き改造で見事ラーメン屋に早変わりですね(笑)



■店内&お品書き
P1010953.jpg
店前には「いかにも」という横断幕が掲げられていまして
若干のプアー感が…(苦笑)
そして入口には「うらしま」で見慣れた文字で
お品書きが書かれてます。そして扉を押して中へ入ります。

正面にはカウンター席、そして座敷がひとつという構成
カウンターは6席、座敷は10席くらいかな。
P1010956.jpgP1010957.jpg
カウンタ席上にお品書きが貼られています。
しばらく「うらしま」へは行ってないので直近の状況が比較できないのですが
デフォの中華が550円、肉増しというメニューもありますし
もちろん白ご飯もありました。
そんなメニューからデフォの中華そばをチョイスします。



■中華そば(550円)
●スープ:うらしま系豚骨醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、ネギ
P1010961.jpg
P1010960.jpg
カウンター前の壁は高く作っているところはまったく見えませんが
どうやら横に厨房があるようです。
そして玉子は別売りになっておりました。
スグってわけにはいきませんでしたが配膳されました。




■デッドで!
P1010966.jpg

「うらしまビジュアル炸裂!」

見た瞬間に声を出してしまったビジュアルはうらしまのそれ。
当たり前ですがちゃんと踏襲されております。
そしてもちろん器も(笑)

スープ色は本家と比較しても薄いって感じですがデッドで。
P1010965.jpg
ひと言で言うなら「マイルドうらしま」ですね。
でもあくまでも「いい意味」でマイルディに仕上がったスープは
飲みやすく、それでいてあっさりし過ぎていないレベルです。

本家のスープが「濃い」あるいは「濃すぎる」と感じられている方には
丁度いいくらいの濃度だと思います。

個人的には本家のスープはだんだん濃くなっている印象なので
コチラでも全然アリやなぁ〜って感じです。


そして麺!
P1010969.jpg
店内のお祝い花がありましたがとうぜんの事ながら本家と同じ
製麺所の麺を使用されてます。
ただし茹で加減は本家より完全に柔らかめだということ。
しかしあくまで「比較して」という事。
個人的にはこれ以上柔らかいと厳しいと思いますが
その手前で止まっている固さなので問題ナシ!!!

同じ麺を使ってるのでスープとのマッチングはイイのは
言うまでもありませんし、スープが麺に絡まっているでしょ♪


そして具材料もチャーシューとメンマは同じ。
P1010977.jpg
メンマはちょっと辛めの味付けになってますが
本家と同じレベルか、な。

そしてチャーシューは小ぶりなんですが分厚く4枚入ってます。
それでいてしっかりと味付けされて何よりも柔らかいのが
個人的にはGOODでございます♬


■食べてみて…
P1010978.jpg
8月8日にオープンしたてと言う事でオペレーションは
まだまだぎこちなさが残りますがそれは初々しさかな(笑)

店主さんに聞くとやはり「うらしま」で教わったというもの。
「しま彰」さんは兄弟子で、杯数もまたたくさんは作れないということでした。
そして「器」「お品書き」もすべて本家同様にしたとの事。

またオープニング粗品もいただいちゃいました♬
P1010979.jpg


今後は和歌山市内でも「うらしま」の味が食べる事ができるのが
一番うれしいところで、紀の川市まで足を運ばずにすみます(笑)
P1010980.jpg
駐車場も3台あるので車でOK!
ただし場所取りが激戦になるのは必至でしょうかね。

まだまだ慣れるまで時間はかかると思いますが頑張ってくださいね♬


【地図】お店の場所はコチラ


※『確かに見慣れた雰囲気の幟!!!(笑)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし打田まで行かずに
食べれるのは嬉しいね!!!』

そう思ったならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『今心(こんしん) 』これまでの飲食跡♬】
その1:「うらしま」弟子の2店舗目!!o(^-^)o

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

「ランチタイムは大人気ですよって!」 和歌山ちゃんぽん忠次郎

着実にお客さんがついてます〜(o^∀^o)v

■和歌山ちゃんぽん 忠次郎
@和歌山市太田2-13-16
【営業時間】平日 11:00~翌2:00 / 日祝 11:00~24:00
【定休日】年中無休
【電話】073-475-1110
【駐車場】店前にあり
【地図】お店の場所はコチラ

忠次郎と言えば「ハッピーアワー」と心の中では決まっているが
この日はランチで訪れました。でも…

P1200756_20150817063601328.jpg

(新企画の飲み放題もやっとんがな!!!)

メッチャ飲みたいけどメッチャ仕事中…
ということで大人しくランチをいただきましょう。(←当たり前やろ!)



■店内&お品書き
P1200721.jpg
店内はかなりの家族でそこそこごった返しておりますが
いつものようにカウンター席に腰を下ろしましてお品書きを、ば。
ヘルシーに野菜たっぷりを補給しようと思ってたんですが


P1200719.jpg
おあつらえ向きの「ハーフチャンポンと唐揚げのセット」があったので
そちらをチョイスし久々の唐揚げ丼にトライすることに♬



■唐揚げセット(880円税別)
<和歌山ちゃんぽん>
●スープ:豚骨+鶏がベース
●麺:中やや太
●具材料:キャベツ、人参、玉ねぎ、ネギ、ゴマ、豚肉など
これに唐揚げが2個とご飯が付いてます。
P1200722.jpg

(お〜唐揚げデカいなぁ…)

配膳されたセットを見て口から出た感想で、
お客さんが多いにもかかわらず早い着丼で好感度UP♪
延びたらマズいので先ずはちゃんぽんをいただきましょう。



■デッドで!
P1200727.jpg
全体的に甘い味わいは個人的な好みでGOOD♬
豚骨をメインに獣系の風味がきっちりと味わえるのに
ちゃんぽん風に丁寧にアレンジされています。

あとはトッピングの豊富さにもあるように
カスタマイズを楽しみそれぞれ好みの味わいに仕上げるのが
ベストだと思います。
P1200749.jpg
野菜の種類は豊富なんですがボリュームとなると少し物足りなさを
感じる人は少なくないかもしれません。


ただ…
P1200728.jpg
ネギはたっぷりと載ってますよ(笑)  



そんなネギをかき分けて麺を持ち上げます…
P1200748.jpg
太麺ですがちゃんぽんにマッチするように
茹で上げられてましてバランスはいいですね♬

全体的にはすごくまとまっているので
だれもが食べやすいと思います♬



■唐揚げ丼
P1200732.jpgP1200735.jpg
そしてこの材料を使っての…


P1200751.jpg

「唐揚げ丼」でございます!

(『ごはんの上に唐揚げを載せてるだけやないか!』というツッコミは無しでww)

欲を言えばもう少しジューシーさが欲しいかな。
でも、十分旨い唐揚げで何よりもそのひとつが大きいので
十分お腹がいっぱいになりました♬



■食べてみて…
P1200740.jpg
ランチメニューですが思いのほか腹パンになるのでご注意くだされ(苦笑)
でもガッツりいきたい方にはオススメのランチだと思います。

少し気になったのがこのお値段の書き方。
880円(税別)なんですが実際の税込み価格となると…

950円!となるんですよね。

880円と950円の差は70円もありますからお勘定の時には
なんかがっかりしちゃうんです…
個人的には税込み表示をして欲しいなぁ〜 って思います。


【地図】お店の場所はコチラをクリック

※『なんか税別表示は嫌やなぁ…(汗)』
そう感じたならコチラをポチッとしてレッツゴー♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ただ唐揚げ載せたダケやがな!!!(笑)』
やっぱりツッコミ入れたろ!と言う方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『和歌山ちゃんぽん 忠次郎』これまでの飲食跡♬】
その1:中心屋の新たなブランドですね〜(o^∀^o)v
その2:ハッピーアワーは必飲ですよ〜(o^∀^o)v

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

【新店情報】「うらしま」の味わいが和歌山市内でいただけるぜ!!!

「うらしま」DNAを受け継ぐお店!!が出来た!

という情報をキャッチし向かってみると…

P1010952_20150816072245c8a.jpg


ホンマにあるや〜ん!!!!(驚)


P1010953.jpg

目印はこの幕。(どこかで見た事あるような感じですw)
お店情報は以下の通り。


■今心(こんしん)
@和歌山市有家113
【営業時間】11:00〜14:00 17:00〜売り切れまで
【定休日】水曜日


早速凸入してきましたが実食レビューはまた後日に。
店内のお品書きはこんな感じ♬
P1010957.jpg
場所は向陽高校の前。元々は喫茶店だった場所だったと記憶してます。

うらしまファンなら是非!


【地図】お店の場所はコチラ



※『おっマジか〜!』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『レビューを早くしろ!!!』
そんないつものツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【祝・新店情報】 

【追悼】オヤジの背中

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Tag:【とこのお知らせ】 

「「拳」の技をひっさげて!」 麺のようじ 

「『爪の楊枝』じゃなく『麺のようじ』です…」

■麺のようじ
@大阪市中央区高津2-1-2 大越ビル 1F
【営業時間】11:30~14:30 18:00~22:00 (L.O 21:30)
【定休日】木曜日
【電話】 06-6214-0670
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1190687.jpg
オープン当初からズーットマークしていたお店だったのに
初訪問が開店より1年以上経ってからになっちゃいました。



■店内&お品書き
P1190663.jpg
夜の8時頃の訪問となりますがほぼほぼ満席状態。
テーブル席とカウンター席という構成で、
ちょうどテーブル席の端が開いていたので体を滑り込ませます。

こちらの大将はテクニカルだと聞いてますが
ラーメンをはじめ、まぜ、つけなどバラエティ豊かなラインナップ、
しかも「限定メニュー」もあるのでどれを食べようかと悩む、悩む(お約束)

しかし、古式に則るとデフォになってしまうのも
これまたいつも通りの結果でございます(笑)

あ、オーダーは「醤油そば」ですけども…
余計な物を省くということで煮玉子抜きでございます。




■醤油そば(煮玉子抜き)700円
●スープ:鶏ベースの濃い醤油
●麺:平打ち中太ストレート
●具材料:レアチャーシュー、鶏、レッドオニオン、オニオン、メンマ 等
P1190668.jpg
お店の中はお客さんでいっぱいなのに
回転は非常によく、スグにラーメンが配膳されました♬
直角に立った海苔が印象的ですが、かなり黒色なスープが
目の前に届きます。



■デッドで!
P1190670.jpg

鶏油がステキすぎる♡」

鶏油の存在と香りが溢れ返っているスープは結構な黒さ!
余計な味わいのないシャープなスープは想像以上の切れ味。

ほのかに感じる魚介と醤油のコクがそのスープの深さを
表しているかのような仕上がりです。

デッドでも特に鶏の味わいを感じることができまして
何とも丁度いい、っていうか旨いっていうか… なんしか完成度が高いですね♬


そして麺は平打ち中太麺。
P1190680.jpg
乾麺風の腰と食感が感じられる麺で
噛めば噛む程小麦の味わいがギューって滲み出る感じかな。

平打ちならではの滑らかな舌触りが秀逸です♬
スープの良さを引き出す事のできる麺だと思います。



■特筆すべきトッピング肉達
これまでも幾度となく言ってますが
出来ればチャーシューや煮玉子が無い方がいい派な私なんですが
今回のトッピングは「◎」をあげたいと思いました。
P1190673.jpg
見たまんまのピンクが眩しいレア感♬
スープに浸したところだけが色が変わっていく面白さ。
でもそれじゃ一番楽しめるレアーなところに火が通る残念さ。

そんな葛藤を防ぐべく
麺を浮かせてそこにチャーシューを載せようとしたのはここだけの話(爆)
よって麺より先に食べちゃいました。

他にも…
P1190682.jpg
この鶏モモチャーシューも香ばしくて旨い、旨い。
トッピングのレッドオニオンと一緒にいただきました♬



■食べてみて…
P1190690.jpg
入口に貼られていたメニューがこちらなんですが
ご覧の通り、デフォの醤油、塩をはじめ創作感溢れるメニューが
色々並んでいますよね〜♬

カレー和え麺や鶏すき焼き風つけ麺などメッチャくすぐられるますので
近いうちに是非とも再訪をしたいです!

【地図】お店の場所はコチラ


※『な、なんか海苔垂直に立ってないか???(汗)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「爪の楊枝」って全く意味不明やろ!!!』
そんな「怒」のツッコミはコチラを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター