あの鮪の名店で勉強され展開中のお店です 「魚介(京橋店)」

メッチャ雰囲気ある立ち吞み屋さんですよ♪

■魚介(うおすけ)京橋店
@大阪府大阪市都島区東野田町3-2-15
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】不定休
【電話】06-6882-2236
【地図】お店の場所はコチラ
P1140486.jpg
大阪市内で数ある立ち飲み屋さんの中でも一番好きなお店のひとつである魚庭本店。
そこで修行されたお店が京橋にあるという情報を聞きつけ訪問しました♪
場所は岡室、丸進のある並び。「住吉丸」とかかれた大漁旗が目印です。



■店内&お品書き
入店したのが18時30分。
まだまだ宵の口のため店内はゆったりとしており
お客さんもほろ酔い加減です♪
『し』の字の形をしたカウンターの中央に陣取りまして
頭上に貼ってあるお品書きを、ば。
P1140493.jpg
P1140494.jpg
基本的には「マグロ」がメイン。その他、揚げ物、一品があります。
そしてお酒類もこんな感じ。生ビールが290円、大瓶が390円、それに
チューハイのプレーンが250円と良心的な価格となっておりますね。


また、背後の壁には写真入りのお品書きが♪
P1140495.jpgP1140496.jpg
このお品書きなんかはまさに
魚庭ism溢れたっていうか、そのまんま魚庭ですよね(笑)
そんな中からお約束のドデフォ、天然マグロをチョイスしましょう♪

おっと!その前に…

■生中(290円)
P1140487.jpg
大瓶じゃなくこの日は生から〜♪
先ずはキンキンに冷えたドライの生中をグイっと…

ヒトリデ☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!


そしてマグロが到着ですよ♪  


■天然マグロ(290円)
P1140488.jpg

『おぉ〜♪ボリューミ〜(≧∇≦)ゞ』

「さすがですがな〜!!!」
と思わず叫んでしまうほどの身厚なマグロの赤身がどど=ん!
1cm以上の厚さがありまして、舌にネットりと絡むような食感♪


アップで見てもホレ!
P1140490.jpg
この分厚さはマグロ好きな私としてはたまりません。
筋なんかは皆無で、これで290円とは恐れ入ります。



■チューハイプレーン(250円)
P1140498.jpg
生の次にチョイスしたのがいつものコチラ♪
やっぱ暑い夏は喉越しの良いチューハイに惹かれます。

コレを一気に1/3くらいあおりまして次のオーダーへ。



■くじら紅白お造り(390円)
P1140499.jpg
マグロのカツを食べようかとも思ったのですが
なんしか暑かったので体がカツを欲してない…
そんなときに目に飛びこん出来たのがコチラのメニューでした!


ずーっと以前からなんですが保護されるようになってから
中々簡単に食べれなくなったのが鯨。
和歌山県人の私としては子どもの頃から慣れ親しんで食べている
「鯨」が食べれないのは非常に残念… そんな中見つけたメニューだったので
P1140497.jpg


「即注!!!(笑)」

でおま。
皮の白色と肉の赤色(ちょと赤とは言いがたいが(苦笑))のコントラストは
まさしく名前の通り「紅白造り♪」

脂ののった皮と淡泊な赤身を一緒に食べると
これまた思いのほかお互いの味わいがミキシングされて
素晴らしい〜!

見た目がチョイと…
P1140502.jpg
グロく映ったならゴメンナサイ。
でも身は非常に柔らかく、臭いもナシ。
噛んでもサクッと切る事ができまして、
少し血の味がするのが具合良しでごじゃります(笑)

マヂデウマスギヤロー(๑´ڡ`๑)!!?



■食べてみて…
次のお店があったのでここらでフィニッシュでございます。

さて、「魚庭本店」の影響が色濃く残っているコチラは
他にも鴫野、玉造にもお店があるそう。

そして朝から飲めて無休という点が非常に使い勝手がイイですね。
競争率の高い京橋立ち吞みストリートという立地に彗星のごとく登場しましたが
この内容だと他店と遜色無く対抗していけると思います。

で、おあいそも1,220円ナリ〜♪とメチャ大満足♪


また立ち寄らせていただきます〜(○´∀`)ノ゙♡♡♡

【地図】お店の場所はコチラ



※『おっ、まさに魚庭本店ですやん!!!』
そう感じたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『鴫野、玉造にもあるんやったらそっちも行ってみよ〜♪』
そんな気持ちになったらこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 立ち吞み
ジャンル : グルメ

Tag:都島区 

「大阪に麺哲アリ!」を強烈に印象づけるお店 「大阪 麺哲」

赤シャツ店主さんの気合いを

ヒシヒシと感じた日!!!


■大阪 麺哲
@大阪市北区曾根崎2-10-27
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:00(土日~21:00)
【定休日】月曜日
【電話】06-6232-8459
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ

『東梅田は曾根崎町に麺哲が降臨する!!』

との話を知ったのがコチラから。
その内容からは並々ならぬ気合いと覚悟が伝わり、
開店をまだかまだかと首を長〜くして待っておりましたが…

遂に7/26(土)に「大阪麺哲」として開店を迎えられました。
P1140545.jpg

P1140547.jpg

おめでとうございます♪m(_ _)m

開店の声を聞いていてもたってもいられず早速の訪問をさせていただきました。

場所は曾根崎町、新御堂の下になりますか。
高速の北浜出口を降りまして西天満からすんなり新御堂方面へ
行ったらよかったのですが… なぜか兎我野町方面へ(笑)

ちょうど大阪麺哲の新御堂を挟んで向かいになるところ。
ラブホと無料案内所が立ち並ぶ地区の一角のCPへ車を停め、
一見、仲がメチャメチャ良さげなんですがよく見りゃ不釣り合いで、
不自然に手をつなぎ、「たった今、一戦交えて参りました♡」的な
雰囲気とやけにアゲアゲなテンションのカップルが多数そぞろ歩く
中をBusinessスタイルで横切りながらお店に到着です(爆)


■店内&お品書き
P1140553.jpgP1140550.jpg
入店は17時30分過ぎ。
真新しいお店にはたくさんの花輪が飾られておりました。
夜の部がスタートしたところだったのでお客さんはまばら。
でもやっぱ新しいお店はイイ感じですね〜♪
ビシッとした雰囲気もそうですし、なにより庄司店主、そして
スタッフさんの緊張感がたまりません。
カウンター席のみですが庄司店主の真ん前へ陣取りました(笑)

お品書きには見慣れたアイテム。デフォをオーダーするつもりだったのですが…

店主:「『山』食べられた事ありますか?」

のお声掛けが。食べた事が無い事を伝えると

店主:「限定品なんですが今日の分はまだありますよ〜」

との事。初めて聞いた品だったのですが、せっかく勧めていただいたので
どんな種類のラーメンなのかを確認もせずにそれをチョイス(笑)
そしてご飯メニューで気になった「ほたて飯」をオーダー。

その時、庄司店主からは「『山』は〆飯ありますよ」とアドバイス。
P1140599.jpg

とこ:「え??、〆めし… 『山』ってまぜ麺なんすか???」

店主:「山かけの冷やしですよ」

とこ:「ははーん、そういう事ね(苦笑)」

この時点までは完全に汁麺だと勘違いしていた私。
「山」って「山かけ」の略と気づいたのがこのタイミングでした(遅っ!!!w)
幸いに「山芋」は大好物なのでそれはそれでGOOD♪
そして普通なら「山」だけで完結するんですがこの日は朝から何も
食べてなかったので「ホタテ飯」も一緒にいただくことにしました!


■山(1,100円)
●スープ:ラーメンスープ+そば風出汁
●麺:中太ストレート
●具材料:山芋、豚厚肉カットチャーシュー、鶏ムネ漬け、卵黄、ネギ など
P1140552.jpg
オーダー後はその調理シーンをガン見(笑)
目の前では庄司店主がただならぬオーラを放ちながら
平ザルでキッチリ水切りをされております。


そしてしばらくして先ずは『山』が着丼いたしました♪
P1140558.jpg

『うほっ♪ ちべたそうで旨そー!!!』

雪が綺麗につもったような冷え冷え山かけが目の前へ登場します♪
その真っ白なビジュアルに吸い込まれそうになりますね。



■そしてデッドで!
P1140559.jpg

山芋を無理矢理吸ってみた!(爆)

やや下味がついた山芋で滑らかな食感にまずは心を奪われます。


そして卵黄を潰しながら底からスープと麺を引き上げ鉢全体を撹拌すると
P1140560.jpg

P1140563.jpg
鉢底に鎮座していたスープと麺が具合良く絡まりその姿を表しました。
そんな麺は庄司店主渾身の自家製麺。
香ばしさのただよう、しかもしっかりとコシもある自家製麺は
食べていてもホント心地よい食感で、
とりわけ麺と会話をしているような錯覚に陥ります。
噛んでもキュッと鳴りそうな勢い(笑)


そんな麺とラーメンスープをベースにした和風出汁は…
P1140569.jpg

激ウマ〜〜〜〜!!!

絶妙なマッチングでとにかく箸が止まらない!!!


次第に口の中に広がる魚介節の風味がひと段落つくと…
山かけの中から更に追い討ちをかけるがごとく登場するのが
これらの具材料達。
P1140566.jpg
風味付けされた(ニンニクかな?)たっぷりの細切り豚チャーシュー
も素晴らしいのですが、感銘を受けたのがコチラ!!!


鶏のムネ肉をカエシに浸けたヅケのモチッと舌にネットリ。
P1140572.jpg
絡み付くようなその食感と味わい。
麺を啜る恍惚感を増幅してくれました。


マッハで麺を平らげてしまったのですが

ココからが第二ステージのお楽しみ♪

P1140590.jpgP1140591.jpg
たっぷりと鉢の中に残った山芋出汁と具材料。
その中には別丼でご飯が

i〜〜〜〜n!!!

最初は(ちょっと山芋が多いかな???)とも感じましたが…
P1140593.jpg
食べ進めると全然ちょうどいい感じ♪


しかもこの鶏ヅケと山芋と〆飯のバランスが
P1140595.jpg

異様なくらいに妖艶な旨さ♪ by 布袋寅泰(爆)


ご飯の量も適当で、最終的にはご覧のように
P1140597.jpg


「完スペ!」


でございました♪


■ホタテごはん(300円)
〆飯もたっぷりいただいた後だったので
すっかりとその存在が霞んでしまった感のある(苦笑)ホタテごはんですが…
P1140577.jpg
ヅケに負けずとも劣らず旨い♪


ホタテの旨味と香りがバッチリとご飯に移りまして
P1140575.jpg
P1140584.jpg

最初から最後まで「ホタテ三昧♪」でフィニッシュ!

茎山葵のピリッと感もご飯には絶妙なアクセントになりまして
これまた最後までバッチリ美味しくいただきました。


■食べてみて…
P1140548.jpg
この日は庄司店主オススメ限定の『山』をいただきましたが
オープン後しばらくはデフォの「しょう油系」がメインとなるそう。
そしてオペレーションが整い次第、更にメニューが増加していくことに
なるそうでこれからの訪問が増々楽しみなところです♪

豊中麺哲を筆頭に、麺野郎、坊也哲と店舗を拡大されてますが
ここ曾根崎という大阪の中心地にお店を出店していただいたことで

『大阪に麺哲アリ!』

を広く世間に知らしめるきっかけになるでしょう。

この場所だと仕事中のランチとして容易くいただけるのが
とにかく手放しの嬉しさです、ハイ(笑)

これからも出来るだけ訪問したいと思いますので
庄司さ〜ん、更なるレベルの高い麺を
期待して待ってますからね〜♡♡♡♡(○´∀`)ノ゙


食べ終わって…
またまた淫猥な地区を通って駐車場へ戻ったんですが
時間が無かったので空いていたCPは300円/30min …
場所柄もありますが600円の駐車料金はチト痛かったなぁ…(泣)

【地図】お店の場所はコチラ


※『あらら…
駐車料金600円とられたらもう一杯食えるのに(苦笑)』

このツッコミに激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『梅田だと豊中まで行かんでエエから助かるわ〜♪(笑)』
そんな意見に同意してもらえるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

和歌山市駅前にある昔ながらの中華料理屋さんへ~♪ 「中華料理 光葉」

運チャン達の御用達のお店かな!?

■中華料理 光葉
@和歌山市和歌山市杉ノ馬場2-66
【営業時間】11:30〜21:00
【定休日】金曜日
【電話】073-432-5752
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1110596.jpg
友人からのイチオシ推薦のお店がコチラ!
『とにかくお店に味がある!』
とのセールストークだ!

個人的には「お店の味」よりも「お店の料理の味」
がいちばん気になるところだが…(爆)

そのあたりを検証すべく訪問させていただきました。

場所は南海和歌山市駅から歩いて直ぐのところ。
お店のある場所ですが紹介がなければなかなか目に辛い
裏路地に面したお店です…

また提灯の年季の入り方なんかが全然違いますね
P1110598.jpgP1110600.jpg
見本を置いているショーウィンドーの営業時間のシールなんかも
アートなのか微妙なのかの境目で、手作り感満載でした…(笑)



■店内&お品書き
P1110603.jpgP1110604.jpg
入店は14時過ぎ。お客さんは南海バスor南海電車の運転手さんらしき方が
ひとりいらっしゃいました。店内は完璧に昭和のそれ。
お品書きの内容ですが全体的には安いのでひと安心。
先ずは餃子と大瓶をオーダーします♪


店内はカウンター席のみ!
大将ひとりで切り盛りされてます。そして…
P1110633.jpgP1110609.jpg
手のあいている時には一心不乱に
餃子の仕込みを黙々とされておりました。
(そないに売れるんやろか…)




■大瓶(550円)
P1110602.jpg
先ずはプハァ。
ヤッパ昼間から飲むビールは最高やね〜♪



■餃子(300円)
P1110613.jpg
オーダーが入ってから焼き始めるので、
配膳までに10分以上かかるのはご愛嬌か、な。
見た目通りによく焼かれた餃子ですがビジュアルに少し難あり。
餃子ひとつひとつがバラバラに盛りつけられてるんですよね…(汗)


味わいの方は野菜がメインでニンニクがかなり利いているのが特徴。
P1110618.jpg
全体的に野菜系の甘ささが広がりまして、
ビールのお供にはもってこいですわ! 

まったりとビールをいただいてから、ヤッパ次は麺ですな(笑)




■ラーメン(400円)
●スープ:中華スープ系スープ
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、もやし、蒲鉾、ネギ
オーダー前にまたもやバスor南海電車の運チャンが入店。
そのためナゼか後に回されるハメに…(ToT) 
P1110622.jpg
ま、時間はあるので仕方なく待つことにしますが
結局着丼したのが… 15分後でございます。




■デッドで!
P1110624.jpg

完璧なまでの中華料理屋のラーメン♪

そう唸ってしまうほどビジュアルは完璧です!

スープはバイカル湖級のクリア感で底まで見えそうな勢い。
風味はしょう油ベースになってまして、獣系のコクや出汁感は
ほとんど感じませんがラーメンとしては
アベレージこのうえない出来映えで普通に旨いです♪


ただし…
P1110628.jpg
麺茹でが長かったようで柔らかめの仕上がりとなっていました…  
こってり系のスープだとこれもアリなんですがあっさり系だとねぇ…

でも麺自体の味わいとしてはスープとのマッチングが
素晴らしいなぁ〜と感じました。


そしてチャーシュー!
P1110632.jpg
こちらも味わいは問題ないんです。
問題ないのですが… 個人的にはチトに堅い…
小ぶりで大きくなかったのがGOODだったのですが
チャーシューを楽しむところまではいきつきませんでした。

ただし、メニュー全てに言えますが価格が優しい設定ですね♪
CP的には高いので働くおじさん達にはありがたい事ですよ〜♡



■食べてみて…
P1110636.jpg
食事が終了しかけに別のバス or 電車の運チャンがまたまた登場!
和歌山市駅がスグ近くなので関係者さん達には
スゴく支持されているお店だということがわかりました。

そして間髪入れずオーダーされていたのがその日のランチ♪

メニューははかに玉、酢豚、から揚げと入って700円
皆さんがこれを食べていたのでそっちにしたらよかったかな…
でも麺を食べない訳にはいかへんしね…(苦笑)


それよりなにより
水槽に泳いでいたデカい金魚がメチャ印象的でありました ← そこ?(爆)

【地図】お店の場所はコチラ


※『しかしここの餃子、チト焼過ぎちゃうか???』
この意見に激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『中華料理屋では麺に期待せんほうがエエで…(笑)』
そんなアドバイスをいただけるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

たまにはお隣にも顔を出さんと(笑) 「中華そば まるみ」

しかし娘さん、大きなったなぁ〜p(´⌒`q)

■中華そば まるみ
@和歌山市中之島525
【営業時間】18:00〜翌2:00
【定休日】月曜日
【電話】073-424-6065
【駐車場】隣にあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1110100.jpgP1110099.jpg
お客さんがいっぱいのかわせ天王を横目に・・・
久しぶりに訪れたコチラの暖簾をくぐりました。
いつもお隣ばかりなんで、たまにはこちらにも顔をだそうか、と~(笑)




■店内&お品書き
P1110112.jpgP1110110.jpgP1110109.jpg
P1110113.jpg
カウンターがメインで小さな小上がりがひと席あります。
お店の外観は中華そば屋ですがお品書きを見る限り居酒屋メニューが目につきます。
よって先ずはビールとつまみをオーダーし、最後に中華そばをオーダーします!!




■先ずは…
P1110106.jpg

生中でプハァ♪〜θ(^0^ )

キンキンに良く冷えててチベたい〜(*^o^*)



■玉子焼き(250円)
P1110118.jpg
やや甘味ある玉子焼きは優しくふんわり仕上がってま〜す♪




■どて焼き(250円)
P1110122.jpg
コチラも甘辛く味付けされてます。
そして、こんにゃくよりスジ肉の多さが魅力的(笑)

コレらで「ジャスト1,000円セット」でございます(≧∇≦)


そしてビールとつまみをいただいた後は
中華そばにいってみましょう~♪




■中華そば(600円)●スープ:豚骨+醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、千代巻
P1110127.jpg
オーダーしてから直ぐに配膳されました!



■デッドで!
P1110129.jpg
ビジュアルはトラディショナルな中華そばで昔風な無骨な豚骨醤油イメージです。
しかし、スープはほのかな甘味を感じまして、
こう獣系が前にくるタイプじゃないので全体的にはおとなしい雰囲気。

味わいも和歌山トラディショナル系よりチョイとズレるかな〜
なのでもうちょいこう『曳き』があるといいなぁ… なんて思っちゃいます。


麺はやや細ストレート。
P1110134.jpg
加水率の低いタイプですが、茹で加減はちょうど良く
マッチングも問題なくいただけました〜♪

チャーシューもそれほど大きくないですが
そこそこ厚みもあり、程よい味わいで旨いですね。
P1110140.jpg




■食べてみて…
P1110126.jpg
さてさて、中華だけじゃなくちょい飲みも敢行したこの日でしたが
酒のつまみを作ってくれた娘さんの切り盛りが良かったですね〜♪

そして小さい時から店のお手伝いをされているのは知ってましたが
もう立派なお嬢さんになられてたのには驚きでした。
これからもお母さんと二人三脚で頑張ってくださいね〜o(^-^)o

【地図】お店の場所はコチラ


※『ほほぅ、ここは居酒屋メニューも揃ってるんやぁ~
知らんかったわぁ~』

と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「まるみ」と「かわせ」を横目に
昔からがんばってるよな!』

そう常々感じているならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『中華そば まるみ 』これまでの飲食跡♬】
その1:中華そば ○み(まるみ) 2008/3/4
その2:スンマセン、この日もお酒は飲めまへんでしたわ…
その3:ホルモンで腹いっぱいでも中華は別腹~(笑)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

六十谷の土手に佇む昭和な食堂に潜入! 「エリヤ食堂」

隣を走る阪和線の電車の音を聞きながら〜♪…

■エリヤ食堂
@和歌山県和歌山市六十谷239
【営業時間】11:00~21:00
【TEL】073- 461-0215
【定休日】日曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140388.jpg

P1140387.jpg
もう20年来になりますか…
六十谷付近を営業しているとこれまで必ず目に留まっていたのがコチラ。
ランチタイムからディナータイム、結構遅い時間に前を通っても
看板がついて開いていた記憶があります。

ビジュアル的には完全無欠な大衆食堂なんですが
店よこでたなびいていた「中華そば」の白旗が私の記憶に焼き付いていたんです。

そんなお店の前を通ったのが14時過ぎ。
ランチのお店を決めかねていたまさにそのドンピシャのタイミング!
訪問するにあたり迷う事なく車を駐車するんですがその場所は…
P1140345.jpg


土手です(爆)


すぐ横を阪和線が走っておりまして、店の入口にも…
P1140385.jpg
こんな自らカミングアウトする看板がありました(笑)
そしてガラガラと引き戸を開けてみます…




■店内&お品書
お店に入るといきなり目に飛び込んできたのが

「かなりご高齢なおばあちゃん!!!」

椅子に深々と腰をかけて糸を編み編みしてまして
その周りは思いっきり生活感が漂いまくりな道具類
お店と間違っておばあちゃんの部屋に舞い込んだかのような
錯覚に陥りました…
(※その雰囲気があまりにお店っぽくないので撮影はしておりませんw) 


が!

よく見りゃそのおばあちゃん、ちゃんと三角巾と割烹着を着用しておりまして
オーダーを獲る準備は万全でございました(爆)

そんなおばあちゃんが椅子から立ち上がろうとすると
厨房の奥から息子さんが出て来られました。
先ずは「中華そば」をオーダーしてテーブルに腰を下ろしました。
P1140348.jpg
お店の奥にも同様なテーブルが配置されておりますが
完全に「昭和」でございますね(笑)

して、目の前には…
P1140349.jpgP1140347.jpgP1140350.jpg
一品料理のお品書きがところせましと貼り付けられておりまして
その下にはこの日のセレクトおかずが並べられてました。
種類によって値段は違いますが、以外にも豊富に和洋とり揃っておりました。

そんな中からチョイスしたのがまだまだ暖かいコチラでした♪



■卵焼き(200円)+小ライス(110円)
P1140354.jpgP1140359.jpg
200円ですがかなり大きくボリューミーな卵焼き♪
そしてあったかいのが嬉しくなるひとしなです。



そんな卵焼きですが先に配膳されましたので
先ずはデカイボディを真っ二つに分けてご飯の上にドドドーン!!!と置きますと・・・
P1140380.jpg


(旨そうや~ん♪)


出汁感はないですがしっとりと、そしてほのかに暖かい卵焼きは
なかなかにイイ感じの出来栄えで、ご飯がすすむ君。
玉子焼きをお箸で割りながらご飯を口の中へかきこみます!



とにかくボリューミーなので途中で飽きてきたのはご愛嬌。
そんな時はすぐさま卓上のソースを取り出しまして・・・
P1140382.jpg
少しばかり垂らしてやると、即座に味変完了モード♪

ソイシーな味わいは子供の頃からいろいろご厄介になってまして
こんなプアーな味変ですが、なめていると痛い目に遭いますから(笑)

そんなタイミングで到着した中華そば。
今度は麺に集中することにしましょう!




■中華そば(480円)
●スープ:ややニンニク?の効いた清湯系
●麺:インスタント系ややちぢれ麺
●具材料:わかめ、豚バラ、かまぼこ、ネギ など
P1140363.jpg
何の前ぶれもなく到着した中華そばだったのですが・・・


「思ってたのと違うー!!!(笑)ヽ(゚Д゚)ノ」

と思わず唸ってしまいそうなビジュアルでございます。



■デッドで!
P1140365.jpg
最初から胡椒がinされたスープは飲んでみると感じるニンニク風味。
獣系のコクとかはほとんど無く、少しばかりオイリーか、な。


そして麺ですが…
P1140372.jpg
業務用のフライ麺っていうか
インスタントラーメンのそれに近いかな。

柔めに仕上がっているんですがスープとのマッチングは
普通よりイイ感じに仕上がっております。
とにかく「しょう油メイン」というほどしょう油も効いてないし
ウ〜ン… 何やろか? 

そんな麺より…
P1140368.jpg
P1140377.jpg
P1140369.jpg
豚バラ、白板、わかめのバランスが良かったかな。
オイリーなスープのおかげで最後まで熱かったのが印象的でございました♪



■食べてみて
P1140367.jpg
とにかく「トラディショナル系」をイメージしていた私としは
味わいもビジュアルも完全に肩すかし状態でございました。

しかし全体的なバランスがよかったのと、
オイリーなスープのおかげで最後まで熱々でいただけたのが
収穫だったと思います。


しかしながら、いちばんインパクトがあったのは…
テーブルに最初から置かれていた
P1140353.jpg
ご自由にお召し上がりくださいバージョンの自家製梅干しと、

これままたその酸味がハンパじゃない
P1140376.jpg
家で作った胡瓜の漬物(笑)

これぞまさしく


「ザ・昭和テイスト! 」

by おばあちゃんの味



でございました♪


これらのテイストと言い、
このうら寂れた看板と言い、
P1140346.jpg
40年前にタイムスリップした錯覚に陥ると同時に
懐かしさも存分に味わえた食堂でございました。

最後にカミングアウトを、ば…

「屋号、ずーっとユリヤ食堂と思ってました(爆)」(○´∀`)ノ゙

【地図】お店の場所はコチラ


※『この昭和な雰囲気がメチャメチャイイネ!』
そう思ったならコチラを力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『おばあちゃんの部屋を見たかったな〜(爆)』
そう思った方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m
...more

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

『「呑み」→「ロッダ」はヤメた方がいい』の巻 「RODDA group(ロッダグループ)」

呑んだ後には行かないように…(^。^;)

■RODDA group(ロッダグループ)
@大阪市西区千代崎1-23-9桜ビル1F2号
【営業時間】11:00〜22:00(21時00分LO)
【定休日】木曜日
【電話】06-6582-7556
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1120283.jpgP1120282.jpg
曽根崎で呑んだ後でしたが、大正駅前にある
気になっていた立ち飲み屋さんがあったので訪問してみると…

休み〜(ρ_;)(泣)

となると…
こちらしかないでしょう(爆)
(↑:何でやねん!)



■店内&お品書き
この日は土曜日だったので
P1120284.jpg
「バスマティライス」の日でもあります♪
つーことで、入口の看板を確認し店内へ。

入店したのは17時30分頃。
P1120289.jpg

「今日はじめて?、暑いね。」

と、いつもの明るい笑顔でご挨拶のロッダ兄弟さん。
そんな横で女性のお客さんがひとりビールを飲みながら
ギミラサを食していたこの日。

そんなお姉さんが飲むスリランカビールに触発されてしまい(苦笑)
コチラもライオンビールをオーダーし酒のアテはスリランカオムレツ
チョイスしちゃいました♪


ライオンが描かれた瓶はなんとも頼もしい。
P1120287.jpg
最初ひと口目はピリッと感じましたが
その後は比較的飲みやすいクセのない味わいですね〜♪
初めて飲んだビールですが旨いです。

オムレツも意外とオーソドックスで笑うくらい。
P1120303.jpg
オムレツ自体は全く辛くなく、オレンジ色のソースがチト辛いかな…

でも、スゴく日本人には食べ易いタイプの物で、
しかもそこそこデカかったので…
P1120298.jpg

P1120308.jpg
結構お腹がパンパンになっちゃいました(苦笑)

(これからカレー食うのにや、ヤバいかな…)

そんな思いを秘めギャミることにします。




■ギミラサマトン(1,500円)
P1120315.jpg
今回は2回目、しかも土曜日ということなので
ご飯はバスマティライスで登場にニンマリ♪


そしてカレーはこれまた食べてみたかった「マトン」でございますが…
P1120319.jpg


先ずは混ぜ混ぜ前のとりまきの紹介から〜♪
P1120320.jpgP1120323.jpgP1120321.jpg
P1120334.jpgP1120326.jpgP1120327.jpg
これをガッツリ混ぜ合わせましょう!!!

『よ〜く混ぜたらもっと美味しくなるよ〜♪

後ろからは混ぜ混ぜ応援団の声がぁ〜(笑)


そこからまだまだガンガン混ぜ混ぜしまして…
出来上がり〜♪
P1120335.jpg

P1120339.jpg
メッチャええ感じになりまして〜♪




いざ実食!!!
P1120345.jpg

旨さハンパねぇ!

とにかくスリランカオブドリームは健在。
その渾然一体となった混ぜ混ぜしたカレーが
中枢神経にガンガン働きかけてきます!!!


ただし!!!
今回はその刺激が前回よりも強すぎるっていうか「辛い!(爆)」

最初の二口目までは全然大丈夫でしたが前回との違いを感じたのが三口目。


メチャメチャ辛いがな〜(┳◇┳)

でも旨いがな〜(^。^;)

この繰り返しでございましたが・・・  
でも全体としてはかなり旨かったので良かったっす♪




■食べてみて…
P1120341.jpg

まぁまぁ、今回はマトンをチョイスしたのですがロッダ兄弟が最初から

『一番辛いよ〜大丈夫~???』

と気遣ってくれていたのにマトンをチョイスしたのが自己責任(汗)
でもマトンは噂どおりに辛く、噂どおりに旨かったのは間違いありません。

そして、最後にいただいたチャイの甘くておいちぃこと、おいちぃこと(笑)
P1120349.jpg
辛くても、お店を出る頃には食べたくなっているギャミラサ。
というわけでリピート決定でございます!

【地図】お店の場所はコチラ


※『飲みに行ってるのに何でカレーになるねん!(笑)』
激しくツッコミを入れるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『マトンの辛さがアカンとはあんた結構アカンな!!!』
そんなツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『RODDA group(ロッダグループ)』これまでの飲食跡♬】
その1:初スリランカ料理でドキドキ(*^o^*)

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:西区 

オリジナルの「りゅうこそば」 その正体を暴く!!! 「よろこび」

やっぱり間髪入れずに来てしもた(笑)

■食事処・呑み処 よろこび
@和歌山市松江北6-3-6
【営業時間】8:00〜22:00
【TEL】073- 451-4922
【定休日】水曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140195.jpg

P1140196.jpgP1140197.jpg
先日初訪問したこちらのチャンポンの出来映えが
予想以上に素晴らしかった事、まったりとしたその雰囲気、
それに「りゅうこめん」というメニューがメチャ気になったので
間髪入れずに再訪問とあいなりました♪




■店内&お品書
12_20140725070823655.jpg
本日も帰宅途中に立ち寄りますがノーゲス。
そうでなくても落ち着いているのに誰もいないと完全に…

「家でめし!!!」

状態であります(爆)

先ずはテーブル席に腰を下ろし、壁にあるお品書きを確認。
P1140200.jpgP1140198.jpg


そして…
P1140204.jpg
「『りゅうこそば』をひとつ〜!!! ヽ(゚Д゚)ノ」

と元気よくオーダー♪
さてさて、どんな麺が登場するのやらワクワクしながら待ちましょう(笑)




■よろこびオリジナル麺 りゅうこそば(700円)
●スープ:スウィーティな汁なしタイプ
●麺:やや太ストレート
●具:豚肉、人参、キャベツ、タマネギ、モヤシ、蒲鉾、平天、木耳、ネギ 等
この日もまた、オーダーが入ってからの調理スタートとなりましたので
完成までしばらく時間がかかりました。
でも大丈夫♪ 今ではかなり珍しくなった
ブラウン管のTVをゆったりと見ながら待つ事ができました!


■デッドで!
P1140207.jpg

(おっ♪ まぜ麺風ちゃんぽん…か???)

見た目にはスープは限りなく少なく、皿うどんのようなファーストインプレッション。
しかしながらトッピングされているのがちゃんぽんの具材通りの野菜達で
パッと見、焼きそばチックにも見えますね♪


しかしそんな麺を具材をお箸で横に寄せると…
P1140217.jpg
ご覧のようにスープが現れます。
そして先ずコレを少しだけ飲んでみたのですが
チャンポンのそれとは全然違うもので、甘さが前面に押し出され、
私にとってはスゴく懐かしい味わい♪

子どもの頃近所にあった洋食屋さんでしょっちゅう食べていた
「野菜入りの甘いやきそば」を思い出しました(笑)

ただし基本的にはこちらのちゃんぽんがベースとなっているので
野菜はたっぷり入ってまして豚バラともシンクロ中♪
P1140213.jpgP1140211.jpg
野菜好きにはたまらない麺であることは間違いないですね。



そして麺はやや太タイプ!
P1140215.jpg
これまたちゃんぽんと同じ麺で仕上がり具合も同様に
やや柔らかいタイプのもの。

その甘いスープにもバッチリマッチしておりまして
P1140219.jpg
最後まで、その懐の深さをキープしてくれてます♪




「チャンポンベース」なので当たり前ですが、
とにかく野菜たっぷり、しゃっきり、量が豊富♪
P1140208.jpg
そして全体的に甘い味わいが白飯にバッチリ合いそうなので
オーダーするには「りゅうこめん&ライス」がイイ感じかも〜!


そして完スペ!!!
P1140225_201407250729021d6.jpg
たっぷりと「よろこびオリジナル麺」を楽しませてもらいました。




■食べてみて
P1140203.jpg
前回はほとんど会話できなかった奥さんと
今回は食べながら少しお話ができました♪

和歌山へ来て食べた「ちゃんぽん」が地元で食べるものと
あまりに違ったので作り始めたのがコチラのちゃんぽん系メニューだそう。

そして、長崎ではもっと太い麺が使われているのだとか。

「皿うどんは麺を揚げて作ってるし、

あんかけちゃんぽんも美味しいよ〜♪」


と教えてもらいまして、そして最後に…

「『牛スジどて煮』も自慢なんでまた飲みに来てな〜♪」

とニッコリ(pq*´∀゚)ィ~♪


(またそのメニューを食べに来なアカンやん…(笑))


そう言いつつも顔は「よろこび」いっぱいで
お店を後にしました〜♡♡♡(○´∀`)ノ゙


【地図】お店の場所はコチラ


※『「りゅうこめん」の名前の由来を聞いて欲しかったなぁ〜』
そう感じたならコチラを力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『甘口の「ちゃんぽん」に興味あり!!!(笑)』
そう思った方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『よろこび 』これまでの飲食跡♬】
その1:やっぱりまだまだ知らないお店があるなぁ…

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

東京へ行ったら真っ先に行こうと思っていたお店が何と! 「ロックンビリーS1」

「尼崎に移転され新店オープンされました〜♪」

■ロックンビリーS1
@兵庫県尼崎市南塚口町3-29-13
【営業時間】11:00~14:30 18:00~21:00/(日祝のみ)11:00~19:00
【TEL】073- 451-4922
【定休日】火曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140312.jpgP1140310.jpg
実はこれまで東京のラーメンを現地で食べた事のない私。
(マジっすか!)と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが
東京都内へ最後に訪れたのは18才の頃というのがマジな話なんです。
よって仲間からは
「だからお前はラーメン界ではマイナー選手なんや!」
と揶揄される始末(苦笑)

そんな私が東京方面に行ったなら真っ先に訪れようと思っていたお店が
まさに赤坂にある嶋崎店主の『らぁめん家 69'N'ROLL ONE(ロックンロール ワン)』
だったのですが4月末に閉店したというニュースを聞いてメチャ落ち込みつつ
その去就が大変気になっておりました。 そんな折、


嶋崎店主が屋号を変えて尼崎に
お店を復活オープンさせる!


というビッグニュースが飛び込んで来たのが先日のこと。

「 マヂデ━Σ(゚Д。ノ)ノ━!!?」

そんな話を聞くといてもたってもいられず
ソッコー訪問と相成りました♪

で、お店の場所は尼崎市。最寄り駅はJR宝塚線の塚口駅。
ちょっとアクセスが悪いかな?とは思いますが
この日は車での訪問で問題ナシっす(笑)
P1140313.jpgP1140314.jpg
閑静な住宅街の中に突如目に飛び込んできたデカい開店看板と
嶋崎店主の名物でもある例のポーズの看板。

それをみただけでワクワク感が倍増するって感じゃないっすか♪


そしてお店の1F部分には気合いの文面がズラリと。
P1140320.jpg



それを読みながら2Fヘ上りますと…
P1140321.jpg
入口が見えましてそこから入店いたします。




■店内&お品書
P1140326.jpgP1140324.jpg
入店は14時30分過ぎ。
この日は日曜日だったので19時までの通し営業中。
店内にはご夫婦が1組のみいらっしゃいます。
カウンター席のみの店内はまさに「男の仕事場」とい雰囲気。
真新しい道具に綺麗に保たれた厨房が眩しいね〜。


お品書きを見るとまだ準備中のメニューもありますが
P1140323.jpg
オーダーはやはりデフォの「尼ロック♪」でしょう。
トッピングはもちろん不要です(笑)



■尼ロック(800円)
●スープ:比内地鶏ガラ+鶏油スープ
●麺:やや細ストレート
●具:豚&鶏チャーシュー、穂先メンマ、ネギ 等
P1140325.jpg
さぁさぁ、ここからが本番って言うか見所(笑)
嶋崎店主の一挙手一投足に眼を見開いて注目します!

先ずは丼を湯煎し暖めるところからはお約束。
そして黄緑色をした鶏油を先ずは一杯鉢に入れ、そこに元ダレを。
次に基本スープを鉢に入れまして…

でたぁ〜
「気合いの横湯切り〜〜〜♪」
ボクサーがシャードーをする時に「シュシュ」っと声の出るような
あのパフォーマンスが目の前で繰り広げられます!

(これよ〜これこれ〜!)

手際良くあっという間に麺が鉢に入り、更にはトドメの鶏油を回すようにi〜n!!!
そして目の前に…・
P1140327.jpg



ドン!


無事完成でございます(笑)





■デッドで!
P1140330.jpg

(ビジュアルめちゃシンプル〜〜♪!)

夢にまで見たラーメンとご対〜〜〜面♪
「尼ロック」と名付けられたラーメンは
とにかく綺麗なビジュアルで、澄んだしょう油色スープは
しょう油のイイ香りが最初にフワッと立ちこめるもの。
飲むと最初は鶏の純粋な旨味が押し寄せつつ、
しょう油のしっかりとした味わいが
全体をキリッと引き締めております♪

とにかく鶏のイイ香りのみを楽しめることで
「キッチリとした仕事をしてはるんやろなぁ〜」
と想像が膨らむような仕上がりに先ずは放心(笑)


そんな中で麺を!
P1140335.jpg
やや細ストレートの麺の印象は
とにかくスープとのマッチングの妙を感じるもの。
麺は中間くらいの加水率かな? 

優しい歯ごたえは決して茹で過ぎなんかじゃなく、
ギリギリのタイミングで仕上げられたものでしょう。
粉の味わいという点じゃなく、麺全体の線で捉えた旨さが
前面に主張されていましたね。

そして面白かったのがその食感。
ジュンサイを食べているかのような「ジュルっと感」が麺を包んでます。
おそらくたっぷり入れられた鶏油が麺のボディをコーティングしたような
効果がそう感じさせたのかな〜って思います。


そして秀逸だったのが具材料!!!
P1140333.jpg
P1140332.jpg
豚の鶏の2種類っていうのはそれほど珍しくないのですが、
豚も鶏もその食感と味わいの妙味が素晴らしいですね、特に「鶏」が!
柔らかすぎず、固すぎず、味わいもしっかりと鶏の旨味が凝縮されておりました。
また穂先メンマもそのシャコシャコした歯ごたえが旨かったよ〜♪




■食べてみて
P1140311.jpg
食べ終わって思ったのがやはり麺の旨さが際立ってたこと。
もちろんスープも、具材も、そしてバランスもよかったんですが、
とにかく麺のほんのりと香り良く、ほんのりと甘いというその状態が
記憶の中に残ります。

ただし…
いちばん気になるのはその価格。
デフォのシンプル尼ロックは「800円」で味玉入りが「1,000円」
となると… 味玉ひとつが200円と計算出来るので…
う〜ん、関西価格にすると高い気がするのですがどうなんでしょうね。


そして麺を食べ終えた頃には店内には私ひとりとなったので
嶋崎店主としばし、麺談義を、ば。落ち着いた語り口と柔和な表情は
私がこれまで持っていた嶋崎店主の強面イメージとはまるっきり逆なものでした。
(なんか思いっきり誤解していてスンマせん…(汗))

ラーメンにかける情熱と思い入れは凄まじく、ヒシヒシと伝わってきました!
開店間もないので他のメニューはまだ提供されていませんが
近いうちに再訪問させていただこうと思います。

期待の新店がまた増えたので嬉しいよ〜♡♡♡(○´∀`)ノ゙

って言うか、無断駐車は罰金100万円なのでお気をつけを、ば(爆)

【地図】お店の場所はコチラ


※『デフォの「尼ロック」が800円ってチト高いかも…』
そう思ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『暖簾のマークを「シックスナイン」って読むなよ!(爆)』
んなわけないやろー!っていうツッコみはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:尼崎市 

さながら大阪は日本のスリランカと言っても過言ではないかも! 「スリランカ料理RASAHALA」

スリランカ混ぜ混ぜ探訪シリーズも…

■スリランカ料理ラサハラ(RASAHALA)
@大阪市淀川区東三国4-17-6
【営業時間】11:30~15:00 / 18:00~23:00
【TEL】06-6392-0213
【定休日】水曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140307.jpg
スリランカカレーに魅せられてはや数ヶ月。
これまで関西圏のスリランカカレーを食わせてくれるお店を
片っ端から訪問してきた「スリランカ混ぜ混ぜ探訪シリーズ」も
ラストに近づいてきましたこの日。
東三国にあるコチラにお邪魔いたしました♪

場所は御堂筋線の東三国駅から徒歩で数分のところ。
商業施設と住宅が密集した場所にひっそりとした佇まいをみせておりまして
ブラックボードに書かれた本日のカレーをすぐさまチェック!(笑)
P1140304.jpgP1140305.jpg
しかし心の中では既にオーダーは決まっているので
いそいそと店内へ足を運びます。




■店内&お品書
P1140303.jpgP1140302.jpg
ランチタイムが15時まであるので
比較的ゆっくりと訪問できるのが嬉しいですね〜(笑)

して入店したのが14時30分前。店内には数名のお客さんがグループで
ゆったりとランチを楽しまれておられます。
そんな中、私めはカウンター席へ陣取りまして
先ずはお品書きを、ば。
P1140263.jpg

P1140264.jpg
当然の事ながら狙いは「混ぜ混ぜ」なのでセイロンプレート♪

カウンター内のマスターからはご飯の量を尋ねられましたので
デフォの量をお願いし、ひと言付け加えます

トッピングは一番辛くないヤツでおまかせで〜♪(苦笑)





■セイロンプレート(1,000円)
しばらくして運ばれたセイロンプレートですが…
P1140267.jpg

「ウヒョ〜旨そう!!! ヽ(゚Д゚)ノ」

やはりこのビジュアルを見ると血湧き肉踊ってくるのがわかります(笑)

配膳してくれたのがスリランカ人のシェフさん♪
「ラサハラ」は「おいしい場所」とのことでした。

そしておまかせだったメインのカレーはチキン!
P1140270.jpg


それに加えて、えんど豆カレー、ゴーヤ、大豆、ポルサンボル、タマネギ…
P1140280.jpg

P1140273.jpgP1140281.jpg
P1140272.jpgP1140283.jpg
もうワクワク感が止まりません♪

食べ方としては少しづつ混ぜ混ぜしてもいいですし、一気にいっちゃうのもよし。
私は当然の事ながら最初から気合いで混ぜ込むタイプですけど(笑)



そして…
P1140290.jpg

ジャジャーン!!!

綺麗に混ざりましたよ〜〜♪

辛み、ほのかな甘味、酸味が渾然一体となって押し寄せてくるスリランカカレー!
ひとつひとつの味わいが日本風になっていてなんともまぁ食べ易い♪
パンチというより全体のバランスを重視されているのが
伝わってきて旨いっす!!!


ただ、気づいたのがお米。ジャポニカ米を使っていると思ってたのに
P1140288.jpg
見ると今日はバスマティライスじゃないっすか!

マスター曰く、その日に用意出来る材料を調理するそうで
毎日、毎日が日替わりとなっているから飽きが来なくていいですね♪
そしてこの日のバスマティライス!
それに関してマスターがポロっとこぼした
「今週は特別な週だったので…」の言葉。
その理由を尋ねてみるとお誕生日週だったそうで

「おめでとうございます〜♪(○´∀`)ノ゙」

の言葉をかけさせていただきました。
P1140294.jpg

P1140295.jpg
そして…

とこ:「私、ラッキーだったんですね、このお米を食べれて」

マスター:「はい、メチャメチャそう思います(笑)」

そんな会話をしながらお料理を堪能させていただきました♪


■食べてみて
P1140309.jpg
今回の訪問で関西のスリランカ料理店は4軒目。
いよいよ訪問記も佳境に入ってまいりました♪
この混ぜ混ぜスタイルが「ザ・スリランカカレー」として
どんどん人気を博し、認知されてきているのがわかります。

とにかくライスにカレーがかかっているだけじゃなく、
その時々の野菜やお肉を混ぜ合わせることで色んな味わいを楽しむ事ができるうえ
味わいの深さ、バリエーションなど日本人の好み、嗜好にジャストフィットしているのが
この理由だと思います。


「いやぁ、スリランカカレーは
やっぱ食べていてホント楽しいねぇ〜♪」
また来よーっと〜♡♡♡(๑´ڡ`๑)


【地図】お店の場所はコチラ


※『どのお店も混ぜ混ぜするカレーやのに名前が各々違うのは何でやろか???』
同じ疑問を持っているならコチラを力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『バスマティライスとはなんてラッキーなんや〜!』
そう思ったらこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:淀川区 

【取扱品変更情報】このパターンは滅多にないパターンなんですが… 「鎌倉屋」

【商品取扱変更情報】


■中華そば 鎌倉屋
@和歌山県和歌山市次郎丸5-1
【地図】お店の場所はコチラ

「久しぶりに行ってみよ〜♪(定点観測行脚)」

と向かった先が次郎丸の鎌倉屋だったのですが…
P1140412.jpg

暖簾は下ろされ、何やら入口に紙が貼られておりました!
近づいて見ると…
P1140411.jpg

『中華そば』がぁぁぁ

メニュー落ちしてました…(泣)」



経営者さんからのコメントによれば中華そばの取扱は中止して
これから飯中心の定食になるそうです。


入口看板にも…
P1140410.jpg
タイミングがエエんか悪いんかわかりませんが
定食メニューは明日からのスタートとなるようですね。


このパターンは初めてじゃないですが、
麺屋の灯がまたひとつ消えちゃいました…  やっぱり残念です(泣)


そしてオープン当時の看板と現在をよくよく見比べて見ると…

■オープン当時画像
blog_import_522376fe960ef_2014072218034410f.jpeg


■2014.7.22現在の画像
P1140412.jpg


「中華そば」


の文字も綺麗に消えておりました…
なんか寂しいのぉ…orz



※『色々な事情があると思いますが
新たなお店でも頑張ってください!m(_ _)m』

そんなエールを送るならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『定食となると斜め前にある
「洋食屋ガロ」との勝負になるな!!!(苦笑)』

「ガロ」も強いでぇ〜(笑)という方はこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『鎌倉屋 』これまでの飲食跡♬】
その1:白い暖簾は珍しいですね~!?
その2:『鎌倉』という屋号の由来が知りた~~~~い!!(≧ε≦)ゞ

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

和歌山以外で「和歌山中華そば」を名乗ったお店でBest1かも… 「三麺流 武者麺」

むむっ・・・この味わいは・・・

■三麺流 武者麺
@大阪府吹田市垂水町3-10-20
【営業時間】<平日>11:30~14:00/18:00~22:00 日曜日の閉店は21:00
【TEL】06-6338-1230
【定休日】月曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140228.jpg
久しぶりに大阪の吹田へ。
『「和歌山の中華そば」を謳って中々に素晴らしい物を食べさせてくれる!』
そんな噂を聞きつけ居てもたってもいられず訪問したのがコチラ♪
休日のランチタイムなので行列も覚悟のうえでしたが…
すんなりと入れてプチ肩透かし(笑)


表の看板を見ていると噂どおりに「紀州の味・中華そば」を
前面に押し出しているのがわかりますね。
P1140233.jpg
そんなお店にワクワクしながら扉を開けました。




■店内&お品書
P1140236.jpg
まず出迎えてくれたのが券売機。入ってスグのところにあります。


3麺流というだけありまして3タイプが用意されております。
P1140237.jpgP1140239.jpg
そんな中ですがやはりデフォの中華そばをいただくことにします!

カウンター席とテーブル席の構成ですが、
この日のテーブル席はご家族連れがほとんどでカウンター席へ腰を下ろします。
P1140240.jpg
そこで『あっさり』『こってり』のどちらか?
の選択を聞かれますが「こってり」をオーダーいたします♪




■中華そば(こってり) 680円
●スープ:鶏ガラ+豚骨でややテロり
●麺:やや細ストレート
●具:豚&鶏の2種類チャーシュー、千代巻風蒲鉾、海苔、メンマ、ネギ、水菜
P1140242.jpg
ややテロリとしたスープでそれほど特筆すべき印象はなかったコチラ。
「和歌山中華そば」のそれとは一線を画し、普通にビジュアルの綺麗な
ラーメンというのがファーストインプレッションでした。
そんなスープを飲んでみると…



■デッドで!
P1140255.jpg

スープ旨っ!!!

ややテロリ感のあるスープは鶏と豚骨のコンボ♪
色合いはやや黒褐色系になりますがマイルディなそのボディには
コクがあるが尖ってないしょう油の元ダレがよく似合います。

地元でいただく和歌山中華そばとはタイプが全然違いますが
こってりとした豚骨が味わえるコチラのスープは何と言っても
洗練度がメチャメチャ高く感じます♪
ありがちな豚骨特有の臭いが皆無なのに
そのコクとパンチがそのまま味わいに表されている点が
とにかく素晴らしいと思います。

やや甘な鶏と魚介の旨味をかくし味的に使い、
それでいて豚骨の風味をしっかり残しているという
あまりに高い技術力に脱帽します。



麺は自家製でやや細いタイプ!
P1140256.jpg
食べた瞬間にそのザックリとした低下水的食感に最初は襲われ
その後はモチっとした風味がどんどん増していくというもの。

これまで食べた事のないタイプの麺がスープと巧みに絡み
その完成度の高さを更に昇華させております♪



具材は豚と鶏のチャーシューがメイン。
P1140249.jpgP1140246.jpg
豚のチャーシューは分厚く柔らかいバラタイプが2枚も入ってます!
個人的には当然1枚、いや、1/4くらいで十分(笑)
やや甘口で分厚い割にすんなりと切れますね。
また、練物も和歌山を意識した千代巻タイプです♪



そして鶏には梅肉も載せられておりますが
溶かさずそのままダイレクトで鶏と一緒にいただきました♪
(でもちょっと溶けたけど…(笑))
P1140252.jpg
梅肉の酸味が鶏と共にBestマッチでコチラの方が好みでした




■食べてみて
P1140262.jpg
地元和歌山の味わいをそのまま他府県に持っていっても
なかなか浸透し辛いだろうと常々思っている私。
つまり「トラディショナルな味わい」は地元和歌山だからこそ
その歴史と環境も含めて受け入れられるのであって
そのままの味を他府県へ持ち出しても地元ほどの評価を受けるのは
容易くないと認識しておりますし、
そして逆に、県外生まれの「和歌山中華そば」を県内で根付かせようとしても
同様にとても厳しいと言えるでしょう。

でも、今回いただいた中華そばは
(和歌山で同じ物を出しても十分評価されるやろ!)
と自分自身でも太鼓判を押せるくらいの完成度。
P1140230.jpg

「街風にアレンジ、そして洗練された

『ネオ和歌山中華そば!』」


と思う1杯でございました。

マジで旨いぃぃ。これ、和歌山でも
人気が出るやろなぁ〜♡♡♡(○´∀`)ノ゙


【地図】お店の場所はコチラ


※『見た感じはそこまでエエようには見えへんけどなぁ…』
そう思ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「紀州味噌そば」ってのも気になるぜ…』
そう思った方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:吹田市 

「美味しいチャンポンがあるよ〜♪」というお話を伺って初訪してみると… 「食べ処 呑み処 よろこび」

やっぱりまだまだ知らないお店があるなぁ…

■食事処・呑み処 よろこび
@和歌山市松江北6-3-6
【営業時間】8:00〜22:00
【TEL】073- 451-4922
【定休日】水曜日
【地図】お店の場所はコチラ


それは仕事仲間「Dちゃん」から突如もたらされた情報...

Dちゃん:「川向こうにチャンポンの旨い店が
あるんやけど行った事ある?」


とこ:「リンガーハットやったらこの前行ったけど…」

Dちゃん:「ちゃうわ〜、河西中学校の近くにある店なんやけど
     おそらく地元民しか知らん店でチャンポンが旨かった記憶があるわ〜」


とこ:「え!マジっすか(笑)、そら絶対行かなあかんや〜ん♪」

Dちゃん:「昔に食べた記憶なんやけどメチャメチャ旨かってん!」
     「場所は宮崎ホールの南側の通りやったと思うわ。」


とこ:「店の名前は???」

Dちゃん:「おかんに聞いてみるわ〜(と、ここでDママに確認の℡…)」
     「『よろこびさん』と皆で呼んでるらしいわ…」


とこ:「とりあえず探して行ってみるわ!」



とまぁこんな会話が会社で交わされたのが先日の事。
これを受けて早速その場所へ行ってみると…
P1140146.jpg

ありました(笑)


場所は言われた通り宮崎ホールの裏道沿い。
お店の屋号がまんま「よろこび」。
なぜだか勢いと潔さを感じるものでございます(笑)


パッと見は食堂というより居酒屋か、な?
P1140147.jpg
初訪問のワクワク感いっぱいで扉を開けました♪



■店内&お品書
入店はちょいと21時過ぎ。
テーブル席には先客が2名様おられ酒を酌み交わされております。
扉を開けるやいなや

(お前、見かけん顔やな…)

的な視線が一斉に突き刺さりますがそこはいつもの事♪
何事もなかったように一番明るいテーブル席へ腰をおろします。

テーブル席が4席とカウンター席という構成の店内はとにかくこぢんまりしており落ち着くもの。
P1140183.jpg
店内のそれもまた昭和の雰囲気を色濃く残されております。
カウンター席にはキープボトルが所狭しと置かれてまして
ご常連のお客さんが多数おられることを物語っておられるようです。



そしてお品書きを、ば。
P1140150.jpgP1140151.jpgP1140157.jpg
テーブルの上にあるお品書きにはレギュラーの酒のつまみとアルコールメニューが。
そして店内のWBには「今日のオススメ」が書かれております。


そしてお店の壁には…
P1140152.jpg
麺メニューがこれまた多数ありまして…

「中々に個性的じゃん!!! ヽ(゚Д゚)ノ」

と思わず唸ってしまいそう(笑)

そんな中、オーダーしたのがオススメの長崎チャンポンでございます♪



■長崎チャンポン(700円)
●スープ:鶏ガラメインで豚骨も少々?のソイシースープ
●麺:やや太ストレート
●具:豚肉、人参、キャベツ、タマネギ、モヤシ、蒲鉾、平天、木耳、ネギ 等
P1140167.jpg
オーダーが入ってから作られるので少しばかり時間がかかります。
その間は店内をゆっくり見回しながら、そしてTVで野球なんぞ見ながら待っていると
約10分後くらいに着丼いたしました♪



■デッドで!
P1140163.jpg

P1140164.jpg

(うほっ♪ ビジュアルメチャ旨そう!)

やや小ぶりに映ったトラディショナルな丼鉢には想像通りのちゃんぽん♪
ただしスープ色はそれほど白濁しているものではないので
豚骨を煮だしているという雰囲気はありません。

基本的にはメチャ熱々で脂分がその効果を出しているんでしょう。
そしてクセの無い基本スープは程よい味わいで、
獣系が前面に押出されるのではなく、また化学系が押し出されるわけでもなく
スゴくバランスのとれた印象♪ 
そして後口にはイイ感じの若干の甘さと、フルーツっぽい酸味を感じます。

(ん?この後口感、ウスターソース系を使ってるのかな?)

そんなスープの色でもありました。


そして先ずは野菜を、ば。
P1140179.jpg
「チャンポン」なので当たり前ですが、とにかく種類が豊富!
食べていて楽しいですよね〜♪ 野菜って(笑)
シャキシャキ感がバッチリ残っているのに
火がちゃんと通っている調理法は

「お見事!!!」

としか言えないもの。

ここが先日食べたリンガーとの決定的な違いで

「野菜の味わいがしっかり感じ取れる!」

ココがチャンポンの肝だと私は思ってますしココが最高なんですよね♪



しばらく野菜をやっつけてからおもむろに麺を。
P1140170.jpg
長崎らしいやや太丸断面の麺は
これまた「ほんの少し柔い」というBestな茹で加減♪

野菜の旨味が引き出されたスープを適度に吸い上げ、
そしてそれとしっかりと絡んでおりますのでマッチングは申し分なしで
野菜、スープ、麺、それぞれがそれぞれの長所を出しつつ
互いを引き立てるような仕上がりが素晴らしいものでした。

ただ…
派手さもないし、強烈なインパクトも少ないですが
「クラスでは目立たず地味ながら、よく見ると可愛くないこともない
成績が3番目くらいの図書委員のお下げ髪の色の白い女の子…」

みないな存在かな?!(爆)



■食べてみて
P1140180.jpg
そして最後まで熱々のスープを全部平らげまして
最終的には「完スペ!」をいただきました〜♪
そして意外だったのがその量で、少ないと見えたビジュアルでしたが
そこそこの量なのでこれでお腹いっぱいなりました!

奥さんと、大将がいらっしゃいましたので
「仲間のオカンから勧められて来ました〜(笑)」
と伝えるとスゴく喜んでくれました。
お話をさせてもらっていますとおそらく長崎ご出身の様子で
本場の味わいを表現されているとのこと。
P1140158.jpg
お店はもう随分前から営業されてるそうで、やはりほとんどが地元のお客さん。
皆さんよく飲みに来られているようで憩いのオアシス的存在なんでしょうね。


そして一番いいところが営業時間。
朝の8:00から夜22:00まで通し営業ですから
時間を気にせず訪問できる点がイイですね。
P1140186.jpg
そしてお隣の空き地には駐車スペースもありますし
また土・日も開いてますからファミリー使いも可能です♪

「いやぁ〜Dちゃんありがとう♪」 

いいお店を教えてもらえたわ〜♡♡♡(○´∀`)ノ゙


他のメニューも気になるので再訪問決定!(笑)

【地図】お店の場所はコチラ


※『この昭和な雰囲気がメチャメチャイイネ!』
そう思ったならコチラを力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『メニューの中の「りゅうこめん」ってメッチャ気になるぅ!』
そう思った方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター