聖地だとリカバリーもレベル高し♬ 「curry bar nidomi」

curry bar nidome(二度目)(爆)

■curry bar nidomi
@大阪市中央区常盤町2-4-9 エクセル第6ビル 2F【地図】
【営業時間】
ランチ&カフェ: 12:00~15:30(売り切れ次第終了)
ディナー&バー:18:00~22:00
【定休日】日曜日
【電話】06-6949-3067
【駐車場】近くにCPあり
「谷四カレー戦争を堪能しようシリーズの3軒目。(←や、やっぱり企画があったんか…)
この日は和歌山ラーメン部副部長を引き連れ大阪入りしまして
以前より訪問リストアップしておりましたコチラへ13時50分に到着したんですが…
P1080633.jpgP1080635.jpg


「time U~~~P(泣)」 

お店のスタッフさんは「さきほど閉店になりました…スミマセン」と…

お店を探すのに若干手間取ったのがその命運を分けたか!!!

とは言え、カレーリカバリーには苦労しないのが
「谷四=カレー聖地」
と呼ばれる所以か。スグに上級リカバリーが待ってました♪
(つーても、前回のお店ですけども(苦笑))
P1080636.jpg



■店内&お品書き
P1080639.jpgP1080642.jpg
看板の横を2Fへ上がっていくとホレ♪
1Fからスパイシーな香りが漂っておりまして
否が応でも気分が盛り上がってきますよ
「うまいカレーが食べれるって(笑)」


この日はテーブル席に腰を下ろしました。
P1080643.jpgP1080640.jpg
オーダーはもちろんデフォのnidomiカレー♪
B&Cのセットをオーダーしましょうかね!



■ニドミカレー(800円)
B:合挽ミンチ、ひよこ豆、クリームチーズのスパイスキーマ
P1080650.jpg

(うっ…チーズか…)

実はチーズが苦手な私。でも一番旨い♬
と言われているキーマを食べないと始まらないので
いただいてみますが…
P1080646.jpgP1080657.jpg

ひゃぁぁ〜スパイシーーーー!!!!

いきなりガツンとくるスパイシーさがたまらない。
そして、その後からくるチーズがスパイスを柔らかく昇華させる
お手伝いをしているじゃないですか♬
汗を拭き拭きスプーンが進みます。

そして…次は…


C:シマチョウ、焼豆腐、レンコンのスパイスカレー
P1080649.jpg
ルーはサラっとしてるのですが、シマチョウの旨分がジックリと
ルーに溶けこんでましてコクのある味わいに仕上がってます。
そこに焼き豆腐のソフトな食感をプラスすることで
全体的にマイルド感が広がります。そして…
P1080647.jpgP1080664.jpg

レンコンのシャリシャリ感が最高♬

この食感も非常に考えられたものですね。たまりません(笑)


■食べてみて…
今回も二種類のスパイスかレーを堪能させていただきました!
各々が共に引き立て合うコンビネーションがこの
ニドミカレーの真骨頂だと実感!
P1080637.jpg

「リカバリー」なんて失礼過ぎますね…ホント(汗)

ごちそうさまでした♬


※『ここのキーマ、スパイスの重ね方が上手やわな!!!』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『確かに谷四、カレー屋さんが多いもんなぁ…』
そんな思ってたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『curry bar nidomi』これまでの飲食跡♬】
その1:ここも「汗」、吹き出たし…(-o-;)

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

「今ちゃんの『実は…』」でやってたサンラーチキン麺を作ってみた♬

4分もあれば出来るメニューを作ってみたら…実は


今週の水曜日に今ちゃんの『実は・・・』の「一流料理人が作る夜食レシピ」
というコーナーでやってたメニューを作ってみた!!!

なぜなら…


「使用された食材がメチャメチャ


好きなチキンラーメンだったから!」



ただ、それだけ(笑)


さて、今回の番組でコレを紹介してくれた料理人さんは
箕面にある「綉花(しゅうか)」というお店のオーナーシェフの 日田昭則さん。

ナビゲーターは漫才師の「ダイアン」で、その作り方を見ていると
マジであっという間に出来上がったのだ。所要時間は4分(待ち時間は除く)とのこと。
そして素晴らしいのはその食材が、どちらのご家庭でもスグにでも揃うものばかりだったので
オンエアの翌日にスグ作ってみることに。

■用意するもの
・チキンラーメン 1袋
・片栗粉
・卵 1個
・こしょう
・ラー油
・旭ぽんず少々


で、集めた食材がホレ♪
IMG_0068.jpg


「やはりスグ揃いました(笑)」


でも、ポン酢は「旭ぽんず」ではなく現在家にあるポン酢を使用。
大阪なら旭ぽんずを使っている家庭は少なくないと思われます。
我が家もたま〜に買うのですが、あれって高いんですよね(苦笑)

まぁまぁ、余談はさておき、早速レシピ通りにとりかかりましょう。

■作り方 ※番組HPより抜粋
1.器にチキンラーメン(1袋)を入れる。
2.鍋に湯(500cc)を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
3.沸騰したら溶き卵(1個)を流し入れ、すぐ火を止める。
4.(1)に(3)をかけ、ふたをして2分半待つ。
5.旭ぽんず(大さじ3)・こしょうを入れ、よくかき混ぜる。
6.ラー油をたっぷりかける。⇒完成!



この通りに作ってみたところ… 
IMG_0066.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ アンガウマァァァ━!!


「イイ感じに仕上がりました〜♬」




名前は「サンマーチキン麺」だそう。
ただ個人的に前夜の残り物とフルーツを添えて…
IMG_0067.jpg

サンマーチキン麺定食(プチハヤシライス付き)

にしてみました(笑)

で、実食してみたところ、確かに旨い!!!
卵の餡が絶妙にチキンラーメンとマッチして
二段、三段上の高級チキンラーメンに早変わり♪

「チキンラーメン with 卵」というのは麺に卵を落とす凹みもあるくらい
トラディショナルなメニューなんですが、お湯の代わりに
この卵の餡を使うというのはさすが中華の料理人さんならではの技法。
今回で「簡単な餡の作り方」を勉強させていただきました m(_ _)m


ただ、今回は旭ぽんずがなかったので別のポン酢を代用しましたが
あの旭ぽんずの酸味の強さと味わいの濃さ、柑橘系のパンチがあると
もっとハッキリとしたインパクトが出せたやろなぁ…と思いました。

でも、十分代用品でも満足したんですけどね(笑)

今回は試さなかったんですが 残ったスープにごはんを入れると雑炊にもなるとのこと。
次回はコレを試してみようと思います。

ホント、お手軽にチキンラーメンがハイクオリティメニューに変貌しますので
是非、ご家庭でトライしてみてください。


※『確かに「旭ぽんず」がポイントになるかもな!(笑)』
もし旭がお家になかったらポチッと♪(ρ°∩°)押して買いに行くべし♬
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『凹みに卵を入れてもCMみたいに上手く作られへんから
ストレス溜まるねん!(怒)』

そう思った方はポチッと♪(ρ°∩°)してからこのレシピでLet's try!
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

Tag:【トピックス】 

麺上げマシーンは元気に活動中!(笑)「○花 MARUHANA」

相変わらず大人気やな〜い♪

■○花 MARUHANA
@和歌山市出島273-4【地図】
【営業時間】11:00~14:30/17:00~23:00
【定休日】火曜日、第1月曜日(祝日は除く)
【電話】073-474-7041
【駐車場】店前あり
P1070392.jpgP1070393.jpg
久しぶりに食べたくなって『開いてるかな〜?』と覗いてみると、
相変わらず行列になっておりました!
昨年の2013年の訪問以来、約1年ぶりでございます。



■店内&お品書き
P1070398.jpgP1070400.jpg
店内はグループ&家族連れで賑わってましたがカウンター席は大丈夫。
で、トッピングを見たんですが『キャベツ』ってありませんでしたっけ???
まま、とりたてて問題というわけじゃないので普通にデフォをオーダーいたします!



■塩とんこつ(630円)
●スープ:豚骨白湯系
●麺:平打ち中太ストレート
●具材:チャーシュー、ウズラ、ほうれん草
P1070405.jpg
麺は太麺をチョイスし味わいは普通を。
オーダー後はお品書きを見て待たせてもらいましたが
割とすぐに着丼いたしました!


■デッドで!!
P1070410.jpg

『おぉ〜こんなにクリーミーやった?』

思わず漏れた言葉。

豚骨が前面にガンガンくるクリーミーさではないので
食べやすさも感じますし、甘味もありますね〜♪ 


麺は平打ちのストレート!
和歌山ではなかなかお目にかかれない珍しいタイプです。
P1070414.jpg
食べてみるとツルシコ系ではなくツルツル系とわかります。
太麺としてチョイスしましたがそれほど太さを感じません。
それよかクリーミースープとの相性は抜群で満足度はメチャ高いですね!!


そして満を持してデカチャーシュー1枚を一気食い!!!(笑)
P1070418.jpg
デカイ割に味わいと風味が強く、中々に旨かったですね♪



そして・・・
P1070422.jpg

約2/3くらい食べたところで備え付けの辛味噌をi〜〜n!!!

P1070423.jpg
ピリッと引き締まった味わいになり、気分も新たに最後まで美味しくいただきました♪



■食べてみて…
前回の訪問はかれこれ1年前でした。
その時には確かトッピングにもやしとキャベツがあったように思いましたが…

今回はそのお品書きっていうか案内が無くなってたような気が・・・

どうなんでしょうか???

そして…
P1070395.jpg

今日も麺上げマシーンは元気です!!!(笑)


※『「和歌山」という保守の地盤にも関わらず
繁盛店になったよなぁ~(しみじみ)』

と感じているならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『もう一度オープン時に提供していた
「山為インスパイア」を食べてみたいぞ!』

そんな昔メニューを知っているならこちらをもひとつポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『○花(MARUHANA) 』これまでの飲食跡♬】
その1:大阪のラヲタの間で話題に上るお店の店主さんは…
その2:気になっていたので立て続けに訪問をば(笑)
その3:徒歩でラーメン!!
その4:基本スープの濃厚さよ~(≧ε≦)
その5:祝!営業再開(^_^)v
その6:和歌山では押しも押されぬ人気店です!
その7:追加トッピングに初挑戦(≧ε≦)ゞ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

とにかく麻婆丼が旨い!が、しかし… 「勝喜楼」

麻婆丼が食べたくなったので…(笑)

■新中国料理 勝喜楼
@和歌山市小松原通1-5-3 天野ビル 1F【地図】
【営業時間】11:00〜14:00/17:00〜23:00
【定休日】月曜日
【電話】073-433-0085
【駐車場】近くにCPあり
P1070488.jpg
ふと『麻婆丼が食べたい!』と思ったのが吉日。
平日だったので久しぶりにコチラへお邪魔いたしました。
相変わらず県庁関係者でいっぱいでございます♪ 

ただし…
満員だった店内も13時を過ぎると店内は一気に空き始めます。
丁度そのタイミングだったので無事、座る事ができました♪
本日のサービス品は『中華そば+rice』でしたので、
riceをミニ麻婆丼に変更してのオーダーでおます!


■中華そば(630円)
●スープ:豚骨+鶏+醤油系
●麺:やや細ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ
P1070501.jpg
初めてオーダーした中華そばですが
着丼したビジュアルは予想外に素晴らしく、
思わず

『おっ!!』

と発声してしまった(笑) 期待がかなり膨らみます♪




■デッドで!!
P1070493.jpg
和歌山トラディショナルな味わい、香りとはチト違う印象にプチ驚き。
見た目以上に違いを感じますが、それが+αの起算点にあるとは思いもよりませんでした…


スープの雰囲気、ビジュアルは車庫前系なんですが
それよりもサラッとしたもので背脂のやや甘系の風味に
玉ねぎのみじん切りが入っているのが特徴で
オリジナルなアクセントがあって面白い。

ハナからアグレッシブさがあるのかと思いきや、
そんなことは全くなかったのが肩すかしですかね(笑)


麺はやや細ストレート。
P1070500_20140306003816f32.jpg

加水率はそれほど高くなさそう。麺自体の風味とマッチングはアベレージ。


感動的ではないですが、想像以上によく出来た納得の一杯でございました♪ 



■麻婆丼
P1070507.jpg
そしてお待ちかねの麻婆丼♪
ここの一番の好きな点はピリッと辛いところで、
辛いのが得意じゃない私でも楽しめるレベルなんですね。

P1070515.jpg
そしてボリューミーなところは大食の人でも間違いないでしょう。
こちらの麻婆丼はワンランク上の味わいを楽しめる気がします♪



■食べてみて…
麻婆丼は想定内でしたが、初めていただいた中華そばはイイ意味で想定外。
中華料理屋のレベルを超えた旨さがありました。
P1070505.jpg
濃厚も旨いし、チャーシューも旨いし、中華そばも旨い…

やはりレベル高しっす(笑)


※『何だかんだ言っても、麺のレベルは相当なもんやね!』
と感じたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『一度、ちゃんとした中国料理を食べてみたいよな!!!』
こんな私にご馳走くださる方も、そうでないと方も
こちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)

 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『新中国料理 勝喜楼 』これまでの飲食跡♬】
その1:4度目の正直~(`∇´ゞ
その2:別の麺メニューにトライっ!!o(^-^)o
その3:RiSMに掲載されていた新作ラーメンが…

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

はるばる登別より取り寄せた麺を使う老舗より 「てんぐ」

いつ来ても人気あるよな〜(≧∇≦)

■てんぐ
@岩出市吉田257-6 【地図】
【営業時間】11:00〜1500/17:00〜20:30
【定休日】木曜日
【電話】0736-62-9273
【駐車場】店前に専用1台分アリ
P1010734.jpgP1010732.jpg
久しぶりのてんぐへ訪れたのが12時過ぎ。
そして店前の駐車場はパンパン状態で

思いっきり車が溢れてますや〜ん(」゜□゜)」

よって駐車場が空くまでしばらく待っての入店…相変わらずの人気ぶりですわ。



■但し書き
P1010718.jpg
店内に入りますが座敷の1席を除いて全てが満員のパンパン!!!

(やっぱ、はやってるなぁ〜♪)

しかもほとんどのお客さんが配膳待ちの状態でしたので時間がかかる覚悟を、ば。
「塩」をオーダーするつもりだったこの日。
奥さんがオーダーに来られたのは座敷に着席して約15分経ってからでした(泣)

ひとりでは滅多に座ることないこの小上がり席の頭上に、
『登別から取り寄せる麺』の告知と
屋号のシンボルである『天狗の面』が掲示されてます♪




■塩ラーメン(750円)
●スープ:塩(野菜入り)
●麺:普通黄色ちぢれ(登別直送)
●具材料:豚バラ、玉葱、もやし、木耳、人参、蒲鉾、スライスゆで卵
P1010721.jpg
結局、オーダーはデフォの塩ラーメンにしたのですが
更に15分程待ってから配膳された塩ラーメン。入店より30分後でありました。
そんな中ですが湯気が立ち込める熱々の器に挑みます♪



■デッドで!
炒め野菜が入るバージョンとしては『塩』の他に
ベースが醤油の『天国ラーメン』とキムチの入った味噌ベースの『地獄ラーメン』
がありますが個人的にバランスがイイのはやはり塩か、と思います。
P1010726_20140305070151aed.jpg



とにかくいつも思うのが熱々に炒められた野菜!!!
丸ごと載るので最後まで熱いのがコチラの最大アドバンテージポイントです(`∇´ゞ
P1010725.jpg
見てくださいよ! このたっぷりの炒め野菜!!! 
シャキシャキ感の残る食感が嬉しい限りですねん。


そんな野菜をかき分けると顔を出すのがお店自慢の登別ちぢれ麺。
P1010727_201403050702016b3.jpg
やや加水率の低いタイプですがスープとのマッチングはもちろん、
モサモサと口いっぱいにほおばるのがこれまたいちだんと楽しいものになります。
やや多めに入ってる胡椒も見逃せませんね( ̄∀ ̄)v


■食べてみて…
久しぶりにいただいた「塩」ですが、
やっぱそれなりのボリューム感もあり、食べやすく旨いですね♪

「岩出に来ると食べたくなるぜ!」

そんな一杯だと思います♡


※『岩出市で℡番号が「62」から始まるってことが
老舗の証やね〜(笑)』

「ほぉ〜なるほど〜」と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「天狗の面」を別の道具で使ってないやろな!(爆)』
「何訳分からんこと行うとんね-ん!!!(笑)」というツッコミは
こちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)

 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『てんぐ 』これまでの飲食跡♬】
その1:てんぐ(テング) 訪問日:2005/09
その2:本日のランチは てんぐ@岩出町吉田♪
その3:2006/2/2 てんぐ
その4:てんぐ 2007/5/25
その5:先代のころからごやっかいになってまして今は2代目です!
その6:岩出市では根強い人気を誇る老舗の名店であります!!!
その7:極楽でもなく、地獄でもない、つまり…
その8:ヤッパリ夏はカレーやね~( ~っ~)/
その9:【その1】岩出・紀の川スタンプラリー

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岩出市 

久しぶりに来たね〜(笑)「ラーメン○イ」

久しぶりにアロチ界隈を行脚す

■ラーメン○イ【地図】
@和歌山市中之島2323
【営業時間】月〜金:19:00〜翌3:00 土曜日:19:00〜翌4時
【定休日】日曜日
【電話】073-427-2662
【駐車場】近くにCPあり
P1070615.jpgP1070619.jpg
入店は20時過ぎ、まだまだお客さんは少ないかな。
しかしこちらのお店もかなり久しぶりの訪問ですねぇ(しみじみ)
暖簾をくぐってみると…あらまぁ、ノーゲストでした。



■店内&お品書き
P1070620.jpgP1070621.jpg
カウンター席の端に座りお品書きをじっくり眺めてみます。

そーいえば… 『ネギラーメン』ってなかったっけ?
前回訪れたのはマジで随分前の事なので
記憶の中からはすっかり消え去っておりました…(-o-;)

そんな中、やはりオーダーはデフォのラーメン。
2014年1月現在はどんな感じなんでしょうか… 楽しみでございます(笑)



■ラーメン(750円)
●スープ:豚骨+醤油系
●麺:細ストレート
●具材:チャーシュー、大量のネギ、少量の細もやし
P1070624.jpg
お客さんは誰もいなかったのでひとりだけで厨房に大注目し、
調理シーンの一部始終を目の当たりにする事ができました。
割と直ぐに着丼いたします(笑)



■デッドで!!
P1070625.jpg


ザ・ネギ!




ねぎ!!





葱!!!


ネギどっちゃりは○イの旗頭♪ 当然ながら麺なんぞは見えるわけじゃなく、
ネギの絨毯が鉢全体を覆い尽くしております。
そんなビジュアルですが迷い無くデッドでいただいてみますと…
P1070629.jpg

ネギもやしが一緒に

口へ入ってきたし〜(」゜□゜)」』


豚骨の効いたスープはやはり粘度が少ないもの。
コレは今に始まったことではなく前々からの懸念材料でした。
久しぶりのこの日も内心はそれなりのコッテリさを期待したのですが…

そうは問屋が卸してくれませんでした(苦笑)


んで、あらためていただいたスープですが思いのほかスープが濃い。
P1070631.jpg
濃いですがいわゆる元タレの醤油勝ちというものでございます。
コクはそれほど無く、やはり醤油タレにかなり支配されております。



引っ張り上げた麺はやや細ストレート。
P1070633.jpg
その個性的なスープに主役の座を完全に奪われてまして、
マッチングもアベレージでした。


■食べてみて…
P1070627.jpgP1070638.jpg
久しぶりに訪問しましたこちら○イ。
パワフルな葱攻撃には安心させられました。

わかりやすい旨味は現在でしたが、
やはりもう少し豚骨が効いてパンチがあると嬉しいなぁ。
そんな実感でございました。
ご馳走様でした〜♪


※『その昔はもっとパンチがあったよなぁ…』
そんな記憶が蘇ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『なんかチャーシューもかわいいサイズやね〜(苦笑)』
と思った方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『ラーメン○イ(まるい) 』これまでの飲食跡♬】
その1:○イ(マルイ) 2005/07
その2:2005/12/6 ○イ
その3:2006/8/4 ○イ
その4:十数年程前は毎日のように通ってた聖地やったなぁ…(回顧)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

とこわかはる稽古場総見 「佐渡ケ嶽部屋@松原市」

張りつめた空気に圧倒される稽古風景!


3月に入るとはるの訪れとともに聞こえてくるのが大相撲大阪場所の話。
祖父、親父が大の相撲好きであった影響で私もかなりの相撲好き。
そんな折り、これまた無類の相撲ファンのツレから
「稽古場見にいかへん?」のお誘いがありまして人生初の稽古場見学を敢行することに!

「とこわかはる稽古場総見」

というわけであります(笑)

さてさて、向かった先は、
大阪は松原市にある善宗寺で部屋を構える「佐渡ケ嶽部屋」
琴奨菊、琴欧洲、琴勇輝と3人の関取力士を抱える名門部屋で
親方は現役時代に甘いマスクで人気のあった琴ノ若であります。
P1090488.jpgP1090489.jpg
そのお寺には関取の象徴であります上りがガッツり上がってます♪





そしてお寺さんの入口には今場所の番付が貼られてました。
P1090485.jpg




さて、到着したのが7時過ぎ。
もう若手の稽古が始まってました。
P1090465_20140303075715c00.jpg
近づくにつれ「ごつん、ばちーん!」という頭や体がぶつかる音が
稽古場の外まで聞こえてきました。

この稽古場を見学する時のマナーとしては…
・喫煙、飲食をしない。
・携帯はマナーモードで。
・音を立てない(気が散ると怪我の元) などなど
注意が書かれておりました。当然その注意を守りつつ
窓の外から稽古場を凝視します。
当然の事ながら写真撮影なんてもってのほか!
緊張の中で稽古が続けられております。

当然ながら番付の下位になればなるほど小僧扱いで練習も早朝からとなります。
昨日は気温も上がらず風も吹きすさぶ中、腕組みをしてじっくりと風景を凝視します。
そんな稽古の内容はと言いますと…

四股(しこ) ・股割(またわり)・摺足(すりあし)・鉄砲(てっぽう)

という基本的な内容をこなし、次に実践稽古へ映ります。

■申し合い稽古
勝ち抜き方式で勝った者が次の相手を指名するというやり方。
負けるまで土俵にあがり続けることができるので、言うなれば
「強くなればなるほど稽古量が増え、更に強くなる」という
稽古スパイラルにハマっていくわけですね〜(笑)


■ぶつかり稽古
ぶつかり方(攻め手)は受け方(守り手)の胸を借りてただただ押すのみ。
そして最後には一回転をして受け身の身のこなしを身につけていきます。
場所前になると怪我を避けるさけるべく、このぶつかり稽古がメインと
なるそう。


この稽古が番付に応じてひたすら繰り返されていきます。
時計の針が10時指す頃に、琴勇輝(十両)、琴欧洲(関脇)、琴奨菊(大関)が
付き人を従えて登場。親方に力水をつけて稽古開始となります。

が、関取衆はホントマイペース。

(おひおひ、ほんまこれで稽古になってんのか?)

と疑問も湧いてきますが、いざ稽古を始めるとその身のこなし、風格、安定感 などなど
どれをとってもオーラが凄いです! 
ただし、琴勇輝は故障あがりなのでひたすらすり足の稽古を続け、
琴欧洲は足を気にしている様子… 唯一元気だったのは琴奨菊だけだったような気がします(汗)

この他に、稽古場で鉄砲を繰り返す者、稽古場の外の屋外では筋トレなどを積極的にこなされています。
そして最後はクールダウンの運動(いわゆる整理体操)をこなし歌を歌って終了しました。

と、ここからはフリータイム♪ となりまして撮影やおしゃべりが可能となります。



■稽古後
P1090463.jpg
最後の歌を歌ってるシーンです。
コレが終わると各力士さん達が一斉に稽古場の外へと出てこらました♪


先ずは…

■琴勇輝(ことゆうき)
P1090482.jpg
つぶらな瞳が可愛い力士です♪
これまでは怪我もあって満足のいかない場所だったと思うので
今場所は頑張って欲しいです。



■琴欧洲
P1090468_201403030757190e2.jpg
2m03cmはやはりデカい! ハンパねぇデカさですよ(笑)


そして、赤ん坊をだっこしますが
P1090470.jpg
赤ん坊は慣れないのか、号泣(爆)

そして、琴欧洲もこういったのが嫌いらしく、そそくさと稽古場を離れました。


そして最後はこの方! 大関でございます♪


■琴奨菊
P1090472.jpg

とにかく体が凄い!
ただのデブではなく、がっちりと鎧をまとっているかのよう。
若手とは比較にならない強度感であります(笑)

そして大関も付き人を従えましてお寺の本堂へ向かい
しばらくすると帰ってきました!
P1090473.jpg
P1090474.jpg





そして忘れちゃならないのがコチラのお方佐渡ケ嶽親方です♪
P1090480.jpg
P1090483.jpg
弟子のひとりひとり、そしてこの日で出稽古に来ていた近大相撲部のメンバーにも
相撲道を丁寧に指導されてました。



そうこうしているうちに、関取衆はお風呂に行きまして
稽古場ではタニマチさんを招待しての「ちゃんこ」が着々と進められてます!
そのちゃんこの一部がコチラ。
P1090476.jpg
この他にもたくさんのおかずとちゃんこ鍋が付いてくるそう。
マジでメチャメチャいい匂いが漂ってきましたよ〜♪

そして稽古場の前で待っているタニマチさん達が順番で呼ばれ稽古場に消えていきました。
P1090486.jpg
そんなタニマチに混じっているもののその存在とは縁遠く…

ただの「近所の相撲好きのおっさん」というのが我々ですから…(苦笑)




そして帰り際に見た相撲の典型的な後継がコチラ!
P1090487.jpg
若手が風呂に入っている関取のまわしを干してました。
これも若手の重要な仕事のひとつでもありますね♪



初めての稽古場総見でしたが、その迫力と緊張感は想像以上のものでございました。
来週から始まる大阪場所。久しぶりに本場所へ行ってみようと思います。
P1090466_2014030307571775d.jpg

本場所が楽しみだぁ〜♡ 



■佐渡ケ嶽部屋
大阪場所 宿舎  
@大阪府松原市田井城5-13-2        
日蓮宗福嶋山 善宗寺内 佐渡ケ嶽部屋

※駐車場が無くまた道幅も狭いため、ご近所のご迷惑にもなりますので
稽古見学等は公共の交通機関でおこし下さい。
<交通機関>
近鉄南大阪線 阿部野橋駅 → 高見ノ里駅下車 徒歩(約1km)~15分
            〃     → 河内天美駅下車 タクシー
            〃     → 河内松原駅下車 タクシー


※『まわしって洗わへんって知らんかったわ〜〜!!!』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『大阪場所、いつつれてってくれるのん!』
のポスターってなんか可愛いよな!

このコピーが気に入ってくれるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 古流武術・武道
ジャンル : スポーツ

Tag:【イベント】 

しもたー!!! 忘れてしもた!!! 「中華そば○繁」

麺、変わりましたな…( ̄∀ ̄)(ニヤリッ)

■中華そば ○繁(マルシゲ)
@和歌山市黒田177 【地図】
【営業時間】12:00〜13:00/18:00〜翌2:00
【定休日】月曜夜、火曜日
【電話】073-473-0190
【駐車場】店前あり
P1070254.jpgP1070255.jpg
昼営業は珍しいのですがTELにて確認すると営業されてましてラッキー♪ 

即訪問です(笑)



■お品書き
P1070262.jpgP1070261.jpg
昼営業で訪問したのって過去にほとんど記憶にありません。
ひょっとしたら初めてかも…(笑) なんて記念日なんでしょ♪
店内は老若男女で満員!かなり賑わっております。
入口付近のカウンター席に腰を下ろして中華そばをオーダーしました。



■中華そば(650円)
●スープ:鶏+野菜果物系
●麺:中太ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、蒲鉾
P1070264.jpg
お昼とはいえ比較的年齢層の高い店内では初老の皆様のプチ宴会が行われておりまして
どて焼きが飛ぶように売れてました。いやぁ元気、元気♪
そして、しばらくして中華そばが配膳されました。


■デッドで!!

「んっ?」


『麺変わったな!!』


直ぐわかるくらいに雰囲気が変わってます。
麺線が明らかに太いね〜!


■前回訪問した時の麺
blog_import_52237d3a7ca28_2014030220424874d.jpeg



■んで、今回の麺
P1070272.jpg

ね! 明らかに違うでしょ!

そんな太くなった麺ですが、茹で加減は
相変わらずの柔らかめがデフォですね。
そして麺がスープを目一杯吸っています!


そんなスープは○繁オリジナルの甘旨系。
P1070269.jpg
個人的にはこちらのスープがいわゆる「トラディショナル中華そば」
とは一線を画していると思っています。和歌山では唯一無二の味わいなので
かなり貴重な存在か、と。
小ぶりで分厚いチャーシューもオリジナリティ溢れてまして
これも○繁オリジナルでしょう♪


■食べてみて…
P1070266.jpg
優しい味わいの中華そばなので特に老人の方々に人気があるのはうなづけます。
麺が太くなったことで食べやすくなり印象も明るくなったと思います。


そして清算しようとカウンターへ向かおうとズボンの後ろポケットを叩くと…


しもたー!!


財布忘れたやん(」゜□゜)」

会社の机の上に置いてきたことを思い出した。
完全に中華そばを食べてしまった後に気づいたのでもうじたばたしても仕方なし。
残ったスープを飲むフリと目の前のラーメンタクシーの記事に目を運びながら
会社の仲間にhelpメールを、ば。

レンゲでスープを口に運ぶ仕草を300回くらいしたところで
仲間が何事もなかったようにお店へi〜n!

事なきを得ました。

いやぁ…  かたじけない…(-o-;)

そんな焦りながらの状態で読んだ壁に貼られた
ラーメンタクシー限定のメニュー達!
P1070259.jpg
どうやら中華そばを連食していただくべく、半玉麺を作って
巡回コースを提案されてました。これはこれで非常に面白いと思いました♪
創意工夫をもって和歌山の中華そばを盛り上げてもらいたいですね。
応援します!!!

※『麺…画像を見る限り変わってないうような…(笑)』
ちょっと分かりづらいぞ〜ポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『和歌山ラーメンタクシーって今も稼働してるんやろか???』
そんな疑問をもったならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『中華そば ○繁 』これまでの飲食跡♬】
その1:○繁(マルシゲ) 2005/07
その2:2006/8/14 ○繁
その3:2006/11/10 ○繁
その4:○繁(マルシゲ) 2008/2/21
その5:金曜日に訪れると特典があったんや…(忘)
その6:今日のコンディションはなかなかよろしいでぇ~( ̄∀ ̄)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

トレードマークの黒熊が愛されて数十年〜♪ 「サッポロ」

知らんかったわ〜(笑)

■サッポロ
@和歌山市畑屋敷端ノ丁36 【地図】
【営業時間】11:00~14:00/17:00~翌3:00 金・土 ~翌4:00まで営業
【定休日】日曜日のお昼、第三日曜日
【電話】073-433-2820
【駐車場】店前2台分あり
もう数十年前になりますが畑屋敷で夜の仕事をしていた頃
こちらのお店にへは通い詰めた時期があります。
夜中遅くまで営業されていたので、仕事が終わった頃に食べるには
もってこいのロケーションでした。その頃から夜営業のみだと思ってました。

そして数日前、何気に前を通ったら…
P1070449.jpg

「なんと! 暖簾が上がってるじゃないか!!(」゜□゜)」」

まさか、ランチタイムに営業していたとは知らなかったなぁ…
そんなコチラに即入店、飛び込みました♪
画像を見るとなんか夕暮れっぽく写ってますがちゃんと昼間ですねん(笑)



■店内&お品書き
女性ばかり3人でお店を回されおりまして、皆さんせっせと動かれてますね〜♪ 
P1070453.jpgP1070450.jpg
見ると餃子の皮包みの真っ最中。夜から営業の仕込みはバッチリですね♪



そんな姿をチラ見ながらテーブルのお品書きを、ば。
P1070451.jpgP1070452.jpg
基本的には味噌・塩・しょうゆの3味ですが
今回はあまり食べた記憶のない『塩』をチョイスし、
ランチメニューのチャーハンも一緒にいただく事にします!



■塩ラーメン+チャーハンセット(750円)
●スープ:鶏メインの白濁系塩
●麺:太ちぢれ
●具材:チャーシュー、もやし、キャベツ、ワカメ、ネギ
P1070456.jpg
チャーハンとラーメンは別々の人が作るという分業化が実施されてまして
あっという間に両方着丼いたしました!



■デッドで!!
先ずはラーメンからいただきます!
P1070457.jpg
スープは白濁系の塩味。基本的に色んな味わいがします。



「いかにも塩」っていうクリアさはないですが、
和歌山では数十年前から親しまれている、ある意味
「サッポロ!」というオリジナリティが確立されていると思います。
P1070465.jpg
また「塩味」としては珍しく最初から胡椒がINされておりました。

(塩味でわざわざ和歌山ナイズしなくても…)

とも思いますが悪くないのでまっ、いいか(笑)



しかし驚いたのが麺!
P1070461.jpg

こんなに太かったかなぁ…

曖昧な記憶を辿るもここまでじゃなかったはずですが

とにかく麺が旨い!!!

おばちゃんスタッフの茹で加減も絶妙で噛み心地も抜群。
思わずおばちゃんに尋ねたその出どころ(笑)

聞くと、以前は大阪からの取り寄せだったのが今では地元の製麺屋で作られてるとのこと。
噛めば甘味ある麺が塩スープにきちんと絡んでくるんですよね〜♪

ごま油で炒められた野菜トッピングも香ばしくてグッド。
P1070469.jpg
和歌山には無いタイプの麺とともに最後まで美味しくいただきました。



■チャーハン
太麺の存在感の影に隠れて忘れそうになっていたチャーハン。
さて、その出来映えはと言いますと…
P1070474.jpg

『正統派のaverage野郎』

で、特徴は特にナシ。


一番残念だったのが『パラパラ感』の無さ。
P1070478.jpg
普通に美味しいのでもったいないなぁ…と。



■食べてみて…
とにかく今回の収穫は
P1070455.jpg

・昼営業している事が確認出来たこと。
・麺の出来映えが素晴らしかったこと。

この二点につきますね。

女性スタッフさんが一生懸命仕込んでいた餃子も魅力的でしたし、
夜の飲みメニューもまたしかり。
P1070485.jpg
器に書かれた「サッポロ」の文字の剥げ具合もイイネ(爆)
今年の要チェック店になりそうで〜す v(*^o^*)v


※『和歌山ではホンマに老舗やもんな〜(笑)』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『実は「焼きそば」がメチャ旨いねんで…』
「ホンマか!食べたい!」そう思ったならこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『サッポロ 』これまでの飲食跡♬】
その1:サッポロ 訪問日:2005/09
その2:もうかれこれ20年来のおつきあいをしております
その3:実は初めてなんです…(^_^汗)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター