味噌の名店が難波へ進出♪「麺屋 彩々なんば店」

難波駅と大国町駅、どちらが近いやろか?

■麺屋彩々なんば店
@大阪市浪速区難波中1-12-13 【地図】
【営業時間】11:30〜14:30/19:00〜22:00
【定休日】火曜日
【電話】06-6656-5353
【駐車場】近くにCPあり
P1060773.jpg
P1060775.jpgP1060776.jpg
彩々の二号店が誕生したのが10月のこと。
あれから既に3ヶ月が経過してしまいましたが
やっとこさ訪問にこぎつけました(笑) が…
お店に到着したのが18時55分。
看板に灯りが灯っているのだが入口には『準備中』の看板が…

『しまった!やっちまったか!!(」゜□゜)」』

と意味もわからず焦っていると
お店から若いスタッフ君が出てきて『今から開店しま〜す』と一声♪ 
19時からの営業でございました…(笑)




■店内&お品書き
P1060779.jpg
オープンから3カ月ちょっとしか経ってないのでやはり綺麗で気持ちイイっすね。



そして入口右手には券売機がありまして先ずは食券を購入します。
P1060777.jpg
見慣れた鶏白(パイチー)シリーズに味噌、それにつけ麺がありますが… 
やはり冬は寒いという事でパイチーの坦々麺をチョイス♪ 

またまた冒険したかなぁ…(爆)



■白鶏坦々麺(850円)
●スープ:鶏白湯坦々
●麺:中太ストレート
●具材:ミンチ、メンマ、糸唐辛子
P1060787.jpg
オーダーを通してからスタッフの兄さんに
『斎藤さんいらっしゃいます?』と何も考えずに尋ねたんですよ。
すると『ハイいます!』と意外にも全く予想しなかった言葉が(笑) 
すると奥の厨房からわざわざ斎藤さんが忙しいのに挨拶しに来てくれました。
軽はずみに言った言葉が…お忙しいのに申し訳ございません…m(_ _)m
挨拶を終えると同時にラーメンがタイミング良く着丼いたしました。



■デッドで!!
ビジュアルはとりたてて変わったところのなく、あたり前のようにスーッと体に入ってきます♪
P1060790.jpg
坦々スープとは言え、鶏ベースのコクと辛味噌とのマッチングは素晴らしく
スープをグイグイ呑んでしまっている自分がいました(笑) 



麺は中太ややちぢれか、な?
P1060793.jpg
麺自身の甘味がしっかりと表現されてまして旨い!! 
旨いうえに麺を噛んだ時の食感、噛みみ心地が実にイイんだな〜これが♪
やはり彩々の自家製麺は旨い!大好きな麺のうちのひとつであります。

そんな麺はしっかりとスープを捉え、引っ張り上げ、
更には相性もバッチリなのでホント食べていて笑みがこぼれました〜(*^o^*)



■食べてみて…
P1060800.jpg
とにかく最初は具材料が少なく感じます。
ところがスープが少なくなるにつれ、かき混ぜながら食べると
鉢の底からはジューシーなミンチや肉類がどんどん顔を出し始めます。
それと共に坦々麺の辛さからか汗がどんどん吹き出してくる予感とともにおあいそをば…

そして難波から天満の『こまちゃん』で呑んでる間にも汗が吹き出し続けました…(笑)

なんでここまで汗かくねん…(^。^;)   自らツッコンどこ(爆)



※『難波駅と大国町駅、どっちが近いやろ?』
そう思ってる方はポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『斉藤さんの打つ麺は本当に旨いです!!!』
そう思っている方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:浪速区 

この酸味がいいよな〜♪「○木(まるき)中華そば」

若い世代に支えられてます!!!

■○木(まるき)中華そば
@和歌山市和歌浦南1-1-3【地図】
【営業時間】17:00〜翌1:00
【定休日】木曜日
【電話】073-447-9557
【駐車場】専用あり
P1160144.jpgP1160145.jpg
ラーメン副部長との定例行脚のこの日。
副部長は20年以上ぶりだというコチラにお邪魔しました。
コチラは「夜営業のみ」というだけでなく
最寄り駅が紀三井寺で、そこからもかなり距離があるので
県外から来られるにはかなりハードルの高いお店でございます。
和歌山では老舗でトラディショナル中華そばを語る上では
絶対に外せないお店でもあります♪



■店内&お品書き
P1160146.jpgP1160164.jpg
かなりメインの屋号看板が剥げてきた印象を受けるのは私だけかな?(笑) 
入店したのは20時半過ぎ。お客さんは若い世代が非常に多く、
また入店してくるメンバーも若い世代がほとんどでした。
なんか嬉しい気分です♪



■中華そば(600円)
●スープ:醤油エッジ系豚骨ベース
●麺:やや細ストレート
●具材料:赤身チャーシュー、千代巻、メンマ
P1160150.jpg
20年以上ぶりにお店に足を踏み入れた副部長.

『昔は玉子を床にほかしてたけど…

今は厨房も含め綺麗になったなぁ〜』


と感慨深げ。そんな昔を思い出していると配膳されました。



■デッドで!!
P1160153.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ サンミエッジキタァァァ━!!

ビジュアルは黒く、酸味の強い醤油エッジの味わいは変わりなし!!
加えて、比較的たくさんの油分がスープに溶け込んでいるため
とにかく熱々が最後まで持続します。

個人的にはこの酸味が○木の特徴だと思いますが、
慣れてないお客さんには…うーん、どうやろか… 
好き嫌いが分かれるかもしれません。


麺は普通ストレート!
P1160157.jpg
程よい茹で加減のやや細麺はスープから引き上げると
より醤油色に染まっており、それが旨さを助長させます(笑)


チャーシューは赤身メインで2枚in♪
P1160161.jpg
でも、個人的に赤身はイマイチ好みじゃなんだよなぁ(苦笑)


■食べてみて…
147.jpg
でも最終的には全汁をいたしました!

この日は若干、ブレを感じ醤油エッジが弱かったですが
それほど気にするほどではありません。

それよか、地元の若者世代がどんどん訪れうまそうに中華そばを食べる
そして、

「うまいわ、どえらい旨いわ〜!!」

と言いながら食べるその姿を見るとなんだか嬉しくなってきました。
(なんか年寄りみたいな事を言ってるし…w)
そんな若者の勇士を見ながら退去。副部長もご満悦でございました!

ごちそうさまでした…m(_ _)m


※『そうやねん、夜営業はハードル高いねん…』
と常々感じているならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『ココの酸味は好き嫌いあるやろなぁ…』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『○木(まるき)中華そば 』これまでの食跡♬】
その1:○木(マルキ)
その2:2005/12/7 ○木
その3:2006/1/13 ○木と○イ
その4:2007/1/13 ○木
その5:2006/5/28 ○木
その6:2006/8/19 ○木
その7:2006/10/28 ○木
その8:○木 2007/9/12
その9:○木(まるき)中華そば   2008/6/25 
その10:濃いめの醤油はやっぱ効くなぁ~(^~^)
その11:実はここの持ち帰りは初めての経験なんすよ~(^~^)
その12:夜のみ営業の老舗は「中華一点」で勝負する潔さアリ!!!
その13:初シャッター(笑)
その14:あぁ昔ながらのお品書きが…(」゜□゜)」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

怒られちゃいました…(苦笑)「酒の奥田」

待ち人が遅れたのでもう1軒(笑)

■酒の奥田
@大阪市北区天神橋4-12-22
【営業時間】10:00~12:00/15:00~21:00
【定休日】日曜日
【電話】06-6351-9514
【駐車場】なし
P1060750.jpg
ツレと待ち合わせていた場所へ向かう途中にメールが…

「ちょっと遅れるから飲んどいて!」

せっかく「しげみ」を早く切り上げて来たのに…
これならもっと飲んどきたかったなぁとブツブツ言っても仕方ないので
コチラへ滑り込みます。売りは手軽さ、そして安さ!!! そして禁煙です♪ 

相変わらずおっちゃん度がMAXなコチラですが
とにかく気軽に飲めるのがイイですわ。



■オーダー品
ビールは飲んで来たのでちょこっとコチラを♪
P1060752.jpg
P1060753.jpg
昨年からハマりにハマりまくっております


チューハイプレーンだす♪



もう、ビールの後はコレに限るねぇ〜くぅ〜!!!


そして… つまみはコチラ。



■串カツ1本
P1060759.jpg
P1060764.jpg



■フライドポテト
P1060754.jpg


「揚げ物ばっかりやん!(爆)」


まぁ、エエんですわ。これでww
さっきは和風ばかり食べてましたんでね〜♪

ただね、写真を撮ろうとした瞬間なんですが…

「あかん、あかん、品もんだけにしといてや!(プチ怒)」

とスタッフさん。
私がキョロキョロしてたからやと思いますが
結構な強い口調で指摘されちゃいました…(汗)

まぁ、気を取り直して飲みましたが

しかし、安いので安心して飲めるの最高〜♡


【『酒の奥田』これまでの飲食跡♬】
その1:【1軒目】とこの酒場放浪記 @酒の奥田 2011.12.17


※『ハハ!怒られよった(笑)』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『禁煙最高!!!』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 立ち吞み
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

大衆酒場のお手本!40年の歴史は重いっす… 「大衆酒場 しげみ」

昭和な雰囲気に誘われて〜♪

■居酒屋しげみ
@大阪市北区菅栄町10-9【地図】
【営業時間】17:30~翌1:00(L.O.24:00)
【定休日】月曜日、火曜日
【電話】非公開
【駐車場】近くにCPあり 
【電車】:地下鉄「天神橋筋6丁目駅」より徒歩3分位 JR環状線「天満駅」より徒歩5分位
P1060720.jpgP1060722.jpg
「たまには飛び込みでも〜♪」と天満でも奥まった場所をウロウロ。
そんな中、目に飛び込んで来たのがオレンジの看板。
パッと見はホントどこにでもある居酒屋さんの風貌なんですが
何故かフラ〜っと入店してしまう雰囲気がありました(笑)



■店内&お品書き
P1060747.jpg
お店はカウンター席がメインで奥にズズーッと伸びておりました。
奥にはテーブル席があったかどうかは確かめず。
目の前では大将と奥さんが忙しそうに動き回られてまして
その中央の位置へ腰を下ろしました。
そんな厨房の上部には年季の入ったお品書きがズラッと貼付されてまして

(ちょっと見づらいかなあ…)

と思ってると手元には新しい物が置かれてました(汗)
P1060736.jpgP1060738.jpg
カウンター前のネタケースには魚をはじめ、惣菜、和え物、小鉢がたくさん並んでおり
なかなかバラエティに富んでおります。また、揚げ物、焼き物もラインナップされてまして
おでんもメッチャ旨そうに湯気を立ち上らせてます♪
また、お品書きには飯類、麺類、お鍋にいたるまでどんなジャンルも網羅してくれそうですね。

さぁ〜何をいただこうかな〜 と思いつつ、

■スーパードライ大瓶(450円)
P1060726.jpg
そんな中、先ずはビールをオーダー♪
これがね〜キンキンに冷えてメチャメチャ旨い〜!!!
グイッと1杯飲み干しましてつまみに移ります。




■おでん(1本120円)
P1060730.jpg
やはり大好物のおでんは外せない(笑)
大根、平天、それに厚あげをチョイス。
1本120円と80円〜100円の天満価格からすると特別安くはないですが
上品な出汁と素朴な味わいが魅力で何と言ってもネタがデカいですね〜♪




そして…気になったのが目の前のケースに入っていたコチラ。
P1060734.jpg

旨そうな分厚いステーキ肉! 

よし!、これを1枚ガツンといきたい所でしたが…
そのお隣にあった
P1060735.jpg
コチラにしよう(笑)



■生しらすポン酢(400円前後くらいやったかな?)
P1060742.jpg
肉はお品書きを見る限り「鉄板焼き」に使用されるのか?
直接なメニーがなかったので好物のコチラに目が移ってしまいました(笑)



P1060744.jpg
口の中で跳ねたりはしませんが、新鮮な証拠に臭いは皆無。
これも旨いっすね〜♪ 

入店したのが17時過ぎで、30分を回ったくらいから
ご常連らしきお客様がどんどん来られ始めます。
みなさん奥へ、奥へ進まれるので奥さんに伺ってみると
奥には大きいテーブルが1卓、2階には宴会用の和室があるそうです。

もう少し長居したかったのですが約束がありましたので
今宵は泣く泣くここでお開きにいたします。



■食べてみて…
P1060724.jpg
入口の張り紙にもあるように40年も前から営業されている老舗なので
その風貌と昭和な雰囲気は他の追随を許さないところ。

平均したら一品300円前後になるでしょうか。安さが売りのお店じゃなく
純粋に「昭和酒場」を求めるにはもってこいだと実感しました。
ご常連さんが多いとお見受けしましたがそんなお店に突っ込んでいくのが
吞助の性でございます(笑) とはいえ、一見さんの私でも
普通に丁寧に接していただけたのが何よりでした♪
今度はゆっくりと来てもっとたくさんの料理と酒を堪能したいと思いました!

庶民的大衆酒場のお手本のようなお店に乾杯〜♡



※『確かに昭和な雰囲気あるお店やね〜♬』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『吉田類が訪れそう(笑)!!!』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

レビューちゃんと挙げろよな!(笑) 「こまちゃん」

祝!初シャッター(爆)

■こまちゃん
@大阪市北区天神橋5-3-3
【営業時間】17:00~23:30
【定休日】不定休
【電話】非公開
【駐車場】近くにCPあり 電車:天神橋筋六丁目駅から277m
P1040658.jpg
二劫(にこう)を後に大国町まで徒歩で戻りまして
御堂筋線〜堺筋線を乗り継いで到着したのがいつものホームグラウンド。
で、到着したのが17時過ぎということで…

初のシャッターですがな!!!

この日は別途所用があり時間がなかったのでいきなりこまちゃんへ♪
開店したてホヤホヤ、まだこまちゃんが掃除してたくらいですから(笑)

そしてこの日のお目当ては二つ。
1.ベジタブル焼酎を飲む
2.キーマカレーを食べる!

これが「とこわかはるの儀」でございました。

そしてこまちゃんへ来る時には既に酔っぱらっているのでちゃんと写真を撮らず
ブログUPもままなれあない状態でございました…orz
決して手を抜いている訳じゃないんですが、
もう5回分ほどスルーさせてます(爆)  ちゃんと書かなアカンわ…(汗)




■お品書き
P1080002.jpg
さてコチラがこの日のお品書き♪ 先ずオーダーしたのが





■鶏とポテトのアヒージョカレー風味(380円)
P1080001.jpg
ホテトのモサモサ感にピリッとしたカレーがベストマッチ!
鶏肉がアクセントとなってお酒が進みそうな予感♪


キーマ食うって言うてんのに


カレーばっかりやな!(爆)



そんな声が聞こえてきそうです。

そして… お酒は…
P1070990.jpg
新潟のお酒で初めていただく「鬼山間(オニヤンマ)」純米の赤でございます♪



■鬼山間純米(450円)
P1070995.jpg
赤鬼の顔が印象的なラベルのお酒ですが飲んでみるとわかるそのマイルド感。




P1070996.jpg
イカツイ雰囲気とは裏腹ですが1本スジの通った辛さが旨いです♪
グイッっと1杯飲んでからは…



P1070997.jpg
「ミッションその1」の生しぼりトマトチューハイを、ば!






■生しぼりトマトチューハイ(450円)
P1080007.jpg

「うわぁ〜メチャトマト臭するわぁ〜(爆)」

いい意味での青臭さ。個人的にはトマト大好きなんで、
酸味とチューハイのマッチングは最高っす〜♬



P1080011.jpg
そして、コチラのトマトをデッドにガシガシ齧ると
更にトマトのジューシーさが溢れてきます!

予想以上の爽やかさに満足で〜す。



そして次に飲んだのがコチラ!
P1080013.jpg

「キューリが入ってますねん」

はっきり言いますとお品書きにあったこの台詞にあおられて注文しちゃいました(爆)





汁は芋焼酎の黒霧島。知り合いのお父さんがこうして飲むそうで、
胡瓜と芋焼酎のマッチングを試してたところ…
P1080019.jpg

「カブトムシになった気分(謎)」

胡瓜と芋焼酎って「あわない」ことはないですが、「あう」ってこともないかなぁ…

なんか…微妙です(笑) でも、飲み続けたら美味しくなるだろうな♬


生ベジタブルチューハイを2杯飲み終えたところでタイムア〜ップ!
この日はこれにてお開きとなりました。最初は一人だったものの
19時前になると知った仲間が押し寄せていつも通りの賑やかさになってきたよぉ。


ちょい飲みも楽しい「こまちゃん」でした♡


※『ベジタブル焼酎って素敵や〜ん♪』
飲みたくなったらコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※「キーマカレー食べてないど!!!(怒)」
そんな厳しいご指摘はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『こまちゃん 』これまでの飲食跡♬】
その1:祝開店おめでと~♪
その2:いつぞやのこまちゃん♪(〃^∇^)σ))σ))σ))
その3:ラーメン部副部長と麺無しの会のラスト♪やっぱりココ楽しいわぁ~(*^o^*)
その4:招集命令!!!(笑)
その5:もちろんここ!!!(笑)
その6:いつぞやのこまちゃん♪ (〃^∇^)σ))σ))σ))
その7:もう1年も経ったんですね〜♪
その8:京橋からワープ(笑)

テーマ : 立ち吞み
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

King of tatinomi 「二劫(にこう)」

店主さん、寡黙さの中にこだわりが光ります!

■立呑 二劫 (にこう)
@大阪市浪速区難波中3-15-11【地図】
(大黒町から徒歩約450m)
【営業時間】15:00〜22:00
【TEL】非公開・予約不可
【定休日】日曜・祝日
P1080670_20140312074731c2e.jpg
P1080671_20140312074926e54.jpg
お店の噂を伺ってからもの凄く行きたかったお店がコチラ。
年末に何とか初めての訪問を果たすことができ、その猛烈な感動を胸に
間髪を入れずに訪れた2回目も感動の嵐でございます。
休みのこの日、まずはコチラをシャッターで訪れました。

立ち吞みなのでそれ相応の「あて」と「酒」を想像しますが、
コチラは安さ、クオリティー、そしてその居心地の良さを兼ね備える
恐るべきお店なのであります。
初訪問時はかなり混雑しており、おまけに「撮影禁止!」といういきなりの
洗礼を浴びたせいで恐ろしく狼狽してしまい、ほとんど記憶が残ってなかったので
今回はゆっくりと味わわせていただきましょう。

先ず注意事項ですが、店内は撮影禁止、携帯通話禁止となっております。
前回、12月に訪問した時には既にそうなってました。
それとは知らず、カメラを鞄から出そうとした時、すぐさま
satuei-4 のコピー
寡黙なマスターが張り紙を指差し、

「↑:これでお願いします!」


とひと言だけ言葉を発し、そのまま作業を続けられておりました。

そんな事情をわかったうえでの訪問です(笑)


入店は15時過ぎ。まだ誰もお客さんはおられません。
店内はカウンター席と、奥に簡易テーブル席が2つありまして、
グループで来た時は奥のテーブルを使う事がベストですね。
カウンターに立つとマスターがテーブル拭きを出してくれました。

壁にもいくつかは貼付されてますが、
まずはカウンターにあるお品書きを見てみます。
(※実はお店のサイトがあったとは意外でした(笑))


■料金システムと食べたもの
お支払いについてはオール前払いのキャッシュオンデリバリーシステム。
目の前にある籠に現金を入れておくとマスターが
勝手に持っていってくれます♬
この仕組みの嬉しい点は予算を決めて飲めるところ!
って言ってもこの値段だと気になりませんが…(爆)

先ずは籠に2,000円札を入れてスタート♪



★サッポロ黒ラベル大瓶(400円)
先ずは大瓶をチョイス。種類はコレのみ。
その他にはシルクエビスの缶ビール(500ml)が500円と
発泡酒(350ml)が200円となってます。


★ホテトサラダ(100円)
ジャガイモ、人参が割と大きくカットされ手作り感がいっぱい♬


★コールドビーフ(100円)
2枚ありまして肉質はそれなりですが甘いキウィソースが秀逸!


★おでん 1個(100円) 3個(200円)
ダシは薄味ですが満足するもの。3個だと200円は間違いなくお得。
肉団子、厚揚げ、ロールキャベツをチョイスするも、肉団子は3個入ってるし
ロールキャベツも厚揚げも開店間もないですが味が染みている♬


ここで、赤ワインをいただくことに。


★赤のFRANZIA(200円)
焼酎と同じ丸みを帯びたグラスにすり切り一杯入ってこの価格!
そしてちゃんとワイン銘柄を記載している点が良心的です♬


★モツ煮込み(200円)
モツは柔らかく煮こんでいるものの味つけはほどほど。
それよかこれに付ける「にんにく味噌」が旨い。
それに一味が入ってややピリ辛でアクセントもあります。


★鶏のタイ風カレー煮(200円)
スパイシーなグリーンカレーがいいね!
骨からホロッととれる鶏肉が柔らかくて食べやすいのが素晴らしい。


★スモークサーモンのマリネ 100円
脂のりの良いスモークサーモンにケーパスと玉ねぎが添えられ
エキストラvirginoilでマリネされたもの。さっぱりとしている限定品。
コレがナゼ100円なのか分からない(笑)


★クラッカー(100円)
ナビスコのプレミアムクラッカーが1袋(6枚入)で100円でした。
「あて」をクラッカーに載せて食べるのに重宝♬
ポテトチップスとかもおそらく1袋で出てくる可能性大w


そして、個人的に一番気に入ったメニューがこれ!
★タンのトマト煮(200円)
分厚く、量が多く、そして柔らかく。そんなタンに酸味の残る
トマトソースが合うのなんのって。これに赤ワインを合わせずに
どないすんねん!(爆)

基本的には肉系を赤ワインにに合わせたんですが、
中辛口のライトボディなフランジアにはピッタリとはまります!

とまぁこんな感じで調子良くいただけました。


■食べてみて…
出されるメニューはそれなりのボリュームで、
これが多いのか、あるいは少ないのかは個人の判断になるでしょう。
でも、私的にはこの量は素晴らしく、ちょこっとした「あて」で
色んなお酒をいただける方が十分やし、嬉しいし(笑)
そのうえどのメニューもキッチリと作り込まれているようで
このトマト煮なんかは素人仕事じゃないはず。そのくらいインパクトです!


これまではビールとワインしか注文してませんが、
焼酎、洋酒、清酒もメチャメチャ充実してまして
焼酎、清酒にいたっては有名銘柄が400円でたっぷり飲めるのが
アンビリーバボー!!!

そんな店内はジャズが流れるゆったりとした雰囲気で良識ある大人の飲み屋さん。
デカい声で喋る、騒ぐ、というお客さんはいないし、来ない。
かといってそれなりの会話は普通の立ち呑み屋さんとは変わらず。
まさに「BAR」のような立ち吞み屋さん。

「ゆっくりと、そして少量で何種類もの

お酒を飲む事が心底好き♪」


そんな方にはもってこいのお店、個人的にも大好きです。


※『こんなお店ってあるんやね〜♬』
と驚いたならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『マスターは絶対腕に覚えあるよな!、な!!』
そう思っておられる皆様もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:浪速区 

世界中にある支店数がハンパねぇ(笑)「味千拉麺 和歌山北インター店」

やっぱ訪問するならサービスday(笑)

■味千拉麺 和歌山北インター店
@和歌山市田屋105
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】無休
【電話】073-461-3567
【駐車場】専用アリ
img_239688_66250048_1.jpegimg_239688_66250048_0.jpeg
こちらの『味千拉麺』というブランドはまったくもって
世界中に店舗がありますね!驚くべき数字であります。m(_ _)m 
久しぶりに訪問するとなると、やはり狙い目は22日のサービスday。
デフォラーメンが半額になりますのでいざ出撃でございます。



■味千ラーメン(300円)
●スープ:熊本系豚骨
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、にぬき、葱、木耳
img_239688_66250048_2.jpeg
壁に描かれたキャラクターは似てないがスガキヤを彷彿とさせるもの。
(どうでもいいですがww)
店内に入ると『いらっしゃーい!いらっしゃいませ~♪』
と従業員さん達のお出迎え一斉砲火を浴びせられます!!
元気がいいのですがチョイとしつこさを感じてしまいました(^。^;)

そんな中、カウンター席に座りお品書きをひと通り見るも
『サービスdayラーメンをひとつ!!!』
と声を大にオーダーを入れました。



■デッドでGO~!
img_239688_66250048_4.jpeg
オーダーから2分後、ソッコー配膳されたデフォラーメンをデッドで飲んでみました。
白っぽい豚骨スープはやや甘く『いかにも九州』の流れを汲んだもの。
店頭入口やお品書き、それにHPにも使用されている素材のこだわりが色々書かれてますね。


img_239688_66250048_3.jpeg
熊本ラーメンと言えばフライドガーリックだそうですが、
それが入ったビジュアルはジャンキーさが溢れ普通に旨い出来映えでございます。




img_239688_66250048_5.jpeg
ただし麺はやや柔らく、しかもスープを素早く吸ってしまうため
更に柔らかくなってしまうのが残念すね…

もうちょい固めだとピリッとラーメン全体が〆まるかと思います。
チャーシューはすこぶる上々の出来映えだったので麺がもったいないし、
いちばん感じたのが『ヤッパ、感謝dayを狙うべし!』ということかな(笑)
ちなみに毎月22日がその日であります。



■湯気…
さてさて、実はこの日、とんでもなく往生したのが
店内のおびただしいまでの『湯気』の存在!

厄介なのが「とにかくカメラのレンズが曇って、曇って(号泣)」
この麺の写真なんて何度撮り直ししたことか... 

店内が暖かいのはいいですが度が過ぎるのはいかがなものか、と。

麺より完全にそっちに気がいってました……_|‾|〇


※『ここに行くなら絶対に半額dayしかありえへんし(爆)』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『コレだけ外国に支店あったら儲かってるやろなぁ…』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

仕事帰りに飛び込んでみたが… 「丸田屋岩出本店」

夜遅くでも流行ってるなぁ(≧ε≦)

■丸田屋岩出本店
@和歌山県岩出市中黒632-1
【営業時間】11:00~24:00(L.O.23:45)
【定休日】無休
【電話】0736-63-1245
【駐車場】専用アリ
P1110665.jpgP1110666.jpg
仕事が遅くなった帰り道、取引先さんが『ラーメン食いたいっすね〜♪』とひと言。
ちょうどその時は岩出市から和歌山市内へ向かう車の中。
『よしっ!ええとこありまっせ〜(^w^)』と滑り込んだのがコチラでございます。



■店内&お品書き
P1110673.jpg
P1110670.jpg


入店したのが23時前。
普通なら余裕で座れそうな和歌山タイムなんですが広い店内はほぼ満席状態!(」゜□゜)」

(めちゃめちゃ、流行ってるな〜♬)

と感嘆。だってそうでしょ、もう深夜だというのに
小学一年生くらいの子どもを連れて来ている家族が2つもあるんですから〜!! 

そんな中ですが運転は彼に任せて(爆)
ビールとデフォ中華そばをオーダーしました♪



■中華そば(600円)
●スープ:井出系豚骨醤油系
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、蒲鉾、
P1110674.jpg
先ずはプレモルが配膳されます。喉を潤していると中華そばが目の前に(^w^)



■デッドで!
P1110676.jpg
先ずはデッドで飲んでみましたが…
ビジュアルはメチャクチャ良かったですがワカランもんですねぇ。



コクはないし、濃度も不十分でコレは厳しい。
P1110677.jpg
薄っぺらさが前面に出ておりましてボディが弱く楽しめませんでした…


麺はいつものやや細ストレート。
P1110681.jpg
スープに引っ張られたのか麺茹で状態もベストではなくかなり柔らかい仕上がり。
デフォはそれなりに柔らかいんですがここまで柔らかいと…なぁ

そんなこんなですがチャーシューが旨かったのは救いです。
P1110679.jpg
頃合いの厚さに旨味も十分で一閃の光が差し込みました(笑)


■食べてみて…
P1110683.jpg
かなり辛いですが、個人的にはこの日の評価は低くならざるを得ませんでした。
よって多くを語るまい… しかし安定を求めて訪問したのに


残念だぁ(;∇;)/~~


【『丸田屋岩出本店』これまでの食跡♬】
その1:中華そば 丸田屋(マルタヤ) 訪問日:2005/07
その2:2005/11/18 丸田屋@岩出市
その3:12/20 丸田屋
その4:2006/3/1 丸田屋
その5:2006/5/12 丸田屋
その6:2006/6/8 丸田屋
その7:2006/9/29 丸田屋
その8:2006/10/27 丸田屋
その9:丸田屋 岩出店 2007/11/21
その10:丸田屋岩出店 2008/4/10
その11:丸田屋 岩出店   2008/7/15
その12:丸田屋 岩出店 2009/1/3
その13:ほどよい乳化をしております!
その14:お昼のコンディションはどうだろう…?
その15:さすがにお盆!! 10名の行列は初めてかも…(^。^汗)
その16:配膳が遅いのは何故なんだ?
その17:2010/4/1にリニューアルオープンされました♪
その18:しらす、ネギ、ダシ醤油は和歌山産です


※『たま〜にブレが見受けられますね…ココ』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『でも、井出系で頑張ってると思う!!!』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岩出市 

【閉店情報】三年坂 幸太郎  

【閉店情報】


■三年坂幸太郎
@和歌山市岡山丁84仙石ビル1F

「どうやら閉店したようだ…」という情報を友人よりキャッチし
向かった先が三年坂手前のコチラ。
先ずは遠目から看板を見ると…
P1070939.jpg
「幸太郎」の文字が消されておりました。



そして店前へやってきたところ…
P1070940.jpg

営業されている雰囲気は全くなく、

「閉鎖いたしました…」

的な雰囲気がアリアリとなっております。
準備中の札はかけられてますが、そのまま掛けっぱなしというものでした。




正面からはこんな感じ。
P1070942.jpg

扉には内側から板で覆われてまして
生命反応は皆無でございました。

備長炭ラーメンを売りにされていましたが個人的には
アロチで割烹のまかないとして深夜0時に回るのを待ってから
訪問していたころが懐かしい…

あれからもう十数年の年月が流れました。
またひとつ麺屋の灯が消えました。残念です(泣)



【『三年坂 幸太郎』これまでの食跡♬】
その1:三年坂 幸太郎(サンネンザカコウタロウ) 訪問日:2006/08
その2:まさに!炭尽くし…(」゜□゜)」


※『そー言えば、アロチでお店やってたなぁ…』
と当時を思い出したならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『備長炭ラーメンで店主さん、激ヤセしてたよな!』
「そうそう!」という方はこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【閉店されたお店】 

その噂は友人の中ではかねがね…(笑) 「山岡家 岸和田店」

南州軒がぁ…(号泣)


のリカバリーで来てみました…


■山岡家 岸和田店【地図】
@大阪府岸和田市三田町623-1
【営業時間】24時間営業
【定休日】年中無休
【電話】072-493-2200
【駐車場】店前あり
P1020865.jpg
P1020863.jpg
最初は和泉市にある南州軒を目指したのですが
あいにくの閉店という憂き目に…orz

近くでリカバリー店を探したところコチラに白刃の矢が立ちました。

というのも…

私の友人で死ぬほどこちらを愛している男がおりまして、彼が

『このお店の味はネ申なので一度は食べてみろ!』

と。 つまりその挑発に乗ってみたと言うわけで…(爆)

このお店は北海道に本社がある『山岡家』の大阪では初のお店です。

■店内&お品書き
P1020868.jpgP1020869.jpg
入口ではタッチパネルになったオーダーマシーンが出迎えてくれました。
そんなマシーンの使い方が解らぬまま見よう見まねで押してみまして…
デフォの醤油ラーメンと自慢の餃子をチョイスしました♪


■ラーメン(590円)
●スープ:豚骨+醤油系
●麺:中太ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、ほうれん草
P1020871.jpgP1020872.jpg
P1020873.jpg
店内はテーブル席とカウンター席で構成されてます。
そしてマンガがたくさん設置されてるのが印象的ですね〜♪
そして既にオーダーした後に卓上にうんちくがどっさり書かれたPOPが…
これは最初から欲しいアイテムでしたね。
 
赤のカウンターに腰を下ろして待ちますが、すぐに着丼いたしました。
P1020874.jpg




■デッドで!
P1020875.jpg
ビジュアルは豚骨メインだがかなりオイリーなもの。
ハッキリとした味わいはわかりやすく、見たまんまのイメージですね〜(笑)

肝心のラーメンですが、そのビジュアルは家系豚骨。味噌、塩をはじめ
いろんな味わいがチョイスできますが、最初はデフォで醤油で!
それがコチラのお店を楽しむ第一歩か、と。


具材は、チャーシュー・ネギ・海苔・ほうれん草と、家系の基本をおさえています。
P1020879.jpgP1020888.jpg



麺は中太ストレート!
麺は標準量でも結構多いです。太く短いのが特徴ですね。
P1020882.jpg
食べ応えはありますが、全体的バランスからすると
ちょいと麺が浮いてる印象は否めず。

麺がスープを弾いてるんですよね…orz

マッチングは個人的に残念な結果でございます。



■自慢の餃子(230円)
羽のついた皮はパリッとしており旨そうな雰囲気を漂わせております!
P1020893.jpg
その価格も至ってアベレージですし、味わいもそう。



P1020892.jpg
P1020897.jpg
特徴や特筆点はないのですが、誰でも普通に美味しく
食べていただける安定感のある味わいだと思います。
価格とCPは某専門店には及びませんが、
麺も餃子も、とにかく共に


「アベレミクス」


↑:※アベレージなメニューがmixされてるという意味ね(笑)

でございました!



■食べてみて…
P1020867.jpg
夜のリカバリーというシチュエーションでお邪魔しましたが
ファミリーや、学生さんでかなりの賑わいを見せています。
たくさんの「セットメニュー」がありまして「とにかくバリエーションが!」
というお客さんには充分満足なラインナップだと思いました。

ただ、豚骨臭のダメな方は避けた方がいいかもしれません。
私は全然平気でしたが…(爆)

最後に…
コチラのHPを見て思ったんですが、やはり本社は北海道。
全国でも関東以北の店舗展開がメインなんですね〜♬


※『へぇ〜 大阪初出店やったんや〜♬』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『さすがに「神」は言い過ぎやろ!!!』
力強く断言できるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岸和田市 

そんなに行きたかったんや(笑)「山為食堂」

叔父にねだられて…


■山為食堂
@和歌山市福町21【地図】
【営業時間】11:00〜17:00
【定休日】日曜日
【電話】073-422-9113
【駐車場】店前あり
P1050898.jpg
庭の草刈りでくそ忙しい時に叔父からいきなりの連絡が。

「『山為』ってうまいんかよ?」

『いきなりなんやねん(笑)』

「旨いって聞いたからな。」

『ほな行くか?』

「おぅ…」

訪問決定ですわ(笑)
入店したのは12時半。並ぶのを覚悟しましたがすんなりと入店できました。



■店内&お品書き
店内はいつものゆる〜い雰囲気。
そんな昔ながらを感じとった叔父は『懐かしいなぁ』を連発。
気に入った様子です。

そしてお品書きを見た瞬間
P1050867.jpg

『中華そばだけエラい高いわしょ〜』

とラウディなボイスで率直パンチを一閃!!!(」゜□゜)」

まぁまぁ、そこは置いといてっと…(^。^;)



■中華ソバ(800円)
●スープ:山為オリジナル
●麺:やや太ストレート
●具材:トロッとチャーシュー、蒲鉾、千代巻、ネギ
P1050874.jpg
オーダーしたのはもちろん中華そば。
「高い!」と言えどそれを食べに来てるんですから。
さらに叔父は「高いくせにくんの(配膳)遅いわしょ、
おんなじもん作ってんのに何でこんな時間かかるん?(`ε´)」

とまくし立ててます…(汗)

厨房の人は一生懸命作ってくれてるハズなのに…
これだからイラチは嫌なんですよ(笑)
叔父が文句タラタラ言ってるうちに配膳されました。



■デッドで!!!
いつもの中華そばが目の前に。
初めて食べる叔父は興味津々ですがお箸を割ると一気に麺を啜り込みます。そして一言…
P1050879.jpg


『だいぶ旨いな! この中華』


かなり気に入ったみたいで一心不乱に食べ進んでます。
そんな横でいただく私もこの日の感想を、ば…

スープはかなりの出来映え。
食べていてもスグに分かるそのスープとかえしのバランス。
とにかく具合が良いので

(味にウルサい叔父が旨いって言うのは確かやな…)

と納得。

次に麺。
P1050892.jpg
これまた固い麺が好きな叔父が黙って食べる程グッドコンディション(笑)
予想通り叔父は


(旨い、旨い♪)


を連発しながら完スペでございました!



■チャーシュー丼
P1050884.jpg

P1050885.jpg
中華そばで満足している叔父に伝家の宝刀『チャーシュー丼』を伝授(笑)

柔らかいチャーシューと白飯がが大好きな叔父にはドストライクだったようで
これまたソッコーの完食となりました。
P1050896.jpg



■食べてみて…
P1050872.jpg
この日の主役は中華そばというよりかは完全に『叔父』に奪われました(笑) 華そばの方ですが先から述べてますように全体的なコンディションが良く最後まで美味しくいただけました。
代金は叔父のおごりだったんですが

『また連れてきてくれよ…ニヤリッ

かなり気に入ったようです(笑)

【『山為食堂』これまでの食跡♬】
その1:山為食堂(ヤマタメショクドウ) 2005/07
その2:2006/3/9 山為食堂
その3:2006/4/13 山為食堂
その4:2007/3/20 山為食堂
その5:山為食堂 辛みそラーメン
その6:2006/5/31 山為食堂
その7:2006/7/26 山為食堂
その8:2006/9/14 山為食堂
その9:12/26 山為→グリーンコーナー→まるやま小松原→
○宮→○豊(臨時休業)→正善

その10:2007/3/28 山為食堂
その11:2007/5/11 山為食堂
その12:二軒目 山為食堂 ~和歌山中華そばツアー 2007/6/23 
その13:山為食堂 2007/12/19
その14:山為食堂 2008/3/12
その15:取引先様とプチ中華そばツアーへ♪ その2
その16:山為食堂  2008/8/19
その17:いつもの中華そばに○○を入れると…
その18:めちゃめちゃ待たされました…(ToT)
その19:おふくろの味じゃないが恋しくなるのはナゼ?
その20:16時なのにお客さん多いっす(°□°汗)
その21:城北Pの1時間サービスは800円からにしてもらいたい…(T_T)
その22:うーん…厳しいなぁ...
その23:裏メニュー!? チャーシュー丼(300円)(爆)
その24:単独オーダーはお初でした(笑)
その25:パーキングサービスが…
その26:なにぃ!!! 細麺てか???(?_?)


※『やっぱりチャーシュー丼はお約束やな!!!』
といつもコレをやってるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも、意外にブレがあったりするねんなぁ…』
そう感じた事があるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

ちゃんとその下で二度味してください♬ 「curry bar nidomi」

ここも「汗」、吹き出たし…(-o-;)


■curry bar nidomi
@大阪市中央区常盤町2-4-9 エクセル第6ビル 2F【地図】
【営業時間】
ランチ&カフェ: 12:00~15:30(売り切れ次第終了)
ディナー&バー:18:00~22:00
【定休日】日曜日
【電話】06-6949-3067
【駐車場】近くにCPあり
谷四カレー戦争を堪能しようシリーズの二軒目。(←い、いつからそんな企画が…)
前回の宝石からほど近いコチラへお邪魔いたしました♪

あいにくの雨模様のこの日、地図を頼りに歩きますが中々発見できなかった私。
そらそうですわな、二階にお店があるのに1階を探してたんですからね。
P1070530.jpg
ブロックを1,5周したところでオレンジの看板を発見した次第ですわ…(^。^;)。



■店内&お品書き
看板のあったビルの二階へ登って行くと…
P1070529.jpg




そこには何の装飾もない殺風景な入口がひとつ。
P1070528.jpg
恐る恐る覗いて見る前に…


『メッチャ、スパイスの匂いが

立ち込めてるやん!!(」゜□゜)」』



その匂いで目的地だとわかりました(笑)



P1070525.jpg
P1070524.jpg
店内はカウンターとテーブルで構成されてますが、
テーブル席は既にお客さんで満員御礼!よってカウンター席へ座ります。


お品書きにはデフォのnidomiカレーA〜Cのカレーが3種類ありまして、
その内2種類をセレクトするシステム。
P1070568.jpg
初めてだったのでスタッフのお姉さんに尋ねてみまして…
チョイスしたのがコチラです!



■ニドミカレー(800円)
P1070533.jpg
お姉さんオススメがAの特製牛すじ&Bのトロトロ豚なんこつスパイスC
という組み合わせでした。


そしたら、先ず豚からいってみましょか〜!

B:トロトロ豚なんこつ、ベーコン、ヤングコーンのスパイスカレー
P1070540.jpg
コチラは豚がメインに使われてましてスパイシーさが際立ってます。
マイルド感はほとんど感じず、完全にスパイス優先でございます。

ピリッとするスパイシーさが「これでもかー!」って
グイグイ訴えかけてきます。

一方、具材感はそれほどありません。

ん? ベーコン?コーン??

こんな感じですが… でも、旨いんです♬



A:特製牛すじカレー
P1070543.jpg
次にいただいたのがお店のデフォのコチラ。
かなり黒っぽい色をしてますがスジの脂が使われているそうで
中々に旨味が凝縮されてます。

デフォだけあって誰にでも受け入れられそうな素直さがありますし、
本格スパイシーさもあり、素人の私でも素直にその旨さを感じれました。



P1070549.jpg
全体的にとろみは少ないタイプですが欧風調に仕上げられ
甘さと辛さが適度にあり素晴らしいです♬




■食べてみて…
一品で2種類のカレーを食べれるのは嬉しい限り。
そして気になる「辛さ」ですが…
辛味に強くない私が普通に最後まで食べれるくらいのレベルでした。

そして好みで好きな順位をつけるならやはりAのデフォ牛すじカレーかな。
でも、その差は僅差で共にカレーとしての旨さを堪能させていただきました。


nidomiの語源は「二度味(ニドミ)」からきているそうで、
P1070527.jpg
お店の看板にも二度見る=四つの目が描かれておりました。

欲を言うなら、いっそのこと丸いデカい器で

3種類全部盛っていただければ!(爆)

二度味より三度味が嬉しいかな〜♬

そして、店内のセンスの良さも高得点。
ディナーではカレー鍋をはじめ、呑みやバー使いが出来るようですね。
P1070562.jpgP1070561.jpg
いちど夜の部におじゃましてゆっくり食べてみたいなぁ〜って思います。

そしてこの日のカレーも食べ始めて3分もしないうちに

「汗が鉄砲水のように吹き出てきた!」

事を付け加えておきます(笑) ごちそうさまでした♬


※『二つの味わいが楽しめるから好き♬』
と仰るならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『谷四はカレー好きには聖地やな!!!』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター