和 dining 清乃

初しらす丼にトライ!と思ってたら…

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~21:30
【定休日】月の午後、火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】店前あり
■せいのなう
静岡に単身赴任中の友人が帰阪する前に立ち寄るとの事でしたので迎撃すべく訪問いたしました。時間は午後1時過ぎ。ランチタイムとしては厳しい時間ですがこれでもまだ5名の待ち人がいるとは…勢いは本物ですね♪ しかし意外と回転は早くスグに入店できました。いつものカウンターに目をやると久しぶりに会う友人の姿が!! かれこれ3年ぶりくらいですか。変わらず元気そうで何よりです(`∇´ゞ さてオーダーですがいつものごとく悩んでると『今日は面白い麺があります…(笑)』とマスター。コチラのメニューは全て食べ尽くしてるのと悩むのも面倒くさくなってきたし~(笑) つーことでマスターのおまかせでお願することにして、また同時にシラス丼をお願いしました~(`∇´ゞ



■おまかせ(680円)
●スープ
魚介類の塩ベース
●麺
平打ちきしめん風
●具材料
チャーシュー、鶏ハム、味玉子、
■この日の感想
隣には先ず友人がオーダーした醤油が配膳されましてそれを完食。さら~に2杯目の塩が配膳された後に私の『おまかせ』が並びますがこれは旨そうじゃぁ♪


■デッドで!
見るからに魚介が利いてそうな塩ベーススープを飲んでみたところ…


魚介の利いた塩は滋味深く旨味が凝縮されたもの。
いわゆる塩のエッヂが全面に出されたものではなく
材料の全てが緻密に絡みあっているぞ。
最初のインパクトじゃなくじんわりと押し寄せてくるタイプなんだなぁ。

そしてそのビジュアル、

『なんですか?
この麺は(」゜□゜)」!!』


明らかに普段と違う雰囲気がプンプン。いつもの麺とは完全に違うシルエット。
そしてその麺をおもむろに持ち上げてみたところ… 



『き、きしめんか??』

平打ちされた幅広麺は明らかにきしめんのそれ。でも…
普通のものより幅は広く、しかも桜海老が練り込まれてます!! (」゜□゜)」

そして食べてわかるその滑らかさ♪
粉の風味と海老の味わい、それに塩スープが絡むと
まさに『潮』が旨味のうねりとなって押し寄せるかのよう。




(うーん…なんて厚みある攻撃ぢゃ…)

加えて是まで以上に存在を感じた具材料!
太刀持ち、すそ払いがスゴすぎる。
ただ、それより何よりもそれらを忘れさせてくれる程の麺全体の完成度でした

余裕で完汁でございました!


(お、恐れ入りました…m(_ _)m)




■しらす丼(200円)
このところ自分の中では絶対鉄板のおまかせ&レギュラー丼。この日はこれまた初めてのしらすをいただきました! (って思ってたら過去にもちゃんといただいてましたねぇ…苦笑) さて見た目の口径は小さいので『ミニ』っぽい雰囲気がありますが「実は底がめちゃめちゃ深い丼」なんです。そこにドバッ!!と飯が見えないくらいにシラスが載せられてるのでボリューム満点♪ 腹具合に余裕があれば2杯目もアリだったんですが…残念ながら今回はパス。麺&丼の余韻を噛みしめながらお店を後にしました。ご馳走様でしたm(_ _)m
【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
「和dining清乃」角長醤油『匠』



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

麺 dining 月乃家

久しぶりにつけ麺をいただきます
m(_ _)m

■麺 dining 月乃家
@有田川町天満428-1
【営業時間】
11:00~14:30
17:00~22:00
【定休日】火曜日・第2、第4月曜日
〔祭日の場合は営業〕
【電話】0737-52-5716
【駐車場】オークワ兼用450台
■つきのやなう
会社の所用で上司と有田川町へ。それが終わったのが12時過ぎ。ランチタイムと重なると自動的にコチラに来るとは…どんなシステムなんやろか(笑) とりあえず店前まで来るも約5名様が行列を、ば。しかしコチラは前のばかデカい駐車場で何組お待ちなのかがわからないからスリリング(爆) 取り急ぎ車を置き待ち人を確認すると6組! 思ったより少なかったので行列に加わることにします♪



■店内
待ち時間は約15分。思いのほか早く入れてラッキー♪ 店内は相変わらず活気づいておりますね~ オーダーは久しぶりつけ麺で。そしてシラス飯をプラスしました。



■甘旨つけ麺
●スープ
豚骨ベース
●麺
太ややちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ、煮玉子、小松菜
■この日の感想
上司は味噌つけ、初訪問の同僚は特濃でしたが当然ながら私の配膳がラストでございました。



■デッドで!! 
久しぶりのつけ麺♪ 具材料が別皿で添えられてます。


しかし麺メイン派の私としては
具材料がセパレートなのは
めちゃめちゃ嬉しい限りっす(`∇´ゞ




さてさて、濃厚かつマイルディな印象♪
万人受けする安定した味わいはお店のカラーを表してますね~! 
豚骨メインで魚介プラスの味わいはマイルド感のある食べやすさが売り。
骨太でどっしりしたスープも個人的には好きですがなかなかコチラも捨てがたいです(笑)





麺は太ストレート。つけスープとのマッチングはベストでかなり旨いです!

ただし…

つけ容器が『×』でございます…orz

なぜなら、素材がプラスチックになってたんです…

店主さん曰わく『熱さ』による火傷やスープをひっくり返される事の防止とのこと。
お客さんの安全面を考えられてました。ただ個人的ラヲタな意見からすると
プラスチックの容器はあまりにチープな印象で寂しい… 
麺の素材、味わい、作り手の気持ち、何より私の気持ちが…(←身勝手ww)
何とかならんもんですかね~と至極私的な意見です(ToT)




■しらすかけごはん
麺をすべてやっつけてからいただいたしらす飯。見たまんま旨いです(笑)  個人的希望はご飯の量を減らしその分しらすをもう少し増やして欲しいと思うのは勝手ですか?(爆)そして特筆点はこのしらす飯用のポン酢っていうか醤油。基本的には何もかけないのですがコレは旨いですね。シラス飯全体がレベルアップするようです♪  しかし安定した味わいを求めて有田川に来ると100%立ち寄ってしまいますよね。それだけ満足度の高い麺を提供してくれている証拠だと思います。美味しかった~♪

【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
【送料無料】特選 釜揚げしらす(1kg) 無添加 和歌山湯浅から老舗 前福がお届けする伝統の技とこだわり



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田川町 

【とこの酒場放浪記/京橋編】酒房 まつい

デッド飲み推進会定例幹部会議
@京橋のラスト

■酒房 まつい
@大阪市都島区東野田町3丁目5-1
【営業時間】8:00~22:30
【電話】06-6353-3106
【定休日】無休
【駐車場】近くにCPあり
■まついなう
京橋の駅の東側。でんいちのすぐ近くにある立ち呑み屋さん。黄色いデカい看板、暖簾が目印のこちらは朝の早くから営業されておりいつもおっさんで賑わっている京橋の立ち呑みスポット♪ ここにこなければ京橋は語れないくらいの老舗であります。そんなお店がこの日のラストを飾るのが相応しい。何と言っても雰囲気が素晴らしいですね!

■お品書き&店内


この日の店内はわりに幅広い年齢層のお客さんが集ってます。奥のカウンターに案内されると同時に注文を効かれますので考える間もなくチューハイをオーダー♪ ビール大瓶が480円だったのでさっきと同じくもう50円安くなって欲しいと感じちゃいます(笑)そして何と言ってもこちらは串カツがメインのお店なので各々好きな串をオーダーしていきます♪



■きす
これが無いと始まらないくらいに好きなネタですね♪ 串揚げにはなんとも相性がイイですよ。











■ハムかつ
これはあまり見ないネタです。
会長がチョイスしました。












■ジャガイモ
これは定番中の定番。
串カツに行った時には絶対に外せません。












■どて焼き
串カツに追加したのがこれまた名物のどて焼き!大好物です♪ ホントにいい味わいでたっぷりとふりかけられたネギもアクセントとして大切な役割を果たしてます。味噌もそう。大満足などて焼きでした。








■呑んでみて…
こちらの特徴を挙げさせてもらうなら…




の前には既に揚げられた串カツをはじめキャベツ、ソース、からしが置かれてます。
そのまま食べることもできますが冷めていては美味しくないのは当たり前。
オーダーを言うと前のカツを再度揚げ直してもらえるというスタイルなんです。















ドンずばの揚げたてをいただきたいのであれば
厨房の揚げ人さんの動きと声を聞いておいてください。
「○○揚げるよ~♪」
こんなセリフが聞こえたら合図。
そこに注文を被せていくと揚げたてをいただけますからね♪ 
そしてもちろんタレ二度漬けは禁止でございます。


しかし、こちらのお店は長居するのが心地よい雰囲気があります。せんべろもいいですがここではちょこっとオーバーしちゃいます。そんな居心地の良さでした。そしてほとんどのメニューが300円以下というのも嬉しいかぎり。早朝より空いてますのでお客さんの流れはとまりません。
「京橋ならまずはまつい」
というルールが本当にありそうな気がしました(笑) いやぁ~京橋も楽しいですね。もっともっといいお店がたくさんあるようなのでまた日をあらためて京橋を堪能しようと思います。「まつい」京橋栄誉賞の受賞決定でございます(笑)


 私のおすすめ:
キンミヤ オリジナルグラス(タンブラー)

Tag:都島区  Trackback:1 comment:0 

【とこの酒場放浪記/京橋編】電車一本立ち呑み処 でんいち

デッド飲み推進会定例幹部会議
@京橋の2軒目

■電車一本立ち呑み処 でんいち
@大阪市都島区東野田町3丁目10-4
【営業時間】15:00~24:00
【電話】06-6358-6169
【定休日】不定休
【駐車場】近くにCPあり
■でんいちなう
京谷本店を後にし、てけとーに歩いていて目に留まったお店に即入店。新規開拓とはそんなもんですね(笑)入ったお店はコチラでんいち。完全オープン立ち呑みカウンターのナイロンカーテン仕様店舗であります♪ 看板がやけに古びてまして味わいある外観に惹かれたのかもしれません。ではでは入ってみましょう♪ 




■店内
10人も入らなさそうな小さな店舗ですが、串カツをメインにおでん、どて焼き、刺身までと幅広い品揃えで迎えてくれます。カウンターの上にはその日の煮物が大皿で置かれてます。この日は筑前煮、ちぢみがラインナップされてまして奥にはおでんの大鍋がドドーンと鎮座されております。まずはアサヒの大瓶をいただく事にしましょうか♪



■板わさ
会長の好きな練り物「板わさ」どちらかというとビールより清酒に合うかなぁ~♪












■やっこ
定番のやっこ。

なぜ奴を食べる? 

そこに奴があるから…

この会話、
特に意味はありません(爆)





■串カツ(各100円から)
店内につり下げられたメニューを見ているとコチラの看板は串カツのようです。もっともっと食べたいけど後からボディブローのように効いてくるのが串カツなのでちょっと我慢、我慢。でもさすがは自慢メニュー。衣がサクサクと揚がってましてグッド! 中でも好物のレンコンを2本いただき♪






■特製チューリップ(200円)
本日のメインはコチラ♪

こちらがお店特製であり名物のチューリップ(骨付きからあげ)です♪ 
画像ではわかりづらいのですが

これかなりデカいです!

ほんと、ボリューム満点です!!! 


そして…

このカレーパウダーをつけて
食べるのがでんいち流なんだな~♪

オリジナルチューリップ旨し!










■呑んでみて…
小さいですがアットホームな雰囲気がすばらしく、一見さんでもサクッと立ち寄れるところが良いですね。メニューもオーバーアベレージで安定しており価格も安心です。初めてのお客さん同士でもスグに仲間になってました。この日は大瓶(480円)を注文しましたが欲を言えばあと50円ばかし安ければありがたいなぁ~って(笑)でも生ビールが最初の1杯が400円で次から350円になるのでこのシステムも技ありか、と♪ 毎日でも通いたくなるお店でした!

さぁ!
3軒目へ...((((*。>ω<)ノ Go Go♪

Tag:都島区 

【とこの酒場放浪記/京橋編】京谷本店

デッド飲み推進会定例幹部会議
@京橋の1軒目

■京屋本店
@大阪市都島区東野田町3丁目4-15
【営業時間】12:00~23:00
【電話】06-6351-8030
【定休日】無休
【駐車場】近くにCPあり
■京谷本店なう
この日はデッド飲み推進会の定例幹部会の日。いつもなら天満へ直行するところですがこの日は「気分を変えてみよう」ということで京橋で下車してみた。天満どうよう京橋も飲屋、風俗と男の遊びをするのには事欠きません(笑) 先ず1軒目は吉田さんももちろん訪れている行きたかったお店。チャリが邪魔なくらい(笑)止まっている京谷本店へお邪魔しました♪ 



■先ずはビールで♪
京橋駅の東側に位置するコチラは見たまんまの大衆酒場。昭和の香りがプンプンするお店でございます。中に入ると意外に広いと感じますし、こりゃまたおじさん連中の多い事、多い事(笑)メニューはとにかく多く、刺身、煮物からはじまって揚げ物、焼き物なんでもござれですが先ずはビールで乾杯♪ こちらは大瓶で450円でした。



■ポテトサラダ
やや玉子ウェイトの多いポテサラ。これを頼まんと始まらん。







■トマトスライス
シーズンになってきたな~♪ 
って感じのトマト。私の大好物。



■ズリ塩
「肉もの」と呼んでる
立ち呑みでのメインディッシュ(笑)

■飲んでみて…





味わいは値段相応といった感じ。
メチャメチャ安いってことは無いですが安定感のある老舗ぶりに惹かれます♪ 
刺身も頼みながらもっともっとゆっくりお店の雰囲気を堪能したかったのですが
「1軒につき
1人1,000円以内」
という鉄の掟があるのでおあいそ(笑)

ひとりで来るのもよし、仲間とワイワイ飲むのもよし。
雰囲気抜群なので1軒目としてはオススメなお店でした。

さぁ!
二軒目へ...((((*。>ω<)ノ Go Go♪

【お店の場所はコチラをクリック】


 私のおすすめ:
「新発売」サントリー プレミアム角瓶 43度 700ml(3)

Tag:都島区 

2013.05.25 Sat

とりの助 泉佐野店

バリ馬系列ウィズリンクのお店です♪


■とりの助
@泉佐野市南中安松660-1
【営業時間】
11:00~24:00
【定休日】無休
【電話】0724-65-2388
【駐車場】専用アリ
■とりの助なう
所用でR26を走行中にたまたま発見! 看板を見る限りではだいたい想像はつくんですが(笑) やはり血が騒いでしまいまして飛び込んでしまいました(笑)


■店内&お品書き


コチラのお店は広島に拠点をおくウィズリンクのFC店。和歌山では『ばり馬』と言えばお分かりになるハズです。『とりの助』となると大阪では初のお店になるのかな? 店内は相も変わらずハデハデな内装、食べるには邪魔にはなりませんが待つ間はあまり落ち着きませんね(笑) この日は家族同伴だったのでデフォの鶏そばをはじめつけ麺&焼飯をオーダーします。



■鶏そば(682円)
●スープ
鶏ガラ+塩系
●麺
やや平打ちやや細ちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ、白葱、水菜、糸唐辛子
■この日の感想
店内のスタッフさんがめっちゃ元気がイイていうかうるさいくらいだ(笑)おそらく会社の方針が徹底されているのだろうと想像するがやっぱり元気がよくて愛想のイイお店が気持ちがいいですよね。そんな印象の中で配膳されました(笑)


■デッドで!

ビジュアルはボチボチ(笑)
そんなスープをグイッとデッドでいただきます。

鶏ガラメインのスープは白湯のそれ。
適度の香味油の加わった味わいは、かなりマイルディで丸みのあるもの。
若干のテロり感は嬉しいものでアベレージな仕上がりになっています。
















麺は細ちぢれ。マッチングはいいですがコレといった特徴はありませんねぇ。
そしてわりに大きい炙りチャーシューが1枚。香ばしく仕上がりかなり旨いと思います。
ジューシーさが味わえとても美味しく頂けました。

全体的には良くできた一杯です。

ですが『惹かれる』ところまではいきません。
でもコレはコレで納得! そんなレベルでございました。

そして家族の食べたつけ麺をちょこっとシェアしてみます。


■濃厚鶏つけ麺(788円)
















 
麺は自家製の太麺を使用しておりましてボリューはそれなりにあります。
スープも鶏の香りと味わいが随所に感じそれなりに旨い。旨いのですが
つけスープとしてのボディが若干脆弱に感じます。
加水率の高い麺を受け止めるにはもうチョイと濃度を上げるか、スープの塩分を増やすか
して麺に負けないようなパンチが必要だと思いました。

よって、今回は汁麺の方に軍配をあげさせていただきます(笑)

■サイドメニュー&サービス















チャーハンはパラパラしていてOK♪
サイドメニューとしては上出来でしうた。
そして、無料の漬け物、キムチバーはご飯を食べるのなら嬉しいサービスです。
何と言っても国道ロードサイドの箱店はゆったりしていて味わいも安定しておりますので
ファミリーユースにはもってこいの立地ではないでしょうか。

会社のサイトはコチラです!
↓↓↓



 私のおすすめ:
「ラーメンにっこう本店」鶏白湯(塩)

Tag:泉佐野市 

2013.05.23 Thu

支那そばや イオンモールりんくう店

無限増殖中(笑)

■支那そばや
イオンモールりんくう店
@大阪府泉南市りんくう南浜3-12 
イオンモールりんくう
【営業時間】10:00~23:00
【定休日】年中無休
【電話】072-480-6102
【駐車場】あり
■支那そば屋ナウ
ここ二年くらいで一気にその件数が増えたコチラ。調べてみるといつものことながら入口の佐野さんの写真には威圧されますわな(笑) 親会社はFC展開を強化中のコチラ。関西エリアではあべのQ’sモール&大和郡山のイオン店も経営されてます。イオンへショッピングに来ていた中での食事となると普通なら食いもん屋が多くて選ぶのが大変なんですが、麺に絞り込むと『ア~ラ簡単♪』スンナリコチラに決定ですo(^-^)o


■店内&お品書き











一歩中へ入ると、その空間の広さ、ゆったり感に驚きます。
カウンター席もありましたが案内されたメインのテーブル席。
デフォも良かったのですが目の前にあった限定のお品書き。
『GYU』の文字に押さえ込まれてしまいました(笑) 
さぁ~どんなラーメンが登場するのか?お楽しみじゃ♪



■焦がしGuy塩ラーメン
¥850(1日30食限定)
●スープ
支那そば屋デフォ塩
●麺
こだわりの細麺
●具材料
チャーシュー、
■この日の感想
しばらく待たないとアカンかなぁ~と思ってたら、スグニ配膳されました(笑)



■デッドで!
























やはり、というか、さすがの支那そばや。その美しいビジュアルには恐れ入ります。

そんな限定スープをデッドで♪ 
土佐の天日塩「美味海」を使用した「塩」はこだわりも強く
それでいて上品な味わいですがスグに襲われるその臭い。
香り高き牛の匂いがプンプンしますがいたってマイルディ。















細いタイプの麺もどちらかというとおとなし目で、
マッチングもアベレージです。

そしてチャーシューですが…














赤身メインでただただ固のでイマイチ。
そして付け合わせのクレソンはくたびれたサラリーマンのよう。
まるで自分を見ているようで悲しくなったのは私だけか?(爆) 
最終的には香味油がキツくなったのでノーマル塩がいいかな~っと実感。

■オマケのつけ麺&焼飯











予想通り『またおま系』でございました。
七味唐辛子が入った甘味あるつけスープなのですが
今ではあまりに慣れた味わいで新鮮さは微塵もありません…が!
『わりと好き♪』と言ってしまう自分がいました(爆) 
スープ自体はかなりテロリなタイプで麺には良くからみます。
加水率は高いのですが食感はゴリゴリして『×』
味わいは最後まで同じペースで粛々といただきました。

チャーシューはラーメンとは違うブロックカットタイプでわりと良かっただけに
もったいないなぁ… こだわりがあるのに…やはりもったいないなぁ…

そして一番付け足し要素の高いチャーハンですが…














良くも悪くもアベレージ。
でもパラパラな出来映えには納得でございました!
泉南エリアではいいお店がないのでコチラに頑張ってもらいたいんですけどね~(^。^;)

【お店の場所はコチラをクリック♪】



 私のおすすめ:
「支那ソバ かづ屋」チャーシューワンタン担々麺

Tag:泉佐野市 

2013.05.22 Wed

自己流ラーメン 綿麺

日々是進化(≧∇≦)

■自己流ラーメン綿麺
@松原市松ヶ丘3-6-15
【営業時間】
(月・火・木~金)
11:30~14:00
18:00~21:30
(水)
11:30~14:00
(土)
11:30~スープ売り切れまで
【定休日】日・祝曜日
【電話】非公開
【駐車場】1台分
■わためんなう
八尾で仕事があった帰り道。久しぶりの訪問は気合いのシャッターでございました。到着は17時45分、シャッターの前で心を落ち着けながら待たせていただきます(笑)


■券売機&お品書き




今更なんですが… 
実は初めての体験だった券売機。お釣りをもらう時に手を添えてくれる
女将さんの接客ファンだった私としてはかなり残念…orz 
聞くと様々なオペレーションパターンを考えての決断だったそう。
これによりオーダーがスムーズにいき、
よりよいラーメンを提供していただけると思い納得です♪ 
さて今回はつけ麺をチョイスし券を購入しました。



■つけめん(950円)
●スープ
豚骨ほんの少しテロス
●麺
太全粒粉
●具材料
チャーシュー、かいわれ、玉子、ネギ
■この日の感想
配膳を待つ間は店主さんの一挙手一投足に注目!! その気合いに押されながらも心地よい緊張感の中、先ずは麺、そしてスープと配膳されました。


■デッドで!! 



久しぶりですがヤッパリ旨い!!
やや酸っぱい香りに支配されているも豚骨スープはどっしりとした安定感あるもの♪ 
最初、塩分の強さを感じましたが、飲み進むにつれこれが杞憂だとわかってきます。





麺は質実剛健な全粒粉麺♪

黄色味を帯びたそのボディは、体脂肪率ひと桁代のまさに『鋼』をイメージするもの。
しかし内側にはこの上なく柔らかい筋肉が備えられておりまして
スープと出会い、mixingされることで、そのポテンシャルが露わになるんです♪ 




豚骨がガッチリ表現されながら具合よく魚介が散りばめられた中に
しなやかで繊細な麺を泳がす瞬間が至福の境地であります(≧ε≦)ゞ 



■椅子が呼んでる~♪
和歌山に戻ってからはホント半年に1回の訪問頻度となっちゃいました。本来ならもっと通い詰めたいお店なんやけどなぁ… ほんま毎日でも食べたいねんけどなぁ… 偽りの無い気持ちであります。そんなインターバルが開いていることもありますが来る度にブラッシュアップしているその姿・味わいにはただただ脱帽すね。また次回の成長が楽しみでございます。そして次回の訪問はいつになるのやら? そんな状況なんですがとにかくご馳走さま~♪



 私のおすすめ:
つけ麺 風雲児 つけめん



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:松原市  Trackback:0 comment:0 

2013.05.21 Tue

第二回 情熱カレー in 讃州 by はんしーん

第二回目も大盛況~~~♪
おいしかったっす!!!

■情熱カレー in 讚州
@大阪市北区豊崎3-4-12
【電話】06-6377-5555
【営業時間】
11:00~ルーが
売り切れるまで!






■第二回目 一日限りのカレー屋さん
というわけで、前回は昨年の12月。
好評を博した我が友人のはんしーん君が作る情熱カレーイベントが
本年も一昨日の5月19日(日曜日)盛大に開催されました。
場所も昨年同様情熱うどんの讃州。そして今回のメニューは
「キーマカレー&ラムキーマカレー」の二種類で、
それぞれ大盛りも用意されてました♪ 開店は11時。
もちろんシャッター狙いで向かいます。



■御堂筋線は中津駅下車
地下鉄を降りたのが10時40分。予定より遅く到着してしまったので
急いで豊崎公園方面へ向かって歩いているところ…

なにコレ??? 」!!(○ω○;);

お店まではまだかなりあるし、並ぶ方向も違うし
とんでもない行列がある… と思いながら列の横を抜けて進むと


その行列の原因はコチラ!

ラーメン弥七の行列ですわ(焦ったわ…)
というのも日曜日は定休日だとインプットされてたので
この段階で行列に出くわすなんてありえへんかったんです。
「弥七が限定品の提供のため臨時営業してるしー!」
その事実を確認したら納得しました。

でも、過去に何度もコチラへは訪問させていただいておりますが
ここまでの行列はマジ記憶がありませんしありえへん… 
「弥七、恐るべし…」でございますorz

とまぁ、余談は置いといて本題へ。

そのまま讃州へ向かいお店の前の角を曲がると…
(既に80名オーバー!!)
Σ(°Д°υ)マジで???

開店の11時には最後尾を見ると80名を優に超えてました…
そんな行列の私の順番はというと


50番目くらいか(泣) 
おそらく入店は1時間後くらいになるか、と。
そのままおとなしく並んでおきました。
途中スタッフとしてお手伝いをされてる
M三郎さんと談笑しつつ入店できたのは
予想をちょと超えた1時間15分後。
心配された雨も並んでいる間は何とかもったし。
本降りになる前に熱気ムンムンの店内へ凸入できて
良かったよ~~~♪








■情熱ラムキーマ(700円)+グラスビール(200円)



並んでいる時にオーダーはとっていただいてたので
座席に案内されるとすぐにビールが届きました。まずはこれで
「ぷはぁ~~~♪」 
行列の疲れを癒します(んなたいそうなww)

しばらくすると…



ムがキタよ~~!!!

前回は情熱キーマ、そして今回はラムキーマです♪
ラムたっぷりのキーマでスパイしーな香りが当たり一面に漂ってきます。
見た目の量が少なそうに映りますが全然大丈夫でした。



パプリカと水菜の色合いが鮮やかさに花を添えてます。
じっくりと観察してからいただきます!
(pq*´∀゚)ウマァ~♪






相変わらず旨いですわ! 
前回にも増して腕を上げましたな
はんしーん君
これならいつお店を出しても大丈夫でしょう。でも出店資金が…(笑)

そして今回はカウンター席の一番端だったので
厨房の中にいるご本人に声をかけることができたんです。

前回は調理に没頭されてましたが今回は2回目とあって

なかなか板についてましたなぁ~(笑)

随分余裕があったように感じました♪
そして讃州の久保店主さんをはじめスタッフさん、
そして応援されたデッド会長M三郎さん虎キチさんプーさんの皆様
ホント、
お疲れさまでした!!!
三回目も是非♪(笑)
m(_ _)m

※余談ですが…
今回、訪問してわかったんですがTVクルーが密着取材を続けられてました。
店内ではお客さんが取材を受けられてましたが
何故か私にはその依頼が来ませんでした。こんなに品があってTV向きなのに…(爆)

来週にはオンエアーされるそうです。是非見てください♪


 私のおすすめ:
神戸ゲイロード キーマカレー



※「はんしーん!カレーがんばれよ!」
の激励をいただけるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※「カレー食べたいよ〜♬」
とコチラも一緒にポチッとしていたければ嬉しいです♪ m(_ _)m
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

2013.05.18 Sat

【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】◆その六 元祖せち焼き やました

【和歌山県(市部)】| 御坊市
結局、粉モン3連発(笑)

■元祖せち焼き やました
@御坊市湯川町財部49-12
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】火・水曜日
【電話】0738-22-3227
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1170746.jpg P1170747.jpg
これまた炎天下の中、しかも紆余曲折があって到着したコチラ。
お隣にはデカい打ちっぱなしと天一がありました。
(あれ?御坊の天一ってR42沿いじゃなかった…っけ?)
と思うも目的地はもう目の前に。この天一も次回への課題店リストへ登録されました(笑)
では本来の狙い目へ入店いたします。

P1170748.jpg

ジャイアンツオレンジ色

した暖簾が目立ちますわな!!!(`∇´ゞ



■店内&お品書き
P1170790.jpg
入店は15時過ぎ。お店はどこから見てもお好み焼き屋さん(当たり前か(笑))
そして壁にはこれまで紹介された新聞記事がたくさんたくさん貼られてます。


そして壁には『元祖せち焼き』の登録商標が。
P1170769.jpg
そしてお品書きでは亡き先代のお顔を
拝見いたしました。そして本日の狙いはたったひとつのみ!! 

知名度的には江川のちゃんぽんより遥かに高い『せち焼き』をオーダー♪

1時間以上歩いたのでついでにビールも飲んどいたろ~(爆)




■ミックスせち(700円)
今更なんですがせち焼きのルーツは焼きそばを作っている時に卵と一緒に絡めて焼く、
つまり御坊方面の方言で『混ぜる』の意『せちがう』からきているものだそう。
それがデフォメニューとなって現在に至ってます。


■先ずは野菜を炒めましてその後に麺が放り込まれます。
ビールで喉の渇きを癒やしてると先代山下さんを引き継いだ娘さん&お孫さんが
目の前で焼き上げてくれます♪
P1170755.jpg
 ちなみに私事で恐縮ですが、お好み焼き屋さんでは

「絶対自分では焼きたくない派」

です!余談ですが(笑)

そして、ソースを落とし絡める作り方のは普通の焼きそばと全く同じですが…
P1170760.jpg


■生卵 in !!!!
P1170762.jpg
ここからその焼きそばを丸~くした真ん中に生卵が二個落とされましてしばらく放置。


そして一気に麺と卵を絡めます。
P1170763.jpg

P1170764.jpg
個人的にはこのまま卵が固まるまで炒め続けるのだと思ってましたが… 



その絡まったままお好み焼きのように形作って表裏を焼きあげたら完成でござい♪
P1170767 のコピー




■トッピング♪

P1170771 のコピー

P1170773 のコピー

そしてご覧のようにソースをタップリと塗り塗りし、
プラス20円でオプションのからしマヨネーズをふりかけます
※個人的にはからしマヨネーズじゃなくてノーマルマヨネーズがよかったなぁ…


そしてかつお削りと青のりをパパッっ~と♪ふりかけて
P1170777 のコピー

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ セチヤキデケタァァ━!!


ジャジャジャーン♪

出来上がりです(*^o^*)




見た目はどこから見てもお好み焼きですが…
P1170788 のコピー
コテで切り目を入れると中身は完全に焼きそば♪

味わいはお好み焼きとは全く別もの(当たり前じゃ!(笑))

小麦粉を使ってないので粉粉感はありません。
かと言って焼きそば感もあるわけじゃなく… うーん、なんとも不思議な感じ。

でもこれがせち焼きの魅力なんでしょう♪ 
伝統に培われた歴史ある味わいを当時の高校生にならい
楽しめたのは言うまでもありません。
P1170786 のコピー
※ビールにも合いますが、絶対白飯にも合う!

ごはんが食べたくなったのは内緒にしときます(笑)

■総評
朝早くからスタートさせた『和歌山B級グルメを訪ねて』はこれにて終了でございます。
粉もん大好きな私としては非常に有意義で勉強の出来た訪問記でございました。
「食べて→歩いて」の繰り返しでしたが
ほぼ予定の3軒をいただくことができました♪
どちらのお店も素朴で美味しかったです。m(_ _)m

『たかが粉もん、されど粉もん』

あらためて認識させられました… 



和歌山の粉もんパワー恐るべし(笑)


※『「せち焼き」ってただの焼きそばを
丸めただけやーん!(笑)』

と主張するならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※「でもそんなメニューをいちど食べてみたい〜♬」
という方はこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


私のおすすめ:
紀州南高梅の調味料/梅床1.2kg容器付

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

Tag:御坊市 

【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】◆その五 実はまだ未訪問だった御坊の課題店へ~♪

もうひとつの和歌山B級グルメ
課題店へ…いざ!

■さよなら田辺
さてさて、田辺で江川のちゃんぽんを堪能し、
もっともっと田辺市内を散策したかったのですが



もう一つのB級グルメをいただくべく泣く泣く田辺を離れることに…


■向かった先は…
田辺発の普通電車に乗ったのは14時。
ゆっくり進む車窓から山々の景色を眺めてるとアルコールの影響か
深い眠りに落ちていきまする…

『次は御坊~御坊~♪』

はっ!!(」゜□゜)」
あっぶなぁ~
乗り過ごすとこやったわ…

間一髪で乗り過ごしを回避し
降り立ったのは


『御坊!!』

でございます!
そしてここで紀州鉄道に乗りまして『学門駅』を目指すもちょうど電車が出たところ…
駅員さんに尋ねると次は30分後だと言う。
しかし目的地まで歩いても10分そこいらということでしたので
ちゃんぽんを消化させる意味で徒歩を選択しました(笑)

ここ御坊は新たなる麺屋の登場で課題店が増加している現状…
本来なら麺屋のみを攻めなければならないところです。
ただし二部営業のお店が多いんですわ… しかもこの日のメイン店舗は別にある。

そんな事情が重なる中、向かったのが
前々から狙っていたコチラだったんですが…
この住所にはそれらしいお店はありませんでした。

お店、やめたんですかねぇ…(ToT)
(画像ナシ)
※おそらくここであったであろう民家がありましたが
お店の跡が残ってなかったので撮影はしませんでした。

炎天下の中、歩くこと十数分。気を取り直して本来の目的地へ向かいます。

途中、歩いてるとこんな看板がっ!!!



『安っ!!( ̄∀ ̄)(爆)』

それ自体は駐車場の看板だったんですが道を隔てた正面には
提灯が掲げられた中華料理屋さんがありました。

普段なら間違いなく飛び込むところですが
駐車場の隣にシラス屋があったのでそこの販売員さんに聞いてみたんです。

でも誰も前の中華料理屋には行った事がないそうで…
そんなお店はこんな雰囲気ですねん。


(やっぱ行かんとこ…(弱気))

かなり後ろ髪を引かれますがナゼか
『行ぐなぁぁぁ(」゜□゜)」』
という魂の叫びが聞こえた気がして(笑)

今回はスルーし課題店リストに登録完了でござい。

そして、そのまま真っ直ぐ進むとお目当てのお店が見えてきました。

駅からダイレクトだと15分もかからない道のりですが
回り回ってゆうに1時間かかっちゃいました~~(^。^;)

ずーっと行きたかったお店です♪

【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】


その六へつづく…

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その四 お好み焼き ヒロ

ゆったり流れる昭和時間に身を委ね


■お好み焼ヒロ
和歌山県田辺市江川14-8
【営業時間】11:00~17:40
【定休日】水曜日
【電話】0739-26-5073
【駐車場】なし
■ヒロなう
浜ちゃんを後にし次に向かったのがこちら『ヒロ』 朝日新聞で紹介されてたドンズバのお店です。地区の氏神様が奉られている浦森神社の隣を抜けた正面、昭和の匂いが漂う老舗感タップリの風貌は貫禄充分で風情がありますね~(笑) 早速暖簾をくぐりま~す(*^o^*)

■店内&お品書き


入店したのは12時過ぎ。
お客さんは誰もいないのですがいきなり飛び込んできたのが
『鉄板を挟んで格闘する女性ニ人の図』(笑) 
その2人とは女将さんとお手伝いされてる娘さん。
とにかく忙しそうに動き回られるパワフルさに圧倒されつつも
恐る恐る言ってみました
『あ、あのう…ひとりですが食べれますかぁ?』
と。
『ハイハ~イ そっちへ行ってよ~♪』
と指された先にはテーブル席が一脚。壁にTVが掛かった一番奥に案内されました。



テーブルに腰を下ろすと同時に
『ちゃんぽん&ビール』をオーダー♪ 
すると直ぐに目の前に出てきたのがコチラ。
キンキンに冷えておりますわ~(o^∀^o) 
もちろんコレが無いと始まりませんわよ
オホホホホ(^w^)




■チャンポン(500円)




この日は休日ということもあってか、とにかくメチャメチャ忙しいそう。

『コレだけのオーダー大変ですね~!』

と女将さんに声をかけると、

『お兄さんはちょうど良かったわ。
これからちゃんぽん焼くから
前の注文分と一緒にしとくからな~』

と、なんともラッキー♪なお言葉が(笑) その流れでおしゃべりできました。



お店はオープンしてから既に二十年オーバー!!! 
ここ江川地区では一番の老舗ということでした。
普段ならそれほど混まないそうですがたまたまこの日は
休日と地区の行事が重なってたようで朝からこんな調子が続いてるのだそう。
そんな中でも女将さんの手は止まる事なく動き続けておりました(笑) 

■麺茹で


しばらくその作業を見てたんですが鉄板の上に水を張った
テボ入りの小さめ寸胴が置かれてました。
(どない使うんやろか~??)
と見てると… 

そこに袋から出した麺を入れ茹でるんですよ!!!
なんか効率的って言うか初めて見る光景でした♪


程なくその麺を鉄板に落として調理スタート。


基本的には湯通しした麺と具材料を一緒に焼いておいて
仕上げの段階でソースを♪


印象的だったのはその丁寧さ!

その気になればパパッと焼くだけでスグに出来上がると思いますが
女将さんはゆっくり、じっくり火を通していきます。
具材を混ざった麺をしばらく鉄板の上で放置プレイしてました(笑)

そして最後にコテでジュワっと生卵を合わせ、
サラサラのウスターソースをかけたらOK。
仕上げにドロッとしたソースもちょいとかけて出来上がりです♪ 


■ちゃんぽん(500円)

見た目では
(ソース少なくないかぃ…)
という心配もよぎりましたが、いざ食べてみると

『うもぉぉぉぉ~♪』
v(o^∀^o)v

卓上のソースでは自分の好みの味わいにカスタマイズも可能でございました。
ただし食べるにつれ感じたこと…それは



『ちゃんぽん』って酒のあてというよりも
ご飯の方が合うんじゃないか??って事。
ビールを飲むペースと量に比べちゃんぽんのボリュームがありすぎるんですよね… 

普通なら飲んで、飲んで、食べてというペースが
食べて、食べて、飲んでと、こうなっちゃうんです… 
途中からビールはいらなくなっちゃって白飯が欲しくなったのは内緒のハナシです(苦笑)




さて、チョイと横みちに逸れちゃいましたが
味わいと雰囲気は素晴らしいのは疑いのないところ!! 
ゆったりと過ぎる昭和時間に身を委ね至福の時を過ごさせていただきました♪


■命綱のWB(ホワイトボード)

食べてる間にもひっきりなしに掛かってくるオーダー電話!!! 
その度、後ろのWBに注文をメモしながらその手は止まることはありませんでした。

『やめようと思ったことは何度もあるけど
なんとか続いてるわ(笑)』

とそんなセリフにも屈託無い女将さん。
そうこうしているうちに常連さんもどんどんお店にやってきます!



『この辺は入口開けといたら
海からの風が通って涼しいんやで。
夏になったら店の前でも食べれるから
また来てよ~♪』

とニコニコ顔で送り出してくれました。
確かに路地の中でも涼く心地よい風が頬を撫でていきますね~♪
そしてここに私の独断度偏見にて
『Master of 江川のちゃんぽん』
の称号を与えます!
(↑:勝手にかよ!!!(爆))

女将さん、絶対また来るね~( ~っ~)/

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その五へつづく…





※『ブログランキング♪』に参加しております。
皆様の応援が励みになります♪

ポチッとお願いします♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「このちゃんぽんめっちゃ食べたい~~!!!」
と思ったならこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター