【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その参 お好み焼き はまちゃん

気を取り直して二軒目(笑)

■お好み焼 はまちゃん
@和歌山県田辺市江川6-47
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~20:00
【定休日】火曜日
【電話】0739-25-5230
【駐車場】ナシ
■はまちゃんなう
さて、漁港近くの「さかい」を後にし向かった先は昼夜二部制を敷いている浜ちゃんへ。中途半端な時間に訪れ営業時間がタイムアップになり「2度目のウワァァン(T0T)」になるのを絶対に避けねばならぬリスクマネージメント。つまり避難行為でございますな(苦笑) 電柱にある番地地図看板を頼りに入り組んだ古い街並みを散策しながら探してると…


おぉ~ありましたよ(≧∇≦) v



お好み焼き浜ちゃんの看板と暖簾が目に飛び込んできました。
店前で打ち水する女性に
『あのぅ…お店開いてますか?』
と尋ねてみたところ
『いらっしゃーい♪どーぞ、どーぞ』
と満面の笑みでお店に迎入れてくれました。




■お品書き
すでにオーダーは決まってましたが一応見てみましょか。お品書きは壁に貼り付けされた札のみ。聞くと女将さんのお孫さんの作品だとか。焼そば、焼うどん、それにお好み焼きがあります。ただそのお好み焼きですが… 400円ってメチャメチャ安いですやん(」゜□゜)」 (個人的にはお好み焼きの方が好きだったりするんですが(笑))当然ビールで!!(←ビールかよ!!)
そしてお待ちかね『ちゃんぽん』をオーダーします♪

■着席ポジション

当然の事ながらテーブルへ案内されますが
男なら黙って鉄板デッドでソース被りの席でしょう~♪
女将さんと正面からのバトル希望(爆)

『お兄さん、熱いけどええの?』

と優しい声をかけられますが、こんな一等席をみすみすスルーできますかいな♪ 
それと同時に女将さんが手際よく具材を熱々の鉄板へO~~~~N!!!


今更なんですがちょいと説明を、ば。
『ちゃんぽん』とは焼そばと焼きうどんの混ざったもの。
つまり中華麺とうどんが1玉ずつ使われてまして合計2玉分ありますので
ボリュームはかなりありますねん!

ソースかぶりの席では狙い通り目の前で女将さんの鮮やかなコテさばきが。
これを見れるのが最~高~です(*^o^*)

カチャカチャとコテがあたる音を聞きながらビールをグイッと プハ~~θ(^0^ ) ♪
 程なくして出来上がったちゃんぽんを食べてみます…

■江川のちゃんぽん(500円)


『な、なんなん、
この食感って…(」゜□゜)」』

単にそばとうどんがミックスされてるもんとばかり思ってたんですが
食べてみてわかること。
それは太さが完全に違うので歯にあたるタイミングがズレるということです!


その時間差はこれまでに経験したことの無い噛み心地で
なかなかどうして興味深いものでした。
最後に載せた卵も1/3半熟でイイ感じ♪




甘辛いしゃぶしゃぶのソースで味付けされ
仕上げにドロリとした焼きそばを絡ませる…

旨もぉぉぉぉぉぉ
(pq*´∀゚)ウレスィ~♪

実に素朴で旨いじゃないっすか!
しかも500円ときた日にゃたまりませんな~♪

■食べてみて


女将さんとおしゃべりしながらの楽しいちゃんぽんタイムで、
あっという間の完食でございました!!! 浜ちゃん、旨かったですぅぅぅ♪
さぁ~次のお店にGo~
ε=ε=┏( ・_・)┛

【お店の場所はコチラをクリック】

そして…
【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その四へつづく…


 私のおすすめ:
鶴梅~完熟にごり~ 720ml 「平和酒造/和歌山」




※『ブログランキング♪』に参加しております。
皆様の応援が励みになります♪

ポチッとお願いします♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「ブログ頑張れ♪」
という応援エールはこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

Tag:田辺市 

2013.05.13 Mon

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その弐 いざ江川地区へ!

【和歌山県(市部)】| 田辺市
江川地区の散策からスタート♪
■江川地区~漁港へ

田辺新地を抜け会津橋を渡るとそこはもう江川エリア。
地区の入口には在所の番地の詳細が記載された看板がありました。
☉∀☉)ウヒョ━━!! 
これは非常にありがたい。特に番地のみの地域を散策する時には
これがあるのと無いのとでは大違いですもんね。
そんな番地表を見ながら先ずは漁師町のシンボル、漁港へ足を運びます。


■漁港


磯の香りが当り一面にただよってきたならそこは既に港でした。
メチャメチャ天気はいいけどあいにくこの日は休日だったので漁はナシ。
漁港入口には「はまだ」というちゃんぽんを焼いてそうなお店があったのですが
そこはスルーで、かねてよりお目当てのお店に向かいます…


■お好み焼き さかい
漁港からはスグの住宅地の中にそのお店はありました。

でも… 

ん? 


ん??
 


の、のれん出てへんし… 


あ!






ウワァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
午後5時からやんかー!!!

完全に営業時間を間違ってるし、俺…

あれれ?
何処でどう間違ったのかわからんけど
何処をどう見ても営業時間は夜の17時から。
朝飯も食わずに来たので空腹もピークだというのに
この段取りの悪さ…orz

最初の1軒目がこれだとあまりに先が思いやられますわな…(号泣)




でも、仕方ないので気をとりなおして
再び江川の中心部へ舞い戻ってきたぞ~~


次は頼むど♪(←誰に、そして何を頼む?)

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その参へつづく…


 私のおすすめ:
紀州南高梅 自然農園の訳ありつぶれ梅 はちみつ2kg 

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

2013.05.12 Sun

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その壱 いざ!田辺市へ~Go♪

【和歌山県(市部)】| 田辺市
久しぶりに田辺へ~♫o(^-^)o
■いざ田辺へ!!
朝日新聞の和歌山版を見ると掲載されていたのがコチラの記事♪ 
それを読むや否や、私の記憶に鮮明に蘇ってきたのが
TVチャンピオン大食選手権和歌山予選の食材。

田辺市の江川地区で古くから地元の方に愛され食べられてきた
『江川のちゃんぽん
なる麺料理があるらしい。そんな情報を思い出すと同時に、
田辺での仕事が舞い込んでくる!とは
なんというタイミングなんだろう(笑) 

先ずはこの目と舌で確かめてやろうじゃないか
その和歌山B級グルメを!!!

■くろしおで

早速乗り込んだ「くろしお♪」 
普段なら100%車使いなんですがこの日は仕事のため久しぶりの特急使い。
南方面への特急なんて何十年ぶりなんやろか。
まぢで童心にかえるもんなヽ(´▽`)ノワーイ♪
そんでもって車内にある展望デッキに座り景色を楽しみますが
意外に山間部が多いとあらためて実感。


■岩代あたり…で!

途中、田辺の手前、岩代あたりのオーシャンビューポイントで
徐行運転♫をしてくれます
(なかなかええサービスやないか~い!!!ww)

ここを過ぎるともう田辺は目の前です(*^o^*)


■田辺夢光路散策
田辺駅に降り立つと…

いきなりの未訪問店洗礼がっ!

でも、スルー(笑)

そして、





こんな限定品の洗礼も!!!
しかも…   
む~~かしぃ~♫ な~がら~~♪
by 徳永英明(爆)

そんな誘惑の魔の手が伸びますが時間は10時過ぎ。
両店とも営業前でございました♫

そんなお店を横目に進んだ先には健康な男子なら色めき立つ田辺の不夜城。
そう味光路であります。



過去に2度ばかしこの場所へ来たことあるんですが
この地域に食べ物屋さんから飲み屋、スナック、ラウンジに至るまで、
「呑むこと」に関しては事欠きません。
狭い地域にみっちりとお店が詰まってるので徒歩で何軒も飲み歩けるんですね♪
この日は朝の歓楽街を紹介するわけですが夜とはまた違った顔を見せてくれました。
個人的には和歌山市内アロチより分かりやすく楽しい場所だと思いました!


■元南方熊楠屋敷


そして田辺銀座通りからちょいと寄り道した閑静な住宅街に佇むは
和歌山が生んだ天才学者「南方熊楠」が暮らした家屋にございます。
そこに併設される形で南方熊楠顕彰館もありました。
時間がなかったので中には入りませんでしたが、
次回は是非とも訪れたい場所でございます。


■田辺新地
その昔の遊郭跡地。
賑わいを見せていたであろう当時の面影を随所で垣間見ることができました。




「料亭」の看板が歴史を物語ってますね。
路地の角には「田辺新地」と書かれた雪洞をイメージした電灯があります。

しばらく新地内の散策を続けると…




見ると普通の民家ですが、入口の上部には屋号と
「風俗営業(料理屋)」
の許可証がありその歴史的風情を強く感じます。そして更に中心部へ向かうと…
徐々に焦げた匂いが鼻につきだします。
その先にはせんだっての大火の傷跡がまだまだ生々しく残っておりました・・・
よってそれ以上進むのを止めUターン。

本来の目的地であります江川地区へ歩を進めます。

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その弐へつづく…


 私のおすすめ:
【送料無料選択可】闘う南方熊楠 「エコロジー」の先駆者/武内善信/著(単行本・ムック)



span style="font-size:x-large;">※『ブログランキング♪』に参加しております。
皆様の応援が励みになります♪

ポチッとお願いします♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「ブログ頑張れ♪」
という応援エールはこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

2013.05.10 Fri

大福軒 粉河店

【和歌山県(市部)】| 紀の川市
紀北エリアの実力店!! でも…


■大福軒粉河店
@紀の川市松井112-2
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】月曜日
【電話】0736-73-2687
【駐車場】専用アリ
■大福軒なう
かつらぎでの仕事を終え帰る途中。二軒目飯店~二代目よなきやの間で思案するのですがメンバーのひとりが先日食べたと言う事で却下、笠田東の丸藤はいまいち食指が伸びないという事で却下。私は二代目よなきや狙いだったのですがあいにくの定休日。そのままR24を西へ進んでたところ赤い看板に激しく回る黄色のパトライトが目に飛び込んできました。「そしたらいつ行くの?」
「今でしょ!!!」
(もう古く感じるやん…(笑))

■店内&お品書き












13時前だと言うのに相変わらず開放的な店内。
ホントオススメのお店なのにランチタイムのお客さんの入りは寂しいです。
かなり、いや、メチャメチャ寂しいっす…
(大きなお世話か(笑))

でもね…

旨いんですよココは。ほんと旨いんですよ… 

そしてゆったりと座れて広いのでかなり落ち着きます。
「空間が広すぎて落ち着かない」という方はご愛嬌ということで(笑)




■塩ラーメン(600円)
●スープ
鶏ガラベースのやや濁系
●麺
モチモチ細い麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想
この日もいつもと違うメニューをオーダーを、ば。初かもしれない?ザ・塩ラーメンでございます。中華そばの実力は折り紙付きなのですが、果たして塩の実力はいかに???


■デッドで!
すぐに配膳された塩ラーメン。
























見た目にもその多さがわかる
デフォ胡椒…(-o-;) 
それはそれで置いといてデッドで飲んでみますが…















『ゲホッ(≧ε≦)』
やはりむせてしまいました(笑)
 鶏ガラベースのスープは複雑さはなくわかりやすいもの。
タルタルラーメンはかなり白濁してましたがそれに比べたら塩はかなりクリア。
和歌山では珍しい塩ですが仕上がりは実にイイですよ、はい。

そしてこの日、すこぶるイイコンディションだったのが麺!! 













何と言っても麺!!
これに尽きるでしょう。
いつも以上にモチモチ感がハンパなく、最後の最後までその食感が維持されました!!
これはこれで凄いです(」゜□゜)」
久しぶりに納得の麺をいただけましたよー♪ ごちそうさまでした。

そして最後に。
今は間違いなく紀北エリアの実力店なんですが…














接客には
触れないで( ̄∀ ̄)…(爆)
【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
L0472 和歌山 秋葉山公園より粉河町

Tag:紀の川市 

2013.05.09 Thu

一福食堂

【和歌山県(市部)】| 岩出市
灯台下暗し。こんなところで
んな1杯に出会えるとは!!(o^∀^o)


■一福食堂
@岩出市船戸209-6
【営業時間】
11:00~16:00
【定休日】日曜・祝日
【電話】0736-62-8340
【駐車場】専用あり
■いっぷくなう
九度山での仕事の途中に発見した地元密着型の食堂。見た目はどこにでもある老舗系食堂ですがいつものごとく入口に揺れるは『ラーメン』の提灯。普通なら『中華そば』となるが敢えて『ラーメン』にしたところにこだわりがあるのか!? などと勝手な憶測をしつつも入口上部には『中華そば』と書かれていたりする(笑) そんな状況ですがとりあえず凸入いたしましょうか。『食堂の中華そばシリーズ』です♪(←勝手に作るなよ!(爆))




■店内&お品書き
昭和の香り漂う古き良き食堂のそれ。ここで年配のおばば系女将が出てくると一気にテンションが上がろうもんですが、厨房を含め若手(35~45歳くらいか?)で構成されております。入って左手ガラス棚には乾き、揚げ物系のおかずが、隣の冷蔵庫には大根おろし、ヤッコ、マカロニサラダなどがあります。そんなケースからおかずをひと皿、小めし、それに中華そばをオーダーします♪




■玉子焼き&ハム(200円)
+ごはん小(110円)
おひたし、焼き魚、天ぷら、フライ、などのおかずが並ぶ中でチョイスしたのがコチラ。魚肉ハムはサラッと炒められてまして玉子焼きはシンプルかつアベレージなもの。思うにハムにウウターソースを少し垂らしご飯に載せて食べるのがたまらなく旨いだろう! 味わいも見た目もおそらくチープだが気持ち的には非常に満足感が高いのは容易に想像できますね。そしてご飯と玉子焼きを代わる代わる口にほおばるのなんてメチャメチャ久しぶりなような気がする(笑) 白飯は和歌山産のお米を使用。お隣が米屋さんなんで関係があるのかな? 早く食べたかったがやはり主役の中華そばを待たずして食べれない。と思ってると中華そばも配膳されました♪




中華そば(450円)
●スープ
豚骨、鶏ガラ
●麺
やや細ストレート
●具材料
赤身チャーシュー、蒲鉾、もやし、ネギ
■食べてみて…
最初のビジュアルは『昔ながらの中華そば』。しかし(くっ、モヤシ入ってるやんか…”(ノ><)ノ)スープから何本かのモヤシが顔を出してました。ただし、それ以上に心に留まったのが麺!!!(これ、ただの麺やないど…)明らかにそう思わせる麺線。コレは期待大です~♪


■デッドで!! 



そんなスープは浅い褐色色。
獣の雰囲気は微塵も感じさせないものなんですが
飲んでみるとかなりしっかり味がついていた。
最初のひと口目から醤油よりもダイレクトに塩分を感じます。

そして麺…



そんな塩分加減が麺に合うんです。香味油は無いですが
その塩がスープと麺をドッキングさせる役割を担っているかのよう。
中華の味わいは白飯にも絶妙に合うんです、コレがね~(*^o^*) 
チャーシューは脂身の無い赤身タイプで締まった感じでグッドでした! 

間違いなく思うのは、この中華そばのスープのエッジを考えるなら
「白飯&中華そばのセット」
を是非ともオススメします。食べてながら言われた店のお姉さんが
『どんどん写真撮ってな~~♪』
と煽ってきますから(笑)



■サービス
中華そばを食べながら久しぶりのごはんを口一杯にほおばってると至福の境地でございました。ウスターソースと白ご飯の相性のよさって今になって再確認しとほどです(笑)ちょうど食べ終わったタイミングでホールのお姉さんから「インスタントやけどコーヒー飲んで帰っちゃってよ~♪」との声が! もちろんサービスになってました。コレは嬉しいですね~♪ 漫画もありますから食後の一杯でチョイとリラックスできますよ。コレで〆て760円。居心地のいい食堂に想像以上の中華そば。こんなパターンもあるから思い切って凸入するのがヤメレないんです(笑) また店内には後から後からお客さんがやってくる。(地元のお客さんにも愛されてるなぁ~)と感じずにはいられませんでした。見た目だけだと中々入りづらいかもしれませんが「灯台下暗し」ふと足を留めるとこんなお店に出会えるんですよ♪ ちょくちょく来させてもらいますね~ごちそうさま( ̄∀ ̄)ゞ


 私のおすすめ:
本場和歌山中華そば(3食スープ付)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岩出市 

2013.05.07 Tue

あろちKARA-BAR 辛バール

【和歌山県(市部)】| 和歌山市
辛いもん好きに朗報~♪

■KARA-BAR 辛バール
@和歌山市畑屋敷袋町5マチスビル1F
【営業時間】
昼11:00~14:00 夜18:00~翌2:00
【定休日】日・祝日
【電話】073-427-8230
【駐車場】近くにCPあり
■辛バーなう
友人からもらった情報では『辛い麺系や~!』との事。最近は新店に期待するもそれ以上の実力にお目にかかるのは至難の技。つーわけですが今回も必要以上の期待を込め訪れました。もちろん初訪問でございます♪


■店内&お品書き


お祝いのお花がたくさんあるお店はまだまだ初々しくて新しい♪そんな場所に足を踏み入れるのはいつになっても嬉しいモンですよね。入口にはカウンター席、そこから奥にずずーっとテーブル席が続いているようで、かなり懐が深そうな雰囲気でした。そんな中、カウンターに腰を下ろしお品書きに目をやりますと… 宮崎発祥の「辛麺」で辛さがノーマルから30倍くらいを選べまして、その辛さに合わせて値段が変わります。またその使用している素材もこだわりがありました。お品書きによるといちばんのオススメが15カラ750円で、10カラ700円からの表示となります。理不尽に辛いものは美味しさを損なう可能性もありますのでとりあえず15辛くらいで様子をみてみましょう~か(笑)



■辛麺(15カラ:750円)
●スープ
鶏+野菜+唐辛子ベース
●麺
韓国麺
●具材料
ニラ、卵、ミンチ
■この日の感想
カウンター前の厨房では比較的年配のママさんが仕込みに大わらわ。そしてチーママらしき若いママがもの凄くいい接客をしてくれます。奧にもテーブル席と堀りごたつの小あがりがありお客さんがいらっしゃいました。辛さについて質問をぶつけている時にお待ちかねの辛麺と白飯が配膳されてきました♪


■デッドで!! 
ビジュアルを見て…






















「おぉ~真っ赤っかや~ん(汗)」
見ただけで食欲がそそられそうな「唐辛子の赤」に「ニラの緑」
そして「卵の黄色」というもの。
まさに信号機の様相を呈してました(笑)

個人的には辛すぎるのばNGなんですが
チョイスしたお店オススメの辛さはちょうどイイ具合♫
敢えて「ちょい辛パンチ」と表現させていただこうかなw















そして鶏ベースの野菜入りスープには自家製唐辛子が入れられているそうで
ただ辛いだけじゃなく鶏と野菜の旨味を味わうことができます。
その証拠に麺をいただくまで既に3口ほどスープを飲み干したほどですから(笑)




















さて麺ですが韓国麺を温麺として使用されます。
噛み応えある特有の麺ですがやっぱ辛いスープとのマッチングはイイですよね!
麺延びは皆無だし、カロリーは低いし、言う事ありません。

そんな麺を食べてしまってからは白ご飯の登場♫











一緒についてきた白ご飯をスープの中に入れ、雑炊風にしていただきます。
私はこの雑炊を最大限に楽しむべく卵をわざと残しておきまして
スープの中へ「In~~~~~~~♫」

特筆すべきはこのご飯のサービス! 
これで750円だと納得のCPでございましょう。
ナイスなアイデア、
グッドジョブ♫ (゚∇^d) グッ!!



■今後は…
食べ終えてからママとちょっとばかし雑談を、ば。お品書きによると10カラ~30カラがメインで10カラ以下、30カラ以上もあるのだとか。その場合はまずは尋ねて欲しいとの事でした。私はこのオススメ15カラがジャストフィットだったので「激辛」を望まれる方なら30カラ以上にトライしてみてはいかが?(笑) そしてこの辛麺。身内の方がミナミの方っておっしゃってたかな?(かなり曖昧…w)で提供されている同じものを和歌山でもということだそう。よって「その味わいには絶対の自信あり!!!」そんな雰囲気がひしひしと伝わってくるものでした。そして5月に入ってからは夜の酒のつまみメニューもどんどん増えるそうで酒飲みの私としては聞き捨てならぬ情報もゲット(笑)営業時間もお客さんに合わせて変更する予定があるとのことで今後の辛バールは見逃せませんよ。最後にもうひとつだけ。清算が終わってから帰るまでもチーママ(勝手に呼んでるけどw)が最後までお見送りをしてくれました。食事中もそうだったんですが当たり前のように気持ちのイイ接客を出来るって素晴らしいですよね。居心地の良い空間と時間をありがとうございました~~~m(_ _)m


 私のおすすめ:
辛さを極めた桝元の辛麺

Tag:和歌山市 

2013.05.05 Sun

豚骨ラーメン 九州雄

【滋賀県(市部)】| 草津市
天神旗チルドレンだそうな!


■豚骨ラーメン九州雄
@滋賀県草津市穴村町250-6
【営業時間】
11:00~15:00
18:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】077-532-3476
【駐車場】専用あり
■くすおなう
次に向かったのが白頭鷲から約2kmしか離れていないコチラ。滋賀県での豚骨ラーメンはここが他の追随を許していないという噂のお店であります。お店の前、離れ共に駐車場は車でいっぱい。駐車場が空くのを待ってからの入店となります。




■店内&お品書き
お店は簡単な小屋っぽい造りですが店主さんの様々な思いが壁に綴られています。入口付近に置かれた名簿に名前を書き込んで呼ばれるのを待つシステム。しばらくして店内に案内されました。テーブル席が2脚に6人用カウンター席がありそれほど店内は大きくはありません。我々はまずテーブル席に座りデフォ豚骨をオーダーして待ちますがしばらくして次に入店してきた4人ファミリーさんにテーブル席を譲りカウンター席へ移動しまして配膳を待ちます。



■豚骨ラーメン(650円)
●スープ
かなり濃厚な豚骨
●麺
博多産極細ストレート
●具材料
チャーシュー、キクラゲ、ネギ
■この日の感想
店内に入った時からわかってますが強烈な豚骨の匂いが店内に充満中(笑) ですが… いわゆる『臭い』というタイプじゃなく「そそられる」ですね。しばらくして配膳されました。


■デッドで!! 

『とにかく濃厚!!!』
それ以上でも、それ以下でもない。とにかく濃厚としか言えません。
コレは噂に違わぬ豚骨の実力でございます。

しかしながら濃厚豚骨スープにありがちな
骨粉による舌へのざらつき感
はほとんど無し! スムーズなスープは甘さを抑えた質実剛健な豚骨で、
ここまでどっしりかつ濃厚な仕上がりは関西では珍しいかもと思ってしまいます。

が、後で得た情報によると店主さんは天神旗の出身だとか。
それならこの濃厚さは納得でした~♫


■そして… 本場の麺へ

九州より取り寄せる極細麺。
最初、硬さの具合のオーダーは普通をチョイスしますが茹で加減はすこぶる具合よし♪
スープとの絡みは言うまでもなくガッツり&どっぷりでございます(笑) 

ハリガネや粉おとしのチョイスも選択肢としてありますが
麺線が細いと一気に食べてしまいますから『普通』でも十分堅く感じます♪


薄くスライスされたチャーシューはやや臭いが残るもの。これで肉厚だったら残していただろうが今回は大丈夫。最後までキッチリいただきました。そして、普段は紅生姜なんか入れる事はないんですが(ここまでキッチリとした豚骨なら生姜を載せても旨いかな!?)と試しにいただきましたが予想以上に生姜のマッチングが素晴らしい!ここまでの濃厚スープなら生姜を入れることを是非ともオススメしたいっす♪



■ラヲタの鏡
約半分くらい食べたところで何故かメンマ&チャーシューセットが目の前に運ばれた。『先ほどお客様に席をお譲りいただいたのでお礼です!』と店主さんのご厚意でいただきました♪ 豚骨ラーメンには載ってないこのメンマがメチャメチャ旨かったことを付け加えておきますわ~( ̄∀ ̄)v さて、今回も駆け足で訪れた滋賀県ですが和歌山へ帰るにはここで終わらないと無理! ということでしたのでもう1軒行くつもりだったお店を泣く泣く諦め帰路につきました。最近の滋賀県ラーメン事情も目を離せなくなってきましたよね~♫ 彦根~長浜界隈ではまだまだ未訪問の課題店が数多く存在してますのであらためて休みの日に「滋賀ツアー」を実施したいと思います♫ 待ってろよ!滋賀県!!!
【お店の場所はコチラをクリック♪】



 私のおすすめ:
元祖長浜屋協力棒ラーメン 12個セット

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:草津市 

2013.05.04 Sat

白頭鷲

【滋賀県(市部)】| 守山市
全て店主さんおひとりで
切り盛りされてます!


■白頭鷲
@滋賀県守山市大門町297-2
【営業時間】
11:30~14:30(L.O) 
18:00~20:30(L.O)
【定休日】木曜日
【電話】非公開
【駐車場】専用あり
■白頭鷲なう
この日はプチ滋賀ツアーを敢行!!
(和歌山から滋賀まで行くのに『プチ』呼ばわりするのは如何なものかと思うが…(笑))
大阪を出たのが19時過ぎ。限られた時間を効率的に活用訪問すべく訪問店をチョイス。
先ずはLOが20時30分と一番早いコチラにお邪魔することに。
名神栗東から約10分弱、道沿いに灯りがポツンと見えてきました。




■店内&券売機
何も予備知識を持ち合わせてないなら
間違いなく訪問することがないであろう店構え。(←メッチャ失礼やな!w)
『ラーメン、つけ麺』しか書いていない店舗はかなり殺風景。
装飾も何もなく『男、ひとり住まいのワンルーム』的な雰囲気で、
入口を入った正面に券売機が置かれ、カウンター席のみの後部にジカに座る小あがりに
ナイロンの座布団とチャリが置かれてます。

さてオーダーですが最初はつけ麺を食べようと考えてたんですが
『オススメ』と貼られたワッペンが気になり土壇場で汁麺に変更しました♪

Lの字になったカウンターは満席だったので最初は小あがりの座布団に腰を下ろしてましたが
すぐにカウンターに案内されました。


■ラーメン(700円)
●スープ
豚骨+魚介+和風ダシ
●麺
平打ちやや太ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ
■この日の感想
カウンター席からは作業をする店主さんの一挙手一投足が目に入りますが…
やはりひとりぽっちの作業は時間がかかりますよね。
でも配膳されるまでの時間を考えると
(ひとりやのにメチャメチャ配膳が早いなぁ…)

となるほどテキパキされてるんですよ!! 10分も待つことなくラーメンが運ばれました♪


■デッドで!! 

ビジュアルで
旨いの決定!!( ̄∀ ̄)ゞ

はいはい、食べるまでもなくそのビジュアルにやられちゃいました。
メチャメチャ濃厚なスープなんですが、飲んでみると意外に重くなくいい感じ♫


事前の予備知識では『マタオマ系』とわかってたんですが、
これまで食べてきたマタオマ系とはひと味違うもの。
おそらくその濃度を中和するほどの大量な和風魚介ダシが合わせられていると感じる次第。
節の欠片なんかもスープに混ざっているのは店主さんの意図するところではないか、と。


■そして麺…
麺は平打ちのやや太ストレート。
第一印象は硬めでコシの強いスープを想像しましたが
食べてみると思いのほか優しい噛みごたえであることがわかりましてハッキリ言って
うまぁ~』ヾ(*○´∀`○*)
そして濃いスープがねっとりと麺に絡むかと思いきや
ツルッと落ちてしまう感じなんですね。
この感覚は過去に経験はなく心を奪われてしまいました。

そんなインパクトは関西のお店にはほとんどない感覚。
近くにあればヘビロテ決定間違いなしでございますよ、ホント。






また他のお客さんのオーダーを見てると8割は汁麺でしたが
つけ麺の麺はラーメンとはまた違った感じの雰囲気でしたので
いつかまたトライしたいと思います!! 

そして余談なんですが…
店主さんのキャップ書かれた『オスプレイ』の文字が旬な感じで印象的でした(笑)

【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
京都・滋賀のうまいラーメン207軒 リーフムック / リーフ・パブリケーションズ 〔ムック〕



※「ランキングがんばれよ!」
の激励をいただけるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※「応援するよ〜♬」
とコチラも一緒にポチッとしていたければ嬉しいです♪ m(_ _)m
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

Tag:守山市 

2013.05.03 Fri

【とこの酒場放浪記】焼肉・ホルモン マルフク

【大阪府堺市部】| 堺区
デッド飲み推進会定例会の番外編は

ホルモンの王道(笑)


■焼肉 ・ホルモン マルフク
@堺市堺区栄橋町1-9-4
【営業時間】(月~金) 17:00~21:30/(土) 17:00~20:30 LO:30分前
【定休日】日祝
【電話】未確認
【駐車場】なし
P1160607.jpg
ひとり西成ツアーを画策するもあまりにハードルが高く
ディープなお店が多い現実。そんな現状を打破すべく西成にある本店の分かれっぽい
コチラで練習しようと訪れたのが南海の堺駅。

この日はデッド飲み推進会の定例会議が堺東であるので、
その前にウォーミングアップ(笑)立寄り時間は30分でございます。

駅から歩くこと数分。同じ並びには麺屋かまん(未訪問)があります。
外観はそれ程のディープさを感じなかったのですが、いざ入ってみると…


■店内&お品書き
P1160623.jpg
店内はディープさよりチープに支配されてました(笑) 
既にカウンターにはご常連さんが4名陣取られてまして
かなり出来上がっております(*^o^*) 
そして私を見る視線が

(お前、どこの馬の骨やねん!(;`皿´))

的な威圧で溢れアウェー感満載でございます(爆) 

さてオーダーですが壁に添付された味のあるお品書きを見ながらとなりまして、
大瓶ビールとデフォのホルモンをチョイスしました♪ 
最初にビールが運ばれますがコップは使い捨カップでありました(笑)
P1160609.jpg P1160610.jpg



■目の前では…
P1160619_2013100616181408f.jpg
強面のマスターが巧みなコテさばきを見せながら
オーダーの順番通りに注文品を仕上げていきます。

しばらくはそのマスターの手際よさに釘付けとなっちゃいます(笑) 
P1160616.jpg

P1160614.jpg
冷蔵庫から出されたホルモンを鉄板の上にサッと広げ、
ひと通り火が通ったタイミングで圧をかけていく…
しばらくして出来上がったホルモンが白いプラスチックの船に入れられます。
コレだけでもかなりのチープ感ですよね、ウン(笑)


そして出来上がったあつあつホルモンをいただきます♪
P1160626.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ ウマァ━!!

この甘いタレがとんでもなく絶妙でカルチャーショックですわ!!!
しかも、脂が甘く柔らかいうえ臭みはまったくなし♪


店内環境とビジュアルはお世辞にも良いとは言えないが(笑)
P1160632.jpg

味わいは正にA級で

ございますm(_ _)m




■アウェーやけど…
P1160633.jpg
お隣さんはホルモン以外にも肝、ロースをガンガンオーダーされてまして
羨ましい限り。でもタイムアップ…  

もっと食べたいけど時間の都合で断念せざるをえませんでした。
そして言わずともわかりますが素晴らしいCPで
大瓶ビールとホルモンで650円でございます!(安っ!)

再訪問のリストアップ決定です(≧ε≦)ゞ

Tag:堺区 

2013.05.02 Thu

らららのラーメン 一豚力

【大阪府堺市部】| 堺区
デッド飲み推進会の定例会議
@堺東(お初♫)のラスト4軒目

■一豚力
@堺市堺区北瓦町2-1-33
【営業時間】
11:30~15:30
17:30~23:30
金・土は24:30
【定休日】日曜日
【電話】072-229-0339
【駐車場】近くにCPあり
イットンリキなう
デッド飲み推進会の定例役員会も佳境に♫ いつものように思うがまま立ち飲み屋をはしごして「〆はやっぱり一杯の麺!」ということでこちらにやってまいりました。今回で2度目の訪問でございます♪



■店内&お品書き
あっぱれ屋系なのは知ってますが以前よりメニューに変化が見えますね。そしてカウンターに陣取りました。散々飲んだ後なので本来なら清湯系を食べたいところなのに…味噌をチョイスしちゃうところがなんつーかその…

あれですわ…(苦笑)



■辛味噌ラーメン(800円)
●スープ
豚骨ベース+味噌
●麺
平打ち太ややちぢれ全粒粉
●具材料
チャーシュー、蒲鉾、煮玉子、ネギ、胡麻
■この日の感想
店内はカウンター席のみなので店主さんまでの距離がメチャちこうございます(なんか恥ずかしいw)テキパキて作業されて気持ちいい♪そんな中直ぐに配膳されてきました。


■デッドで!! 
なんか久しぶり~♫





















と言えるビジュアルで『濃厚オーラ』が出まくってます(笑)

そんなスープをデッドで!

『ん?』

こりゃ少し思ってたのと違う風味に襲われました。
完全なる豚骨&味噌の格闘を想像してたのですが…




(チ、チーズの味するやんけ…(*_*))

思わず聞いちゃいましたよ、店主さんに。

『ひ、ひょっとしたらチーズ入ってますか?』

って。そしたら

『少し、入ってます…』

って、

ヤ、ヤッパ 
ハイッテルノカ、オイ…( ̄○ ̄;)

これは想定外じゃぁ~
チーズが苦手な私にとってかなりショックでテンションはだだ下がりです…
















全体的には洋風味噌スープという雰囲気で悪くないんですけど

何か変に濃いんですわ…(苦笑)

しっぽりと飲んだ後だったんでもっとアッサリ系にしとけば良かった…
と後悔&敗者の弁でございました…


■お開き
てなことでこの日はこれにてお開きをば。正直狙っていたお店が3軒アウトだったので自己評価としては30点という残念な結果に。こうなると再度リベンジdayを設けるようにいたします。このままだと不完全燃焼に終わりますから~。では堺東よ、次回訪問まで待ってろよ!!!(笑) あ、一豚力では絶対にデフォしか頼まんようにしよ(爆)

【お店の場所はコチラをクリック♫】


 私のおすすめ:
お土産ラーメン さっぽろ 純連(じゅんれん)1食入り 味噌味【北海道札幌ラーメン超有名店】【お取り寄せ】みそらーめん

Tag:堺区 

2013.05.01 Wed

【とこの酒場放浪記】立呑処 おたやん

【大阪府堺市部】| 堺区
デッド飲み推進会の定例会議
@堺東(お初♫)3軒目

■立呑処 おたやん
@堺市堺区中瓦町2-3-5
【営業時間】10:00~21:30
【電話】072-229-8009
【定休日】未確認
■おたやんなう
溝畑酒店を後にし、狙っていたお店の高砂屋、竹富、西口酒店などをまわるもすべて閉店(号泣)(これやったら堺東に来た意味あらへんがなぁ…)と自分の計画性の甘さを後悔。しかしそのリカバリーをするには十分すぎるくらい(お店の内容は別ねw)の店舗数があるのがこの地の奥深さ。気持ちを切り替えて雰囲気で飛び込んだお店がコチラでございます♫




■店内
カウンターのみの立ち飲みのお店ですがハイエイジのお客さんで賑わってました。普通の立ち呑み屋さんなんですが何故か独特の雰囲気を醸し出されてます。ママっぽい女将さんともうひとりのスタッフさんで切り盛りされてましてメニューも意外に豊富です(笑)そして、雑多な店内なんですがなんか落ち着きますなぁ~♫ 先ずはビールで乾杯します。


■餃子(350円)


















メニューを見ると
「こりゃ日本一やなぁ~」
というセールスPOPが目に飛び込んできました。
どうやらコチラのイチオシがこの餃子のよう。
速攻女将さんにオーダーを入れました。


しばらくして運ばれた餃子は
「いかにも立ち飲みの手作り餃子」
的な存在感。皮が厚いタイプで、
洗練された部分は感じませんでしたが
それ以上に愛情を感じます♫








■食べてみて…























野菜、ニンニクが利いててかなり旨い。

「肉汁がじゅわっ」

っていうタイプじゃなく


「野菜がほろっ」

っていうタイプかな~♫
家庭の味を存分に発揮してましてビールが進みます~
今回の肴はこの餃子のみでしたがほっこりさせてくれる味わいでした(笑)



■居心地のよさと共同トイレ…
カウンターの姉さん達としばらく談笑。既に2軒を回ってきたので食べる事より呑みを重視。ビールの後に酎ハイを1杯ずつ頼みました。途中、トイレに行きたくなり場所を聞いたんですね。そしたら「この鍵で入口開けてな~」と渡された鍵の束。(え?鍵使うん???)と思いつつ、言われた通りの場所に行くと… 納得しました。 組合集合共同トイレとなってましたので各お店が同じ合鍵をもって皆で管理してるのだそう。しかも入口は狭いのに中に入るとメチャメチャデカいトイレ空間だったのには驚きました! 
(※画像ないからいまいち伝わらんと思いますw) いやぁ~たまたま入ったおたやん。このほんわかした雰囲気と愛想のいい女将さん達。それに豊富なメニューを味わいにまた訪れたいと思います。ごちそうさまでした♫
【お店の場所はコチラをクリック♫】


 私のおすすめ:
大勝軒の手作り餃子1パック(10個入り)

Tag:堺区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
月別アーカイブ