金久右衛門鴻池店

鴻池へ来ると必ず立ち寄らなければ
オーナーにシバかれるし…(爆)


■金久右衛門鴻池店
東大阪市西鴻池町2-1-3
【営業時間】
11:00~14:30
17:30~23:00
(金、土のみ23:00まで営業)
【定休日】不明
【電話】06-4309-1255
【駐車場】近くにCPあり
■キング鴻池店なう
オープニングレセプションにお邪魔して以来二度目の訪問となったコチラ。和歌山からはなかなか訪問し辛いエリアなんですが… 先に而今へ行きましてすでに予定時間をオーバー気味。電車に乗ろうと駅に到着したものの…電車、出たばっかりやん(ToT) 急いでいるのに15分もタダで待つのはもったいない。つーことで、15分一杯勝負で鴻池店へ飛び込みます♪(笑)



■お品書き 
いつでもダッシュできるようカウンター席の一番入口に近いところをキープします(爆) オーダーはもちろん配膳の早いであろう表メニューのなにわブラックをチョイスします♪





■なにわゴールド
(750円)
●スープ
なにわミックス醤油返し
●麺
平打ち太ストレート
●具材料
チャーシュー、太メンマ
■この日の感想
実は、内心迷ってたのが麺線のサイズ。でも、久しぶりにその食感を楽しみたかったので太麺にしときました。予想通りソッコーで配膳されました(*^o^*)

■デッドで♪


先ずは醤油かえし玉を混ぜ合わせずに麺をリフティング。
このビジュアルだけだと塩系のラーメンをいただいてるかのようですが、
このかえし玉を混ぜてみると… 鉢は一気にブラックに。



支配されまたスープをデッドで飲んでみても

『ふ、ふぅ…( ̄○ ̄;)』

醤油で鉢全体を支配するキングのかえしはさすがだ! 
醤パンチのあるスープはカリスマ性を感じてしまいます。

そして今度はブラックスープから平打ち麺を持ち上げると、
見事なスープ色に染まった麺が顔をだしました。
なめらかな舌触りと喉ごしはまるで『きしめん』を彷彿とさせるもので
かなり旨い。一心不乱に啜り込んでいると…気づけば麺だけ先に完食(爆) 
なにわブラックのスープとはまさにベストマッチングでございます♪ 


そして後から食べたチャーシューもゴツいが柔らかいので食べやすい。もちろん太メンマも♪シンプルな作りと味わいがラーメンに必要だって事をあらためて教えてくれた一杯だった。ごちそうさまですm(_ _)m

Tag:東大阪市 

麺屋而今(じこん)

電話は『0・1・4・7』
お・い・しい・な~♪


■麺屋而今(じこん)
@大東市灰塚6-7-9
【営業時間】11:30~14:30
【定休日】火曜日
【電話】072-873-0147
【駐車場】専用ナシ
■じこんなう
焼鳥屋さんがラーメン屋さんを始めた!!という情報を聞いてからどれくらい経ったのか? 最新情報ではラーメン屋さん一本で営業するというお話も。和歌山県人の私からすると大東市という場所柄と昼間営業のみ(14時30分迄)という営業時間の短さが『訪問』というハードルをメチャメチャ押し上げておりました。この日は水曜日で昼間も時間的余裕がありましたので最初からターゲットにしておりました。最寄り駅はJR学研都市線の鴻池新田。もちろん初めて降り立つ駅でございます。そして線路に沿って灰塚エリアへ歩いて行くとお店の看板が見えて来ます。意外にも閑静な住宅街の一角にお店はありました。



■店内&お品書き
店内は黒がベースになってましてこれまた驚きます。個人的な『焼鳥屋』というイメージ色は『白』だったので少しばかり面食らってしまいました...(^。^;) テーブル席とカウンター席という構成で、テーブル席では相席もされてました。テーブル上にあるお品書きを見ながら女性スタッフさんに『オススメは何ですか!?』と聞いてみたところ…『中華そばを食べてもらいたいんです!との回答。『じゃ、それで!』決まりました(笑)



■中華そば(650円)
●スープ
鶏ベース魚介醤油清湯
●麺
やや細ストレート
●具材料
つくね二個、鶏チャーシュー、鴨肉スライス、蒲鉾、糸唐辛子
■この日の感想
入店したのは正午。もっと待ち人行列が発生するかな~?って思ってましたが、意外にも無風区(笑) いわゆる『取り越し苦労』でございました。最初はカウンター席を希望したんですがちょい先に来られたカップルにお譲りし、デカいテーブル席へひとり陣取ります。オーダー後なのにお品書きとにらめっこ…次は何をいただこうか?そんな思いをはりめぐらせていると中華そばが配膳されました♪

■デッドで!





















『おおっ!!!(≧ε≦)』

思わず口からでた言葉。あまりに綺麗なビジュアルに度肝を抜かれます。
ここまで澄んだ清湯が出てくるとは思ってもみなかったので
しばらくはその姿に見入ってしまいました。

そしてデッドで!!! 魚介の利いたスープは上品さの漂うもの。
色は濃くないですが深みある醤油の味わいに言葉が見当たらず、
ただただ飲み続けてしまいます。
1/3くらい飲んだところで麺を持ち上げ一気にすすり込みました。


■麺
ところが!
加水率が低いであろう麺ですが、やや塩分を強く感じてしまいます。麺の塩分がスープに溶け出しているような印象を受けました。茹で加減はとてもいいのですがスープとのマッチングが個人的な好みとはチトズレちゃいました。粉の味はしっかりとする点はいいのですが、せっかくのスープが生かされてなかった気がしたのです...




■バラエティに富んだ具材料



そして最後まで大事に残しておいた 団子、チャーシュー、鴨、の具材達♪ 
どれもおいしいいただきましたが、個人的には団子が好きでした。

本来なら鶏メインのスープで2杯目に突入したかったのですが
仕事の時間が迫ってたので一路鴻池の駅へダ~ッ~シュε=ε=┏( ・_・)┛ 
ということで、この日は1杯で終了でございます。
次回は是非とも鶏白湯をいただきとうございますm(_ _)m

Tag:大東市 

フスマにかけろ中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン

「旨そうな絵画」だなこりゃ(≧ε≦)ゞ


フスマにかけろ中崎壱丁
中崎店會 1-6-18号ラーメン
@大阪市北区中崎1-6-18
【営業時間】
11:30~14:30
18:45~21:45
【定休日】月曜日
【電話】06-6371-3456
【駐車場】ナシ
■フスカケなう
海老江での仕事が終わり歩いて中崎町へ向かったのが13時半。まぁ近いやろ~ε=┏( ・_・)┛と気軽に歩きだしますが… (オイオイけっこうかかるなぁ…)と思ったのが14時頃。念のためTELにて営業確認をみると14時半までは大丈夫との事。結局、到着はTELから10分後になりました。店前には店主さんからのうんちくが書かれた看板がありましてそれを読み店内へ。『コ』の字になったカウンターへ腰をおろすと『お客さん、食券お願いします』と店主さん。(あ!(」゜□゜)」)入口にあった券売機を見落としてました、っていうか分かりづらいよぉ…(^。^;) 



■店内&お品書き
とは言うもののメニューは昼の塩と夜の醤油のみで、麺は2種類あるうちのどちらかをチョイスできます。そのためスープは強制的に『塩』になりますので麺は塩とのマッチングが良さげな真空麺をチョイスしました♪



■ひるしお(650円)
●スープ
あさりが中心の魚介塩
●麺
真空ミキサーツルツル中太
●具材料
レアチャーシュー(豚・鶏)、味玉子、白葱、あさり、干しエビ等
■この日の感想
私の他にはお客さんが1名おられましたがラーメンが配膳された時にはちょうど席を立つ瞬間でございました。よってゆっくりひとりでいただけました~!(b^ー°)

■デッドで!!!























さてさて配膳されたラーメンのビジュアルですが...

実に実に旨そうな風貌♪

飲んでみるとあさりメインの貝系スープは見た印象通り旨味たっぷり。
綺麗なビジュアルが見せかけでないのが素晴らしいところだ。





そんなスープに絡む麺は自らチョイスした真空麺。
こちらもまた私の期待以上に応えてくれ、選択は大正解。
マッチングはいいですね~o(^-^)o 

ただし… 

レアチャーシューなんですが噛んだ瞬間にやや獣系の匂いが口の中全体に広がってしまう…
(うーん、もったいない…)
と感じたのが正直なところ。
このチャーシューは私の中で確実にマイナスポイントになってしまったのが
残念でございました。



■海老油ドロップイン
そして最後に勧められた海老油をスポイトでスープに落とすとジュわ~っと旨味が広がり楽しめますよ♪ もうひとつの楽しみだった無料の『ご飯』時間も時間なので予定終了となってしまってます…orz 食べ終わって思うのはやはりその素晴らしいビジュアル。見ただけで食べた~い(^w^)』『旨そ~♪』と感じざるを得ない存在感と雰囲気にやられちゃいました。『旨そうな絵画』まさにそんな作品でございました(≧ε≦)

Tag:北区 

らーめん生島家

ザ・◯イ魂!!!(`∇´ゞ
(※注:家系ではありませんのでお間違えのなきようお願いします)


■らーめん生島家
@大阪府阪南市箱作49-6
【営業時間】
11:00~23:00
【定休日】月曜日
【電話】072-487-7889
【駐車場】専用アリ
■いくしまけなう
お客さんのアポが13時30分以降だったので行く途中にランチ訪問しました♪ 久しぶりでしたがお昼時ということもあり店内は満員御礼状態!! 和歌山へ繋がるバイパスが岬町まで延びたため前のR26の交通量が減り来店客に影響が出そうなイメージでしたがそんな心配は皆無な客入りです(笑)



■おしながき
デフォのラーメンにプラスしてネギをトッピングしたネギラーメンが柱となってます。ランチタイムにはラーメン+ご飯もののセットが3パターン用意されてました。価格はリーズナブルな設定でお財布にも優しいですね~♪ ほとんどのお客さんがセットをチョイスされる中ネギラーメンをいただく事にします。



■ネギラーメン
(600円)
●スープ
豚骨ベースの旧◯イ系
●麺
やや細ストレート自家製麺
●具材料
チャーシュー、もやし、ネギ、蒲鉾
■この日の感想
大きいテーブル席、小さいボックスになったテーブル席、それにカウンター席があり意外と広い店内なんですね。そんな中カウンター席に腰を下ろします。前の訪問では店主さんがひとりで切り盛りされてたと記憶しておりましたがこの日は3名体制。なるほどこの盛況ぶりではひとりだとオペレーションはかなりキツイでしょうね。

■デッドで!!!




配膳された中華そばはネギの香りがかなり漂ってまして見た目のカットも小ぶりです。
デッドで飲むとスープと一緒にネギも入ってくる状態です…(^。^;) 
そんなネギも特有の嫌なクセはなくシャリシャリ♪っと
いただけるのは『◎』かな。



そんなネギ山から引っ張り出した自家製麺です♪

見た目以上に比較的おとなしい味わいながらスープとのマッチングは良好♪
 スープのわずかなテロりを感じつつ最後まで麺延びすることなくいただけました。



また具材ですがチャーシューは小ぶりなタイプが2枚入ってますがアベレージ。面白いっていうかかわってたのが蒲鉾。オーソドックスなものから赤いナルトタイプまで、確か3種類トッピングされてたか、と。(2種類ならごめんなさい…m(_ _)m) そして『もやし』ですがちゃんと湯煎して火を入れていたのは合格です(GJ!(b^ー°))



■自家製麺
さて、この日はカウンター席に座ったのですが、食事が済んで立ち上がった時に目に飛び込んで来たのが店内一番奥の部屋に書かれた『製麺室』の文字。これまでもそうだったのかもしれませんが全く知りませんでした。でも自家製で勝負しようとする店主さんの心意気に拍手です♪「ザ・初代◯イ魂ここに健在!!!」です。これからもがんばって~(≧ε≦)ノノ




※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:阪南市 

麺屋えぐち

20年ほど前は
この界隈でよく遊びました~(=゜-゜)
■麺屋えぐち


@大阪府吹田市江坂町1-4-20
【営業時間】
[火~土]
11:00~15:00
18:00~23:00
[日・祝]
11:00~15:00
18:00~22:00
【定休日】月曜、第三火曜
【電話】06-6338-0077
【駐車場】近くにCPあり
■えぐちなう
御堂筋線に飛び乗り、久しぶりに向かった先は『江坂』。かれこれ二十数年前はこの界隈で夜な夜な遊びまくってたことを思い出します(笑) 今もかなり賑やかな街であることには変わりありませんがそんな中でこぢんまり営業されてるのがコチラでございます。



■おしながき
訪れたのが土曜日の14時頃。ランチタイムは完全に過ぎてますが待ち人が4人という盛況ぶり。ヤッパ土曜日やからですかね、我々の後ろにカップルが3組おられました。待つ間に外に置かれていたお品書きを見て先にオーダーを、ば。『中華そば』と『つけそば』しかないシンプルなお品書きに『漢』を感じたのは私だけでしょうか?(笑)


■つけそば
●スープ
ピリ辛の利いた魚介醤油
●麺
やや太ややちぢれ
●具材料
チャーシュー、穂先メンマ
■この日の感想
結局のところ待ち時間は20分ほどで店内に招き入れられました。カウンター席が4席、テーブル席が5人と開店当初からテーブル席が増えてました。この日は残念ながらそのテーブル席に腰を下ろします。(あぁ~汁かぶりのカウンターがよかったなぁ~(;∇;))などと思ってるとつけそばが運ばれてきました。

■デッドで!


ハッキリ言ってビジュアルはめちゃめちゃ地味!!!。
華やかさは全くないですが、実際に食べてみるとその味わいには驚かされます。
とにかくギャップが激しいんですよね(笑) 
かなりやわそうな印象の麺ですが食べるとその実力をあらためて思い知らされます。
とにかく弾力がハンパなくイイ♪
個人的にはここの固さがベストですo(^-^)o 

■つけスープ


久しぶりですが
(はて? こんなに辛かったっけ??)
と最初に思うほど。酸味+ピリ辛系は変わらないのですが、
醤油の主張と魚介、節のアクの強さが前面に押し出されていた感じがものすごく強いのです。

しかしながら...
麺と一緒だとそのスープの若干のアンバランスさがきっちり修正されるから
つけそばは楽しいですね。麺の主張がスープのアラを上手く隠しているかのよう。

最終的には(また食べたいなぁ~(^w^))と感じさせてくれるのが
『えぐちの実力』なんでしょう。



■スープ割
〆はスープ割。元々強い魚介風味に新たに加えられたのが昆布かな?スゴくマイルドになってて美味しくいただきました~♪もちろん完汁です。(o^∀^o)v


Tag:吹田市 

食祭ナウ(o^∀^o)



【食祭和歌山2012】の会場へランチを、ば!

西の丸広場を後に砂の丸広場へ♪
いくつもの地元業者テントブースがある中、
中華そばが並ぶブースへ来ましたよ~(笑)




『○イ』『まる豊』『グリーンコーナー』
の3店舗が軒を並べる中、本日は『まる豊』をチョイス!!
長く続く行列に並んじゃいました。

理由は…












『傾いてないから(爆)』

リアルのお店ではたま~に気分が悪くなることもありますが
今日は大丈夫です!!






そして久しぶりのまる豊。


普段はなかなか出来ないですが
今回はじっくり味わえました( ̄∀ ̄)v

1杯、500円でござ~いご馳走様♪
※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【イベント】 

珍元 

やっぱり!餃子食わなあかんかった?


■珍元
@京都市中京区壬生相合町20
【営業時間】
10:00~23:00
【定休日】月曜日
【電話】075-801-9589
【駐車場】専用アリ
■ちんげんなう
一乗寺にある珍遊の一派なのかはわからないが京都らしい中華そばを食いたいならココへ来い!的な雰囲気のあるお店なのが珍元。どんなお店なのか?興味津々でやってきました♪ ひっそりと佇むその姿を捕捉すると先ずはお店の看板が目に入る。見ると店の横には二台分しかスペースのないCPの一台分が空いているではないか!! 『ラッキー!』とすかさず止めちゃいました(笑)。さて外観ですが、それはそれは昭和の香りがプンプンただようもの。ノスタルジーを感じつつガラガラと扉を開けました…



■店内&お品書き
店内ではおかみさんがネギをガンガン仕込んではりましてその包丁の音がとにかく心地よい♪ 店内はカウンターのみ。『コ』の字になったその中でその効率の良さそうな厨房が印象的です。そして老舗らしらをかもしつつ、とても清潔にされてます♪



■中華そば(並)
●スープ
豚骨チンタン
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー(赤身)、たっぷり葱、メンマ、ニンニク一味味噌
■この日の感想
実はこちらのお店、後からわかったんですが京都ではことに有名な老舗店でかの伊丹十三監督の映画「タンポポ」のモデルになったそうなんですが... 実はこの日、そんな事も知らず思いつきで訪問しておりました(汗)

■デッドで!























厨房内のスープの蓋を開ける度に店内には豚骨のいい香りが漂います♪
そして、しばらくして中華そばが運ばれてきました。

豚骨清湯ベースのスープは「昔ながらの」という単語がピッタリ♪ 
飲みやすくサッパリとしてますが最初から少しニンニク味噌が入っているので
そのコクがアクセントとなってきます。
また生姜の味わいも利いてまして安心感していただけますね~(≧ε≦) 



麺は細ストレート。
麺自身の主張はありませがスープとのマッチングはイイです♪ 
食べるにつれ感じたんですがそれは麺量。
意外に多かったんで腹持ちは良かったっす(笑)



■更に…
試しにニンニク味噌を増やしてみたんですが、これは「○」でした!!! ニンニクは得意じゃありませんがコレは必要か、と(笑) 特筆すべきは中華そばに載ってるネギ!!! 
ハイ、奥さんがズーッと切ってるネギですが「これ旨いわ~(`∇´ゞ」当然「ネギ多めで!」の発声は忘れずに(笑) というわけで中華そばは堪能させていただいたのですが… 今回、2点ばかり激しい後悔を伴う失態を犯してしまいました…orz ひとつは『お店の名物だった「餃子」』を食べなかったこと。既にラーメンを3杯をクリアしてたので餃子に手を出す余裕がありませんでした。そしてもう一点、来た時は店の左隣のコインパーキングが1台分開いてることで喜んでたんですが… 実は右隣にお店の無料専用駐車場があったことを…この見逃しは大きな痛手でございました。もし車で訪問される場合はお間違えのナキように。 しかし、京都老舗のまったりとした中華そばは私のココロに深く刻み込まれたのは言うまでもありません。ごちそうさまでした…m(_ _)m

Tag:中京区 

伊佐夫(いさお)

アーティスティックな空間は
本物の淡麗がよく似合う!


■伊佐夫(いさお)
@京都市左京区一乗寺樋ノ口27
コーポラス禅1F
【営業時間】
11:00~14:30
17:30~20:30
【定休日】月曜日
【電話】075-702-1770
【駐車場】専用アリ
■イサオなう
滋賀は長浜へ行きたかったのですが高速が工事渋滞…大津~瀬田東が17kmとは尋常じゃないですやん(°□°;) という事で若干迷いあるなかターゲットを京都へチェンジ。実はこんなこともあろうかと京都の候補店はリサーチ済み♪(←:段取りエエや~ん(≧ε≦)) さて京都市内のターゲットですが淡麗清湯を丁寧に作ってると噂の高い無化調のコチラへ。京都ラーメンのメッカ、一乗寺へ乗り込みます。場所は白川通りの天一総本店の真向かいを左折してすぐのところにあるマンションの一階で駐車場はそのの奥。車2台分のスペースが確保されてました。駐車場の少ない京都市内ではコレは非常にありがたいです(^O^)



■店内&お品書き
カウンター席のみの店内は明るく適度な広さ。また清潔に保たれておりめちゃめちゃ気分がイイっすね(`∇´ゞ 使用されている醤油材料からはじまりオブジェや用品に到るまでちょいちょいこだわりが散りばめられておりアーチスティックな雰囲気はラーメン屋らしからぬお洒落さを醸し出しておりまする。
お品書きを見るとメインは2品。基本はどちらも魚介清湯ですがひとつは魚介のみで、もうひとつは鶏+魚介になります。どちらもいただきますが先ずは『鯛』そして『鶏』の順番で~( ̄∀ ̄)動きある字体で好きですね




■鯛TEN麺(780円)
●スープ
鯛スープ100%煮干系
●麺
平打ち低加水22番くらい
●具材料
大根おろし、山葵、ホースラデッシュ
■この日の感想
シンプルな店内にシンプルな厨房。そしてゆるキャラ全開の癒し系店主さんの仕事をカウンター越しに眺めながら待っていると配膳されました♪


■デッドで~♪





















『ザ・和風~♪(^w^)』
わかってながらメチャメチャ感じてしまった和風テイスト(笑)

もちろんパンチなんぞありません、鯛のスープがじんわりと五臓六腑に染み渡り、
一口飲み干すと

『ふぅ~っ(*^o^*)』

思わず声が漏れちゃいますね。



麺は細い低加水タイプ。粉の味も程よく、しかも付け合わせの山葵と大根おろしをちょいと落とすと… ア~ラ不思議更にに和風チックになるじゃありませんか♪そして気づいたら全汁(笑)  大変おいしゅういただきました!


次に動物系+魚介系


■鶏TEN麺(780円)
●スープ
近江黒鶏+鯛スープ100%煮干系
●麺
平打ちビラビラ高加水麺
●具材料
鳥ハム、馬鈴薯、白ねぎ、小松菜、鶏油

■デッドで!!!


基本は鶏ガラ+鯛スープの塩なのでデッドで飲んでも

『あぁァァァ動物系ね』

と思わず声が(笑)

獣系スープを使ってるだけあってじんわりと旨味が口の中で広がりまして、
全体にまとまりが感じられますね。

そんなスープを受け止める麺が久しぶりに食べる平打ちビラビラ麺♪
粉の風味はそれほどでしたがその食感が秀逸。スープもジックリ絡みつく印象でした。

全体的には鳥の甘味が残って臭みが全く出ていません。
おそらく皮、脂が全部除去されてるのでしょう。最後の一滴まで飲み干せました♪



■柚子胡椒
さてさて、この日いただいたラーメンですが共に使ったのが卓上にあった柚子胡椒。実は私、コレが大好きなんですよね~♪ 家でもmy柚子胡椒を使ってるくらいですからね(笑) 基本の和風味にはこの存在がメチャメチャ心強かったりするんですよ~♪滋味深い味わいに感謝ですね!ホントご馳走様でした(≧ε≦)

Tag:左京区 

【ディナー編】中華そば ◯丈

魂が叫んだ(」゜□゜)」!!

■中華そば○丈
@大阪市中央区難波千日前6-16
【営業時間】
11:30~15:00
18:00~21:00
毎月第一日曜
おはようラーメン(夜営業なし)
7:00~10:30
11:30~15:00
【定休日】水曜日
【電話】06-6643-6633
【駐車場】近くにCPあり
■まるじょうなう
お取引先の社長さんが食べた鶏そばつけ麺の味が忘れられず… たったひと口、たったひと口飲んだだけなのにあまりのインパクトに夜にも再訪問してしまった私…(^。^;) もういちど自らの五感で感じてみたくなったんですね、うんうん。そして到着したのが20時過ぎ。この時点で待ち人は4名でございます。昼間に続き、この人数はまたまたラッキー♪じゃないっすか~(≧ε≦)ゞ 



■鶏そばつけ麺
(1,100円)
●スープ
塩ベースに鶏タップリ
●麺
中太ストレート
●具材料
鶏皮、鶏肉、メンマ、青葱 
■この日の感想
実はこの夜の部、最初に向かったのがカドヤ食堂。meetsに掲載されていた限定の味噌ラーメンが何としても食べたくてダッシュで向かったんですが… 『あかん… う、売切…』お品書きを見ると限定10杯。余裕でアウトでした(泣)普通なら当然カドヤでいただくところですが待ち人が5名ほど。ここで食べると丈さんとこの閉店時間に間に合わなくなってしまう!! ここは初志貫徹。涙をのんでカドヤを後にし○丈へ向かいまして鶏そばにありつけたという次第です(笑)

■デッドで!


若干緑がかったスープを
飲んでみたのですが…

『ウマぁーーーーー♪
(」゜□゜)」』

叫ばずにはいられません。
鶏油でフランベされた鶏皮をたっぷりズドンと塩スープへ!

鶏皮星人の私にとってこのスープはヤヴァイ、ヤヴァすぎるのよね~~~♪ 
何も言えません、ホンマ旨過ぎです!!! 





丈さんの魂のこもった麺と一緒にいただきますがもうアカン。

足がガクガク…
『震えが来るほど旨い』
と感じることは滅多にないって言うかほとんど無い!! 
しかしこんな感覚になるんですね…まぢで(笑)  

昼に食べた豚盛もすごいですが
それをはるかに凌駕しております!!!

もう何も言うまい。300gの麺が『アッ!!』と言う間に胃袋へ収まり、そして〆の割りへ。




■〆割スープ
実はスープで割らずともストレートで飲めなくもない濃度でしたが丈さんが『是非とも!』と薦めてくれたのでいただきます。鰹の利いたスープとつけスープが合わさった時には… 

『生涯つけ麺のNo.1じゃ~!!』

と言っても過言ではなかったです。
個人的つけ麺ランキングが変動した瞬間でもありました…(笑)

丈さん、こんなに旨いつけ麺を食わせてくださってありがとうございました~m(_ _)m

<おことわり>
ただし、こちらのメニューは某SNS限定メニューのため
お品書きには掲載されてませんのでご注意くださいませ m(_ _)m

【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

中華そば○丈(maru JOE)

待つ時間がめちゃ少なくてラッキー♪

■中華そば○丈
@大阪市中央区難波千日前6-16
【営業時間】
11:30~15:00
18:00~21:00
毎月第一日曜
おはようラーメン(夜営業なし)
7:00~10:30
11:30~15:00
【定休日】水曜日
【電話】06-6643-6633
【駐車場】近くにCPあり
■まるじょうなう
お取引先の社長さんと一緒に○丈へ。思いっきりお昼正午の訪問でしたが、なんと待ち人は3名♪ めちゃめちゃラッキーでございます\(☆o☆)/



■躍動する丈さん
前日に和歌山でお会いしたのでご挨拶に訪問♪ しばし剣道の話でしばし盛り上がります(笑) そしてオーダーですがめちゃめちゃ悩んでしまいます。中華そばも食べたいし、○丈そばも食べたことないし、サンマそばも食べたいし、豚盛りも鶏塩も…(笑) 結局は一番好きな豚盛りをチョイスしちゃいました(笑)



■豚盛り(1,100円)
●スープ
鶏ベース+豚肉
●麺
中太ストレート
●具材料
豚スライス、ブロック、青葱、メンマ
■この日の感想
実は最後まで悩んだ対抗馬が鶏そば(鶏塩つけ麺でメニューにないサイト限定アイテムです) 最終的には社長がそれをオーダーし、私が豚盛りに落ち着いたわけですが何か後ろ髪を引かれるんですよね…(^。^;) 

■デッドで!!


そして配膳された豚盛りつけ麺。
自分の中ではお馴染みメニューですが食べる前は何故かやはり緊張します(笑) 
そんなメニューですがデッドでいただきます! 



鶏系のスープですが豚系と勘違いするくらいに香り立つイイ匂い♪ 塩が利いた酸味スープの味わいに魂がゆさぶられます。
スープ面からは溢れんばかりの豚肉が顔を出して迎えてくれます(笑) 



■そして麺~~~~ん!!!



麺哲断面のストレート。
心なしか柔らめですがそんなのお構いなし!! 
スープに浸すと一気に豚盛りワールドが広がります。
麺に絡むスープは口の中でジワジワと広がりスルスルと胃袋へ。

途中、スライスされた豚肉とブロックにカットされた豚肉を交互にいただきますが、
その頃にはもう覚醒しちゃって別の世界へイッちゃってました(爆) 


そして...
食べ終わる頃、気になっいた社長のチョイスした鶏塩つけ麺を少しばかりいただいてみたんですが… 

 『これ何やねーん!!(」゜□゜)」』 

こんな鶏塩は今まで食べたことないしーー!!

 つーことでランチタイムはここまでなので次は夜の部での連食ディナー訪問決定♪(^w^)




※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

和 dining 清乃

お酒を飲むのが楽しいぜ~♪(`∇´ゞ

■和 dining 清乃
@有田市野669
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜
【電話】0737-83-4447
【駐車場】あり
■せーのなう
『とこさん、有田へ飲みに行こらよ~♪』と、知り合いの社長さんからのグッドタイミングのお誘いが!!(笑)ちょうど行こうかと思ってたのでご一緒させていただきました♪(*^o^*) 『限定のコラボができました!』とマスターからの情報。久しぶりの別店とのコラボに胸を踊らせながらの訪問でござい~! そしてとりあえずビールか!(笑)ラーメンは置いといて久しぶりにマスターおまかせの肴を、ば。最近置きだしたという『ハートランド』で喉を潤しまふ。そして…

■だし巻き

まずは初めていただく『だし巻き』です。意外ですがこんなポピュラーなメニューをいただいてなかったんですね(笑) 何もかけずにそのままの旨さを楽しみます♪

■『あこう』刺身


これまた生まれて初めていただく『茂魚』と書いて『あこう』と読むそうです。
この日は小さい『あずきあこう』で3kg台は非常に珍しいとのこと♪ 
身は真っ白ですがしっとりとしたほのかな甘味が舌の上で広がり旨いです。

■黒毛和牛ステーキ


待ってたゼー!!(≧∇≦)
お約束化しつつある和牛ちゃん♪
岩塩の上で軽~く炙り、ヴェルダンでいただきますが…
何も言うことなく最高ぢゃ!!!


一通り飲み食いしてからの~ぉ

■鉢の葦葉さんとの
コラボラーメン
●スープ
鶏ベース醤油清湯
●麺
中太ややちぢれ
(鉢の葦葉さん自家製麺)
●具材料
チャーシュー、鶏ハム、
■この日の感想
たっぷりお酒とお料理をいただいた後ですがラスト〆に限定コラボをオーダーしました!

■デッドで!

スープはいつもの醤油青湯。
で、そこに入るのが鉢さんの自家製麺でした。



第一印象ですが、とにかく麺のしなやかさにもっていかれちゃいました。何て言うか こう癖のないビジュアルなのに噛めばじんわり甘みが口いっぱいに広がるんですよ。決して粉の風味が強いワケじゃないんですが『気は優しくて力持ち』むたいな~♪なんか意味がよーわかりませんが(爆) 食べれば食べるほど引き込まれます。
(はぁ~旨いなぁ~(≧ε≦)) 
と、ラーメンを食べているその時、
マスターより重大な発表がありました... 

つづく...



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

九州ラーメン 六五六(むつごろう)

ザ・ジャンク!!!(爆)

■九州ラーメン六五六
(むつごろう)
@堺市堺区向陵東町1丁2-18
【営業時間】
12:00~13:30頃
18:00~20:30頃(アバウト)
【定休日】日祝
【電話】072-254-1378
【駐車場】ナシ
■むつごろうなう
『ちゃんぽん』を食べるとなると右に出るものはいないと言われているコチラ。『営業も休業も大将のさじ加減』というアバウトさと『基本的には労働意欲が少ない』という適当さ(あくまで噂ですよ(笑))がその人気に拍車をかけている珍しいお店。この日もダメ元で中環をすすんでいたところ1回目はお店をスルーしちゃいまして…(-o-;) 気を取り直し、見落とさぬようゆっくり車を進めると、ありましたよ~♪ 

しかし…























看板は更にボロボロになってるし...

これで営業してるなんて奇跡的な店舗外観ですけどね~(笑) ホント開いててラッキーです♪



■店内
もちろんカウンター席のみ。そのカウンター席の後ろには二脚の待ち椅子が設置されてますが、私は火柱が目の前で見れる特等席に案内されたんです♪ ここに座ってみたかったんでラッキー(*^o^*)ですわ(笑) 



■ちゃんぽん(900円)
●スープ
ジャンキー胡椒系
●麺
普通ストレート
●具材料
キャベツ、もやし、玉ねぎ、豚、蒲鉾、イカ
■この日の感想
古式に則りまして部下の分も含め2,000円をカウンターの上へ♪ 大将からは素早く『サッ』と200円と差し出されたにも関わらず部下が1,000円出そうとした時には
『更に1,000円くれるんか?(笑)』と余裕の応対。その早技とタイミングは衰え知らずというところ。そんな大将の調理姿を配膳されるまでじっくり堪能させていただいてますと、さぁさぁ熱々のちゃんぽんが配膳されましたよ~♪o(^-^)o

■デッドで…


てんこ盛りの野菜をかき分けてたどり着いたテロリスープをデッドで飲んでみます… 
 『辛~~~っ(」゜□゜)」』
久しぶりの胡椒のパンチ~~~!!!
(こ、ここまで胡椒キツかったっけ??)
と戸惑うほどの胡椒量。あまりの強さに最初は全く味わいがわかりませんでした。
ところが1/3くらいいただいた頃には胡椒の味にすっかり慣れ、
逆にスープの甘味と旨味が徐々に舌上に感じられるようになってきました。
食べやすいひと口大の野菜に千切りにカットされた蒲鉾、
それに豚肉が渾然一体となって胃袋に襲いかかって来ます。



そして中太の麺を持ち上げ野菜と一緒ににただくとまさに至福の境地に♪
もう少し固いと
『excellent!!!』
をあげることができたのに(笑)

ま、これでも十分及第点ですけどね♪
 そして特筆すべきはそのイカの存在!! 

思わず

『どれだけ入っとんねーん!』

って突っ込みたくなるくらいのボリュームに魚介感。
これがあるからちゃんぽんは止められへんねんなぁ~♪ みたいな(笑) 


■大将
気づけば熱々、トロトロのスープはすーっかり完汁。その前で大将がニコニコと。以前はどちらかと言えば怖い印象だったのですがずいぶん柔和になられたようで。楽しいいただけました♪ それに… ご常連さんらしき方がオーダーされていた大盛メニュー。コレも気になりましたがいつ来れるかわからない次回への宿題にしときましょう~(笑) ちゃんぽん万歳\(☆o☆)/



Tag:堺区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター