つけそば 一乗寺ブギー

思いのほかオシャレな雰囲気で
驚きました(^w^)


つけそば一乗寺ブギー
@京都市左京区高野玉岡町
49-1 グリーン28 1F
【営業時間】
11:00~翌0:30
【定休日】無休
【TEL】075-712-5518
■ブギーなう
京都で仕事がありまして終了後の一乗寺行脚を敢行!! ずーっと来たかったこちらに念願叶って訪問する事ができました♪ 



■店内&お品書き
入店したのは17時過ぎですがほぼシャッターでございます。先ずは券売機にてメニューを。つけそばばかりかな~って思ってたんですがしっかり中華そばもありました♪ ですが、この日はまだまだ連食予定のため麺量は200gをチョイス。(ちなみに300gまでは700円でいただけますよ♪) カウンター席のみで構成される店内は黒を基調としたシックでいい感じなんですがアンバーな雰囲気は光が不足しコンデジでの撮影は思いのほか辛いですよね… 



■つけそば(700円)
●スープ
酸味系やや甘の豚骨魚介W
●麺
ちぢれ12番の太メン
●具材料
もやし、チャーシュー
■この日の感想
そんなアンバーな環境の中でチョイスしたのがデフォのつけそばでございますが周りの暗さがチョコッと気になりますね。実はあまり落ち着きません…(^。^;) 先にも書きましたが暗いのでカメラで撮るのが辛いんですよぉぉぉぉ。せっかく美味しそうなのに残念。そんな中ですが苦労して撮った写真がこちらでございます。そうこうしているうちに「そば」が配膳されました。

■デッドで!


厨房には梶さんがいらっしゃるではないか♪
お久しぶりでございますm(_ _)m そして呑んでみますと…



酸味系のやや甘スープ。もやしの香りと量が強烈だがなぜかコチラの分は気にならない。甘辛な味わいは個人的には好きなのでかなり満足感は大でした♪ 風味は背脂を利かせた京都風とでも言いましょうか、あまり今まで食べたことのないタイプでございます。そんなスープに絡む麺はややウェービーなやや多加水麺。しっとした歯触りですがつけスープの濃度が低いのでもう少し絡みが良くなったら嬉しいかな。でもおそらく麺を引き立てるには素晴らしいスープで『良くできた一歩下がってついてくる嫁』みたいな~(笑) それ自体は弱そうですが実は芯が強いのでしょう♪食べ進むにつれマッチングは良くなってきましたよ( ̄∀ ̄)v そして最後にスープ割りを頼むと 煮干しの風味が強くなり 胡椒がかなり効いているのが分かります。チャーシューはデカいのが2枚入っていて


『あっちゃ~(>_<)』と思いましたが、食べてみるとかなり美味い!!! これには驚きました。『甘・辛・酸』をしっかりと効かせ、醤油の風味を際立てたつけそばは納得の一杯でございました。


■オヒオヒ…(-_-#)

目の前にはオシャレなスプーンが…
 
(コレってレンゲか?)

おそらくそうでしょう。ですが...

いくらオシャレだろうが
使い易かろうが
デッド飲み推進会としては絶対に
レンゲは認めません!(爆)

【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:左京区 

三代目宮田麺児

別麺にトライ♪


■三代目宮田麺児
@大阪市中央区東心斎橋1-13-5
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】年中無休
【電話】06-6243-1024
【駐車場】ナシ
■麺児なう
家族のリクエストと初訪問の印象が非常に良かったので再訪問!前回はドラゴン麺しか食べてなかったので今回は残りの2種類にターゲットを、ば。お昼時から完全に外れた15時に訪れるも、ありゃりゃ?店前には約10人ほどの行列でしかも全てが女性です。皆さん観光客でしょうかね?



■幸せの黄色いハンカチ
今回も黄色いハンカチは出ていました♪ これで3種類の麺がいただける事が決定しました(笑) 食券を購入してからも店内へ案内されるまでは入口付近にてしばらく待たなくてはならないコチラのシステム。まるでようやく呼ばれて『やっと診察かぁ…』と思ったら中待合やった(」゜□゜)」というデカい病院に行った時の苦い経験を彷彿とさせられるものでございます。


■KK100(850円)
●スープ
ベジタブル&フルーツ
●麺
四角断面太麺
●具材料
味玉子、穂先メンマ、フライドベジタブル
■この日の感想
お店の中へ案内されますが今回も二階へ案内されますがそこでもまだ席には着けません。しばらく待たされてからやっとテーブル席へ案内されました。 


■デッドで!

先ずはつけ汁をデッドで。
と言っても先般いただいてから
それ程時間は経ってないので
舌にも味わいの記憶は残ってました(笑)
フルーティーな甘さは変わりなし♪








そんなスープに合わせるのはまずはKK100麺。これを一本口に含んでみる。



(ほお~っ(゜∇゜))

と思わず声が漏れてしまうほどのストロングボディ。
味わいもあまりにしっかりしているので

(うっ…これではスープが耐えられへんのとちゃうの??)

という思いが全身を駆け巡ります。
案の定3口目以降は麺のみをモサモサいただいてるだけの感覚に
捕らわれてしまいました…(`∇´ゞ


そして次は手もみの入ったTM3麺


やや平打ちでやや黄色いちぢれタイプは最近ではあまりお目にかかった事がナイもの。
麺のみを食べた第一印象だといちばんパンチを感じません。
粉の味わいしかり、食感しかり、
訴えかけられるものはなーんにもなさげでございます。

ところが!! 
いざスープにつけていただいてみるとスープの良さの全てを受け止め、
そして自らもアピールする芯のある麺で、なめらかな舌触りも好印象大でありました。
平たく言えば
『ベストマッチング』だと(笑) 

そして最後にT2G-Dをいただきましたが


DはDでスープとしっかり絡み合い最後まで美味しくいただきました!
これはもう言うまでもなくマッチングもよく美味しいです♪


■総括













今回、3種類全ての麺をいただきまして思ったのが以下の3点。

1:性質の違う麺を同じスープでいただくのはもったいない。
やはり麺とスープも相性があるのでベストマッチでいただきたい。

2:個人的好みは 三位:KK100→二位:T2G-D→一位:TM3

3:何だかんだ言っても宮田麺児のリピーターだ! 

以上で総括とさせていただこうと思ってたんですが...

10月31日に閉店
されることに(号泣!!!)

正直、こちらのお店は個人的にはメチャメチャ好きだったので
ホント、残念でなりません。
このスープは他の店では似たものもないんですよね。

前回は閉店してすぐに新たに開店しましたが
今回は麺業界の情報を集めてみても完全閉店される雰囲気...

なんとかならないでしょうか、ホント。


無念でなりません...orz

Tag:中央区 

麺や 高倉二条

遂に本家の敷居をまたげました~♥


■麺や 高倉二条
@京都市中京区観音町64-1
【営業時間】
月~金
11:00~15:00
18:00~22:00
(土日祝は夜21:00まで)
【定休日】年末年始
【TEL】075-255-9575
■高倉二条なう
仕事で京都へ。ホテルでの商談でしたが具合のいいことにそこからいちばん近い麺屋が未訪問課題であったコチラ高倉二条でございます。ラッキー♪ 落ち着いた雰囲気のお店でかなり期待ながら敷居をまたぎます。



■店内
店内はカウンター席のみ。小料理店かお茶屋さんのような落ち着いた佇まいで、しかも想像以上に狭く驚きました。自慢の20時間じっくり煮出した豚骨と魚介のコラボでスープを出す直前に合わせているとか。早速ですが一緒に訪れたメンバーはつけ麺を、私は汁麺をオーダーしました~o(^-^)o




■ラーメン(650円)
●スープ
濃厚な魚介+豚骨テロり系
●麺
全粒粉の中太ややちぢれ
●具材料
厚めのチャーシュー、水菜、
メンマ 
●この日の感想
これまでは「ろおじ」「和醸麺すがり」など系列店にはスグに訪問してたんですが本店が未訪問だった。そのためずーっと前から行きたかったお店だったのでとにかく楽しみでした。店の雰囲気もいかにも京都的でメチャメチャ落ち着いてますわ。本当ならつけ&汁の二杯食いをしたかったところですが仕事のため断念。そんな思いをはりめぐらせていると配膳されました。

■デッドで!























かなり煮干しの効いたスープはそのビジュアルもさることながら味わいも個性派。

早速デッドで飲んでみますが...
酸味が強くもうちょい甘い方が良かったなぁ~(笑) という第一印象。
しかしそれはいい意味の方で、凝った味わいには満足させていただきました。















麺はそばっぽい低加水率でやや縮れた茶系の麺は食物繊維がたっぷりの全粒粉。
なんか便通がよくなりそう(笑) 

ただし塩分は多めで舌触りは若干ざらつきがありました。
ただしスープとのマッチングは最高♪
食べるにつれ酸味は気にならなくなってきた。




チャーシューは味わいも食感もこれまた最高♪♪♪ 
やや濃いかもわかりませんが肉の味わいもしっかり感じるので
チャーシューとしては『◎』か、と。
太メンマに水菜というシンプルさは潔く好き♪

■ちょこっとつけ麺w
少しばかり仲間が頼んだのつけ麺も食べさせてもらいますが… 





 






個人的には『つけ』の方が良かったなと(笑)

しかし閑静な街中に佇む実力派豚骨魚介店!!!
未だに行列が絶えないお店の理由も納得の一杯でございました♪

Tag:中京区 

丸美商店

和歌山でつけ麺を食べるなら
ここしかないでしょう(笑)

■丸美商店
@和歌山市美園町5-61
和歌山ステーションビルMIO B1F
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】年中無休
【電話】073-426-1231
【駐車場】近くに地下けやきあり
■まるみ商店なう
前回いただいたつけ麺が思いのほか印象的だったのでまたオーダーしてしまいました (笑) 折しもこの日は休日。通し営業のため時間を気にする必要はありませんがつけ麺をいただくなら…そう、時間限定品のため15時以降の入店となります。また店内ですが15時が回ったにもかかわらずお客さんは多く賑わっておりました~(^w^)



■メニュー
前回の麺量は200gをいただきましたが、かなりもの足りなかったので今回は300gの『並』をチョイスしました。『大・400g』も頭をよぎりましたが、先日別のお店で400gを食べたところだったのでやめときました(ホンマは400g食べるのしんどかっただけやねんけどね…(-o-;))


■つけ麺(並)
●スープ
豚骨+鶏+魚介のトリプル
●麺
丸断面太ストレート
●具材料
チャーシュー(2種類)、メンマ、海苔、蒲鉾
■この日の感想
『つけ麺の場合は15分くらい時間を頂戴しますがよろしいでしょうか?』とマニュアルに沿った案内をしてくれたバイトさん(笑) 麺次第で茹で時間がかかるのは承知のうえですが5分以内に出来上がる中華そばに慣れている地元の皆様にはちゃんとアナウンスするのは必須か、と。『ラーメンできんの遅いわしょ!!!(`ε´)』とおっしゃるおいやんしがたくさんいらっしゃいますから~(笑) 出来上がりを待つ間もひっきりなしにお客さんが入れ替わり立ち替わり! でもそれらのお客さんは皆、中華そばを注文するじゃありませんか!! ちなみにつけ麺が配膳されるまで私、4組で7杯分を追い抜かれました…(^。^;)



■デッドで!
さて配膳されたつけスープと麺をセパレートデッドでいただきます。豚骨が効いたスープには少なくとも2種類の魚粉が配合され(調理シーンを見る限りではですが…)若干のざらつき感が残ります。前回よりやや豚骨が勝ってるか、な?という印象です。麺は丸断面の太ストレート。茹で時間が長かったとは感じなかったのですが仕上がりは前回より柔らかいですね。どちらかと言うと、より『うどんチック』になってます。そしてつけスープ自体も太い麺を漬けるからでしょう、ふた口目からかなり冷めてしまったのでつけ麺を食べ慣れてないお客さんにはチト辛いかもしれませんね(^。^;) とは言っても和歌山市内で『アベレージ以上のつけ麺』を食べるならこちらは外せないでしょうね。特筆点はないので欲を言えばキリはないですが、少なくとも普通に美味
しいつけ麺がそこにはありますしチャーシューもタイプの違うものが使われ工夫されてるのがわ


かります。とにかく『つけ麺って食べた事ないわしょ!』と言う方には入門編としてわかりやすいお手本のような存在だと思いま~す(≧ε≦)ゞ

【お店の場所はコチラをクリック♪】



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

大福軒 

ゴマ坦々麺とちゃいまっせ~♪(笑)


■大福軒
@紀の川市松井112-2
【営業時間】
11:00~21:00
【定休日】不定休
【電話】0736-73-2687
【駐車場】専用アリ
■大福軒なう
西浜店と比ベ不定休なコチラ。 狙いの黄色パトライトはクルクル点灯中!!! それを見るとアドレナリンが吹き出ます(爆)突撃ラッパが頭ん中で鳴り響くなかドアを開けまして、さぁ~~突撃しょっか~♪



■おしながき
良く言うと『ゆとりある』悪く言うと『だだっ広い』店内には誰も居なく王様気分を味わえます(笑) 壁に貼ってるお品書きを見ると中華そばをはじめ色々なラーメンがあります。また他に中華料理屋メニューが多数並びましてオーダーしようとしますが... お昼時なんか特に『できません』が多かったりします(爆) そんな中でひときわ異彩を放つメニュー!!!!!
『た、たまごとじ』ってかよ...
和歌山トラディショナルな中華そばとは極めて相性が悪そうなその響きに一種たじろぐも、デフォ中華ではオモシロクナイと思うのも事実で。『おしっ!!一丁食べたろかい!!!』百聞は一見に如かず、気合いのオーダーを敢行しましたが...  よくよく考えてみると3、4年前に既に食べていた記憶が蘇ります。(確かその時の印象は... あまり良くなかった気が...)とまぁそれほどだった記憶なんですが、もう注文しちゃったんだよぉ...(泣)



■玉子とじ中華そば(580円)
●スープ
和歌山トラディショナル
●麺
中太ストレート自家製麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想
しばらくして配膳された中華そば。
『た、坦々麺みたいやんか…(-.-;)』
そうなんです、赤くはなってないですが玉子が味噌の如く麺に張り付いておりました(苦笑)



■デッドで…
そんなゴマ坦々麺な見た目の中華そばをデッドで飲んでみた。元来の味わいはトラディショナルな中華なんですが、ア~ラ不思議、実は今回、上手に玉子がとじられてたんですよ♪ 全体に淡い甘味がじわ~っと広がりましてめちゃくちゃ旨い!!! ここまで出来映えとは思いもよりませんでした、正直。危うくスープを飲んでしまいそうになるのを止め、麺へ移ります。やや細い麺ですがこの日の茹でコンディションは最高\(☆o☆)/ やや固めなんですが食べ進むにつれ頃合になってくるんですよ~♪マッチングは文句なしでした! ただし…胡椒が最初からオンされている。コレはデフォなのでいいんですが問題はその量… 決して『少し』とは言えないんですね。できるならセパレ


ートにしていただけるならこれ幸いにございますm(_ _)m とは言え、最近の紀ノ川紀北筋では安定した一杯を提供していただけるお店として頼もしい存在なのは疑いの余地はありません。ごちそうさまでした♪


Tag:紀の川市 

【らの道/最終店舗】麺 dining 月乃家

最後はやはり地元凱旋でコンプリート♪┏| ̄^ ̄* |┛ガッツポーズ


■麺dining月乃家
@有田川町大字天満428-1
【営業時間】
11:00~14:30
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第2、4月曜日
【電話】0737-52-5716
【駐車場】450台アリ(爆)
■つきのやなう
この「らの道」がスタートした時から決めていたのが『ゴールは地元和歌山で!!』というもの。達成まで3ヶ月間ギリギリまで時間がかかりましたがなんとか最終店まで辿り着きましたが、やはり感慨深いものがありますよね。さて期間終了の前日9月29日、会社が終わってから電車に飛び乗りダッシュで藤並へ。閉店間際に飛び込みましてギリギリセーフでございました…(^。^;) 




■お品書き
前々から食べようと思っていたサラダ麺が余裕で期間終了していたのでプチ整理したお品書きの中から王道の『特濃』をチョイス。久しぶりに豚骨コッテリをいただくことにします。あ、それと今更ながらの余談でございますが、定休日が火曜日だけでしたが、スープの仕込みの都合で第二、第四月曜日も定休日になっておりますのでご来店、特に遠方からのご来店の方はご注意くださいませ。


■特濃(700円)
●スープ
豚骨濃厚+醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、太メンマ、ネギ、煮玉子
■この日の感想
店内は相変わらずの盛況ぶりで、後から後からお客さんがどんどん入ってきます♪そんな中、特濃が配膳されました。




■デッド
久しぶりの特濃。そのビジュアルを見るやいなや
(よしっ!!)
と心の中でガッツポーズ♪ それだけの素晴らしさがビジュアルから伝わってきました!!! このところしっかりと乳化したとんこつはもとより、ガッツりとした豚骨も含めしばらく食べてなかったことに気づく。しっかりとしたボディから放たれるコクはまるで重い直球のようだが食べるにつれその重さがキレに変わるのです。あぁ旨い♪ ただひとつ気になったのがややたまり醤油の酸味が出ていた点ですがそれは許容範囲レベルです(笑)麺


も加水率を抑えたタイプに変化していたものの、よりスープとのマッチングが良くなるように改善されてました♪ 連食するつもりで来たが特濃の出来栄えが良かったのでキャンセル。完汁しちゃいまして満足感いっぱいでございます♪


■達成(^O^)



途中、予想外のもたつきはありましたが

達成者パーティーには残念ながら仕事で出席出来ませんが、
各店舗の限定品を食べる事ができる権利はゲッチュです(でも...行かれへんやろなぁ...)

そして戦利品の数々(笑)
↓↓↓


またこのような企画があれば是非とも参加させていただきたく存じます。
主催者様お疲れ様でした。
そしてありがとうございました
m(_ _)m


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田川町 

【とこの酒場放浪記】こまちゃん

祝開店おめでと~♪
(〃^∇^)σ))σ))σ))

■こまちゃん
@大阪市北区天神橋5-3-3
【営業時間】17:00~23:30
【定休日】不定休
【電話】非公開
【駐車場】近くにCPあり
電車:天神橋筋六丁目駅から277m
■こまちゃんなう
9月6日に華々しくオープンした立ち飲み屋「こまちゃん」 早々にお邪魔したかったのですがいかんせんこちらは和歌山から... 会社の会議が終わってからの初訪問。なんとか9月中に訪問することができました(苦笑) 店主である「こまちゃん」は夏の望麺会でラー友さんからのご紹介で初めてお会いさせていただいた間柄。この時に「9月に立ち飲み屋をオープンするねん」と伺っており、その開店を首を長くして待っていた口のひとりが私であります(笑)




■お品書き
ダクトに貼られたメニューがコチラ。定番から、女性ならではの家庭料理は愛情が溢れんばかり。その日の仕入れでも変化するそうで、とても楽しいメニューが用意されています!初訪問のこの日は既にラー友のよんさんをはじめ、わっしょいオーナーのジェイさん、お初のだいちゃん、あけみさんがおられ、最初からアクセル全開です(爆)特に気になるのはわっしょいのジェイさんオリジナルの「チキンラーメンセニョール」 これは〆に必食か、と♪

■食べたもの、飲んだ物
まずは食べたもの飲んだ物の紹介♪

■生ビールで(゚Д゚)プハー!■大好物のきずし♪




■ただのぶた(その名の通りw)■鶏モツ煮込み



「ただの豚 380円」はその名の通り

ただただ、塩/胡椒/醤油で味付けした豚肉

なんですがこれがまた秀逸♪ 単純な肴に宿る奥深さを感じました。

盛り上がる中、生をグイグイいってしまったので
ここらでちょっと変化球のコチラ!!!





ゥ~~~!!レッドアイ
 

”(゚Д゚)プハー!

初めて飲むレッドアイはマジ旨い!!!
今も自宅でハマっているのは言うまでもありません。

そしてお楽しみの... こちら♪



■ジェイのチキンラーメンセニョール(380円)
こちらも名前の通りチキンラーメンですが、
トマトを入れて煮込んでいるのでチキンラーメンらしからぬお味。
これは、メチャ美味でっせ~~~ これも家でハマってますが(笑)

天満にこんなに楽しい立ち飲み屋さんができて、嬉しい限り。

そして途中からは、M三郎さんスカ師匠も参戦され大盛り上がり♪ 
楽しい夜をすごせました。盛り上がりすぎて、

電車に乗り遅れそうになった事は内緒です(爆)
 

え~、こまちゃん

いやぁ~楽しかったですね~また来たいです♪


ではまた!!!

【お店の場所はこちらをクリック♪】

テーマ : 立ち吞み
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

【とこの酒場放浪記】七福神@天満


天満のブルペン的お店かな(笑)



■七福神
@大阪市北区天神橋筋5-7-29
【営業時間】
火~金曜日
13:00~23:00
土日祝
11:00~23:00
【定休日】月曜日
【電話】
06-6358-3311
【駐車場】なし(
JR天満駅徒歩5分)
■七福神なう!
立ち飲みではないがカウンターから延びる席が商店街側に広がるフルオープンの串カツ屋さんでおます♪ いつ見ても人気が高く、この日も待ち人がおられますが心配無用。鬼のような回転の早さですからスグに順番が回ってくるし(笑)カウンターに座り、「ビール一丁♪』でございます。



■店内
お客さんはサラリーマン、カップル、お一人様とバラエティに富んだ構成で、とにかく活気がありますね。メインの
メニューは串かつ、おでん、ドテがデフォ。つーかコレがほとんど(笑)価格は100円~350円と安心安心、その日のサービス品も要注目ですね♪ 
目の前では忙しそうにスタッフさんがガンガン揚げられてます。

■つーことで呑みます!!!










なんと言ってもコチラの売りは

最初の生ビール1杯が
なんと100円♡♥

そして次からは350円となります♪(普通でも安いけどな(爆))


そして、デフォのどてをオーダーしました♪
オーダー後の揚げなので無料のキャベツを食べて待ちます。
このキャベツも超大ぶりで新鮮で美味しい!

そして、つづいて串をテキトーに♪





















この投球練習のようなビールの後は...



やっぱハイボール♪
山崎を使ったプレミアムハイボールを1杯いただきますが、これが全然物足りん(笑)

ということで...





はい、ドン!!!























角ハイボールの特大!!!

550円でマジでか(爆)


そして追加の串も♪







ここの衣はサクサクで個人的に好み♪
サラリと薄甘いソースがよく絡んで旨いよね~~!

ローカルルールとしては長居は禁物
(滞在は90分まで、追加オーダーがない場合は60分まで。との注意書きあり)

とことん飲みたいなら

とことんオーダーし続けるべし!(爆)

サクッと飲んで、サクッと出で次へ移るのがベスト。
まさに本格的に飲む前の

投球練習ですから~~♪

Tag:北区 

【とこの酒場放浪記】おおつき

しばらく来ない内に
立派になっちゃって~(≧∇≦)♥


■おおつき
@和歌山市黒田46-1
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】火曜日
【電話】073-474-2266
【駐車場】専用アリ
■おおつきなう
仕事がたてこんでいたのでブログも呑みもすこしばかりお休みをば。一段落つきまして訪れたのがコチラおおつき。和歌山駅東口からのウォーキングには最適かな?(笑) 仲間を誘った台詞が『おおつきへ久しぶりに行かへん?』でございます(笑) ひとつ返事でOKを出したが前回来たのは意外と前。12年前の事だったのです…



■店内&お品書き
和歌山駅より徒歩約3分の所。昔はちょくちょく来た記憶があるのですが久しぶりに店内に足を踏み入れるとそこは全く別のお店になってました。落ち着いた雰囲気は隠れ家感タップリ(笑) 周りを見回すと、家族連れ、カップル、団体など満員御礼状態!!! 土曜日の夜ということもありますが、ものすごい活気とパワーに溢れてます♪ 


■紀州備長炭
カウンターに席を下ろしたのですが、焼き場の頭の上にはお店のウリである備長炭も箱ごと飾られ、単なる箱が逆にオブジェとして利用されてるのには驚きを感じさせられます。早速オーダーを、ば♪







■ずり

火の通り加減がベスト♪












■こころ

鶏の中で2番目に好きなネタ~♪ 
ちょっと塩加減が強く、
匂いが残ってるのが残念かな。






■とり

基本的には塩なんですが、
これだけはタレで。









■皮



一番好きなネタ♪何も言う事はなく

「鶏皮LOVE♥♡」

(いったい、なんぼほど鳥皮すきやねん...(苦笑))


■ずり唐揚げ



つまみには最適!!!

てな具合で好みの品を堪能させていただきました♪

ひとつだけダメ出しをさせていただくと
角ハイボール(450円)を目の前で作ってくれるのですが、
これがまた結構薄いんですよ...(泣)
これなら角ハイボールの缶をプシュっと開けてくれた方が...(苦笑)

















とは言うものの、炭焼もいいし、何よりも落ち着いていただけたのが『◎』

『しばらく見いひんうちにエライ
あんた立派になってしもて~(笑)』 

とおばちゃんチックなフレーズが出てしまいました。
また来ますね~~ ご馳走様でした♪

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

中華料理 紀の川そば  

自家製麺より白飯の大切さを痛感した日


■紀の川そば
@橋本市東家6-6-18
【営業時間】
11:00~20:00
【定休日】日曜日
【電話】0736-32-1308
【駐車場】専用アリ
■紀の川そばなう
『温故知新シリーズ』と銘打って久しぶりに橋本方面を訪れたのだが訪問時間が14時を過ぎてしまったため昼の部が終了してしまった店舗がほとんど( ̄○ ̄;) そんな中、中華料理カテゴリーのこちらは15時になろうとしているのにまだまだ元気に営業中♪ 以前は堤防のもっと東の方に位置してましたが現在は新しく橋本中学校前に。中華料理屋さんでは珍しく自家製麺を採用されておりまして看板に大きくその文字が。ラヲタには嬉しい存在です♪



■お品書き&店内
座敷とテーブル席がメインの店内は大きい窓から光が差し込み明るく開放的。以前は暗いイメージがありましたが完全に払拭されました。そんな窓際の座敷に陣取りメニューを見ます。中華飯店ながら大瓶が500円とは和歌山ではめちゃ良心的♪ 飲みたい気持ちを抑えてオーダーしたのはサービス定食。まずはデフォから攻めてみましょう(笑)




■サービス定食(750円)
●スープ
鶏ガラベースの醤油アッサリ
●麺
自家製麺細いストレート
●具材料
チャーシュー、葱、もやし、蒲鉾
■この日の感想
デフォをオーダーしたもののお品書きにある『ピリッこラーメン』なるメニューにも目が留まる。曲がりなりにもこの日のテーマは『温故知新』 となるとセカンドデフォは外せない。つーわけでコチラも『後から持ってきてネ~♪』と時間差注文。そうこうしているとサービス定食が運ばれてきました。


■デッドで!
そんな運ばれた定食を見てまず驚かされたのがご飯の方。ですが… 麺が延びるといけないので先ずはラーメンからいただきます。鶏ガラで作られたスープは昔ながらのビジュアル&テイスト♪ ひとことで言うなら『中華屋のチャーハンに付くsoup』みたいなヤツ(笑) 中華飯店ならではのチャーハン with soup でございます。そんなイメージですが飲んでみるとそんな単純なたものではなく優し
さに溢れ、遠い昔を思い出させてくれるもの。『昔ながら』と言うのは簡単ですが(そうそう、コレよ~コレコレ)となるレベルのものにはなかなかお目にかかれないのも事実なんですよね(笑) そんなスープに絡む自家製麺は白色の細。単体での存在感は『内助の功』タイプです。あっさりスープにサッと溶け込み鉢の中でそれらが一体となって胃袋に流れ込む。そして
、身体全体に染み渡っていくその様子を敏感に感じとれると... そうです! もうあなたは知らぬ間に紀の川そばの虜です(笑)



■ご飯セット(+150円)
麺をいただき、スープを残した状態で取りかかるのはご飯セット♪ ご覧のようにライス&串カツが歴史を感じるプレートにしかもカツが3本も♪(≧ε≦)ゞ 初めて見るサービスプレートなんですが何が素晴らしいかって、このご飯!! これがとてつもなく旨い。旨すぎます!! この飯を食べてみてあらためて『旨い白飯っていいなぁ』と実感。一緒に食べると何てない串カツが素晴らしいおかずに変わってしまうから不思議だ(笑)そしてネームの入ったプレートもお店の年季を感じるし♪ 美味しくいただきました。




■ピリッこラーメン
そして次ににオーダーしたのがコチラお店の看板メニューにもなっているピリッコラーメンです。ちなみにこちらデフォ中華ラーメンにキムチを載せただけっぽいですが(笑)、素朴でサッパリとした味わいにキムチのアクセントがイイですね♪ これらラーメンもいいですが中華メニューも食べたくなりましたので最後にチャーハンを追加♪ これまたパラッとした安定感あるチャーハン。さすがに中華料理屋さんやね♪ ランチ使いにはもってこいのお店は新しく明るいいいお店でした!ご馳走さまでしたm(_ _)m

Tag:橋本市 

宇奈月(うなづき)  

奈(な)、奈(な)、奈(な)、宇奈(うな)、宇奈(うな)、宇奈奈(うなな)、月(づき)♪


■宇奈月(うなづき)
@滋賀県甲賀市甲賀町堵野339 
【営業時間】
11:30~14:00、
17:00~22:00
【定休日】日曜、祝日
【電話】0748-88-2451
【駐車場】専用アリ
■うなづきなう
「らの道番外編」とでも言いましょうか。以前からめちゃめちゃ行きたくてマークしていたコチラ。そう滋賀県版『うらしま』といったところかな?(笑) 地図を見る限りではあっぱれ屋からは近くはないですが遠いこともない。(どうせここまで来たんやったら滋賀も経由したろかい!!)っーわけで訪れた次第で♪ あっぱれ屋を出たのはほぼ正午。ナビに従って地道を使いまして let's go~ε=ε=┏( ・_・)┛ 途中、滋賀県の信楽に入り、三重県の伊賀をスルーしてまた滋賀は甲賀へ。信楽焼と伊賀焼という焼き物の街をまたぎ、伊賀の里と甲賀の里という忍者の里をまたいでの訪問ルートとは、あら珍しい(笑) 和歌山→大阪→京都→滋賀→三重→滋賀、こう書くととんでもなく移動してるように見えますよね(^w^) 途中、記念撮影なんかしながら移動しましたので最終的にお店へ到着したのは13時過ぎでございました。



■お店は田園の中に~♪
お店はJR草津線の油日駅から甲賀駅の間の線路沿いに佇む一軒家。辺りはのどかな田園風景が広がりイイ感じ♪ 訪れた時にいつも思いますが滋賀って和歌山に比べると平地が多いんですよね。そんなお店の暖簾をくぐると… 店内はカウンターのみ。『L』の字になった据付の椅子が印象的。端には先客さんがいらしたので中央部へ腰を下ろしますが…  ただし中央部に座るなら椅子をまたぐ必要がある。男性なら全然問題ないのですが、女性、特にスカートの方はかなり煩わしいかと思われ


ます。さてオーダーですが迷いなく中華そばをオーダーしますが、貼られたお品書きを見ると日替わり寿司が100円で3切れついてくるじゃナ~イ(*^o^*) 周りのお客さんももれなくセットをオーダーされてましたからスグにチェンジです(笑)


■中華そば(600円)
+サバ寿司(100円)
●スープ
豚骨+醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、細もやし、メンマ
■この日の感想
直ぐに寿司が運ばれますがこの日は『サバ』でした。ただ、私の後の方からはサバが品切れになりサーモンに変わるとのことでございます。見た感じ飯が多そうに見えますが、ハイ多いです!!!(笑)しかし3貫で100円とは素晴らしいCPですね♪ すぐに食べたいのですが「先に麺!」というmy掟がありますので、時間差になりますが中華そばが配膳されるまでおあずけです(涙)

■デッドで!!!



豚骨+醤油になるのかな?
ややテロリとしているもののアッサリとした味わいはお店の雰囲気にピッタリ♪ 
もっとコッテリ系を予想してたのですが、あまりに優しい味わいデスはい。
イイ意味で予想を外されました(笑) 




そして麺ですが和歌山チックな柔らかさ。
スープをグイグイ吸っていきます。
麺だけで言うなら個人的には柔らか過ぎですが、
このスープにはこの柔らかさ適切でマッチングはグッドでした。

ただし…

ネギの鮮度がチト低かった~(>_<) 切り置きしていたのが『×』で、
匂いが非常に気になってしまったのが残念でございました…orz



■家族愛
ちなみにこちらの屋号は大将の出身である富山の宇奈月温泉からとったものらしいです(どなたかの記事で読みました。)私世代だと「宇奈月」と聞くとどーしても宇奈月温泉のロケでこの歌を熱唱していた3人組を思い出してしまいます。お店の雰囲気には全く合わず、関係ないですが...(爆)しかしなんですね。食べてる間も次から次へとお客さんが入ってきますが見るからにハイエイジが多いッスね。それだけ落ち着く空間だと言うのが証明されていると思います♪ 家族で厨房を守っているって素敵です。そしてこの抜群のロケーションとその雰囲気をセットで是非とも味わっていただきたいお店でした!!! いやぁ~滋賀まで足を伸ばしたかいがありました。ご馳走さまで~す(≧∇≦)ゞ 

Tag:甲賀市 

【らの道12軒目】俺のラーメン あっぱれ屋

開店1時間前のシャッターで
14番目はラッキー♪


@京都府城陽市奈島下小路11
【営業時間】11:30~14:00
【定休日】日曜、祝日
【電話】非公開
【駐車場】専用アリ
■あっぱれ屋なう
さてさて、らの道もいよいよ佳境に入ってきました!! って言うか、9月末が近づくにつれ未訪問店を2軒残して焦る毎日。その内のひとつが一番ハードルが高いであろうコチラだったのです。9月最後の休みだった25日にシャッターを狙って和歌山を出まして… 到着したのが10時30分頃。さすがにポールという訳にはいきませんでしたが、ウィークdayということもありなんとか14番目をゲット♪しました。



■店内&お品書き
店を囲むように待ってたんですが11時15分には店内に招き入れられます。そのタイミングで奥さんがオーダーを取りに回ります。18番以内だったので狙いは当然『スーパーつけ麺』 後は麺量をチョイスするだけなんですが… この後に連食を控えていたのでプチ悩み。普通の150gはあまりに少ないけど300gは後々響いてくる恐れがあるし…うーん…どうしょう。しかしながら城陽まで来たのに
(もうちょい食べといたらよかったー!!≧ε≦)なんて思うのもヤだったので300gをいっときました!!!



■スーパーつけ麺(950円)
●スープ
豚骨+魚介チーズ
●麺
自家製平打ちちぢれ
●具材料
レアチャーシュー、メンマ、煮玉子
■この日の感想
オーダー後にカウンターへ。この時点ですでにポールのお客さんは配膳されてました。その後は順次配膳されるシステム♪ 順番が来るまでマスター夫妻の芸術的オペレーションにみとれておりました(笑)

■デッドでいくぜ!!!
さて、配膳されたつけ麺ですが先ずはデッドで飲んでみたところ…


















旨さが尋常じゃない!!!
:。:(○´∀`○).:*゚最高♥

実は、以前のつけ麺にはあまり納得がいかず汁麺ばかりに評価が偏っていたんですね。
ところが今回のつけスープの味わいはどうだろう。
以前とは比較にならないくらいに塩味が利き、
どっしりとしたボディになっているじゃないですか!! 

いやぁ~これは旨い、ホント旨い。

麺をつける前に飲み干してしまう勢いです。大げさじゃなくてね(笑)



■麺
そして忘れちゃならないのが自家製麺!!! 加水率の高い太ちぢれなんですが、とにかくその風味と食感の素晴らしさが麺のみを食べて感じます。何もつけづに塩だけでいただきたくなります(o^∀^o)!!! それからスープに麺を沈めてみますが… 『ヤッパ30
0gにしてよかったー!!\(☆o☆)/』思わず叫んでしまいそうに


なるし(笑)  一気にいただきましてあっという間ですよ、300gなんか(爆) 具材料の良さは言うまでもなし。レアチャーシュー、太メンマ含め正に『スーパー』の冠が似合うつけ麺でございました♪




■らの道スタンプ
食べ終わり奥さんにスタンプをお願いするとあと残り1軒ですね~頑張ってください♪と労いの言葉をかけていただきました(*^o^*) にしても凄まじい人気を誇るここあっぱれ屋さん。どれだけ早く並ぼうが絶対にスーパーつけ麺を食べてもらいたいですね。魂を揺さぶられること間違いナシ!!っす。ご馳走さまでした。さぁいよいよラスト1軒になりました。レッツゴーε=ε=┏( ・_・)┛

Tag:城陽市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター