【とこの酒場放浪記】卸天満食肉センター

「酒~屋にホッピ~♪」
(オール阪神君懐かしのCMよりw)

さぁ2軒目!!だす
扇町を後にし、戻ってきました in front of Tenma station (笑)

さて、この日は特に行く店は決めてなかったので
思いつくまま、気の向くままに飛び込み敢行!!!
先の店では魚系だったので

「次、肉/ホルモン系を選ぼか~♪」

ということで辺りを漁っていると発見したおあつらえむきの看板。













「豚ホルモン直売所」

と書かれたお店に飛び込みます。




■卸天満食肉センター
@大阪市北区天神橋4-11-19
【営業時間】
平日 17:00~翌2:00
日曜 15:00~翌2:00
【定休日】無休
【電話】06-6882-8129


店内はテント風になったお店。お品書きを見ると...










「ホッピーあるや~ん♡」

オール290円のドリンクからは愛飲しているホッピーをオーダー♪
して、生キモからお好みの串物を何本かをいただいた。
スグに配膳されたホッピーでしたが...





















これ、焼酎足らんやろ...

ホッピー1本(300ml)が全部入るジョッキを使うのが普通やのに
このグラスだとホッピーを二回に分けて入れなアカン...

となるとホッピーが余り、焼酎が足らんようになるやんか(泣)

しかも...

「グラス、キンキンに
冷えてへんしーー!!!」
・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

これではホッピー飲みを満足させることはできひんで!!!

と、ちょいとお小言を言わせてもらいましたが
串を兄さんとつまみながら二軒目も盛り上がります♪





そしておあいそ。

先のみせより少し高かったものの

九百数十円也~~♪
(それでも安っww) 

肉系を入れたことでまた別の胃袋が満足しました。
ごっそうさんどしたぁぁぁ
さぁ本格的にスタートし、3軒目へGo~~♪

ちょっとヨッパらい~
へ(´∀`ヘ)へ))カサカサ
【お店の場所はコチラをクリック】

Tag:北区 

【カレーランチ】和 dining 清乃

「日々精進」言うのは簡単、実行は難しい... 
そんなランチ日にいただいた物は...

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
なんか行脚というより布教活動状態(爆)になってきた感のあるランチレポート。日が経つとどうしても、いや、やっぱり食べたくなったのが「カレー」でおま。あの厚みのあるフォンから作るカレーを求めてこの日も有田へやってまいりました、ハイ、せーのでございます...m(_ _)m



■おすすめランチでGo♪
まずは入口にあるメニューを熟読し店内へw(何てったって普段は麺のみなんでこのメニュー見てないもんw)そしてカウンターへ腰を下ろしオーダーを、ば。一応確認するもやはりオススメは「鱧」との事。「よしっ、それ!」ということで「ハモ(鱧)フライ」とお約束「なめらかカレー」をいっときます♪

■ハモフライランチ


「これからはもっとイイのがでてきますよ♪」

とはマスター談。身厚でプリップリの白身がホクホクになってまして
フライ好きの方にはたまらない一品。
自家製パン粉を使ってるのでサクサク感がイイんだな、これがね~♡ 
そして秀逸なのが「南高梅の梅肉じょうゆ」と名付けられた梅醤油ソース。




胡麻の香りとさわやかな梅の香りが見事なコラボ。
自家製タルタルソースもイイですが、これもまたいいじゃないか~( ̄ー ̄)ニヤリ 
やはり旬のテイストには勝てないね。

■そして、お待ちかねのなめらかカレー
をデッドでいってみたところ... 


うまぁ~(◎´∀`)ノ

何ですかコレ!

 前回いただいたカレーはよりスパイシーで「大人のカレー」っていう雰囲気だったのですが、今日のはより熟味が進み数段旨味と甘みが増してるじゃないっすか!!! 
聞くと、やはり香辛料の配合を変えコクと甘さを出したとのこと。



より洗練されたのは間違いではなく「ホテルのカレー」に負けない味わいと言えるもの。
ピリッとくるイイ意味での辛さは残されつつ、その後にじんわりとくる「コクと甘味」
これが今回のポイントでございました。

辛・甘の饗宴にまたもや覚醒状態に陥る私め...
(● ̄▽ ̄●)ぼぉ~~~
↑:おそらくこんな顔になってたハズ(爆)

いやぁ~美味しかったっす。
ふと思ったんですが「鱧フライカレー」にしてもよかったかな?って。
いやいや、もったいない、もったいないw やっぱストレートだな、うん。
そんなカレーの余韻に浸りながらも...





もちろん麺は忘れません!!!(笑)

今回は「鶏羽二重」をいただきました♪ 

春休みが終わってかけたパーマも違和感なく馴染んできましたね(笑) 
麺のウェーブに濃厚鶏羽二重スープが絡み、っていうか持ち上げられ、
クセのない鶏の香りと味わいを存分に楽しみました。
やっぱ麺を食べないとランチは終わらないよね~やっぱ。

そして最後に柚子シャーベットをいただきまして
この日のランチはお開きとなりました。にしても... 
カレーはリピート必至だわなこりゃ 
┐(´ー`)┌ マイッタネ♪
【お店の場所はコチラをクリック♪】



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

フラレた理由(ワケ) ~思い出の「とコラム」・その2~

その彼は颯爽と窓際に立っていた。
年は20才前半だろうか。小栗旬に似たイケメン君。


(ホォ~ オレよりちょっと男前やなぁ~)


と思いながら見ていたら鞄からペットボトルを取り出し
おもむろに飲み始めた。


が!!!

一瞬、目を疑った。
取り出したドリンクは



『ファンタ』だった。



(ぬぁにぃ…フ、ファンタァァ…( ̄○ ̄;))


しかも、


『ア、アプリコットォォォ…』


かなり微妙なフレーバーだ(^_^;)


別にファンタを否定するつもりはないし、
何を飲もうとも大きなお世話だ。

しかし大人のかなりのイケメン君が
ファンタをゴクゴク飲むその姿に
少なからずとも違和感を覚えてしまった…

というのも、
その昔、会社の同期から聞いた体験談を
思い出したからだ。





『ファンタでふられた過去があるねん…』


それは衝撃的な告白だった。

彼が新しい彼女と付き合いだして間もない頃、
駅のホームでデートの待ち合わせをしていたらしい。
向こうからキョロキョロ探しながら来る彼女に向かって

『こっちや~~』

と振った手とは逆の手に今まで飲んでいたファンタが握られていた。

その彼を見た彼女は顔を赤らめて、そのままスルーし
発車しかけの電車に飛び乗って行ってしまったというのだ。
その電車を茫然と見送る彼のケータイに入ったメールが


『なんで大人にもなってファンタなん…(怒)』


という一言。

それ以来、音信不通になってしまったという。 



その話を聞いた当時は
『お前~それネタやろ~(爆)』
と全く信じなかったのだが…

今、目の前に展開されているイケメン君の姿は
紛れもなく事実であり、その様子を見ている周りも、

だだのAさん:『あの人、かっこいいけどファンタやでファンタ(クスクス)』
ただのBさん:『キモすぎ~、絶対付き合いたないわぁ(ヒソヒソ)』

決して小さくない声で噂する隣のオネエチャンの話を聞く限り、
やはり『ファンタ』は大人の女性には
市民権が得られないようだ。

(彼女の選択は間違ってなかったんや…)

と、今更ながら納得してしまった…(苦笑)

でも、















どー考えても、ファンタといえば
『オレンジ』でしょ?!(笑) 

Tag:【トピックス】 

【とこの酒場放浪記】得一 扇町店


噂通りのスゴい奴!

「立ち飲みいこか~♪」
と見慣れたメール主はこの兄さん。
自分の中ではブームになってる立ち飲み屋巡り in 2012

これって今更ですか?(爆)

仕事終わりに天王寺で待ち合わせをして天満へGo~♪
兄さんの案内にてまずはコチラへ足を運びました。



■得一 扇町店
@大阪市北区末広町3-21
【営業時間】
15:00~23:00
【定休日】日曜日
【電話】06-6311-1139
【駐車場】なし
■とくいちなう
以前よりその名前が轟いている大阪立ち呑み店で言わずと知れた「得一」
その中でもさらに群を抜いている評価の高い「扇町店」に行ってまいりました。

天満駅を降り立ちましてしばらく歩くこと十分程度。ちょっと外れに
ありましたよ~ デカい提灯が♪



















その外観は意外にと言っちゃ失礼ですが奇麗です!


そして中を覗くと...


















メチャメチャ人多いですやん!!
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

その圧倒される雰囲気から人気度の高さが伺えます。
人の間をぬって案内されたのが一番奥のカウンター♪

メニューを見ますが...













うわ!安っ!!! 

ヾ(.;.;゚Д゚)ノ


まさに平成の価格破壊店。
この価格は恐ろしすぎます... 
噂に違わぬそのロープライス!!!

そして最初のルール通りビール大瓶に自らの好きな物を1.5品を、ば。

・さばのきずし
・メザシ
・鶏のせせり

をオーダー♪






共通の趣味である大相撲観戦しながら一軒目の時間が過ぎていきます。
そしておあいそは...


たしか... 

六百数十円(爆) 

ウォーミングアップには最適なコチラ。
ごっそうさんどしたぁぁぁ
気合いも入り、さぁ本気出して二軒目へGo~~♪

へ(´∀`ヘ)へ))カサカサ

【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:北区 

ロケットキッチン

ロケットチッキン♪(笑)


■ロケット キッチン
@堺市中区新家町346-8
【営業時間】
11:30~15:00
18:00~22:00
【定休日】日曜日
【電話】072-235-3622
【駐車場】離れに1台アリ
■ロケキチなう
久々の新店巡り。この日は所用で堺市。その帰りにメチャメチャ行きたかったロケットキッチンへようやく訪問できました♪ 最寄り駅は南海高野線の白鷺駅で徒歩10分くらいのところで、R310沿いにあるため交通、特に車の往来が激しいです。そんな交通量の多いロケーションで専用駐車場はちょいと離れた場所。しかも1台分しかないので競争率は激しいか、と…(^。^;) でも車で行くなら無いと困るのでありがたいっす。この日はちょうど駐車場が空いていてラッキー、少しばかりお店まで歩かないといけませんが軽い運動です(笑)



■店内&おしながき
さてお店ですがコンパクトかつはこじんまりとしており好きな雰囲気です♪ カウンターに座りましてお品書きを見ます。メインテイストは『鶏!!』 ならばお店の名前は『キッチン』より『チッキン』で!!(爆) …(^。^;)え、オモンないっ?(汗)デフォは鶏塩白湯でランチサービスとして+150円でおまかせ飯がついてくるそう。そしてトイメンの壁にはおまかせ丼の表示がありました。初訪問なのでやはり基本通りデフォランチをオーダーします。


■トリシオパイタン
●スープ
鶏+塩のややテロリ
●麺
普通ストレート玉子麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想
先ずは汁麺から(笑) それほど濃厚さを感じさせないビジュアルの第一印象。ただし鉢からは最初から鶏の匂いの立つスープが顔を出しており先ずはデッドで飲んでみます。見た目はライトチックだが食べると意外に濃厚なのにプチビックリ(笑) 鶏の旨味と脂分がうまくマッチしながらコクも十分で最初から安心していただけます。麺は角断面でやや柔らかい仕上がり。汁麺なのであまり問題無いですが個人的にはもう少しハードが好みです(笑) そして、食べるにつれ最初のソフトな印象がだん


だん荒々しく感じるように… 意外なパワーを秘めたスープで御座います。麺とのマッチングはすこぶる良好で最後まで美味しくいただきました。ベーコンのようなチャーシューはしっかりとした味わいで『○』なかなか頼もしいものでした♪


そして『チャーシュー丼』はおいといて、続いてつけ麺をいただきます(笑)




■つけ麺(普通盛・750円)
●スープ
鶏ベース
●麺
強力粉系?やや太麺
●具材料
チャーシュー
■この日の感想
汁麺だけではまだまだ腹部膨満感には襲われず、しかも大盛が『300g』だったのですかさずチョイスしたものの… こんな案内を見つけたのが大をオーダー後で御座いました…ORZ



■先ずはデッドで
気になるつけスープですが甘味が少なく塩がかなり利いているもの。そのワケは店主さんが龍旗信で修行されただけあって見事なまでに塩が立ったスープを提供されてるなぁ~と勝手に妄想しています(笑) 味わいはかなりオイリーで、そのため麺とはすこぶる絡み合ってました。丸断面でパスタチックっていうかまさにパスタ(笑)歯ごたえがしっかりとしておりツルツルと入ってくるのは個人的にかなり好み。ただし一般的に受けるかどうかは未知数ですね。加水率は高いタイプか、と。チャーシューはかなり長いタイプでしたが美味しくいただきました♪



■おまかせ
最後に、麺にセットのおまかせ飯をいただきます。チャーシューブロックが載ったごはんでしたがアベレージ。あらかじめことわっておきますがれんげはあくまでも撮影用ですからね『さ・つ・え・い・よ・う』(笑)  そして最後にスープ割をいただきます。コッテリスープとは対照的に印象は若干あっさりって言うか薄めだったような気がしましたね(^。^;) ちなみにお店の前は大阪府立大学があり学生さんがメチャメチャ多いです。この日も食べ終わる頃には他の学生さんでいっぱいになってました。賑やかでいいですね~(`∇´ゞ ごちそうさまでした♪


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:中区 

和風とんこつ かしや

おしどり夫婦のお店へ
やっと訪問できました~♪(≧ε≦)ゞ


■和風とんこつ かしや
@大阪市西成区玉出中2-4-21
【営業時間】
平日 11:30~14:00 18:00~23:30
日曜 11:00~17:00(早く終わるかも)
【定休日】火曜日
【電話】非公開
【駐車場】ナシ
■かしやなう
店主さんご夫婦とは以前、飲み会でご一緒させていただいてましたので存じ上げてたのですが… お店へは訪問させてもらったことはなく、この日が栄えある初訪問となりました♪(←今頃かよ、オイ!!!) 店内はこぢんまりとしたカウンターのみ。厨房との距離感もイイ意味で短く、一体感がありますね~(≧ε≦) そんな空間なんですが店主さんとのお久しぶりの挨拶もそこそこにカウンターへ着席し先ずはオーダーを、ば。つけ麺をいただきたかったのですが、あいにく金・土・日の3日間の限定…(ToT) 仕方ないので次の候補だった「濃厚とんこつ」をチョイスしました。


■濃厚とんこつ(700円)
●スープ
豚骨コッテリ
●麺
中太ストレート
●具材料
チャーシュー、味玉子、木耳、白葱
■この日の感想
賑やかな玉出商店街の脇にあるのでお店は流行ってますよね~♪ ひっきりなしにお客さんが入ってくるもんね~(^w^) 店主さんも一心不乱にラーメンと向き合われてまして丁寧な仕事ぶりが伝わってきましたよ!!そうこうしているうちにラーメンが運ばれてきました♪



■デッドで!
早速デッドいただいた豚骨コッテリ。口の周りに脂が張り付きそうな、っていうか張り付いたww濃厚スープ。そんな色合いはかなり茶褐色で、塩分がかなり利いてます。が食べ進むにつれその塩分が徐々に口に馴染むのがわかります。そんなスープに入れられた黒い味噌チックな調味料と麺を混ぜ合わせるとさらに豚骨の香りが際立ちます。醤油? まー油? かなりの存在感を感じますが個人的にはもうちょい甘さが欲しかったです。(甘党なもんで♪)そんなスープに絡む麺はプリプリ食感の楽しいもので加水率が高いタイプか、と。マッチングの良さはもちろん肉感的なチャーシューもグッド♪ 店主さん夫婦の愛情がこめられた一杯に感動です。そんな麺をズルズルと啜っていると、ご常連の皆様が後から後から続々と!! (」゜□゜)」(めちゃめちゃ地元のお客さんに人気ありますやん!)大阪の下町っていうか、大阪らしい雰囲気のある玉出の
おばちゃんやおっちゃんと楽しそうにお喋りしながらラーメンを啜る姿を見ているとこちらも楽


しくなってきますね♪ そして木曜日の夜は限定品、金、土、日はつけ麺とバリエーションも。ただしこの日は木曜日のランチタイム。限定品にもつけ麺にもありつけず…かなり残念な気持ちでお店を後にしました。

次は絶対につけ麺食べるどーー!!!”(ノ><)ノ

Tag:西成区 

神秘♪ 金環日食ぅぅぅ

巷ではズーッと騒がれてきました金環日食。
とりあえず見とかなアカンやろーーー!!!
ということで、5時半起床。
心配されたお天気も絶好の観測日和ですわよ♡

そして準備しましたるは秘密兵器がコチラでござい。


じゃじゃーん!!!
























こども科学館ハンドメイド金環メガネ~♪
庭に出て早速観測を、ば。 そして。。。
 

 
チャーンス!!!
 
 
 
途中、雲に隠れたところを急いでで撮ってみたところ...


























意外に上手く撮れた。太陽が欠けてる様子がわかるでしょ?w
※ちなみにこれ、携帯で撮りました♪

そしていよいよ7:27分過ぎ、再度庭に出ると...
























オカーン!!((゜Д゜Uu))!!
なに先に見とんねん!!!

「キンカン」ならぬ「オカン」の登場、しかもパジャマ姿(爆)


そんな想定外の登場に貴重な4分間の2分強を費やされるハメに...(泣)


しばらく金環を堪能して、そして影を見ると...





















二重になってたよ~♪

これも金環日食の醍醐味ですね。
約1時間半の天体ショーでしたが堪能できました♪

そしてこのハンドメイドの観測フィルターをいただいた
和歌山市立こども科学館のスタッフ様に感謝です。

さぁ、次回の和歌山市内の日食は
規模が小さいですが2016.3.9に見えるそうで~す。

Tag:【トピックス】 

【母の日限定】燕が参上!@和 dining 清乃

母の日の限定は店主渾身の一杯!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用あり
■限定なう
「明日は母の日ですね~」という件からその情報は突然発せられた。「皆様のお宅にも燕が巣を作ってませんか? 今の時期にぴったりな限定ラーメンでもないかね~と考え、やります!! 母の日企画!  ~たらちねの母はまだまだ元気~ 」とは熱いマスターからのメッセージ。新潟は燕三条系をリスペクトした「背脂煮干し醤油」が【限定20杯】で提供されるとあっては食べ逃すわけにはいかないぞ! 居ても立っても居られず仕事が終わってダッシュで訪問。「燕が参上!」と名づけられた限定麺ですが燕より先に参上しお店の軒下で口を開けてエサを待っときます(爆)



■燕が参上!(680円)
●スープ
鶏メイン清湯+魚介系
●麺
太ストレートやや低加水ちぢれ
●具材料
レアチャーシュー、タマネギ、極太メンマ、背脂
■この日の感想
お店入口に添付された限定品のお品書き。期待に胸を膨らませてのオーダーとなりました。実は私、勉強不足で「燕三条系ラーメン」というものが新潟のご当地ラーメンくらいの知識しかなく、背脂がタップリ入った魚介清湯くらいのイメージ。ましてやビジュアルなんかは想像すら出来ないし。。。(汗)色々思いを馳せていると運ばれてきましたよ~♪

■まずはデッドでガン見する。


「絶対旨い間違いなし!」
(オヒオヒ。。。この人言い切っちゃったよ。。。)

ハイ、旨いの決定。も~一目惚れでございますわよ~オホホホホ。
一面に張られた背脂に玉葱の白色が眩しすぎるスープをデッドで飲んでみます。
基本的には鶏ベースの清湯ですが若干の豚骨も使われてるよう。
キリッと立ったしょう油系にたっぷりと背脂が入りますが見た目ほど甘さがくどくなく、
地元湯浅のしょう油の持つ自然な甘さがピッタリとはまってます♫






そしてガッツリと効く魚介類の旨み。
煮干と魚介がタップリと使われているのが容易に想像できます。
そんなスープに絡むのが中加水(であろう)の太麺。
最初はコシの強さを感じますが徐々にぷりぷり感が表れる複雑で存在感のあるややちぢれ麺。

スープの色は濃いですが麺と一緒にワシワシといただくとわかります。

スープを立てる潔さがあることを♪

意識しないで食べるとわかりづらいですが
じっくり咀嚼するとその粉の風味が口のなかで広がります。
そしてアクセントになるのが玉葱! 
そのシャリシャリ感は一服の清涼剤として口の中をリセットする役割を担ってくれました♪ 
そして...



ご覧のように
完汁!!!
でございますわよ~♡ 
オホホホホホ




■しらす丼



さてこの日はマスターのオススメで「しらす丼」をいただきました。
サイドメニューはほとんど食べない私ですが「若干(わかぼし)」がタップリと載った
丼がドドーン!!!と目の前に運ばれると一気に触手が(笑)
しらすの持つ自然な味わいがご飯と一体となって旨いですね~ホント♪ 

個人的には「しょう油かけない派」なんですが、もし必要なら希望に応じて
「角長の濁り醤(にごりびしお)」を出してくれるそうです。



欲しい時は
「にごりびしおをくださ~い♪」
と発声してくださいね。そうでないと出てこないからお気をつけくださいませ(笑)

さらに特筆すべきはこちらの漬物!

「旨いっすね~コレ!」
ということで聞くと、こちら清乃の入る建物の大家さんの自家製漬物だそう。しかも野菜から無農薬で自ら育てた物を使用しているということでこれまたこだわりたっぷりのお値打ち品ですやん♪ これは是非とも食べてもらいたいですね。さて今回の母の日限定品「燕が参上!」ですが当初、母の日のみの限定だったそうなんですが土、日のみの限定品として5月19日・20日からしばらく再登場されるそうなんです(ムフフフ) ただし【限定10食】のみなのでお早めにね~♪ これはマジで嬉しいぞ。再訪決定だww
【お店の場所はこちらをクリック♪】



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

◯京

長いおつきあいですが、初めて
チャーシュー麺をチョイスしてみた。


■○京
@和歌山市雑賀町120
【営業時間】
11:00~14:00
16:00~21:00
【定休日】木曜日
【電話】073-423-5754
【駐車場】近くにCPあり
■○京なう
いつもの落ち着いた風貌に感謝(笑)ピークが過ぎてホッとひといき感がお店を包んでおります。真ん中の席に腰を下ろして見るは落ちついたお品書き。ただ、ふと思ったのですが各アイテムに(大)ってありましたっけ…? まま、それはちょっと外へ置いといて、この日は何故か気になったメニューが『チャーシュー麺』なんですね。長いおつきあいなんですが実は食べた事なかった... これも何かの思し召しかな? そういうことで初めてオーダーしてみました♪



■チャーシュー麺
●スープ
醤油ベースの豚骨
●麺
四角断面ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、千代巻
■この日の感想
訪問したのが閉店前の13時45分。和歌山に久しぶりに来た取引先様より『旨い和歌山の中華そばをたべさせろ!!!』となかば恫喝のお言葉を(笑) そして案内したのがコチラだったのですが... 我々が入店して間もなく入口のシャッターが半分閉められました。これで『本日の昼営業は終了しました』の合図が出されたわけですね。そんな中チャーシュー麺が配膳されました。

■先ずはデッドで
























『いけるかーい!!!(」゜□゜)」』

口付ける場所あらへんし!(爆)

そのビジュアルは
『今年~さ~いしょの~♪肉ぅ~の花~を~~♪』
と中島美嘉も歌詞を間違えるほどのインパクトだなこりゃ(笑)

そんな肉の花びらの中央には中華そばが顔を出してますが
それらを無我夢中でかき分けなんとか「スープの泉」辿り着きました。
こう書くとなにやらスピリチュアルな感じになりません?(笑) 
まぁ個人的にはまさしく「聖なるスープ」なんですけどね♪

さてさてかきわけデッドで飲んだスープは言わずと知れた
和歌山正統派トラディショナル豚骨醤油で、その味わいには老舗の風格が漂います。

ただしこの日…
 豚骨の乳化が若干弱い印象でコクが不足していたのが残念pointでございました...orz

■麺&具材料


四角断面の麺は普通ストレート。スープとのマッチングは問題なく、
茹で加減はほんの、ほんの少しだけ柔らかい仕上がりになってました。

(ただ... なんか雰囲気が少し変わった印象なんですよね。
「麺が変わった!」とまでは言わないですが、あらためてじっくりと検証する必要ありです。ね、会長殿)

そしてチャーシュー。
花びらに例えたようにその一枚一枚は見た目より薄いです正直。
でもそれが逆に食べやすく、そのボリュームは相当なもの。
いざいただくと枚数の多さに満足させていただけることでしょう♪

■屋号


スープを飲み干したら拝むことのできる『○京』の屋号。
器全体からもその大御所感を伺うことができますね。

「ハイ! ワタシ中国ハ広島のウマレアルヨ!」
「スープニシカケモ チョトアルヨ! ヨーク吸ってチョーダイ」
「ワタシ、全汁北京アルヨ...」


それって「ゼンジー」やろーー!!!」

って言うか、古っ!(爆)


【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:和歌山市 

◯花 MARUHANA 

和歌山では押しも押されぬ人気店です!


■○花MARUHANA
@和歌山市出島273-4
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~23:00
【定休日】火曜日、第一月曜
【電話】073-474-7041
【駐車場】専用アリ
■○花なう
市内ばかりで食べ歩くとたま~に食べたく家系ラーメン。運動も兼ねて和歌山駅より徒歩にて訪問しました。時間は13時を回ってますがひっきりなしに訪れるお客さんの多さは人気店の証か、と。押しも押されぬ人気店となりましたね~o(^-^)o


■オブジェ
『○花と言えば麺上げマシーン!麺上げマシーンと言えば○花!!』と言っても過言ではないほど定着したこのオブジェ。今までじっくり見たことなかったですがよく見りゃ鉢に『○花MARUHANA』の文字がありますやん…(笑) 壁に貼り付けられたお品書きを見ながらオーダーを、ば。ノーマル塩豚骨をチョイスしたのですが『お好みでご注文を』のお言葉に甘えて初めて好みを言ってみます。それは…『太・固・濃』で御座いますm(_ _)m そして他にも食べ方などが貼付されてました。ご飯の食べ方なんて所詮その人それぞれなんですが、この食べ方っていうか配分はマジで面白いと思いました。実際、食べてみたくなりましたもん…(^w^)


■塩豚骨
●スープ
濃厚トンコツ+塩
●麺
平打ち太麺
●具材料
鶉たまご、ほうれん草、チャーシュー
■この日の感想
先に述べたようにこの日は初めて『太麺、固いめ、濃いめ』という好みを伝えてのオーダーとなりました。細麺でも他のお店と比べ太いくらいと記憶しており、どちらにするか迷いましたがここは久しぶりということで『太』ということに落ち着きます。しばらくして配膳されたラーメンですがビジュアルには『濃』は表れてません。(そっかぁ、飲んだら判るやろ~♪)とデッドでいってみたところの


感想が (ま、まぁ濃いのかな?)というものでした。よーするに『丁度イイ♪』ことか(笑) そんな第一印象ですがスープのクリーミーさと甘味は相変わらずで、和歌山トラディショナルとは一線を画した味わいを楽しむ事ができました(^w^)

■ダイハード
次に麺を引き上げてみますが、



『メチャメチャ
固いですやん…(;∇;)』

確かに『固め』をオーダーしましたがここまでだとは思いませんでした。
一言で言うなら『か◯せ級』(笑)なんです。

スープと具材とのバランスを考えるならヤッパもう少し柔らかくないと…(^。^;) 
最後まで固いままだったので次は『普通』でいきましょう(笑)

さて、この日のの濃さだとやはりご飯が食べたくなりました。
最後の方になるとより一層のコッテリ感が溢れだしますからね~!




あと半分くらい食べた後に豆板醤を入れるのもオススメ♪
辛味と甘みが調和して最後まで飽きることなくいただけました。
最後に…ほうれん草は柔らかく馴染んで旨かった~(o^∀^o)v
【お店の場所はコチラをクリック♪】



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

麺恋拉麵 桜咲く

4/25にオープン!! ニイハオの跡地です♪
お店の屋号が印象的だよな。

■麺恋拉麺 桜咲く
@岩出市今中154-2
【営業時間】
11:30~14:00
17:00~翌3:00
【定休日】不定休
【電話】0736-69-2180
【駐車場】専用アリ
■桜咲くなう
求人情報を見て以来気になっていたコチラ。何が気になったのかと言いますと
①居抜きでの別店営業? OR ニイハオの麺専門店化? 
これと②味噌のみの専門店なのか? という2点。

『んなもん、どっちでもエエがな!!!』

と言われればそうなんですが(苦笑)
(ラヲタやから気になんねん!)
と敢えて開き直ってっと(爆)いざ入店!ε=ε=┏( ・_・)┛



■お品書き&店内
入口にはこだわりが書かれた大看板。
それによるとどうやら北海道の森住製麺より麺を、
また材料も北海道産のものがたくさん使われているようです。
奥へ進むと窓際と中央の広いスペースにテーブル席が設置されており
そのいちばん奥にある席に腰を下ろしました。
驚いたことに深夜にもかかわらずスタッフさんが意外と多い。
お客さんよりはるかに多いですね!!
そのせいか店内は落ち着かない雰囲気に包まれてます。
『昨日越してきたばかりで家の中を全然片付けられてないんよ~(^。^;)』
みたいな


ぁ。さて、そんな雰囲気の中でのオーダーですが
事前情報通りやはり味噌ラーメンがメインで

麺は北海道の西山製麺を採用。

そんな中に一応『醤油ラーメン』もラインナップされてましたので
悩んだ末に連食をチョイス。デフォの味噌と醤油をオーダーしました♪


■札幌味噌ラーメン
●スープ
赤&白の甘口味噌
●麺
黄色中太ちぢれ
●具材料
チャーシュー、コーン、もやし、ニンニク
■この日の感想

ラーメンの配膳を待つ間にですが目に留まった
『ごはん』の張り紙。
ものすごく自信ありげなので追加オーダーしちゃいました(笑) 
配膳された味噌はある意味イメージ通りのビジュアル。
北海道の黄色麺を使用してるので味噌スープとのコントラストが
『どっかで食べたな~』
感をバリバリ全開中でございます(笑) 

味噌の味わいは甘口で味噌はそれほど強くなくパンチも乏しいか、な。
そして北海道ならフライパンで味噌と脂を焼いてアツアツ


を載せるイメージがあったんですが
今回はそれほど熱くなかったですね。

西山製麺のちちれ麺はとにかくアベレージ。
安定感はありますが満足感はやや不足します。
具材料も特筆点はなく全体的にはアベレージでございました。




■醤油ラーメン
●スープ
クリア醤油系
●麺
細ちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ
■デッドで醤油!
スープはクリアな醤油で普通に旨いです。
それに絡むのは味噌よりやや細いちぢれタイプで醤油とのマッチングは悪くないですね。
ただしコチラも味噌同様に『これ!』という特筆点はなくアベレージ。
でも味噌だけじゃなく醤油のセレクトができるっていうのは
お店の幅としてはいい感じか、と思います。
そして
この張り紙にあるよう白ご飯には期待してたんですね~実は。
でもこの日は水分量が多かったのかな?
かなり柔らかくご飯のこだわりを感じれなかったのが残念


でございました~(;∇;)

最後に…
最近よく見受けられる角度があって深いタイプのラーメン鉢。
おそらく冷めないように出来てるのだと思いますが
個人的には深い鉢はどうしても食べづらいと思うのですが…orz 



■疑問を突いてみよう(笑)
さてさて、精算時に店主さんとお話できたので冒頭にあった内容を質問しちゃいました。
店主さん曰わく居抜きではないですがニイハオがプロデュースした麺屋さんで、
ただ独立採算っぽくて…何かややこしいらしいですわ(爆) 

ままややこしいのは置いといて(←置いとくんかよー!!( ̄∀ ̄))
味噌メインのお店は和歌山では珍しので面白いです。
しかも深夜3時まで営業されてるそうなので〆ラーにも使えますね。
これから頑張ってくださいね~(`∇´ゞ
【お店の場所はコチラをクリック♪】



※「和歌山に味噌の専門店が出来たね〜♪」
と期待を込めてポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「綺麗な桜を商売で咲かせてくれよ〜♪」
というエールは一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

Tag:岩出市 

中華料理 弥山(みせん)

これでエエんか? ホンマにエエんか???


■中華料理 弥山(みせん)
@和歌山市杭ノ瀬248
【営業時間】
11:30~14:00
17:00~21:00
【定休日】水曜日
【電話】073-472-7677
【駐車場】店前にアリ
■みせんなう
巷の噂で『300円でラーメンが食べれる!!』って言う話を聞きつけたのがけっこう前の話。(早いこと行きたいなぁ…)と思ってたんですがなかなか行けずじまい… モタモタしてると行き損ねるので無理やり時間を作って訪問を、ば。JR宮前駅を降りましてひとりトボトボと道なりに徒歩で南下すること約10分弱。赤と黒のお店の看板が見えてきました。(手前に別の中華料理店があるので間違えないでねw)



■ホンマにええんでっか??
入店したのは18時過ぎ。カウンターでは仕事帰りのおいやん達が既にええ感じで出来上がってます(笑) それを横目にお品書きに目を通しますが… 『ホ、ホンマにこれでエエんでっか?(」゜□゜)」』思わず唸ってしまうメニューの数々で、しかもリーズナブル。真っ先に300円ラーメンのお品書きが目に飛び込んできたので平均単価450円~600円くらいのメニューが高く感じるくらいですわ(爆) そんな中、当然ターゲットだった昼・夜どちらも提供されてる鶏ガラスッキリ醤油からオーダーします♪



■昼営業鶏ガラすっきり
●スープ
鳥ガラメインの醤油濃いめ
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、太もやし、葱、メンマ、他
■この日の感想
配膳されるまでしばらくはお品書きの麺類をチェック。チャンポンや塩ラーメンなど、オーソドックスな種類が並びます。しかし中でも『夜のランチ』と書かれたおかずが5種類以上載るワンプレートランチがな、なんと500円ナリ~(゜∇゜)さすがにコレにはとんでもなく惹かれますね(笑) そして某王手餃子チェーンにも負けないくらいで餃子がなんと180円なんすよね!!!(」゜□゜)」これらを食べずして何を食べるねん。と思っているとラーメンが配膳されました。



■デッドで!
アツアツのスープは好感度大。醤油のキレの中に旨味を感じるもの。でも全体的にやや塩っぱいか、な? いわゆる中華料理屋さんのラーメンなんですがその塩っぱさは置いといて、しっかりとしたボディに惹かれます。麺は細ストレート。低加水っぽいのですが食べていても思いのほか麺伸びが遅く最後までしっかりとしています。具材はメンマ、もやし、それに赤身チャーシューなんですが全てアベレージとなってます。スープに含まれる油も目一杯熱せられてるのでしょう最後までホント熱々でした♪さて次は夜限定の豚骨が登場です。



■豚骨こってり
●スープ
朝から炊きだす豚骨
●麺
醤油と同じ細ストレート
●具材料
これまた醤油と同じ
■豚骨の感想
配膳されて驚いたのがそのビジュアル。
(お!!! このスープはタダ者じゃないぞ!!!)
と感じたスープはすぐにコラーゲン膜が張るくらいのコンディション。
店主さんの自慢だけあってそんじょそこらの豚骨スープには負ける事の無い出来映えでした。



■デッドで♪
お品書きにも書かれた「こってり」が大袈裟じゃないのがスグにわかるくらいの粘度。そしてその乳化度の高い味わいにとにかく驚かされます(驚)デッドでいってもそのスープの出来映えの評価は変わる事ナシ! 正直、このスープのレベルと同様のお店が和歌山市内で果たしていくつあるのだろうか...? そう思うほどの完成度の高さです。反面、食べ進むにつれ「どこかで食べた事ないかい?」という印象も首をもたげてきましたがとにかく300円の前では何も言う事はありません(笑)ちなみに麺は醤油と同じ物が採用されてました。ふと思い出した事があります。それは.. 「創始期のたこ焼きチューチュー」と非常に似ているなぁ~♪ というところです。あの当時は毎日のように通っていた記憶がありますが(今はちゃうけどねw)それに勝るとも劣らない存在・出来映えになる可能性を秘めていると言っても過言ではないでしょう。


■結局のところは...
個人的な好みを申し上げますとスープだけを比べるとダントツで夜の豚骨コッテリ。逆に、共に使われる麺とのマッチングは醤油の方が良かったと思います。いずれにせよ300円というハイCPの前ではどのラーメンも太刀打ちできないであろうと容易に想像がつきますね(笑)さてさてこちらの店主さん。和歌山のとある中華料理店で修行し独立されオープンしたお店とのこと。次回は絶対にビールと餃子(要は「呑み」ですけどね♪)をいただきたいと思います。でも... 〆に300円ラーメンは絶対に外せませんよね。近々予定の大阪からの客人を和歌山 deep nightでご案内する新ネタができました~♪
【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター