【新メニュー考察】3杯目 和 dining 清乃

とにかく「ガッツリ」で勝負っす!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66346530_0.jpeg
『メニュー整理が完了し新しくなりました♪』の3杯目でおます(笑)
「つけ麺メニューの種類は多かったのとスープの区別がわかり辛かったので絞ってみました」
とはマスター談。清湯系スープで「違い」を出すのならかなり個性的に仕上げなくては!
とレギュラー化されたのがコチラの「ブラック系つけ麺」 
以前にこの前身ともなる醤油強烈エッジつけ麺を少し試食させていただいたことがありましたが、
その時から比べると想像もつかない進化がそこにはありました。



■お品書き
img_1734772_66346530_2.jpeg
ホントすっきりとしたつけ麺メニューの中にあった醤油エッジ系。
有田ブラックのつけ麺版とひと言では片付けられないですが
醤油好きの胃袋を満たすには十分なパワーがありそうな雰囲気。
「スープに入る3種のたっぷり豚」がそのパンチ力を表しているようですね。




■豚もり黒醤油つけ麺 並:300g(880円)
●スープ:鶏+数種の魚介+エッジ醤油
●麺:真空ミキサー太やや平打ち
●具材料:スライス&ブロック&レアチャーシュー、ネギ
img_1734772_66346530_3.jpeg
お店に入る前から最初から醤油たべたい口になっていたこの日(笑)
安定した人気のある有田ブラックのつけ麺版を初めていただけるとあっては
期待大になるのは必然か、と。

(やっぱ醤油つけスープがキモやろ~)

と食べる前からワクワク感に征服されていることに気づきます。
若干の太麺なので汁麺に比べ茹で時間が長いですが、
旨い麺を食べるためには茹で時間が長かろうが何だろうが気にもなりません。
その麺茹で加減がつけ麺の全てを支配すると言っても過言ではないですから...(笑)



■デットで飲んでみた!
img_1734772_66346530_4.jpeg
じっくりと時間をかけて作られ配膳されたつけ麺。

「黒~~~っ!」

ビジュアルは確かに黒いです!!! 
しかしその香りは醤油独特の発酵臭と控えめな魚介の匂いが相まって
そそりングMAXでございます。デッドで飲んでいちばんに感じたのは
「有田ブラックとは違う魅力のある深みと味わい」
という点。あくまでもつけ麺としての存在感という立場を明確に表現されておりまして、
明らかに有田ブラックスープとは別物で
「よりシャープなエッジがその最大の武器(マスター談)」
となってます。伝家の宝刀的たとえなら
「平松政次のカミソリシュート」や「伊藤智仁の高速スライダー」
と言えばピンとこられるか、と。(ホンマにくるか?(爆))



■麺&具材
img_1734772_66346530_5.jpeg
img_1734772_66346530_7.jpeg
そして麺。
真空ミキサー使用の麺は見た感じはやや平打ち系。
粉の味わいがじんわりと感じられつつその滑らかさと喉ごしは
清湯系スープとの相性の良さをあらためて実感させてくれます。
醤油エッジスープとのマッチングは文句なし。
300gの麺もあれよあれよと言う間に胃袋に収められていきます♪ 



そしてこのつけ麺の最大の特徴となるのがガッツリと入っている3種類の豚。
img_1734772_66346530_6.jpegimg_1734772_66346530_8.jpeg
麺にはローストレアチャーシューが載り、スープには豚スライスとブロックチャーシュー
という食感と種類の違う肉がどっちゃり。マスター曰く
「最初バラ肉を入れてみたところあまりに生々しい味と臭いが際立ってしまって... 
肩ロースが一番合いました」との事。

最後までスープとかえし、そして具材のバランスをとるのが難しかったそうです。 
そしてつけスープの量も多く、汁麺と同量になってますから
(スープが少な~~~い)というストレスも皆無でしょう(笑)

とにかく醤油も肉も麺もガッツリいただけるつけ麺の登場はメチャメチャ嬉しいっす。
このメニューのオーダー回数も増えそうな予感が... 
つけ麺好きにはたまらない一杯となりそうです♪


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター