【後編】和 dining 清乃(せーの)

実はこちらが4番なのかもしれない!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
中津風鶏白湯塩の後で選ぶ麺としては『これしかない!!』と事前から決めていたのが基本的には飲みの〆用として作ったという『かけそば』がコチラ。麺とネギのみという潔さですが、実は『ごまかしが全く効かない』という最終兵器のような恐怖を感じさせられる恐ろしやアイテム。半面、それに自信があるから作るんですよねぇ、マスターさん(笑)


■かけそば金醤油(500円)
●スープ
鶏ガラ+豚足+魚節多種
●麺
真空ミキサーPH17番ストレート
●具材料
ネギのみ
■この日の感想
オーダー後しばらくして配膳されたかけそばですが製造工程は限りなく少ないのでメチャメチャ素早く現れました(笑)  




■ラーメン全体



一点の曇りもないそのビジュアルは『シンプル』などという言葉で表現するのは
あまりにお粗末で、まさに
『琥珀色のバイカル湖』
とでも言いましょうか!!! (↑:変わらんやろー!!(爆)) 

麺が底までハッキリと見える透明度です。そんなスープをデッドでいただきました。

まず感じたのが味わいの複雑さ。様々な魚節や昆布を使ったと思われるくらい
とにかく単純ではありません。かといって魚クサい訳ではなく、
様々な風味がミルフィーユのごとく折り重なってます。そして要所要所で感じた塩分系のエッジ。
おそらくかえしの影響でしょうか、それがイイ意味の「メリハリ」となっているのです。


■麺
スープに対する麺は真空ミキサープライムハードストレートですが、本当にマッチングは言うことなし!! バランスの良さもさることながら、なめらかなのど越しが咀嚼を楽しまさせてくれ一気に胃袋へと収められていきます♪ 多加水ながらスープにある若干の油分がスープと麺の連結器の役割をしてくれてるかのようでした。








■総括…
マスターさんに聞くとコレは前にいただいた『鶏旨味そば金醤油』が基本ベースになっているとのこと。(はて?と比較すると今日の方が明らかに荒々しかったぞ…)と思ってたのもつかの間、(あ!はホルモン入ってたし~!)そうなんです、おそらくホルモンの脂がスープに溶けてエッジが丸くなりその自然な甘さが全体をマイルドに変化させたのか、と想像します。ラーメンのみを食べるなら鶏旨味金醤油のホルモン入りの方がイイでしょう。しかしながら酒を呑んだ後に食べるなら間違いなくコチラをオススメします。アルコールの余韻を崩さず小腹を満たす絶対的なパワーが『かけそば金醤油』にはありますから~♪
締まった一杯を求めるならコチラに限りますな!(b^ー°)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【前編】和 dining 清乃(せーの)

ここんとこ...
週一のペースでないかい?(爆)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
マスターさんが大阪遠征で研究した鶏白湯を引っさげまたもや新しいラーメンを提供されてる!!!という情報を聞きつけやってきました有田市は野。もう何回訪問したのだろうか!?  気がつけば週一回ぐらいのペースで訪れております(爆) この日も(一筋縄じゃいかへんラーメンを食わしてくれるんやろなぁ~(゜∇゜))と期待感MAXで扉を開けました♪



■中津風鶏白湯の塩
●スープ
鶏白湯ベース+魚節塩タレ 
●麺
真空ミキサーPH細麺 17番
●具材料
チャーシュー、味玉子、マー油 大葉、ピンクペッパー
■この日の感想
お客さんが2グループいらっしゃる店内。私はいつものカウンター席に腰を下ろし『例の塩鶏玉子抜き』をオーダーしました。マスターさんの真剣な仕事ぶりを見ながら待つこと約10分弱。目の前に自信の塩鶏が配膳されました♪



デッドで飲んだスープは鶏の旨味が凝縮されたもの。
ほのかな魚節の香りが漂うも、飲めばしっかりと存在が主張されている味わいに
溜め息すらもれてしまうほど。もっとハードなスープを想像してたのですがとにかくマイルド。
箸を進めても進めてもその度合いは変わらず安定しておりました。

■麺


そんな麺に合わされるのが細真空ミキサー麺。麺自身の旨さは既にご承知の通りですが、
この麺の懐の深さを証明するようなgoodマッチングo(^-^)o 
スープの風味を引き立てまくりです。



■新グッズ♪
そして2/3ほど食べ終わったところでおもむろにつけあわされていたレモンを浮かべてみました。『サッパリ~♪』といきたかったのですが思いのほか『変化なし』(苦笑) もうちょいレモンを楽しめると思ってたんですが… 量が少なかったのかもしれませんね。そしてここでマスターさんがタイミングよく『スープ、もっと濃い方がいいですか?』と一言。自称:テロリストの私的にはもっと濃い目が好き、好きなのですが、考えたらこの日の濃度で最後まで美味しくいただけました。そしてマスターへの返答としては 『一般的にはこれくらいの方がイイんじゃないですかね~』と感じたままをお伝えしました。この濃度はこれでだれにでも好かれる味わいに仕上がってました。『鶏白湯のバリエーションの引き出しの多さ』を痛感させられるメニューの登場に興奮です♪ ごちそうさまでした。
さて二杯目は何をいただこうか? そして...
古式に則って連食です(爆)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

2011.10.25 Tue

味里 美園店

味里へ最後に足を踏み入れたのって
二十数年の学生の頃やん…(汗) 


■味里 美園店
@和歌山市美園町5-7-12
【営業時間】基本:24時間営業
※ただし日曜日の2時~朝迄休み
【定休日】無休
【電話】073-436-5966
【駐車場】近くにCPあり
■味里なう
所用で美園商店街を訪れた帰り道。目に飛び込んできたのが『和風ラーメン』の張り紙でした。そもそもこちらのお店は中学生時代に塾の帰りにちょくちょく立ち寄っていた思い出の場所にござります。懐かしさも手伝って入店しちゃいました(笑)


■おしながき
壁に所狭しと貼られたおしながきの数々。もうちょい安いイメージがあったのですが、こんな価格になってたんですね…(*_*) さて、オーダーしたのが和風天かすラーメン。そして久しぶりにおにぎり類も頼んでみましょうか♪







■おにぎり&いなり
ショーケースに色々並んだおにぎりの中からチョイスしたのがこちらの2品。『たらこおにぎり』『わさびいなり』をお皿に盛りますが目の前にすると意外にデカいです(笑) おにぎりは若干のパサつきを感じ、わさびいなりは酢が効き過ぎかな!? ただ、どちらもボリューム感はタップリでコレだけでもお腹いっぱいになりそうです(≧ε≦)





■和風天かすラーメン
●スープ
和風うどん出汁
●麺
普通黄色ストレート
●具材料
蒲鉾、ネギ(大量)、天かす(大量)
■この日の感想
飯を食ってしばらくしてから和風天かすラーメンが配膳されます。他にお客様さんがいなかったにもかかわらず意外に時間がかかりましたね。




■全体:和風天かすラーメン(430円)

























(玉林園の天かすぽいっかな~) 
と想像してたんですが、なんのなんのいわゆる食堂の黄そばラーメンでございます。

スープはうどんと同じ出汁ですがとにかくネギ&天かすの
圧倒的ボリュームに押されちゃいました(」゜□゜)」

その天かすの影響か、スープ自体が特有の甘さが出てまして懐かしさがこみ上げてきます。


■麺
麺はコレと言って特徴のない黄色そば。ただし和風出汁との相性はすこぶる良好。これはこれでマッチングとバランスの良さに驚かされました。茹で加減も柔らか過ぎず久しぶりの黄色そばを堪能させていただきました。さてさてこちらの味里への訪問は初めてですが味里自体へ足を踏み入れるのがホント二十数年ぶりくらいでし...(懐)学生の頃は夜な夜な加太や大川峠へ走りに行き、帰りに必ず北島橋の手前の味里でおにぎりとうどんを食ってた記憶があります。場所は違いますがいつまでも味里は元気な24時間営業のお店でいて欲しい存在ですね~( ̄∀ ̄)v

Tag:【開店/移転/閉店】 

2011.10.23 Sun

残念!!!

嗚呼、夢の甲子園...

心配された雨も朝方には上がり
大阪は此花区にある舞洲スタジアムへ行ってきました。


対戦相手は滋賀県第二位の水口高校。
共に公立勢で似たチームカラー、ユニフォームまで似てました(笑)






先攻の那賀は4回まで毎回3塁へランナーを進め
押し気味に試合を運びますが決定打がでず...

逆に4回裏、それまでチャンスがなかった水口に
タイムリーヒットと2点三塁打で3点を奪われてしまいます。

その後も互いに決め手を欠き、9回へ。
那賀の大黒柱、先頭打者の4番・福井君がライトオーバーの三塁打を放ち
内野ゴロの間に1点を返すもこれでゲームセット...


「那賀敗れる...」

センバツへの夢がほぼ断たれてしまいました...
同レベルの公立高校同士の対戦だっただけに悔しさ倍増です。

試合は共にノーエラー(パスボールは互いにひとつずつ)の締まったもの。
ヒットは打たれるものの要所は締め、ピンチは4回くらいでした。
那賀の敗因としては押し気味だった前半で先取点が奪えなかった事。
特に3回表の攻撃、先頭打者が3塁打で出塁したチャンスも
得点に繋げられなかったのがホント痛かったですね...

チャンスが多かったのに1本がでなかった那賀に対して
唯一のチャンスをものにした水口、野球ってこんなもんですよね。

和歌山1位の那賀が敗れた今、残る海南高校に期待を込めて応援します。
これで海南が敗れると... 
センバツには和歌山県勢の出場はナシという可能性が非常に高い。

なんとか食らいついて1勝を挙げてください。頑張れ海南!!!

※試合後はまっすぐに帰らず、気を取り直してラーメン行脚を3軒こなしてきたということは言うまでもありません(爆)

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

Tag:此花区 

2011.10.21 Fri

【2杯目・プチ deep night】和 dining 清乃

deepな話を散々言ったあと…

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■deepトーク
1杯目が終わった後はそのまま麺にまつわるdeepなトークが炸裂!! 色んな情報が飛び交う楽しいトークタイムとなりました♪ そんな中、おもむろに『そろそろ次にいきますか』という合図を放った私(笑) 2杯目のオーダーですが初訪問だけに迷いを隠せなかった会長... 最終的には最初から気になっていたという『エビつけ麺』を。対する私はまたもや汁麺、一番新しい作品である『鶏だく』に太麺を合わせた『だく太(ぶと)の味玉抜き』バージョンをオーダーしました♪



■鶏だく(650円)
●スープ
鶏オンリーの強テロリ系+煮干のW
●麺
かなり太いややチヂレ
●具材料
チャーシュー、白葱、万能ネギ、(味玉抜き)
■この日の感想
わりと早く運ばれた『鶏だく』ですが先ずはデッドで飲んでみます。簡単に「濃厚」とは表現したくないほど手をかけたオーラが漂う味わい。敢えて『強テロリ』と表現しましたが、なんかスロットの「強チェリー」みないな印象に(爆) そんなスープは完全に『ドロッ』となったわけではなく実に滑らかなスープは鶏のイイ香りのみが前面に出たもので、そのネーミングからアグレッシブな味わいを想像しがちですが実は優しくまろやかな風味が売りだったりするんです(笑)

■全体&麺


今回チョイスしたのはやや加水率の高ややちぢれい太麺。
濃度の高いスープに合わせるので麺絡みが良いのはある程度予想はつきました。
やや固い茹で加減は嬉しいのですが鶏だくに合わせるならもう少し柔らか目の方が好み…か、な!? 
スープと麺を濃淡のバランスで言うなら『濃×濃』となりちょっぴり重い印象を受けました。

互いの長所を引きさせてるのなら細い麺がいいなぁ…( ̄∀ ̄) 
この意見はあくまでも好みですからね、
『こ・の・み!!!』(笑) 


■総括
さて、今回はしらっちょデッド会長を半強制的(笑)に有田まで足を運んでいただいたわけですが感想をお伺いする限りではは喜んでいただけたと思います。最後にいただいた会長からの講評は『次はクエで飲みを是非!!!』という至極シンプルなお言葉でした♪ そしてマスターも無事デッド飲み推進委員会南紀出張所所長』任命されましたので年末のデッド会の忘年会はコチラで決まり!(笑) 

待ちどうしいなぁ~( ̄∀ ̄)v(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

2011.10.19 Wed

【1杯目・プチ deep night】 和 dining 清乃 

デッド会長!!!『deep night』のプチ版でごんす!(笑)


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)
第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
最近、週一のペースで訪れつつあるコチラのお店。デッド会長には是非とも足を運んでいただきたくその機会が訪れるのを首を長~くして待っておりましたところようやくその時を迎えることができました♪

■お先に♪




待ち合わせ場所が『有田のお店直』というこの日。
私も会長も仕事を終えた後、職場から直行しました。
そんな中、15分くらい早く到着した私はアルコール入り泡の立っ麦汁をちょっと一杯
デッドでいってしまいます(笑) つきだしはこの日とれた車海老のお刺身とそのワタの珍味。
めちゃくちゃ手がこんだ料理を肴に飲み始めてすぐ会長が到着されました。


■有田ブラック
●スープ
エッヂ系醤油+煮干
●麺
真空ミキサーPHストレート
●具材料
チャーシュー、煮玉子、穂先メンマ、ネギ
■この日の感想
カウンターに陣取って先ずはお品書きにらめっこしますが気になるのは会長のオーダー。私は最初から一杯目は有田ブラックと決めてたのですがこれは店入口に張られているメニュー。既存のお品書きを見ている会長はあくまでもデフォにこだわった姿勢。最終的にチョイスしたのは私の『有田ブラック』と会長の『キレの金醤油』ございます。



しばらくして運ばれたブラックを早速デッドで飲んでみた。
エッヂの効いたスープはコクも旨味も十分なもの。
その『凛』とした力強さと品あるいでたちを表すなら… 
『褐色の貴公子』
とでも言いましょうか(笑) 相変わらずのインパクトと迫力です!!!


■麺
そんなスープに合わせる麺は真空ミキサーストレート。お店では一番細い麺なので個性的なスープとのマッチングがいちばんの懸念材料でございました。ところがいざ食べてみると醤油エッヂを引き立たせつつ見事にスープを包み込んでおりました♪ 魚介の甘さと酸味、全てがアクセントとなってるのには白旗を揚げてしましました…(゜∇゜)

さて今回で有田ブラックで細麺太麺のどちらもいただきましたが個人的な好みを言わせていただくなら『太麺』を選びます。高井田のイメージがそうさせるのでしょうが太い麺を咀嚼するのにブラックスープが本当にマッチしたと言うことです(o^∀^o)  食べ終わって横を見ると会長もフィニッシュされ満足げなご様子。
次のメニューに移る前にディープな麺トークで盛り上がってみようかね~(爆)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

2011.10.18 Tue

【秋の味覚が届きました♪】シナノスイート

なんぢぁぁぁぁこりはぁぁ!!!

■知人との会話

知:「リンゴでシナノスイートって知ってる?」

私:「んにゃ、知らんわ...っていうかリンゴあんまし食べへんし」
  「でも... おかんは死ぬほど好きやけどな(爆)」

知:「じゃ、おかあさんへ送るわ、お前は食うなよ!!!」


というやり取りがあったのが先日のこと。
そして今朝、

















「ホンマに届きました(笑)」


すぐに開けちゃおっと。(←早速やな!!!)




























甘~酸っぱい香りで目が痛いっす(笑)
片手でギリギリぐらいの大きさで非常に立派なリンゴが並んでまして
ひとつひとつに「シナノスイート」のシールが貼られてるし~♪

正直、これまでリンゴの品種なんて考えて食べたことナシ。(←シャレとちゃうでw)
堅めで水分量が多いものは酸味が強いイメージがあり「×」
柔らかいのもは甘みが少なく「×」
要するに... 

「リンゴは好きじゃないかも...」

という結論(汗)
※ただ、家にあれば食べるし食感が柔らかいのはわりと食べるねんけど...

そしてこのリンゴ達。
「シナノスイート」という品種ですがちょい前までは「あじぴか」と呼ばれてたそう。
信州は長野の生まれで甘味が特徴の「ふじ」と果汁が多い「つがる」との交配種で
美味しいとこを受け継いだりんごだとか。
予備知識はこれくらいにしてまずはお味見をしてみます....

















シャクシャク...   ん?









「なんじゃごりゃぁぁ」
!!!━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

サクッとした食感の後に心地よい酸味がスッと届きその後から
優しく深い甘味がじゅっわ~~~~っと!!!

この甘さ... 滑らかな上質りんごジュースを飲んでる錯覚に陥るほど。
調べたところ平均糖度は14~15度、そして少ない酸味は0.3%前後で
これは従来のりんごにはない品種だそう。ほんでもって普通のりんごに比べメチャ高くて
1玉400円以上で販売されてました。


そんなラブリーなシナノスイートをもうひとくち...
                                           



 
青々とした切り口は新鮮なままで、
よく見るとその糖度を表すかのように
表面が瑞々しく輝いているでしょ♪♪♪

もう目から鱗です。こんなりんごがあるとは...
りんごをあまく見ていてすみませんでした m(_ _)m

そして高らかに宣言します....


「シナノスイートは
秋りんごの奇蹟だと!!!」

Tag:【トピックス】 

2011.10.17 Mon

竹燈夜  2011.10.16

【竹燈夜】
10月15.16日の二日間、
和歌山城周辺にて開かれていた竹燈夜に
夕べ行ってきました。



■案内ポスター
ダイワロイネット1Fに貼付されていた案内ポスター。
15日の土曜日があいにくの雨模様。
それが影響したのかお人さんは想像以上に
多かったのです。


■砂の丸広場より入場











二の丸庭園にて和歌山華道協会による華展が開催されてました。
ライトアップされた「いけばな」も幻想的です♪












中でも異彩を放つこの作品!!! 近づいてみると...
数千本のつまようじでした(驚愕!!!)

そしてその足で天守閣へと進みます。











数十年ぶりに来ました... 売店へ。
その存在すら忘れてました(爆)

天守閣より一の橋方面へ。













竹スピーカーから流れる心地よい音楽を聞きながら竹燈の中を帰路へ。
神秘的な秋を堪能した夜でございました♪ m(_ _)m

Tag:【イベント】 

2011.10.14 Fri

和 dining 清乃(せーの)

後から後から繰り出される精力的
かつチャレンジ精神溢れる覇気!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
先日のラーメン部副部長との訪問から1週間もたたないこの日。マスターからは精力的にリリースされる新たなるスープ、麺の情報をキャッチすればするほどその実力を味わってみたくなるのが「ラーメン部」の部員魂というもの(笑)副部長が所用で無理でもその穴埋めをする部員を引き連れての訪問と相成りました♪ 今回は初めて掘りコタツ式になったオープンテーブル席に陣取ります。本来は和 diningなのでビールに新鮮な魚で一杯いきたいところなんですが麺をいただく時はアルコールはNG(泣)部員達には個人的におすすめ麺をチョイスし、私はマスターおすすめ金醤油ベースに新たなる麺を仕込んだ汁麺をオーダーしました♪



■鶏旨味そば金醤油
ホルモン入り(750円)
●スープ
鶏ベース+豚足+魚節多種
●麺
細多加水ストレート
●具材料
チャーシュー、煮玉子、穂先メンマ、ホルモン など...
■この日の感想
部員のつけ麺が運ばれるのとほぼ同時に配膳された汁麺。スープは琥珀色に輝き、そのビジュアルを見ただけで

「合格!!!(爆)」

を与えてしまうほどのオーラを放ってました。ビジュアルを見ただけで武者震いがきたのは
「あっぱれ屋@城陽」以来!!! そんな中ですが心を落ち着けてデッドで飲んでみました。

「うほぉ....ぉ...」
あまりの旨さに思わず変なため息が漏れます(爆)

しっかりとした塩ベースの旨味とコクを感じるスープなのですが、
その後からじんわりと節系の旨味と昆布系の風味、そして香りが鼻に抜けていきます。
この魚節の風味がハンパなく旨い、っていうかものすごく複雑なんですね...
かなり時間と手間ひまをかけて作り出したと思わずにはいられません。


■麺
茹であげる前の麺を見せてもらいましたが「お~細くしなやなそうやなぁ~」という声が漏れます。やはり17番だとこんな印象になるんですね。運ばれた麺は細いながら艶々した加水率の高いもの。滑らかな喉ごしで食感は抜群にイイです。スープとの絡みを若干心配しましたが上手く絡んできましたね♪ またバランスもよくとにかく完成度が高いです。何度も言いますが個人的に麺食いなのでやはり麺が安定していると満足度も比例して高くなってきますね(笑)



■具
他の部員も各人がスープと対峙してましたがあまりのスープの旨さにちょっとその箸を止めさせての試飲をば(笑)全員一致で
「うまぁ♪」状態を演出して盛り上がります!!! そして今回のラーメンで重要な役割を担ったのがコチラのホルモン。前に有田ブラックを食べた時にも入っていたホルモンなんですがとにかくその脂がスープに混ざり何とも言えない特有の甘さを醸し出しているのです。鶏、魚節の風味を邪魔することなくよりマイルドに働くべく存在しているといっても過言ではありません。「ホルモン」と簡単に片付けられない存在感が際立ってますからね♪ 連食が控えているのに...スープを残すのがもったいなかったので「完汁!!!」となりました(後悔ナシw)

次は店長さんの試作品へと移ります。

■牛筋つけそば(試作品)



先ほどのラーメンの興奮も覚めやらぬうちに運ばれて来たのが
店主さんの他店遠征とひらめきとで出来上がった試作品でした。
有田ブラックまではいかないもののかなりの黒さを持つスープがそこにありました。
早速デッドでいただきます♪

店主さん曰く
「TATSUで食べた牛筋の風味が印象深かったので~♪」
というつけスープは明らかに牛の香りが漂うもの。これまでの鶏や豚とはまた違ったっ雰囲気を醸し、スープから顔を出すスライス肉もそれを助長させてるようです。飲んでみても

「お、おでん...?」

というくらい想像とはかなり違った印象に戸惑いを隠せませんでした...ι(´Д`υ)アセアセ
  

■麺&実食
さっきの麺と比較してもわかるやや太くなった麺線。これをスープに浸しますが... やはり最初は違和感が走ります。しかーし!!! 二口、三口と箸を進めるにつれその肉の風味が麺に馴染み始め全然違和感を感じなくなってきます。それどころか肉から出る微量な甘みが口の中を活性化してくれるのです!!!(驚)我がラーメン部員達も時間が経つにつれ麺を掴むピッチが早くなってくるのを見てもおわかり頂けるか、と。500gの麺がアッというまに各々の胃袋に収まったわけです(笑) その後、マスターに素朴な感想を伝えました。全体的には上手く仕上ってるもののまだまだ荒削りな部分が多く、これらを修正すればもっと素晴らしくなりそうな点がいくつかありました。ひと言でいうなら「もう一押し♪」っていう感じ(笑) ただ皆の共通な思いはこれから寒くなる季節にはピッタリな風味だということでした。麺のマッチングも(もうちょい細い麺の方が今のスープだと合うかなぁ)というのが個人的な意見でした。いずれにしてもこれからもっと研究を重ねてこのスープと麺を仕上げていくという店主さん。11月以降、寒くなってからの訪問が楽しみになってきましたよ。我がラーメン部も大満足でお店を後にしました。ごちそうさまでした♪


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

2011.10.12 Wed

口熊野食堂【紀州路物産展にて】

約2年ぶりの実食やね~( ~っ~)/

@西牟婁郡上富田町生馬748-3
(現地データです)
【営業時間】
10:30~14:00(月~土)
17:30~21:00(木、金、土)
※スープなくなり次第終了
【定休日】日曜日
【電話】0739-47-6595
【駐車場】専用アリ
■物産展なう
今回は現地のお店じゃなく近鉄和歌山店で開催されていた紀州物産のイートンコーナーへ!!! もっと早くに来たかったのですが時間の都合がつかず最終日に滑り込んでの訪問でした…
ふぅ... (^。^;)(アブナイ、アブナイ)



■おしながき看板
入口で先に食券を購入するシステム。頭上にはお品書きの看板があり、『口熊野らーめん』『口熊野魚○(うおまる)ラーメン』がありました。この日は最初から(魚○でいこう!!)と決めていたのですがよく見るとなんかラーメンの雰囲気が違います… 女性スタッフさんに尋ねると物産展オリジナルもやしトッピングバージョンとのこと!!(°□°;) ご存知の通りモヤシ不要主義者の私としては『モヤシ無しでお願いします!』の一言を添えカウンターへ着席しました(笑)


■口熊野魚○ラーメン
●スープ
鶏+豚骨+魚介のトリプル
●麺
やや細ちぢれ玉子麺
●具材料
チャーシュー、大葉、ナルト、柚子
■この日の感想
しばらくして配膳されたラーメン。オリジナル器の縁には『口熊野食堂』のロゴがあしらわれてます。前回、たまたま見つけた本店でいただいたのが約2年前。断片的な記憶を辿りながらデッドでいただきます♪ 魚介の香り漂うスープはそのビジュアルから想像する濃厚さではなく洗練されたマイルド感を纏ったもの。口に含んだ時に感じるインパクトは箸を進めるにつれ優しい味わいへと変化していきます。以前の記憶ではもう少し濃厚な印象が強く残ってるのですが、そのイイ意味での軽さは「より角のとれた味わいに進化した」と感じました。



■麺
お店サイトによると『京都から仕入れる玉子麺』と謳っているのでスタッフさんに『テイガクさんですか?』と尋ねましたが違うお店だということでした。あらためていただく麺はやや高い加水率か、な?と感じるもの。若干オイリーさのあるスープとは見事にマッチしており、固めに仕上がった麺も好みです。そしてこれまたトロッと仕上がったチャーシュー♪ 濃いめの味付けがその存在感を主張していました。


■○高アロチ…
食べ終わってその余韻に浸ってると背後から聞こえてきた別のお客さんの声。
『アロチの○高の中華食いに来たのに違うんかえ~』 その台詞を耳にすると(あぁ、やっぱりトラディショナル中華を求めてやって来る人も多いねんなぁ…)と実感。ただ個人的には、この口熊野食堂の味わいも和歌山に新風を吹き込んだという点では非常に大きな役割を果たしたと思ってます。一番心配していた『その後の味わい』ですが今回食べてみて余計な心配だったことがわかりました。また南下した時には是非本店へお邪魔したいですね~( ~っ~)/




■旬のフルーツのおつかい
そして食後にフルーツのギフトを購入すべく地下食料品売場へおつかいです。母親から頼まれていた葡萄のギフトを先方へ送ったあとにスタッフさんから「今、送られた葡萄の更に完熟版のストレートジュースがありますがいかがですか?」と勧められたので1杯頼んだのです。

目の前でジューサーが回り始め...











コップに入れられたジュースをデッドでいってみました!





















「うまぁーーー!!!
ヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ」

まさに完熟そのもの。 まさにかつて飲んだ事ない味わい!
まさか葡萄がココまでのテロリ感を出すとは!!!

聞くと、完全に実が落ちるまで熟させた種無しピオーネを使って100%葡萄使用らしいっす。
そして、一番熟した葡萄を使用するので毎日は飲めない希少性も魅力♪

マジで
「お・ね・う・ち・あ・り!!!」
の1杯に出会えました。

値段は400円ですがそれ以上のCPは間違いありません。
旬のフルーツをそのまま使用するジュースなので季節のバリエーションも豊富でしょう。
恐るべし...「フルーツセラー momo」
要チェックのお店が増えました ( ̄ー ̄)ニヤリ
※その日によって「ある時」と「ない時」があるそうですからご注意くださ~い。
(551かよ!!!(爆))


Tag:上富田町 

2011.10.10 Mon

大漁寿司 

祝!!! 県下高校野球新人戦&秋季近畿地区高校野球大会県予選優勝
那賀高校野球部の皆さん
近畿大会出場おめでとう♪
一昨日、昨日と上富田SC野球場へ足を運んでました。
お目当ては近畿地区高校野球大会県予選の準決勝/決勝戦。
特に準決勝では
「智辯が那賀に敗れる可能性大!!!」
という個人的予想。
その歴史的瞬間を目の当たりにすべく叔父とのコンビで出撃しました。

準々決勝までの戦いを振り返るかぎり今年の智辯は
「経験不足」っていうか「威圧感がない」印象。
準々決勝の市高戦も9回裏まで3点差で負けていた試合を
ひっくり返してのヒヤヒヤもんの勝ち上がりでしたから
那賀にも十分勝機があると見込んだわけです。

そして那賀が勝つための勝負のポイントは以下の2点

・必ず先取点をとる
・5点以上とれれば勝率がUP

こんな個人予想でしたが5回終了時点までは5-0という展開。
(正直、これがハンディであと残り4回が勝負やな!)
と踏んでました。試合の流れも点差ほど那賀にあったわけじゃなく
「どちらにも転んでない!」という状況だったので、いつ智辯打線が
火を噴いて流れを引き寄せるのかが最後の勝負ポイントでした。

ところが、7回に智辯が平凡なゴロをタイムリーエラーをしてしまい
そのままズルズルと那賀ペースに... 最終的には8-1という
普段ならコールドというスコアで那賀高校が完勝したわけです。

数十年高校野球小僧として試合を見続けてますが
これまで優勝経験のない那賀高校が智辯のセンバツへの道を阻むという
歴史的瞬間をこの目に焼き付けることができました。

そして昨日は共に智辯を予選で倒したチーム同士の決勝戦。
両エースが互いの持ち味を活かしての投手戦。
最後は少ないチャンスをものにした那賀が初優勝を飾り
10/22から大阪の舞州で行われる近畿大会に和歌山一位校として
出場することになりました。
優勝おめでとう!!!
センバツ出場を目指して頑張れ~~♪



そんな一昨日、試合の帰りに立ち寄ったのが
叔父のいきつけ店のコチラです。



■大漁寿司
@岩出市中黒630-1
【営業時間】
11:30~14:30
17:00~22:00
【電話】0736-63-1316
【定休日】水曜日・第三火曜日
【駐車場】有り
■大漁寿司なう
こちらは叔父と一緒の時はちょくちょく訪問するお店。元々は紀の川市の名手で営業されてましたが、諸事情により2010.5月にこちらへ移転されてきました。そしてこの場所はといいますと「丸田屋岩出店」の跡地になりまして少なからず中華そばとの因果関係を感じつつ初めてレポートをUPします♪(笑)



■まずは中生♪
カウンターに座り、先ずはキンキンに
冷えた中生を1杯。
ここで大将に那賀高校の勝利の報告を、ば。
野球好きの大将との会話が徐々にヒートアップ!!!そしてお気に入りメニューをオーダーしていきます。


■オーダーした品々















◆鯛アラ煮 これがイチオシ♪           ◆鯖きずし これはお約束メニューっす!
















◆さざえ刺身  コリコリ感が(笑)       ◆刺身盛り合わせ  旬以外でも数の子好き♪









◆つぶ貝  好物♪               ◆うに  これで〆です


こちらのお店のイイところは気軽に入れて、敷居が高くなく、
そして圧倒的CPの高い「安心価格」というところ。
※価格は【食べログ】を参考まで。

気さくな大将のいるアットホームな雰囲気お店で
気軽にお寿司をつまんではいかがですか~~!!!

【お店の場所はこちらをクリック♪】
      

テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

Tag:岩出市 

2011.10.08 Sat

【2杯目】和 dining 清乃

麺を比較させていただきたく候(笑)


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
大満足した『鱧つけ麺』の後はどのメニューが来ても霞んでしまいそうな出来栄えだったのでチョイスに悩みそうですが、前回の実食でこれまた自分の中で印象深かったのが有田ブラックの汁麺。今回はこの有田ブラックの『つけ麺』をチョイスしました。更に私は高井田系太麺を、ラーメン部副部長にはMTG麺をとタイプの違った麺をエッジスープで食べ比べようかと思います(笑)


■有田ブラック(つけ麺)
●スープ
醤油エッジ系+魚節
●麺
太ちぢれ
●具材料
豚足、(オマケのワンタン)
■実食感想
目の前に運ばれたスープはその名の通り「真っ黒」で前回訪問時に確認済み。それを先ずデッドでいただきます。節の酸味を感じるブラックですがやはりエッジは素晴らしくメリハリの利いたもの!!! スープだけでもグビグビ飲みたくなります。マスター曰わく「『濃厚』以外はスープ割をイメージして作ってナイ!!」とのこと。なるほど「頷けますね~(=゜-゜)(=。_。) 」



■麺&つけ汁
私の頭からは前回の汁麺に採用されたgood imageが離れなかったのでやはり太麺をチョイスしちゃいました(^。^;) そして粉の香りが漂う麺を鷲掴みにし鉢に『ドバッ』っと浸します!! スグにでも黒す染まりそうな麺を引き上げモサモサいただきますが… 



「ん?」汁麺の時ほどのインパクトはありません。旨いのは旨いですが『ボールを芯で捉えた感触』ではなく『ほんのちょっとバットの先だったのでフェンスギリギリで好捕された』みたいな~(笑)  かならずしも「つけ麺と合わす麺」としてはベストマッチではなかったと思いました。そして次に副部長のオーダーしたMTGの麺をいただいてみたところ… 『キター!!\(☆o☆)/』ストレート麺ながらスープにキッチリ絡んだうえ互いの良さを引き出し合っているのが素晴らしい♪♪♪ 『どちらかを選びなさい!』と言われたなら 迷いなくMTGをチョイスするでしょう。それだけ出来栄えが素晴らしかったわけです。



■ワンタン&豚足
トッピングもなかなか一筋縄じゃいかないもの。『いい粉で作った皮が手に入ったよ~♪とマスターが見せてくれたのは「黄色がかったうまそうなワンタン」でした。ただ、こんなワンタンてもさすがにこのスープに浸すと『真っ黒』になってしまいます。そんなワンタンを『チュルン♪』と吸い上げる時の舌触りとのど越しは驚くばかり… さすがにオススメするだけありますね(」゜□゜)」 加えて豚足ですがゼラチン質と脂玉の見事なコラボレーションでつけスープに新たなる『コク』という生命が吹き込まれました♪  次回からはこの豚足、絶対に外されへんアイテムになりました! うーん、奥が深くて侮れないぜ…  まだまだ訪問し足りないようです...(^。^;)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
月別アーカイブ