福井食堂

おしながきは『ラーメン』です!! 

■福井食堂
@和歌山市新雑賀町71
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】火曜日
【電話】073-433-4722
【駐車場】ちょっと離れにCPあり
■福井食堂なう
この日はしとしと雨降る中をぶらぶらと久しぶりにぶらくり町界隈を散策しながら徒歩でやって来ました。場所がら淫猥なピンク系のお店の呼び込みから声がガンガンかかりますがたまには行きたくなるのは男の性ですか?(爆)


■店内
11時前ですが店内は私ひとり。まだまだこれから忙しくなりそうな雰囲気の中いちばん奥の席に座ります。




■ラーメン
●スープ
昔ながらの豚骨+鶏系醤油
●麺
普通ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■この日の感想
いつもの事ながら壁に貼られたメニューを見ると『ラーメン』と書かれてるんですが、その壁に対しをずーっと下に視線をやると『中華そば』と書かれたデカいポスターがっていうか
『いったいどっちやねんなー!!(」゜□゜)」』
と内心で突っ込みながら配膳を待ちました。

■ラーメン(500円)



配膳された中華そばのビジュアルは、ひと言で言うなら…

『昔ながらの中華そば!!!』 

になります♪

と言うのも初めからコショウがインされたスープは飲み口がピリッとし、
全体の味わいを引き締めているもの。食べれば食べるほどノスタルジーを感じるのは
私だけではないハズ(笑)


■麺
普通ストレートの麺は福井食堂オリジナル。この麺の特徴としては先ず「弾力があること!!」和歌山の麺としては非常に歯ごたえがよく食べていて楽しくなるタイプです(笑) ただし、麺とスープのバランスはアベレージなので『麺だけでは厳しい』の事実が重くのしかかってきます…。
一方、若干赤身あるチャーシューはそのレア度裁判をも打ち崩すほどしっかりとしたもので驚きました!! このチャーシューは客引きのおっちゃんもお薦めでしたから~(笑)


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:和歌山市 

和 dining 清乃(せーの)

店主渾身の裏メニューの実力はいかに!?


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
先日の訪問でその実力と情熱それに味わいをしっかり感じとって帰ったのですがその興奮覚めやらぬ間に『自信の裏メニューを提供します!!』との嬉しいお知らせが飛びこんで来た!(≧ε≦)『肉諾々』と名付けられたそのラーメン。内容は知らされてなかったので色々想像しながらお店へと向かいました。カウンター席でも店主さんと話が出来る正面の席に陣取っり先ずはご挨拶を。そして『例のものを』とオーダーを入れました。その瞬間に『キュッ』と店主さんの表情が締まります。この気合いがラーメンを美味しくさせるのでしょうね♪ ゆっくりとそのラーメンを作る姿を見させてもらいながら待つことに~(*^o^*) 
※余談ですが... この日は「中華そば」の看板は降ろされてませんでした(笑:画像参照)



■肉濁々セット
(1,000円)
●スープ
鶏メイン+豚骨+魚介の強粘度
●麺
かなり太ややちぢれ
●具材料
チャーシュー、穂先メンマ、味玉白葱、万能ネギ、海苔
■この日の感想
入店したのが13時30分過ぎ。店内にはランチのお客さんが2組残られてます。聞くとやはりランチタイムは奥様方を中心とした女性のお客さんが多いとか。そんな中でおっさんひとりでラーメンを啜る姿はちょっぴり いや、かなり変ですな(笑) そうこうしているうちに限定裏メニューが配膳されました♪



『お、おー-ー!!(」゜□゜)」』
『なんじゃこの濃度はー!!』

おもわず叫んでしまったそのビジュアル。
その名前からはチョイと違ったラーメンを想像していたので
なより大きなリアクションとなってしまいました…(^。^;) 


見た途端すぐわかりますが濃厚を通り越して
『ドロドロ』でございます。
その濃度を写真で表すあために不本意ながらレンゲを使った次第です…m(_ _)m 
そして早速デッドで飲んでみますが…
『うぉぉぉ!!やっぱりドロドロやんか-!!』正直、ここまで濃度は経験ありません。が! 不要な脂分は削ぎ落とされているので口当たりはギトギトせず 鶏、豚それに魚の旨味が純粋に楽しめました。



■麺
合わせる麺は棣鄂謹製のかなり太めのちぢれ。ここまで濃厚だと逆に太麺でないとスープの押しの強さに負けてしまうでしょう。そしてややちぢれているので言うまでもなくマッチングはグッド♪ 麺量も250gまでなら同価格で好きな量をチョイスできる点も『◎』 女性でも気兼ねなく食べてもらえます♪




■トッピング
前回のつけ麺ではウルサく感じたトッピングでしたが今回は全く問題なし。逆に特筆すべき点はチャーシュー!  個人的には煮豚タイプよりこちらの方が好みなのでラッキー♪ おそらく和歌山でこのタイプのチャーシューを食べれるのはここだけじゃないでしょうか(`∇´ゞ







■イクラ丼&シャー
ベット(柚風味)
実はこの日の裏メニューには特製イクラ丼とシャーベットが付いてました♪ ラーメンを食べ終わった後店主さんから『どないしましょ?』と尋ねられましが元々イクラ大好き人間の私としては有無を言わず『お願いします…m(_ _)m』とオーダーしました(笑)  配膳されたイクラ丼はしっかりと漬かったイクラがタップリトッピングされてるうえ小ぶりですが深い器にご飯がしっかりと入れられ予想以上にボリュームがありました。250gの濃厚ラーメンの後にこの丼をいただくのはハッキリ言ってキツかったですが旨いのでOKです( ~っ~)/ これで1,000円というのはめちゃめちゃ嬉しいです♪ さて、ラーメンを食べながら店主さんとラー話をし始めたわけですがシャーベットを食べ終わってからもまだまだ話が盛り上がり、結局気づけば15時を回っておりました…(^。^;) 
盛り上がった内容はといいますと...
・プロデュースされてる月乃家の事
・ラーメンとのなれそめ
・麺&スープに対する思い入れやこだわり  等々
色々お話させてもらいましたが、いちばん感じたのが店主さんの研究熱心さと熱意!!! 
その意欲的な姿勢でこれからもどんどん創作性の高いラーメンを提供していって欲しいです。
その都度、馳せ参じますのでこれからも宜しくお願いいたします!



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

先日のうらしま 

珍しくごはんが食べたくなったので…

■うらしま
@紀の川市花野20-7
【営業時間】11:00~売り切れまで
【定休日】日曜、祝日
【電話】0736-77-2473
【駐車場】専用アリ
■うらしまなう
焦りながら訪れた時間が13時前。まだ上がっていた暖簾を見てホッと一息…f^_^; そしてあらためて入口に近づくと夏の葦簀が立てかけいるのが目に入る。『あ~まだまだ残暑があるかなぁ、でも彼岸花も咲き始めてるしなぁ...』と初秋を実感♪



■ご飯が食べたくて…
このところのスープの濃さになかなかついて行くのが厳しくなっているのでどうしても『ご飯』と一緒に中華そばを食べたかったこの日。品切れの可能性がかなり高い時間帯でしたが、無事ご飯にありつけました♪ 紀の川(べったら)漬けとキュウリの自家製浅漬けが付いて150円というお値段でございます。


■中華そば(500円)
●スープ
うらしまオリジナル
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ
■この日の感想
意外にも店内がかなり空いていたので珍しくゆったりといただけそうな雰囲気がグッド♪ 先にご飯がで配膳されていたのですがそれ程時間を空けることなく中華そばが運ばれます。


■チャーシュー丼(150円)(笑)
先ずは運ばれた中華そばのチャーシューを白飯の上にトッピング♪ 濃い味付けで厚めのチャーシュー3枚はちょうどイイ量とバランスで、まさに『チャーシュー丼を作るべし!!』と言われているかのよう。ご飯の温かさでチャーシューの脂が『ジュワーッ』と染み込んでタ・マ・リ・マ・セ・ン(笑)



■中華そば


最近のアベレージになりつつある「固めに仕上がる麺の茹で加減」はこの日も健在! 
脂分がたっぷり含まれたスープがこの麺に絡み、それを一気に啜り込む醍醐味はやめられない(笑) 
そして麺を啜り、ご飯をほおばり、スープと一緒に流し込む感覚は久しぶりかつ、
スープの濃度が緩和された錯覚さえ覚えます。

ここ数年は中華そばしかいただいてなかったので新鮮な感覚にとらわれました。
いつもチャーシューを食べる時は
(量が多いなぁ…(*_*))
と感じてたので、このチャーシュー丼は素晴らしいマッチング♪ 

150円の丼は安いでしょ?(笑)

麺とご飯とスープを交互に食べ進めましたがやはり最後までスープは飲み干せませんでした… 
ウ~ン… やっぱ濃かったわ…(;_;)

Tag:紀の川市 

【後編】和 dining 清乃(せーの)

お約束の二杯目へGO~!!


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業) 第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
【前編】でいただいたのが醤油エッジ系のスープ。めちゃめちゃ出来映えが良かったので連チャンで『つけ麺』へトライしようか?あるいは別の未食メニューにするか?しばらく悩んでたところ… 『味噌ですけどベースは鶏白湯ですよ~( ~っ~)/』のマスターのひと言!! すっかり鶏白湯に魅せられている私にはそれ以上の誘い言葉はありません。
『それお願いします』即答です(笑)


■紅一点北海道
味噌ラーメン(750円)
●スープ
鶏白湯+味噌
●麺
多加水細ストレート
●具材料
チャーシュー、味玉、白葱、太モヤシ、ほうれん草、万能ネギ 等
■この日の感想
オーダーして待つことしばし、『ん…?』なんだか胃袋が膨れてきた。この感覚はあまり記憶がないが腹部膨満感は明らか。(コレはヤバいぞ…(-o-;))と思った瞬間、マスターに『麺量を少なくしてもらうことってできますか?』と申し出てました。(不本意ながら...)『最初の麺量より少ないから大丈夫ですよ~♪』とマスター。『じゃそのままで~!』とひと安心し配膳を待ちました。しばらくして運ばれたらーめんがコチラです。


『いかにも味噌!!』的なビジュアルを想像してたのですがスープは赤みのあるやや黄色がかったもので、全体的雰囲気はやはり鶏白湯を彷彿とさせますよね。そして味噌&鶏の合わさった香りに食欲をそそらされます♪ 早速デッドでいってみます。テロリ感は鶏白湯と変わらないですが最初に感じる風味が(あぁ味噌を食べてんなー(⌒~⌒))味噌ならではの味わいを実感させてくれます。ただそこから食べ進んでも思ったほど味噌を強く感じることはなく鶏白湯と味噌が上手くmixingされお互いの特徴がミルフィーユのごとく重なり合ってます。『軽くはないが重くない味噌味』なんだかよくわかりませんが(笑) 自分なりに表現するならこうなりました♪


■麺
そして加水率の高い細麺とのマッチングの良さは前にいただいたテロリ鶏白湯で立証済み。オーダー時に麺線をチョイスできますがおそらくこのスープには太麺よりやっぱ細麺か、と。また細くてもスープは絡みまくりですから嬉しい限りですね~( ~っ~)/ さてさて全体の2/3くらいを食べたあたりからまたもや腹部に膨満感が…(-o-;)  やはり1杯目に全汁してしまったのがボディブローのように効いてきました。何とか麺は完食しましたがチャーシュー、味玉はゴメンナサイ…(ToT)  マスターにお詫びを入れこれにてギブアップとなってしまいました。m(_ _)m 



■連チャンは
アカンかぁ…
最近になって特に感じることですが四十路を過ぎたあたりからやはり連食パワー、特に同一店舗での連食力が衰えてきましたね。『そもそも連食自体が異常やんけー!|( ̄3 ̄)|』と仰る方がほとんどかもしれませんが、私自身にとっては当たり前の事なんです。そんな事象は寂しい限りですが美味しくいただくためにも自重しなければならない時期にきているようです。『一店一麺』コレがキーワードです(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃(せーの)

新メニューをいただきたく候


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
新メニューができた!!!という情報を得たので早速の訪問計画を、ば。この日は仕事が休日出勤だったので朝一会議を終わった後に久しぶりに乗っちゃいました、きのくに線に~(笑) ほんま何十年ぶりやろ~(≧ε≦) しかも降りる駅はこれまた初めての『箕島』。そして目指すは有田川を渡った向こう側です。



■有田川
駅を降りて真っ直ぐ南へ進みますと有田川にぶつかります。その突き当たりを左折し川沿いをてくてく歩くと『野』の交差点が見えてきます。橋を渡りながら川を眺めてると自然と口に出たフレ~ズ。
「わ~れ~ら~おのこの~凛冽の意気~♪ 凛冽の~意気~♪」
口ずさみながらお店へ向かいます!!! 国道を右折し下るともうすぐお店です。箕島駅から徒歩で約15分の道のりでした。



■有田ブラック~!!
(700円)
●スープ
醤油エッジの利いた煮干系
●麺
かなり太いややチヂレ
●具材料
チャーシュー、味玉子、ホルモン、白葱、万能ネギ
■この日の感想
お店に入ったのは13時過ぎ。店内にはかなりのお客さんがいらっしゃいました!!! マスターとトークしやすいいつものカウンター席に座り『例のヤツを…(笑)』とオーダー。お客さんの中でラーメンをチョイスしたのは そう、私だけでした( ~っ~)/

■この日の限定メニュー


しばらくして運ばれたラーメンはプリプリのホルモンがてんこ盛りで、
他の具材料との隙間から真っ黒なスープがチラチラと見え隠れしてます♪
そのホルモンをかき分けて先ずはデッドで飲んでみたところ…

『これ!これよ、これー!!』

思わず口から出た台詞(笑)
エッジの利いた濃い醤油味の中からは深みのあるコクと明確な魚干しの風味が
ビンビンと伝わってきます。久しぶりに食べる味わいにスープを飲み干してしまいそうな勢い(笑)
ベタですが『有田ブラック』あるいは『箕島ブラック』とでも言いましょうか。
まさにその名に恥じぬ真っ黒&コクっぷりです!!!(笑)



■麺
そしてこのスープに合わすのがテイガク製ややちぢれ麺麺もスープの黒色に染まりながらしっかりと持ち上げてくれましてマッチングは申し分なし。最初はつけ麺と汁麺のどちらか迷いましたが『汁麺にしといて良かった~♪』偽りない思いです。


■侮るなかれホルモンを!!
実は、それほど期待していなかった、って言うか(別に無くてもええやん…)と思っていたホルモン。元々は好きなのですが、わざわざラーメンに入れる必要があるネタとは思ってなかったんですよ実際は! ところが、ひと口大にカットされたホルモンを口に入れるとその不要論が一変! 『このホルモンめちゃめちゃ旨いですやん!(」゜□゜)」』 特筆すべきはその肉の新鮮さとしつこくないが旨味ある脂。逆にホルモンがないとこの『有田ブラック』は完成しないのだと痛感した次第です。気付けばスープまで完汁しておりました♪ いままで食べた中華そばの中で醤油エッジの利いたものを『和歌山ブラック』と個人的に呼んでいた麺はいくつかありましたがこのスープ&麺を食べるとその主役が完全に入れ替わっちゃいました。現時点では間違いなく和歌山でNo1の『ブラック』だと言えるでしょう!!! わざわざ電車で来たかいがありました。早い段階でつけ麺バージョンもいただこうと思います。 

※最新情報
このラーメンは現在、正式に「有田ブラック」としてメニューUPされてます。
(ホルモンのアリ/ナシのセレクトも可能です♪)


さぁ、大満足だったのですがせっかくなので2杯目をば。これまた違うメニュー。
和歌山では珍しい本格味噌ラーメンの『紅一点北海道みそ』をオーダーすることにします…(笑)




※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【ラスト・三軒目】Deep Night Tour in WAKAYAMA 中華いこらぁ~♪  ◯高アロチ

さすが本家!!!
実力を見せつけられてしまったよ…( ̄∀ ̄)


■本家アロチ丸高
@和歌山市友田町2-50
【営業時間】17:30~翌2:00
【定休日】日曜日、祝日
【電話】073-432-3313
【駐車場】近くにCPアリ
■まるたかなう
2軒目が終了したのがミッドナイトの24時過ぎ。この時間までくるとさすがに店舗選択肢は各段に少なくなるもんだ。その上、お客人には最低限1杯くらいは納得して帰っていただかないと和歌山地域のリピートは無くなるという危機感に苛まれそうで… とするともう有無を言わずにこちらになってしまうのが必然の流れだということですわ(笑)


■中華そば(600円)
●スープ
トラディショナル和歌山豚骨醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■この日の感想
相変わらずの人気店は外にお客さん達が溢れ出るくらい。やはり場所柄既か、すでに出来上がって顔が真っ赤なお人さんが多いですね(笑) 
我々もなんとか入店できましたが座ったのは入口にほど近いカウンターで、ここに陣取るのは長いおつきあいの中で初めてにてございました。 




さて配膳された中華そばは見てすぐにわかるほど。
この日の乳化度はハンパなく高いスープ状態でした!!!
豚骨としょうゆのバランスといい、コクといい

実にイイ感じで旨いぃぃ~( ̄∀ ̄)v


■麺
そして麺茹で加減も具合よく、お箸がガンガン、麺はスルスル進みます。この日のコンディションを例えるなら
『さすが!!!
4番の力やね~(`∇´ゞ』
と思わず唸ってしまうくらい。そして隣の客人をを見ると黙々と食べるその顔には納得の表情が…( ̄∀ ̄)v(ニヤリッ)
そのまま完食し、他のお客さん達が行列を作る横をすり抜けてお店を出ました。パーキングへの帰り道では『ヤッパ力は頭ひとつ出てるなぁ~』という意見で一致。私的には(何とか一矢を報いれたよ…f^_^;)というところでした。あと一杯くらいは食べれそうな腹具合でしたが今回のツアーはコレにて終了。お開きとなりました。デッド会長はんしーん君遠路はるばるの遠征お疲れさまっす! さぁ次のツアーはいつになるのか!? 楽しみにしときますわ~(^O^) 


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

【二軒目】Deep Night Tour in WAKAYAMA 中華いこらぁ~♪  ◯木中華そば 

あぁ昔ながらのお品書きが…(」゜□゜)」

■○木 中華そば
@和歌山市和歌浦南1-1-3
【営業時間】17:00~翌1:00
【定休日】月曜日
【電話】073-447-9557
【駐車場】専用アリ
■まるきなう
一軒目は完全井出系だったのと23時を回ってしまうと必然的に行くお店が制限されてしまう現実(笑) そんな状況下に直面した中での『姉妹どっちにする?』のチョイスになっちゃいました…(^_^;) 向かった先は和歌の浦。夕方~深夜営業のコチラは他地域から来られる方には少々ハードルの高いお店か、な? しかしお店に到着してみると土曜日ということもあって80%の座席は老若男女で埋まってました。


■おしながき
壁を見て少し愕然と…
『お品書きが変わってるやーん』(」゜□゜)」(泣)
今回は写真入りでリニューアルされてました。それはそれでわかりやすいのですが、私は昔のままの方が味があって良かったなぁ...と(しみじみ)まぁなんだかんだ言いましてもメニューは中華、寿司、玉子の3種類しかないんですけどね…(笑)




■中華そば(600円)
●スープ
醤油エッジ系○木オリジナル
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、ネギ、メンマ、千代巻き
■この日の感想
テーブル席が満席状態でしたので我々メンバーは奥のカウンターに3人並びました。そして選択の余地がない中華そば(笑)をオーダーしましす。 しばらくして配膳された中華そば。先ずはビジュアルですがスープの色が明らかに浅く黒くなく、薄い印象を受けました。そんな印象を持ちつつデッドで飲んでみました。




脂分はいつも通りのようですが、醤油エッジはコレまでのようにはいきませんでした。
いわゆる『ガツンとパンチを食らわされた』ような醤油強さは少なかったんです。
ただし、その分マイルド感は上がっているようで… 
ブレの範囲なのかどうかは判らないあとは好みの問題でしょう。
でも私はヤッパ醤油の利いた黒に近いエッヂ系スープの方が好きなんですよね...


そして今回一番驚いたのが麺の出来映え。これまで食べた中で経験のない「いちばんハードな仕上がり」でした。思わず『堅っ!!(」゜□゜)」』って呟いちゃいましたから(笑) でも、これはこれでスープとのマッチングは良く、最後まで美味しくいただきました。さて客人さんは... まだまだ満足されてなさげなご様子…(汗) 

ではでは次の3軒目にトライしますっ!!




※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

【一軒目】Deep Night Tour in WAKAYAMA 中華いこらぁ~♪ 

本年初の『Deep Night tour 中華いこら~♪』っす(笑)
って言うか... 初めて見ました、行列(」゜□゜)」


@和歌山市次郎丸76-3
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】元旦、
【電話】0734801245
【駐車場】専用アリ
■丸田屋なう
久しぶりにデッド会長が来和され、そして会長の御友人であるはんしーん君もご一緒という事で3人による本年最初のnight tourを敢行しました♪ 今回は22時40分スタートとやや遅い時間のため訪問店セレクトに制限がありますが初参加のはんしーん君に喜んでもらえるようチョイスしてみます。先ずは一軒目、井出系を狙いましてコチラへ足を運びました♪ 到着は22時50分頃。ちょうど一台分の駐車場が空いていましてラッキー、んで、意気揚々と暖簾をくぐりますが… 
『お、お客さん待ってるし!!!(°□°;)』 
スンナリ駐車場に停めれたんで楽勝で座れると思いきやこんな仕打ちなんて…(笑) 次郎丸店では初体験でございます。でも5分も待たないうちにテーブル席へ案内されました。回転は早かったです!!


■おしながき
いつものお品書き。ツアーでなければネタとしてサイドメニューも考えますが、後にまだまだ訪問先を控えてましたのでデフォを3杯のみオーダーしました




■中華そば(600円)
●スープ
井出系豚骨醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■この日の感想
辺りを見ると女性だけのグループが2組もありました。この時間で専門店に女性のみグループがいるなんて…いよいよ中華そばも女子部でブレイクする予感が…(≧ε≦) 
そうこうしているうちに中華そばが配膳されまして早速デッドで飲んでみます。




スープの香りはいつも通りの獣臭があります。
が、味わい自体はものすごく物足りなく感じちゃいました。
なんかこう絶対的なコクが少なかったんです…
私的には必ずしも粘度と濃度は比例しないと思っているので『単なるドロッと感』
は必要ないですが『グッと』訴えてくるものがないと寂しいですよね…(^。^;)


■麺
対する麺ですがコチラにも驚かされました。本当にね。というのも麺茹で加減が今まで経験ないくらい固かったんです~♪♪♪ でもそれはめちゃ嬉しいパターンだったので最後まで大事に麺をいただきました。でも…トータルのバランスを考えるとやっぱりこの日は物足りなさが残る残念日というこになりますかね。幸先の良くないツアースタートとなっちゃいました…(ToT)
さぁ次はどこにしようか…


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

Junk Story 谷町きんせい

『あ~ぁ、画像どこへいったんや~~(泣)』
という事で今回も画像ナシ/携帯画像のみバージョンにてお届けします.... ではあらためまして

行列スゴっ!!(」゜□゜)」

■JunkStory谷町きんせい
@大阪市中央区高津1-2-11
【営業時間】
11:00~14:30
18:00~22:00
【定休日】火曜日・第二月曜
【電話】06-6763-5427
【駐車場】ナシ
■ジャンクなう
仕事帰り、『さぁ~一杯食おか~(笑)』と目指した先が四天王寺の金久右衛門。
でしたが… あいにく臨休(ToT) となるともうひとつの訪問課題店であるコチラへ足を運びます。天王寺から徒歩で約30分弱、お店のサインが見え『よしっ!』と気合いを入れるも、店に近づくにつれサインが黒く見えなくなってくる。お店の直前まで来たところ… 

『何人並んどんねん!!!(」゜□゜)」

『黒さ』それは待ち人の後頭部で総勢ザッと15人以上。
時計の針は19時30分を指してますがその列に並ぶ勇気はなく先に○丈へ足を運んでしまいます。
その後、再度トライしてみると行列は1名に激減しておりました♪
作戦成功ですわ~(≧ε≦)(※っていうか説明長っ!!(笑))

■おしながき
行列の時から見る事の出来るお品書き。いろいろと凝ったメニューに心を動かされますが
何と言っても初訪問店。別のお品書きに書かれていた
限定10食の『魚介白湯つけそば』
をチョイスしましょうかね~♪

■店内
ベージュ地で目立ち、そして大きな看板から想像はできないくらいコンパクトな店内は
カウンターのみの構成でこぢんまりしています。いちばん奥のカウンターへ通されましたが
隣に見える厨房も思いのほか狭そうで、作るのが大変そうに映りました(大きなお世話か…(-o-;))

■魚介白湯つけそば(950円)
●スープ
白濁系濃厚魚介
●麺
太ストレート
●具材料
細切れチャーシュー、メンマ、葱
■この日の感想
お客さんのオーダーをみていると6割の方が『塩の煌めき』をチョイスしてました。
(はて?『魚介白湯』の限定はあまり人気がないのかな…)
と思ってるとたて続けに限定魚介白湯のつけが四人分配膳。
その中に私のオーダーも含まれておりました。そして先ず麺をいただきます。
全粒粉とはうたわれてませんが茶色で太い麺はしっかりとしたもの。
1本食べてみますが骨太のボディ剛性を保ったスポーツカーのよう。
粉の味わいもガッツり感じます。

次につけスープ。ビジュアルからも見たまんまドロドロ系… 
(こりゃまたマジで濃そうやなぁ(」゜□゜)」)
というものでした。スープからはイイ香りが漂い連食にもかかわらず食欲をそそられます♪

デッドでいただきますが意外とマイルドなんですね!!!
そこに麺をドバッと漬けていただきますが、やはりそのスープは麺に絡みまくり!!
とことんコッテリ感を体感することができます(笑) ただし食べ進むにつれ、
そのコッテリ感と味わいがマッチしなくなってきたんです… 

そこで!!!
こちらの薬味っていうか辛み調味料を投入してやります。
大きくは変わらないものの『ピリッ』と若干のアクセントが加わりました。
この変化は良かったですが最後まで食べ終わり感じたことはやはり
(もうひとつ何かパンチが欲しいなぁ…)
というものでした。美味しい、美味しいねんけどなぁ…

今回はつけ麺でしたが次回は多くの方がオーダーしていた「塩系」にトライ
してみようと思います。そして精力的に繰り出されている「限定品」の数々。
このアグレッシヴなお店の姿勢はやはり見逃せませんよね~(o^∀^o)♪

Tag:中央区 

中華そば○丈(maru JOE)

※誤って削除してしまったので詳細画像無しバージョン
(携帯画像のみ)です(号泣)
ディープな千日前の裏側に…

■中華そば○丈(maru JOE)
@大阪市中央区千日前6-16
【営業時間】
11:30~15:00
18:00~21:00
【定休日】水曜日
【電話】06-6643-6633
【駐車場】近くにCPアリ
■○丈なう
天保山よりこちらに移転されてからずいぶん経ちますがやっと訪問させていただけました♪
(会社の帰りにいつでも行けるやろ~!)
とタカをくくっていたらこの有り様です…(-o-汗) 
場所は千日前、辺りは妖しげな雰囲気がプンプン♪ 
ラーメンなんかほっといてマジで『呑みたひ...』気持ちが重なりますよ、ホントに(笑) でもアルコールは我慢して中華そばに集中します。

■おしながき
やはり麺哲DNAを受け継ぐお品書きは健在!!『麺固めはお断り』の文言が
それを象徴しております。さてオーダーですが、この日は取引先さんとたまたま一緒に訪問中。
店主の丈さんとは麺哲天保山時代からの顔見知りなんですが自分のお店を持つとなると
やはり大変なのか若干痩せられた様子。久しぶりの再会を喜んでいる私でしたが
丈さんと挨拶を交わす間もずーっとお品書きとにらめっこしていたのは取引先さんでした(笑)
しかし彼は迷う素振りを見せることなく和歌山中華そば風の
○丈そば(昼・夜10食のみ限定)
をチョイスします。一方、私はやはり初訪問ということでお品書きの一番上に書かれている
デフォの中華そば(高井田風)をオーダーしました。

■中華そば(650円)


●スープ
醤油エッジの高井田ブラック
●麺
◇断面のやや太ストレート
●具材料
ネギ、メンマ、スライスポーク
■この日の感想
到着は20時過ぎ。天王寺から上六経由で約1時間歩きました(滝汗)
カウンターのみの店内はちょうどいい広さ。奥にある赤暖簾は麺哲譲りかな?
そんな思いを馳せていると中華そばが配膳されました。
 
真っ黒に染まったスープはまさに『高井田ブラック』と言うにふさわしい風格!
そんなプレッシャーに押されながらデッドでいってみます。ひとくち飲んで...
(う、旨ぁぁぁい(≧ε≦))
と心の中で叫んでしまうほど久しぶりの醤油エッジスープです。
和歌山ではこの手のコクも旨味もしっかりとしたスープにはほとんどお目にかかることがないので
なおさらか。麺を食べる前にスープをグビグビいっちゃいました(笑) 

そんなスープに対して麺ですがやや太めで好みのタイプ。
茹で加減は抜群で適度な噛み心地にモサモサ感、それにエッジスープとのマッチング。
また豚肉はどれをとっても完成度が高く満足感もMAXに!! 
丈さんの気合いの入った渾身の一杯!!!をいただく事が出来たと思います。

※おまけ
■○丈そば(限定10杯)
さて昼・夜10杯のみの限定○丈そば。取引先さんがオーダーしたわけですが
ビジュアルだけを見てもかなり旨そう(笑) 
そして最初にちょこっとスープをいただいて飲んでみましたが
『もっとちゃんと食べたひぃ~(≧∇≦)』
という感じ。かなり以前、天保山で食べた時の和歌山風中華そばからは
かなり熟成されてるっぽいんで期待感ありありです。
できるだけ早くに再訪問を果たしたいですわ~(o^∀^o)v


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

【温泉行脚シリーズ】 ホテル古賀乃井

とことん王様気分を味わおう♪
白浜で中華そばをいただいた後は
ちょっと椿温泉まで浸かりにひとっ走り♪
ところがお目当ての冨貴が

『ぐわぁぁん..(つд⊂)エーン 休業中』

耐震検査らしいのだが見るとそんな気配はまったくナシ!!!
真相のほどを尋ねるべく観光協会に電話してみましたが...

「再開のめどは立っていないようです...」

との歯切れの悪い回答でした(泣)
あの高貴な湯をこれから楽しめないというのは... ホント悲しいです

という事があって椿温泉にふられちゃったので
白浜へリターンすることにしました。
そして時間もおしていたので早速、古賀の
井へLet' go!!!

■ホテル古賀の井





やはり月曜日の15時は狙い通りの貸切状態♪♪♪
こんなデカい風呂の貸切は正に王様気分を堪能するには十分すぎでマジ気持ちイイ♪ 


























普段の疲れやストレスが吹き飛びます!!! (笑)



















オーバーフローも見事な掛け流し♪
どばどばと溢れるお湯を
独り占めするのって至高の気分です。




しかし、白浜まで近くなりましたね、ホントに。
家から1.5h弱。そして入浴料は1,200円。
日帰り入浴だと高いですが「貸切」となると非常にお安いと思います。
この開放感は貸し切り温泉ならではなので絶対にやめられませ~~ん!
中華そばに温泉、交通費を入れても3,000円以内で大人の遊びじゃ♪(^w^)/

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

Tag:白浜町 

◯正(まるまさ)ラーメン

噂の白浜ラーメンを初体験!!

■○正ラーメン
@西牟婁郡白浜町890-37
【営業時間】
月~金/日
11:00~14:30
17:00~23:00
土曜日:11:00~23:30
【定休日】木曜日
(夏休み無休)
【電話】0739-43-1266
【駐車場】専用アリ
■まるまさなう
丁度一年前の初夏の頃、仕事で白浜を訪れた時には全くノーマークだったので初訪問の『おかげさん』へ行ったのだが… 最近のいろんな口コミをはじめ寄せられる情報によると白浜の温泉街の中にある『まるまさ』が熱いという。そんな折、タイミングよく白浜へ行くことになりましたので当然のことながらその行程の中へ『まるまさ』を組み入れることに♪ ナビで近くまで来ましてお店で尋ねると近くに専用駐車場がありましたのでそちらに車を止めてお店へ。確かに有名温泉宿から歩いてスグの所にひっそりと佇んでられてました。



■店内&お品書き
店内は明るくシンプルな造り。カウンター席にテーブル席が二脚あり、壁にはお店のこだわりが書かれたポスターが貼られてます。そのテーブル席のひとつに座りお品書きを、ば。意外に種類豊富な中、私は初訪問ルールにのっとってデフォのトンコツ醤油味を持つ和歌山ラーメンを、ツレは紀州五代梅塩ラーメンをチョイスしました!!!


■和歌山ラーメン(550円)
●スープ
豚骨ベース+醤油
●麺
やや細オリジナルストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想
オーダー後、壁に貼り付けられているいろんなPOPを見てみる。そこには店主さんの味に対する思いが書きとめられておりました。『20年の間食べ歩きを重ねて到達した味わい』この台詞にはかなり期待しちゃいますよね~♪ ただ呼び方が『和歌山ラーメン』って言うのが引っかかりますわ…(^。^;)

























しばらくして運ばれた和歌山ラーメンですがビジュアルはいたって『普通』
どこから見ても普通なので、ある意味凄く安心させてもらえられます。
そしてデッドで飲んでみると特有の獣臭はほとんど抑えられてますが
ほんの僅か残っているのがわかります。
基本的には醤油エッジより甘い味わいが特徴で
全体としては見た目以上にマイルディなのが印象的でした。


国産小麦をブレンドしたストレート麺ですが茹で加減はちょうどよく、スープとのマッチングはさすがに具合良しですね。ただ、やはり麺よりスープの方が『主役』といった方が適当かな。麺自体の味わいはスープのソレに押されてしまってますがマイルドな分パンチには欠けました。そして厳選された豚バラで作ったチャーシューは地味ながらしっかりとしたものでした。




■紀州五代梅塩ラーメン


一方、梅塩ラーメンも味見しましたが豚骨ベースに塩ダレを加えたスープでした。しかも女性スタッフさんからは『このラーメンにトッピングされている梅干しは陣内智則と藤原紀香の結婚式の引出


物に使われた東農園謹製の梅干しだ!』という説明を受けるも、『あ~それで1杯の価格が300円も高くなんねや~(^w^)』と私自身納得した次第です。そんな梅干しから出たエキスがラーメン全体を引き締め、サッパリとした仕上がりとなってました。個人的にはデフォの和歌山ラーメンよりコチラの梅塩ラーメンの方が訴求力があるように感じました。なんてったって温泉街の中にあるラーメン屋さんなので観光客さんに受けた方がイイんじゃないかな、ヤッパリ(笑) そしてつけ麺はデフォの和歌山ラーメンを単にセパレートにしただけの雰囲気だったので今回はパスしときます(笑)


■萬野総本家
こだわりの説明にあったお肉屋さんの萬野総本家ですがなんとお店の目の前(対面)にありました~(笑) これなら確かにこだわりの骨が自由自在に手に入れる事ができまんな(笑) さてコチラは営業は二部制になってます。そしてランチタイムでは禁煙だったのがナイトタイムには喫煙可能になるそうです。一切の妥協を許さず完成した店主さん自信の一杯は白浜に宿泊したなら温泉に入った後、小腹が空いた時にでも下駄を鳴らして行ってみてはいかが~( ̄∀ ̄)v

Tag:白浜町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター