ラーメンにっこう

滋賀拉麺維新会加盟店に行く

@滋賀県彦根市宇尾町894-8
【営業時間】
11:30~14:30
17:30~21:00
【定休日】月曜日
【電話】0749282035
【駐車場】専用アリ
■にっこうなう
彦根市に入り最初に向かったのがコチラのお店。以前より滋賀拉麺維新会のお店を訪問してみたかったのですが、このたび念願叶っての初訪問となりました。最初はナビを頼りに行こうと思ってたんですが住所を入れてもお店は登録されておらずさて困った… 仕方がないのでできる限り近くまで行き、そこから電話をかけて尋ねます。電話の向こうではスタッフさんが丁寧に説明してくれまして、更に店前で待っていてくれたので無事到着することができました♪


■店内
もっと昔風のお店を勝手にイメージしてたんですが完璧に今風ですね!! 和歌山で言うところの『○京』チックな雰囲気です。











■おしながき


汁麺、つけ麺どちらも旨そうですが先に『つけ麺』を食べてたので
コチラでは汁麺に絞ります。そしてスタッフさんにオススメを尋ねてみると
『ヤッパリ鶏白湯の塩ですかね~♪』
ということで素直にそれにしました(笑)


■鶏白湯の塩+レモン
●スープ
鶏メインのあっさりコク塩
●麺
やや太ちぢれ
●具材料
チャーシュー、
■この日の感想
入店したのが14時をかなり回ってたのと外はあいにくの強い雨模様ということもあり
ましたので他のお客さんは私を含め2名のみ。まず先にお隣のオーダー品であるつけ麺が運ばれました。それを横目てチラチラとそのお客さんが麺をがつがつほおばるのを(オ!つけ麺もヤッパリええなぁw)と見とれている自分が...(笑)そうこうしているうちに鶏白湯塩汁麺が配膳されました。


■塩ラーメン(700円)





















鶏をベースにしたスープは嫌な獣臭全く無いもの。
鶏のコクがしっかり味わえ、やや洋風チックです♪ 
そして見た目はもっと濃厚かと感じましたが全然そんなことはなく
洗練されたアッサリした味わいがそこにありました。


■麺に特徴あり


やや太ちぢれの麺は多加水じゃないが弾力があるもの。
マッチングはよく考えられていましてスープとの絡みは上々です。
もっちりではないですが「じわっと噛み切るって」いう感覚かな? 
要するに「具合がよい!!!」ということ(笑)
そしてチャーシューもホロホロとしているものの旨味がギュっと閉じ込められてました!



■トッピングレモン
途中、最初からトッピングで追加オーダーしていたスタッフさんオススメのレモン(+50円)をかじってみました。口の中が更にサッパリ、そしてスープもサッパリと、その変化を楽しめました。最後に食べ終わるまで終止、旨味を感じることのできるラーメンをいただくことができまして非常に満足できました。ご馳走様でした~(o^∀^o) 
さて、次のターゲットとして長浜市に行くつもりだったのですが時間的に厳しくなり断念…  結局のところこの日の滋賀県ラーメン店行脚は1軒のみとなってしまいました。次の訪問はいつになるかわかりませんがまだまだ滋賀県には訪問課題店が多いので行脚タイムを積極的に作ろうと思います。目標は滋賀拉麺維新会加盟店全店制覇です!!!(笑)
スポンサーサイト



Tag:彦根市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター