「居食屋」を名乗るお店

「酒と涙と男と女」

■もめんや
@和歌山県岩出市荊本29-1
【営業時間】
17:00~22:00(その日によりけり)
【電話】0736-61-3909
■もめんやナウ
過去何回も訪問するも満員で涙をのむ事多数。入店2回目訪問の今回。前回の訪問時に不覚にも丸腰で来てしまったため画像を収める事が出来なかった苦い思い出が...(苦笑)というわけで今回が初めてのご紹介となるこちら「もめんや」です。昔から人気のお店で夕方5時からスタートなんですが開店と同時に常に満員状態ということがしょっちゅう。この日は21時前だったので満員とネタ切れを覚悟の上で立ち寄り、お店を覗いてみると... 「ラッキー~♪」ちょうど座敷が空いたということで急いで車を停めて入店します!!!


■まずは...

















まずはビールでグイッと。そして大将に刺身盛りのネタがあるかどうかを聞いてみる。

「あんまりエエのないよ~」

とのことだったが

「カニは残ってるなぁ」

ということなので、まずは鳥ポン酢とカニ刺しをオーダーして、
あるもので刺身盛りを続けざまにオーダーしました。
前菜代りにいただいたポン酢は肉がイイ意味で締まったもの。























そしてなんと言ってもカニ!!! 
甘くてとろけそうな身はホント旨いです。

そうこうしているうちにメインの刺身盛りが
「ドン!!!」
と目の前に置かれます(笑)


■刺身盛り



(これ、2人前ちゃうよね?ガ━━(゚Д゚;)━━ン!)

と目を疑うほどのボリューム。
他に揚げ物や天ぷらをはじめとしメニューも豊富なんですが、
この刺身盛りを食べると他のものが食べれなくなっちゃうんですよ、マジで。


















中トロ、ハマチ、エビ(生、ボイル)カニ(生、ボイル)、鯛、サザエ等 
魚好きなら堪えられないくらいの種類に

「これでもくらえ~~~~!!!」

という大将の声が聞こえてきそう(笑)
予想通りこれ以上の肴はもう充分だったので〆の鮨を、ば。

「残ってあるものでイイから適当に頼んま~す」

と注文したのです。ところが...







た、大将... 
11カンもあるやないですか(°□°;)!!!

ちなみに見た目よりデッカいんですよこの鮨達は。
ホントなら、ひとり2~3カンで良かったんですけど~


とか言いつつも何とか全て平らげました(笑)
さすが「居酒屋」じゃなく「居食屋」と看板に書くだけの事はありますよ。その鮮度、味わいのみならずボリュームとCPはタダモノやないです。 それに実はこちら、焼酎も充実しているんですね。棚には三岳や赤霧がキープされておりレア焼酎も楽しめそう。酒は次回訪問時にチェックしてみようと思います。







最後に、お店のBGMなんですが

「飲んで~♪飲んで~♪飲まれて~飲んでぇ♪」
「飲んで~飲みつぶれて眠るまで~ぇ飲んで~♪」

と聞き慣れたフレーズが聞こえてきます。


(おぉ~ 思いっきり「らしい」BGMやねぇ~)


と思ってたところ曲が終わり、次の曲に入ったんです。そしたら...

「忘れて~♪ しまいたい事やぁ~♪ 」 ときたんです。

(ん??? ま、た??? ま、「らしい歌」やからええか(笑))


と聞き流したんです。そして次の曲になりました..

「忘れて~♪ しまいたい事やぁ~♪ 」



河島英五щ(´□`)щ オーマイガーッ!!


そうなんです... 
結局BGMはズーッと「酒と涙と男と女」
延々と繰り返しだったことを付け加えさせていただきます...(爆)

Tag:岩出市 

時三

こんなものをお願いしちゃいました(笑)

■時三(ときぞう)
@和歌山市美園町4-82
【営業時間】11:00~翌2:00
【定休日】日曜日
【電話】不明
【駐車場】専用アリ
■ときぞうなう
別の店で飲んだ後の二軒目。『もやし行こか!!』の一声で向かった先がコチラでした♪


■こんなアイテムを…


注文しちゃいました!!!
と言っても注文したのはチャーシュー単品好きなツレ(笑)
彼曰わく、前にダメ元で頼んだところ

『長いことやってるけどこんなん注文したのおたくら初めてや~(笑)』

と、笑いながら時さんがOKしてくれたとのこと。
不意の裏アイテムが登場したことで中華からビールに変わりました(爆)

脂分の少ないチャーシューは時三仕様!!
味付けは具合よくグッドバランスでした。
お品書きに無い無理矢理メニューにもかかわらずカラシを忘れずつけてくれるとは
嬉しいですね♪


■コチラもお約束(笑)

忘れてませんよ~!!
モッチリ皮を通してニラ
の青みが透けて見えるのが
こりゃまた、たまりません
わな~(^w^)
ビールが進みまくりで困り
ますもの(笑)
でもやはり…










■もやしそば
●スープ
炒めもやし系熱々
●麺
やや細ストレート
●具材料
もやしてんこ盛り、人参、チャーシュー
■この日の感想
腹パンパンなのにオーダーしてしまったもやしてんこ盛り…(苦笑) 食べられると思ってたのですが…


■もやし中華そば(800円)




散々飲んで食った後にオーダーするには重すぎると思ったもやし中華ですが
いざオーダーして食べてみると…

『やっぱ、しんどいかも~(ToT)!!!』

そうでなくてもボリューム大なもやし中華なのに既に2軒目というのも忘れちょっと無茶でした…
そんな中、ピシッとパンツスーツでキメたOLのお姉さんが颯爽と登場!!

お、場に似合わないお客さんやんか~(」゜□゜)」)

と驚くも束の間、『もやし一杯♪』とオーダーし、運ばれるやいなや
『ズ、ズズーッ』と食べ始め
白目を剥いて食べている私を横目にダイナミックに完食...




『スゴッ!!!(°□°;)』


見事な食べっぷりにしばしあんぐりと空いた口が塞がりませんでした。

対する飲んべオヤジ軍団は何とかそばを食べ切ったもののKO寸前…
情けない醜態をさらけだしてしまい申し訳ございません。
以後、反省致します…m(_ _)m


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

wasabiの妙味

自らお願いした静岡みやげの巻

@静岡県静岡市葵区葵町39
【営業時間】
平日:9:00~18:00
日祝:9:00~17:00
【定休日】無休
【電話】054-252-0252
■静岡みやげナウ
出張で静岡に行く事になった会社の仲間。それを聞くやいなや即お願いしたお土産がわさび漬け。どこのメーカーでもよかったのですがとにかく「わさび漬け」をお願いしたいと(笑)そんな急なお願いを果たしてくれ、買って来てくれたのが野桜本店のわさび漬けでした。



■箱の中身は...
















はこんな感じ。白い色のわさびからはツーンといい香りが♪ 
これだけで鼻の奥がヒクヒクしちゃいます(笑)



■では早速作っちゃいます♪
わさび漬けには食べ方が色々あります。
私の場合はそのままストレートでなめながら酒を飲むか、あるいはわさび茶漬けにするか、
どちらかの食べ方がほどんど。今日はわさび茶漬けの食べ方をご紹介しましょう。
と言ってもメチャメチャ簡単なんですけどね(笑)


1:まずお好みの分量のごはんをよそいます。

2:そこへ鰹節をたっぷりふりかけます
(この鰹があとで出汁の元になるので多めがベスト)

3:そしておもむろに取り出したわさび漬けを鰹の上に載せまして好みでお醤油をかけます。




4:最後にその上から沸騰したお湯を注ぎます。お茶漬けと言ってますが
   間違えないでくださいね。「お湯♨」ですよ(笑)



後はわさび漬けを馴染ませてサラサラ~っといただきます。
これがねぇ、クセになるんですよ! クセに!!!(笑)
 
しばらく放置しておくと鰹節から美味しいダシがでまして香りもいいんです。
醤油と鰹節の量はあくまでもお好みですから調節してみてくださいね。

モー最高ですわ~~ ホンマありがとー♪

大事に食べさせていただきますm(_ _)m

Tag:【トピックス】 

龍王亭  

 大きなお世話観察シリーズ(笑) 


■龍王亭
@和歌山市美園町4-82
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】月曜日
【電話】0734312086
【駐車場】専用アリ
■龍王亭なう
お店を再開されてからしばらくは心配してましたがその後は順調に営業されてるようでこれまたひと安心(笑) 





●スープ
鶏ガラ+豚骨+醤油
●麺
普通ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、太もやし
■この日の感想
最近は連食しないのでランチメニューを食べる事が多くなっている私。久しぶりのコチラ龍王亭でもそのパターンは崩れずラーメン+焼きめしセットをチョイスしました!!!







■ラーメンセット

普段セットメニューを頼むと先に飯類が出てくるパターンが多いのですが
こちらはラーメンが先に出てきましてチョイとパターンが違い驚きました(苦笑)

スープは比較的優しい味わいなんですが、実はかなりのテロリ感があるんです…(ボソッ)
その為、普段は絶対に認めない『太もやし』をいとも簡単にOKしちゃいます。


■チャーシュー
赤身メインのチャーシューはしっかりとした
歯ごたえ。脂分の多いチャーシューが苦手な
人にはもってこい♪  ひかえめな味付けもバラ
ンスがとれてますね~(^O^)
■麺
やや白っぽい普通ストレート麺はクセがなく
スープと同じで優しい味わい。だからマッチ
ングはめちゃめちゃ良くてスルスルと。もち
ろんテロリスープも絡みまくりです♪













■焼き飯

途中で運ばれた焼きめしがコチラ。量の割りに皿がデカいのが印象的か、な(笑) 















量はいわゆる半チャン。パラパラはしてますが
味わいは全体的に薄いですかね~(⌒~⌒)
 少しだけソースをかけちゃいました。そんなこん
なで焼きめしを食べ初めた時に1組のカップルが
入店してきたのです。見た目はごくごく普通で20
代前半くらいかな。ただし会話は全く無くデフォ
を2杯注文し最後まで黙々と食べ切りソッコー出
ていきました…   
あのカップルって飯食うのに楽しみ無いんやろか… 
って大きなお世話ですな(笑)
【お店の場所はコチラをクリック♪】
↓↓↓
http://waiwai.map.yahoo.co.jp/map?mid=tPHZvlHEmNcXUyPtVWj0IpTOc07LCIijqj2nHw--&sid=zc.6GFOGh9Ru8p5TFlMELDKgKuzumWToI3b2Tc8gwt4LcC4-&gid=&1297980734&mode=detail

Tag:和歌山市 

県体前中華そば味○

女子占有率75%の怪


■県体前中華そば味○
@和歌山市中之島1508-2
【営業時間】11:30~翌5:00
【定休日】無休
【電話】073-432-7327
【駐車場】店北に専用アリ
■県体前なう
実はこの日、別のターゲットがあったにもかかわらず諸事情のため急遽、味○を訪問することに。


■なぜか…
この日の入店は14時過ぎ。完全に昼時ランチタイムを外していたにもかかわらず店内はお客さんでほぼ満員状態。その上我々男子3人以外は全て女子という和歌山の中華そば屋では至極不自然な構成で固められていたことを書き留めておきますね(笑)


■中華そば
●スープ
和歌山豚骨醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、ナルト、メンマ
■この日の感想
女子占有率が高い中オーダーしたのがいつものデフォ中華そば。この日はそれにプラスしてこれまた定番のスジどてをいただきました。


■中華そば(600円)



ビジュアルもそうなんですがややオイリーなのが最近食べて思う味○の傾向なんですよね。
デッドでもよくわかりますが後で唇に脂分が付いてくるんですよね(笑)



■麺
茹で加減は誠にイイ感じ♪固くはないですが
柔らかくもないベストな状態。加えてオイリ
ーなスープがしっかり麺に絡みつくとその茹
で具合の良さがさらにクローズアップされま
すね♪全体的に若干の甘味を感じるのはいつ
もの通りでなんやかんや言ってもアベレージ
で安定しておりました。


■スジどて(150円)



昼間っから食べちゃいましたコレを(笑)
メンバーが久しぶりと言うことで注文したのですが…

『ウォー!!!ビール飲みてぇー!!(」゜□゜)」』

やはり第一声はコレですわ(笑)
そして周りの女子ギャラリーからは

『ねぇねぇ、あれなになに?』

と聞こえるヒソヒソ話(゜∇゜)
昼間っから中華そばとスジどての組合せはかなりインパクトがあったようでした。
おそらく県立体育館で行われていたイベントに来られた皆さんかと思いますが
お持ち帰りがあるかどうか確認されていたくらいですから~(笑)

旨かったけどやっぱりどてはビールとやな~(*^o^*)
【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

○高アロチ 

退職後のひとり旅の途中で


■○高アロチ
@和歌山市友田町2-50
【営業時間】17:30~翌2:00
【定休日】日曜日
【電話】073-432-3313
【駐車場】ナシ
■○高なう
仲間と共に訪れた○高。最近特にここで呑みたくなる事が多いのはナゼなんだろう(笑)


■とりあえず一杯
キンキンに冷えたビールにキンキンに凍ったグラスがたまらんわ~♪ どれくらいかと言うと、唇がグラスにひっつくくらいやから(爆) そして注文したのが以下のおつまみ。



■餃子


コレがないと始まらない(笑)



■キムチ


初めてオーダーするかも…
かなりビールに合います♪



■おまかせ


チャーシューの切り落とし。
コレにカラシを付けるとたまりまへんわ~( ̄∀ ̄)


と、こんなメニューで仲間と和歌山中華そば談義に花を咲かせながらビールが進んでる時、
後ろの席に座っていたおじさんから声がかかったんです。


お:『あの~ぅ、和歌山中華そばは美味しいですし、皆さんのお話は面白いね~♪』

その言葉のイントネーションが違ったので

私:『お仕事? あるいはご旅行ですか?』

お:『旅の途中で、四国から渡って来たんですよね~♪』と。
そこから我々のテーブルにおじさんを招き入れ、お互いの自己紹介からスタートします。
色々なお話をさせてもらう中で分かった事はというと…

・茨城県土浦から来られた。
・退職されぶらっとひとり旅をされている。
・四国を回り、徳島からフェリーで和歌山へ。
・ホテルで紹介された中華そばは○高だった。
・翌日は高野山へ行き、大阪へ入る。
などなど…

酒も入ってたので互いにすぐ打ち解ける事ができました。
ほんの1時間程度の間でしたがお互いの郷土からスタートし、
今後の旅のお薦めスポットなどお話しさせていただきました。
『一期一会』とはまさにこの事
中華そばがとりなすご縁で楽しいひと時を過ごせ、おじさんは笑顔いっぱいで宿に戻られました。
お家に帰られてから和歌山の思い出話に我々を登場させて頂いたら幸いですね~o(^-^)o


あぁッ!(」゜□゜)」

話に夢中で

『中華そば食べるの忘れた!!!(爆)』

【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

井出商店 

平日の客層傾向


■井出商店
@和歌山市田中町4-84
【営業時間】11:00~23:30
【定休日】木曜日
【電話】073-424-1689
【駐車場】専用アリ
■井出なう
本年に入り初行脚のこの日は平日。土、日、祝だと相変わらず行列ができているのを見かけますが平日だと店内はオールリーマン状態に!!! ですが、喋っている言葉は標準語でメンバーが話す内容を聞いているとどうやら出張で和歌山へ来た模様。和歌山の接待人は一生懸命井出商店の説明をしておられましたが『和歌山ラーメン』を連呼していたのは残念ですな~(汗)



■特製中華そば
●スープ
井出豚骨醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■この日の感想
腹が減ってたので久々に『特製』をチョイスしました~(^O^)


■特製中華そば(800円)



運ばれた中華のビジュアルは好印象♪
香りもさることながらスープはテロリ感があり

『おっ!めちゃ乳化しているや~ん』

って感じでした(笑)

ただし!
いざ食べてみると見た目ほどコクはなくチト残念でしたが
期待がめちゃめちゃ高かっただけで普通にうまかったです♪



■麺
特製=大盛になるのでその影響があったかも
しれませんがコンディションはあまり良くな
くヤワヤワ系でございましたので次回に期待
しときますね。
さて今回のタイトルにもなったお客さん層に
ついてですが平日に訪れる頻度の高い私の時
には、やはりリーマンさんが圧倒的なシェア
を誇ってますね。そんな中で仕事出張で来ら
れたお客さんから『美味しいね~♪』の声が
聞こえたりするとまるで自分の事のように嬉
しくなったりします。まさに万国共通の魔法
の言葉ですよね『美味しいね』って。
地元のお店が元気なのはイイことだと思います
のでこれからも頑張ってもらいたいです♪
【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

かわせ天王店 

珍しく『ダマ』に…


■かわせ天王
@和歌山市中之島525
【営業時間】17:00~23:00
(22時で終了の場合あり)
【定休日】基本木曜日(要確認)
【電話】073-433-9215
【駐車場】専用アリ
■かわせなう
入店は21時過ぎ。先客さんは2名いましたが、たまたま粉かぶりの席が空いていてラッキー~!! 有無を言わずに座ります(笑) そして、いつもの大将赤シャツかと思ってたところよく見りゃ『トロピカルバージョン!!』 このシャツに当たるのは貴重なのでしょうか!?(爆)


■特ダブ
●スープ
かわせオリジナル
●麺
かわせオリジナル太固
●具材料
豚バラ、ネギのみ
■この日の感想
特等席から声高にオーダーしたのがいつもの『特W』。この時点では私ひとりでしたがその後スグに3名が来店。各人が1玉ずつの注文だったので計5玉での茹でとなりました。


■特製W(ダブル)(700円)


相変わらずのふてぶてしいその風貌。
そして相変わらずのふてぶてしい固さ(爆)

いつもの味わいにいつもの麺だったのです、ひとつの点を除いては…


■そのひとつとは...
私は比較的どのお店でもゆっくり食べる方なのですが
特にかわせではもっとゆっくり麺を食べるようにして
いるのです。『固太麺を咀嚼するのに時間がかかるこ
と』が一番の理由なんですが、『食べ終わる最後の方
には固麺が頃合いの柔らかさになっている状態を楽し
みたい』というのがもうひとつのワケになるんですね。
さていつものようにいつものペースで機嫌よく食べて
たんですがどうも食べづらいんです。よくよく見ると…
『「ダマ」になっとるやないか!!(」゜□゜)」』
そうなんです、何ヶ所かがひっついた状態になってた
んです。今までこんなにダマになっていた経験がなか
ったものでちょっとビックリ!! 『赤シャツオヤジさん
の最初の麺ほぐしが足りなかった…かな?』と思いつつ
それ以外はいつも通りだったので次もまた宜しくです(笑)
【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

○イ十二番丁店 

駐車場は競争率が高いねん…


■○イ十二番丁店
@和歌山市十二番丁87
ル・シャトー十二番丁1F
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】日曜日
【電話】073-425-6678
【駐車場】店前アリ
■○イなう
近くに来たので久々に立ち寄ったこちら○イ。とりあえず店前まで車を進めるもあいにく先客の車が…(T_T) 仕方がないので近くにあるCPへ停め店内へ入りました。しかし意外にもお客は一人しかいません。となるとこの一人のお客さんとの間の駐車場確保争いに敗れた事になるんですよ…(苦笑)


■何を食べようか...
店主さんからは『ランチサービスメニューはあとひとつしか残ってません』とのラスいち宣言が飛び出しましたがサービスメニューは関係なくスルー。まずは単品で『ピリ辛ラーメン』をオーダーしまして次にオススメ丼の内容を確認。明太子だったのでデフォ丼の『ミニチャーシュー丼(配膳は後)』を併せて注文しました。



■ピリ辛ラーメン
●スープ
デフォ+唐辛子系赤色スープ
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、白葱
■この日の感想
今回トライしたは『ピリ辛』。大昔に中之島のお店で食べた記憶がありますがマジで10年以上前かもしれません。当時の記憶は全く残ってないですねぇ…(^。^汗)


■ピリ辛ラーメン(850円)



久々に食べるピリ辛ラーメンは鮮やかなオレンジ色のビジュアル。
最初のひとくちはそれほど辛くないのですが食べるにつれ徐々に全身から汗が…(苦笑)

おそらくベースはデフォのラーメンスープに辛みを加えたもの。
デッドで飲んでみてもデフォラーメンの味わいが残っているのがわかります♪


■麺
麺はやや細ストレート。モサモ
サ感の残る麺はかなり好み(笑)
そして粘度あるスープは麺によ
く絡み食べる度にスープがガン
ガン無くなるのが何よりの証拠
か、と。麺茹で加減はやや固め
で納得の味わいです。ただし…
前も感じたのですがスープ自体
の粘度に違和感があるのです。
いわゆる『作られた粘度』と言
いましょうか、自然なトロリや
テロリというスープ状態じゃな
く『ペタッ』というのが正直な
表現なんですよ…。この点が自
分の中ではマイナスpointとな
ってしまった事を報告してっと...


■ミニチャーシュー丼(200円)



こちらは初挑戦の『チャーシュー丼』!!!
先にピリ辛ラーメンをやっつけてからいただきます。

白ご飯に小さく角切りされたチャーシューが載せられ上から甘いタレがかけられ
ネギ、紅生姜、マヨネーズが色鮮やかにトッピングされてます。
ただ、チャーシューのビジュアルが思いのほか黒いのが気になりつつ、いただきましたのですが…

『ウワッ!めちゃ固っ!!(泣)』

そのチャーシューは想像以上に固く残念ながら旨味より辛い固さを感じてしまいました…
もうちょいと柔らかいのが個人的な好みなんです。タレは悪くないのでもったいないですねぇ。

それ以外はアベレージで『ミニ』となってますがラーメンと一緒だと量もちょうど良かったです♪



※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:和歌山市 

【家で中華そば】恵方巻き&恵方中華バージョン

今年のデッドは南南東~♪


ウィキによると「恵方巻、恵方巻き(えほうまき)は、節分に食べると縁起が良いとされる太巻き、
またはそれを食べる大阪を中心とした風習。」とありますが
それに加えて我が家では「恵方中華は、節分に食べると縁起が良いとされる中華そば、
またはそれを食べる和歌山を中心とした風習。」というものがあります(笑)

という訳で...


■本家○高
@和歌山市友田町2-50
【電話】073-432-3313
本日の中華そばはレギュラーの「○高アロチお持ち帰り中華」でございます!!!


■恵方中華そば&恵方巻



もちろん…
『共にデッドで!!!(爆)』

乳化パワーで鬼も退散させてやりましょー(≧∇≦)
しかしなんですなぁ、
豆を食べるのが辛く思う年になってきましたよ…
ま、何はともあれ
『福は~内♪、鬼は~外!!!』


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

シングルモルトを訪ねて  

行きたかった場所だったんです


■集合場所
前々から是非とも行ってみたかったのがサントリーの山崎蒸留所。その念願が叶い訪問してまいりました。集合は朝の9:30にJR東海道線山崎駅。10時からの朝一を狙ってなんですが和歌山からだと5時起きだったのでちょいと眠いです。


■妙喜庵(みょうきあん)
さて、駅を降りるとすぐ左側になにやら見慣れた重文の看板が。見るとなんと国宝じゃないですか!!!


■待庵(たいあん)
聞くとこの妙喜庵の中にある日本最古の茶室が国宝の待庵で、かの千利休が作ったとされるもので全国にある国宝茶室のひとつとのこと。素朴な小さい駅の前にさらっとこんな建物があるなんて思いもしませんでした(笑)


■サントリー山崎蒸留所
@大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
<ガイドツアー>
【所要時間】約60分(製造工程見学+試飲)
【案内時間】10:00~15:00(変更あり)
【電話】075-962-1423
※要予約
■いざ蒸留所へ
山崎駅より徒歩で約10分。踏切を渡るとそこはもう工場敷地内でした。入口で手続きをしてまずはウィスキー館へ入場します。

■資料館
蒸留所、ウィスキーの歴史がわかる資料、ウィスキーがたっぷりと展示されてます。







そしていよいよ職人さんのこだわりが息づく製造工場内へ入ります。
製造工程を簡単に書くと
原料→乾燥→仕込(糖化、濾過)→発酵→初溜→再溜→貯蔵→ヴァッティング
とこうなります。この工程をコースに沿って見学します。




■仕込
まずは原料となる大麦を発芽・乾燥させて麦芽を作ります。そしてそれを細かく砕き、この仕込槽へ温水とともに注入します。でんぷんが糖分に変わり、ゆっくりと濾過し、澄んだ麦汁を作ります。


■発酵
麦汁を発酵槽へ移動させ酵母を加えます。サントリーでは数千種類の酵母を保有されておりその中から香味を考えてセレクトするそう。そして発酵槽には木桶槽を使用。木桶は温度管理が難しい反面、保湿性に優れているところが利点です。


■蒸留
出来上がった汁を「ポットスチル」と呼ばれる蒸留釜へ移され初溜、再溜の2回の蒸留が行われます。その加熱方法には直火蒸留と蒸気を利用した間接蒸留を採用しているそうで違った味わいを作り出してます。このポットスチルは基本的には銅製で寿命はだいたい15~20年。その形が違うと味わいも違うということです。イギリスの蒸留所などはひとつの味わいを製造している所が多いそうですが山崎では多彩な個性のモルト原酒を作り出していました。


■貯蔵庫 その1
蒸留された原酒はいよいよ樽に詰められます。この時点でアルコール度数は50~60度くらいだそう。


■貯蔵庫 その2
詰められた原酒は永い眠りにつきます。同じニューポット(蒸留されたばかりの若いモルトウィスキー)でもその樽の種類により異なる味わいのウィスキーに仕上がるそうで、ここではオークの木で作った樽を使用していました。この樽に入れられ長期熟成させることで元々透明であった原酒が琥珀色で芳醇なウィスキーに変貌していくわけです。サントリーではこの山崎の貯蔵庫の他に、別場所で貯蔵しているそうです。薄暗い倉庫ですが、高く積まれた樽の姿はまさに壮観で、しかもウィスキーの呼吸が聞こえてきそうな雰囲気ですね。


■樽の中身
これまた当然の話ですが樽の中で何年も熟成していると水分が空気に溶けてウィスキーが目減りしていきます。ちなみに右は4年後の樽の中で左は12年後の樽。見事に減ってますがこれを「天使の分け前」と呼ばれてるそうです。なんとも粋な呼び方ですね(笑)

■名水ある所に名酒あり


京都の南西に位置するこちらは桂川・宇治川・木津川が合流し昔からよく霧が発生したそうです。
このウィスキー作りにはこの水蒸気が大切だそうで、
しかも敷地内にはこんこんと湧き出る伏流水の池もあります。
この池のでモリアオガエルの産卵も見られるほどいいお水だということです。


■いよいよテイスティング


ゆっくりと工場見学をした後はいよいよお待ちかねのテイスティング!!! 
色々なバージョンがあるそうですがこの日はマッカラン12年、
マッカランファインオーク12年、グレンフィディック12年、
ボウモア12年、ラフロイグ10年、山崎12年、白州12年 
以上の7種モルトの飲み比べ。

あらためて丁寧に味わってみるとやはりウィスキーの深みある甘さと香りが
素晴らしいお酒だということを実感しますよね。
洗練されたマッカラン、ピートのスモーキーさやメディスン系を楽しめるボウモア、
最初から最後まで甘みがつづくグレンフィディック、などなど楽しませていただきました。

でもやっぱり日本のウィスキーは飲みやすいっていうか口に合いますよね。
スモーキーさとフルーティーさを兼ねそろえた白州12年がいちばんのお気に入りでした。


■最後に...
そしてセミナーの最後にはハイボールの美味しい作り方をレクチャーしていただきましてその後に山崎12年で作られたハイボールを楽しみました。これまではそれほどしっかりと味わったことのなかったウィスキーですが時間と手間を惜しみなく使った一品は作り手の方々の思いが込められた素晴らしいお酒だと思います。単純なのでウィスキーにはまりそうですがまた新たな楽しみ方の引き出しが増えることは素晴らしいことですね。次は是非白州蒸留所へ行きたいですね。
【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:島本町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター